>
>
>
探求心の意味とは,高い人の特徴,高め方

探求心の意味とは,高い人の特徴,高め方

皆さんこんにちは。
現役経営者,公認心理師,川島達史です。私は現在こちらのコミュニケーション講座で講師をしています。

今回のお悩み相談
「探求心を持てない」

探求心がない

<相談者>
30代男性・会社員 

<お悩みの内容>
僕は子どものころから、探求心が少ないほうでした。社会人になってからは、知らない仕事だと興味がわかないため没頭できません。そのせいか転職を何度も繰り返しています。また資格を取得するために、勉強を始めても最後までやり切ることができません。

将来向けたキャリアプランをしっかり描くためにも、探求心をもって目標を達成したいと考えています。探求心を持つ方法を知りたいです。

没頭できる対象がないと、勉強や仕事に身が入らないですよね。当コラムでは、探求心の性質と強くする方法を紹介させて頂きます。ご自身に合いそうなものを日々の生活の中に取り入れてみてください。

探究心の分類

心理学の世界では、探求心は好奇心と言う用語で研究されることが多いです。そこで解説としては、好奇心研究をベースに進めていきたいと思います。

私たちの好奇心は、

拡散的好奇心
特殊好奇心≒探求心

の2種類に分けられます。

①拡散的好奇心

拡散的好奇心とは情報を広く求めたいと感じる心理です。西川・雨宮(2015)が作成した好奇心尺度によると以下のような要素で構成されています。

・新しいことに挑戦するのが好きだ
・新しいアイデアをあれこれ考える
・何事にも興味関心が強い

例えば、ネット検索をしていると、つぎつぎに情報を求め、検索が止まらなくなることがありますよね。このような状態は拡散的好奇心が高まっている状態と言えるでしょう。

探求心とは?意味や使い方

②特殊的好奇心=探求心

特殊好奇心とは、知識と理解を求めていく心であると言われています。具体例を挙げると、

・1つの物事を追求する
・ある物事を深く掘り下げる
・関心領域がブレない

などが挙げられます。特殊好奇心は、1つの物事を突き詰めていくという点で、探求心とほぼ同じ意味になります。

新規的なものに惹かれ、興味を持ち、さまざま対象に興味を持つ拡散的好奇心は、探究への入り口です。そしてそこから興味を膨らませ、深めていくのが探求心なのです。

探究心がある人の特徴

探求心がある人にはどのような特徴があるのでしょうか?3つの研究を紹介したいと思います。

①論理的思考である

斎藤(2014)は大学生129人を対象に好奇心について調査を行いました。その結果、好奇心がある人は論理性が高いことが分かっています。

探求心-論理的思考

好奇心があると、拡散的好奇心で、情報をたくさん得ることができます。そして特殊好奇心で、因果関係をしっかり分析することで、論理的に考える力が育まれると考えられます。

客観的に考える

探求心は客観的思考を養います。

探求心-客観性

探求心がある人は、拡散的好奇心で、右から左から上から下から、様々な角度から観察を行い、さらに特殊好奇心で、その原理を追求していきます。

自分の頭のなかだけでなく、現実的な情報を集めて客観性を持たせることができるのです。

②粘り強い

汀(2019)は、大学生245名を対象に、好奇心の調査を行いました。その結果、好奇心がある人は、勤勉性が高いことがわかりました。

知的好奇心-勤勉性

上図を見ると特に、特殊好奇心の方が数字が大きくなっていますね。特殊好奇心は粘り強く、1つの対象に興味を持ち続ける心理です。

その意味で、探求心が強い人は粘り強く勉強をしたり、仕事ができると推測されます。

探究心の原因

探求心の強さはどのような原因で決まってくるのでしょうか?大きく分けて、遺伝的な原因、心理的な原因の2つを紹介したいと思います。

遺伝的な原因

探求心は「開放性」という性格の面でも研究されてきました。開放性とは人間の5つの基本的な性格の1つで、探求心が旺盛で、新しい経験やチャレンジを好む性格特性です。

汀(2019)の研究によると、開放性が高いほど好奇心が高いことが分かっています。

探求心,開放性

性格は遺伝によって決まってくる部分もあります(性格と遺伝コラム参照)。ざっくりとですが開放性の遺伝率は40~60%ぐらいの研究が多いです。

そう考えると私たちの好奇心は半分ぐらいは、元々の性格にあるとも考えられそうです。

遺伝,開放性

心理的な原因

もう1つは心理的な原因が考えられます。心理的な原因は、物の考え方や、価値観から起こる探求心です。例えば、まったく知らない漫画を見たときに、

「とりあえず読んでみよう。何か発見があるかも」

と心の中でつぶやく人は、前向きに漫画を読み始めそうです。
これに対して

「なにこの漫画。読んだことない。どうせつまらない」

と心の中でつぶやく人はきっと漫画を読もうとしないでしょう。

このように私たちの心は、遺伝的な要因と、心理的な要因の2つの違いによって、探求心が強い人と弱い人に分類できるのです。

探求心を高める7つの方法

最後に、探求心を高める7つの方法を紹介します。

①まずは聞いてみる法
②面白そう!スタート法
③アウトプットで得する法
④好奇心ツリーで広げよう
⑤感情ベース優先法
⑥フロー状態を作り出す
⑦開放的な人から学ぶ

