>
>
>
優しい人になりたい!

優しい人になりたい!言葉の使い方-精神保健福祉士が解説①

はじめまして!精神保健福祉士の川島です。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「優しい人」についてお話していきます。目次は以下の通りです。

  • 優しい人と心理学研究
  • ビッグファイブと協調性
  • 基本的にポジティブ
  • ストローク名人になろう
  • ユマニチュードケア
  • 寛容思考法とはなにか

について解説します。

優しい人とは?心理学の専門家が解説

優しい人と心理学研究

みなさんは、自分のことを一番に考えてしまう、相手への優しさが不足していると感じたことはありませんか?相手のためになることをしたい、思いやりのある人になりたいと思っても、なかなか難しいこともありますよね。

優しさが少ないと
・相手目線で考えられない
・自分が一番大事になってしまう
・人間関係が悪化する
など特にコミュニケーションにおいて問題が起こりやすくなります。優しさは人間関係においてかなり重要で、これまで心理学では、

・優しさとは何か?
・やさしい人と,冷たい人の違い
・優しさを増やす方法

など数多くの研究行われてきました。まずは、その研究をご紹介します!

研究①ビッグファイブと協調性

そもそも、「優しさ」はどういった意味があるのでしょうか?

・辞書における定義
「思いやりがあって親切」という意味で扱われることが多いです。自分だけではなく、相手への気遣いを大切にするのが優しさなのです。

・心理学の研究
上記の通り、優しさは「協調性」という言葉で研究されてきました。ここで、ビッグ・ファイブモデルをご紹介します。  ビッグ・ファイブとは、基本的な性格は5つであるという仮説です(辻,1998)。心理学上重要な性格は以下の5つと言われています。

・情緒安定性 環境刺激やストレッサーに対する敏感さ、不安や緊張の強さ
・外向性 社交性や活動性、積極性
・協調性 利他性や共感性、優しさ
・良識性 自己統制力や達成への意志、真面目さ、責任感の強さ
・知的好奇心 自分の興味関心を深めていく

ここで協調性が高いほど個人の優しさが大きいと測定することができます。このように心理学の世界では優しさは人間の基本的な性格の指標として重視されています。

 

研究②優しい人は基本ポジティブ

浅野ら(2008)は、優しさに近い概念として協調性について詳しく調査を行いました。具体的には、協調性と外向性、ポジティブ感情の結びつきについて調べています。その結果、協調性は外向性の高さに関連し、その結果ポジティブな感情が増えることがわかりました。

協調性が高い方は、周囲から信頼されて、さらにその経験が楽しくなり、外向性が高まっていきます。周りから感謝されたり、頼られる経験も多くなるため、ポジティブな感情が生まれやすいと考えられます。

また、水野(2003・2004)の研究によると、ビックファイブ(性格の主要5因子)の中で最も好感に関連するのは、協調性が高い人であることがわかりました。周りから受け入れてもらいやすく、幸福な人生を歩んでいるといえるかもしれません。

浅野はさらに、協調性、情緒安定、ネガティブ感情ついても研究を行っています。その結果、協調性は情緒安定に結び付き、その結果としてネガティブを減らす傾向があることがわかりました。

協調性が高いと、人間関係が円滑に進むのでソーシャルサポートを受けやすく、精神が安定しやすいと言えます。また情緒が安定したことにより、喧嘩などのトラブルが減り、ネガティブが減ったと考えることができます。

研究③自己肯定感が育っている

優しい人になるために、他人のためにガンバル人が多く見受けられます。しかし、まずは、自分のことを好きになってみるのはいかかでしょうか。実は、自分を肯定する「自己肯定感」を高めることで、優しい人なりやすくなる可能性があります。

細田ら(2009)は中学生305名を対象に「自己肯定感」と「他者肯定感」の関連を調査しました。その結果が以下の図です。

この図は、自己肯定感と他者肯定感が「プラスの相関」を示していることが意味しています。つまり、自分を肯定する気持ちが強いほど、優しい人なると考えることができるのです。すぐに他人に優しい気持ちを持てない人は、第一段階として自分を肯定することを意識すると良いでしょう。

優しい人診断とチェック

優しい人傾向をセルフチェックできる「優しい人診断」をご用意しました。ご自身の寛容さ把握したい方は、コラム①を概観した後、一度診断してみることをおすすめします。
優しい人診断とチェック②

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

 

優しい人になる方法3つ

それでは、優しさ力をUPさせる解決策を提案させて頂きます。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①プラスのストロークを大事にしよう

