>
>
>
ユマニチュードとは?意味や歴史

ユマニチュードとは?意味や歴史、技法の効果などを解説

はじめまして!精神保健福祉士の川島です。今回のテーマは「ユマニチュード」です。


改善するお悩み
・ユマ二チュードってなに?
・技法の特徴や効果が分からない
・人間関係を良くしたい

目次は以下の通りです。

  • ユマ二チュードとは?意味・歴史
  • 目指すところ
  • 4つの柱を知ろう
  • 研究①ポジティブ感情を増やす効果
  • 研究②自己肯定感との関係
  • ユマニチュードの事例

読み進めていくと、基本的な知識と対策を抑えることができると思います。ぜひ最後までご一読ください。もしお役に立てたなら、初学者向け心理学講座でもぜひお待ちしています。

ユマニチュードとは何か?

定義

ユマニチュードとは、高齢者や認知症患者を中心に用いられている、包括的コミュニケーションにもとづいたケア技法です。

ユマニチュードは、フランス語で「人間らしさ」を意味し「人とは何か」「ケアをする人とは何か」を問う哲学と、それにもとづく150を超える実践技術から成り立っています(野本,2017)。

歴史

ユマニチュードは、1979年フランスのイブ・ジネストとロゼット・マレスコッティの 2 人によって開発されました。

その後フランスから世界に広がり、日本には2014年ころからユマニチュードの研修や講演が開かれるようになりました。

現在は、福祉の世界をメインに活用されおり、患者さんとの心地よい関わり方として利用されています。

ユマニチュードとは

ユマニチュードケアの目指すところ

ユマニチュードケアで最も大切な点は、「人間らしさ」の尊重です。福祉の現場で実践するときには、回復を目指す」「機能を保つ」「最後まで寄り添う」3つのどの段階にあるかを評価し実践します。

段階に合わせて「あなたを大切に思っています」というメッセージをケアす人に送り続けます。ユマニチュードの考え方は、一般的なコミュニケーション場面でも活用できる部分が多くあります。

ユマニチュードケア4つの柱

看護師や介護士がユマニチュードケア技法を活用したところ、言葉を発することができなかった認知症患者が言葉を話すようになったという効果が報告されています(ジネスト, マレスコッティ, & 本田 、2016)。

150を超えるユマニチュードケアで、実践では「見る・話す・触れる・立つ」の4つの柱が重要されています。

見る

・相手との目の高さを合わせる
相手の目線と水平になるよう高さを合わせて見つめます。目線を水平に合わせることで、相手と自分は平等な存在であることを表現する効果があります。  

・顔を真正面から見つめる
顔を真正面から見つめることで、信頼や安心感を示す効果があります。また親密度を表すときには、相手と顔を少し近づけるといいでしょう。

・3秒以上の目線を合わせる
3秒以上じっくりと目線を合わせて、アイコンタクトを取ります。

普段は3秒以上目を合わせる機会は少ないです。そのため、長いあいだ相手と視線を合わせることで好意や愛情を表現できます(石川, 坂根, 本田, 伊東,& 竹林, 2015)。