・マイナス発言は要注意!
優しい人は、相手のことを励したり、称賛したり、共感することなどが少ない傾向にあるります。このように相手への優しさを欠いた言葉遣いや態度を取るとお互いにとって円滑な空気を作っていくのは難しいでしょう。相手を認めない、短所ばかり指摘するといった態度が多い人は要注意です。

・前向きなストロークで優しく接する
自分が「受け入れられている」と感じる環境では、お互いに優しい人なれる暖かいコミュニケーションが行われています。このお互いに受け入れるという関係を築くには、「毎日の肯定的なストローク」が重要です。ストロークとは、交流分析の重要概念のひとつで、相手の存在を認めて発せられる刺激のことです。

特に前向きなストロークは、相手が嬉しくなる行為で、たとえば良い部分を指摘したり、ほめたりすることが挙げられます。

ついマイナス発言をしてしまう…という方は、ストロークを学ぶことで優しい人になることができます。

プラスのストロークをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・優しい人とストローク
・ストロークを増やそう
優しい人になりたい!「前向きなストロークを学ぼう」③

③ユマニチュード理論で「暖かい眼差しを」

・無意識に冷たい印象に!?
コミュニケーションは、「言語」と「非言語」で成り立っています。そのため、言葉以外の態度もかなり重要になってきます。例えば、言葉では「今日は大変だったね。おつかれさま」と優しさのある声掛けをしたとしても、眉間にシワが寄っていたり、声のトーンが低いと、優しさの効果は半減してしまいます。

・ユマニチュードケアで優しさを表現
ユマニチュードケアとは、相手に優しさや思いやりを伝える方法です。暖かい眼差し、話す、触れる、立つ、の4つを柱とするケア技術です。ケアの技術は150以上におよびますが、どれも特殊なものではなく、日常ケアのなかで活用できる非常に実践的なテクニックと言われています。

ユマニチュードケアのうち、暖かい眼差しを中心に相手に優しさを伝える方法についてご紹介します。

ユマニチュードケアをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・ユマニチュードケアの歴史
・ストロークを増やそう
優しい人なるための「ユマニチュ―ドケア」実践法④

②「完全思考→寛容思考法」

・完璧主義の落とし穴
他人への優しさが持てない人は、「完璧主義傾向」が強いと言われています。完璧主義な人は、物事を0か100か考えてしまいます。完璧でなければ気が済まないため、自分にも相手にも厳しくなってしまい、優しさが少ないという印象を与えるかも知れません。他人に100%のものを求めてしまう人は注意が必要でしょう。

・寛容思考で優しさを増やす
完璧主義を和らげるには、他人視点を含めた暖かい考え方にしていく必要があります。例えば、完璧主義の方は80点の結果であっても100点を取れなければ納得出来ません。普段から相手に完璧を要求してしまうので、優しさがない人というイメージが付きやすいです。

失敗が認められずに人に優しくなれない…という方は、寛容思考を身に付けることで柔軟に物事を考えることができます。

寛容思考法をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・寛容思考の例文
・優しい人になる実践
優しい人になる「寛容思考法」で考え方を柔軟に⑤

優しい人で人間関係充実

次回以降は優しさの上げ方について具体的に考えていきます。次回の、優しさコラムは「優しさを上げる寛容思考法」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★優しさの上げ方は「寛容」「前向き」「非言語」の3つ!少しずつ身に付けよう

目次

①優しい人-言葉の使い方-概観
②優しい人診断とチェック
③前向きなストロークを学ぼう
④ユマニチュ―ドケア実践法
⑤「寛容思考法」で考え方を柔軟

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
対人ストレスコーピングと Big Five との関連性について. 性格心理学研究, 9(2), 140-141.加藤司. (2001). 
青年期の愛着と Big Five. パーソナリティ研究, 16(1), 121-123.島義弘. (2007). 
青年の孤独に対する捉え方–孤独感, 自己意識, 精神的健康, 自我同一性との関連. 久留米大学心理学研究, (8), 75-84.大東美穂子, & 岩元澄子. (2009). 
思いやりはどこから来るの?利他性の心理と行動, 心理学叢書.髙木修, 竹村和久(2014). 
5 因子性格検査の理論と実際-こころをはかる 5 つのものさし- 北大路書房.辻平治郎(編)(1998). 
現代青年の自己受容に関する分析 (2): やさしさを中心とした性差の検討. 北陸学院短期大学紀要, 35, 195-211菱田陽子. (2004). 
「ユマニチュード」 という革命: なぜ, このケアで認知症高齢者と心が通うのか. 誠文堂新光社.イヴ・ジネスト, ロゼット・マレスコッティ, & 本田美和子. (2016)