福祉の世界では、ベッドに寝ている方で壁側を向いていたら、ベッドを動かしてでも正面から近づき、暖かい目線を送る様にしているそうです。

話す

・ポジティブな言葉を使う
前向きな言葉を使って話しかけます。トーンは優しく、穏やか話しかけるよう意識します。

・オートフィードバックを使う
相手の反応がない場合は、自分の様子を実況中継する「オートフィードバック」を用いると良いでしょう。

たとえば「あったかくなりましたね」「気持ちいいですか」などの言葉をかけをします。

触れる

ポジティブな雰囲気でゆっくりと、なでるように優しく触れます。

力づくで行わないようにします。また、手首や足をつかむとネガティブなメッセージを伝えてしまうため避けるようにします。

立つ

骨に荷重をかけて骨粗しょう症を防いだり、筋力の低下を防ぐなどのメリットがあります。また、血液循環を改善し、肺の容量を増やすこともできます。

ユマニチュード実践4つの柱と効果

4つの柱の中でも、見る・話すは、普段の生活に取り入れることで、相手にやさしさや思いやりを伝えることができ、人間関係を円滑するのに役立ちます。

※以下に研究を記載します。

ユマニチュードケア技法で優しさを伝えることで、ポジティブ感情を増やす効果が期待できます。

浅野ら(2008)は、優しさに近い概念として協調性について詳しく調査を行いました。

具体的には、協調性と外向性、ポジティブ感情の結びつきについて調べています。

その結果、協調性は外向性の高さに関連し、ポジティブな感情が増えることがわかりました。

協調性が高い方は、周囲から信頼されて、さらにその経験が楽しくなり、外向性が高まっていきます。

そのため周りから感謝されたり、頼られる経験も多くなるため、ポジティブな感情が生まれやすいと考えられます。

また、水野(2003・2004)の研究によると、ビックファイブ(性格の主要5因子)の中で最も好感に関連するのは、協調性が高い人と分かりました。

周りから受け入れてもらいやすく、幸福な人生を歩んでいるといえるかもしれません。

さらに浅野ら(2008)は、協調性、情緒安定、ネガティブ感情ついても研究を行っています。

その結果、協調性は情緒安定に結び付きネガティブを減らす傾向があることがわかりました。

協調性が高いと、人間関係が円滑に進むのでソーシャルサポートを受けやすく、精神が安定しやすいと言えます。

また情緒が安定したことにより、喧嘩などのトラブルが減り、ネガティブが減ったと考えることができます。

自己肯定感が高い人は、優しさが身についていることが多いとされています。

細田ら(2009)は、中学生305名を対象に「自己肯定感」と「他者肯定感」の関連を調査しました。その結果が以下の図です。

この図は、自己肯定感と他者肯定感が「プラスの相関」を示していることが意味しています

つまり、自分を肯定する気持ちが強いほど、優しい人なると考えることができるのです。

まずは自分を肯定することを意識して、暖かい眼差しを取り入れると良いでしょう。

ユマニチュード技法の事例

ユマニチュード技法3つのポイントを、事例で確認していきましょう。

<事例>
太郎さんと花子さんは、夫婦喧嘩が絶えません。太郎さんは帰宅するとTVの前から全く動きません。

花子さんに声をかけられても、TVの前でスマホをいじって話をしています。そんな様子から、太郎さんは自分の話を真剣に聞いてくれないと思っています。

ユマニチュード技法の事例

太郎さんは、花子さんに愛情を伝えるため、ユマニチュードケアの「暖かい眼差し」を花子さんとの会話で意識してみることにしました。

①見る:相手と目の高さを合わせる
→花子さん声をかけられたら、目線が合うようにソファに2人で座る

②見る:顔の真正面に合わせて近づける
→花子さんを真正面から見て、適度に近づく

③見る:3秒以上のアイコンタクト
→花子さんの目を見て、話を聞き続ける

④話す:ポジティブな言葉を使う
→花子さんに「いつもありがとう」と伝える

⑤話す:オートフィードバッグ
→「夜は一日の疲れがでるよね」など

⑥触れる:やさしくなでる
→背中を優しくさする、頭をなでる

ユマニチュード技法を意識したところ、太郎さんと花子さんとの会話が弾むようになりました。また花子さんは、太郎さんが自分の話を真剣に話を聞いてくれた!と感じられるようになったそうです。

4つの柱の効果

ユマニチュード技法は、優しさや愛情を相手に示す効果があり、相手は自分が認められているという感情を抱く効果があります。

ユマニチュード技法を取り入れることで、短い時間でも「あなたは私にとって大切な存在」というメッセージを送ることができます。

ユマニチュード技法まとめ

今回はユマニチュード技法について紹介しました。ユマニチュード技法は、相手に優しさや思いやりを伝える技法です。

日常の人間関係でもの活用できる非常に実践的なテクニックですから、ぜひ取り入れてみてください。

講座のお知らせ

公認心理師、精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎
・対人不安の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・無条件の肯定のコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。お知らせ失礼いたしました。

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・浅野 壮志,小田島 裕美,宮 聡美 他(2008)性格5因子とポジティブ・ネガティブ感情,ストレス反応,対人不安の関連 7 号 p. 113-133
・細田 絢, 田嶌 誠一 2009 年 学生におけるソーシャルサポートと自他への肯定感に関する研究 57 巻 3 号 p. 309-323
・「ユマニチュード」 という革命: なぜ, このケアで認知症高齢者と心が通うのか. 誠文堂新光社.イヴ・ジネスト, ロゼット・マレスコッティ, & 本田美和子. (2016)
 ・優しさを伝えるケア技術   :  ユマニチュード   .  心身医学   , 56(7), 692-697.本田美和子   . (2016). 
・野本 玲子 神戸医療福祉大学紀要 2017 ユマニチュード”の哲学と、教員に求められる資質能力の育成 : 社会福祉学部の教職課程における教員養成からの一考察