生活に活かせそうなものがありましたら、ぜひ参考にしてみてください。

①まずは聞いてみる法

まずは新しい事に探求心が持てなかった状況を思い出してみてみましょう。

詳しく聞いて、探求心が持てない
詳しく聞かず、探求心が持てない

とでは大きな差があります。

以下の図は、人間の興味や好奇心の動きを整理しています。理解度が深まると不安感が減り、興味が高まることが分かります。

探求心を高める理解度を紹介

つまり知らない事でもあきらめたりせず、話を聞いたり調べたりすることで理解が進み、興味が高まるのです。

心理学的には、60%くらいの理解が興味のピークになっています。ある程度わかるくらいが探求心を最も刺激すると言えそうです。

探求心を高めるために、まずは聞く、とりあえず調べるが大切です。「知らないことだから…」という時こそ、まずは聞いて理解を深めてみましょう。

特にくわず嫌いをしがちな人は、ぜひ参考に取り入れてみてください。

好奇心が旺盛になる「とりあえず聞く法」

②面白そう!スタート法

最初の印象が後までずっと響く状態を、心理学用語で「初頭効果」といいます。知らない事が出てきた時には、最初に「面白そう!」と宣言することで、初頭効果が働き探求心が刺激できます。

実は探求心がある人は、最初に「面白そうだ、興味があります」と言う人が多いです。このような言葉からスタートすると、人は面白い部分を探求しようとします。

本心でなくてもOK!宣言することが大切です。まずは「面白そうだな~」という気持ちからスタートをして探求心を高めていきましょう!

③アウトプットで得する法

新しい情報や知識を得たら、積極的にアウトプットしていきましょう。家族や友人に話をしたり、YouTubeやSNSで発信してみてもいいかもしれません。

これまで知らなかった情報を周囲に発信する中で、コミュニケーションや生活の豊かさが実感できると調べることが楽しくなり、好奇心ががさらに刺激されます。

新しい知識を通して、得をした!楽しい!と体験することが、探求心を継続するうえで非常に大切です。

④好奇心ツリーで広げよう

4つ目は「好奇心ツリー」という本格的なワークを紹介します。好奇心ツリーは、好奇心の種を見つけ大きな森に育てていく方法で、探求心をより深めていくのに役立ちます。

具体的には、調べたいテーマを幹にして枝を広げます。枝に葉っぱをつけながら木を成長させる中で探求心が刺激されるのが実感できます。探求心を広げる好奇心ツリー

好奇心ツリーについて詳しく知りたい方は下記をご参照ください
・それぞれの枝に葉っぱを付ける
・調べて葉っぱを増やそう
好奇心ツリーで探求心を深める!

⑤感情ベース優先法

探求心を継続するのは難しい場合もあります。そこで「面白い」という感情を優先させ行動するといいでしょう。

人の行動は大きく分けて「課題ベース」「感情ベース」の2つがあります。たとえば、大会で優勝する!という目標の時には、いろいろな考えから行動をすると思います。

「自宅でも毎日1時間練習をする」
→課題ベース


「プロの映像をみてイメトレをする」
→感情ベース

課題ベースは、力が着実につく行動といえますが、モチベーションを維持するのが難しい時もあります。

そんな時には、感情ベースで行動してみるのも探求心を継続するのにおすすめです。継続させるのが苦手という人はぜひ意識してみてくださいね。

長続きしない…という方は下記をご参照ください。
・感情ベースで行動を
・スモーステップ法
好奇心ベース実践法

探求心は感情ベース優先

 

⑥フロー状態を作り出す

のめりこんで集中している状態を、心理学では「フロー状態」と呼ぶことがあります。フロー状態では、高いパフォーマンスの発揮はもちろん、楽しさも生み出されるため探求心を継続できます。

フロー状態を作り出す時は、自分にちょうど良い課題を用意することが大切です。

たとえば、知らない仕事をする時には、
・できるか微妙だけど
・何とかやり切れそう
・頑張れるかも?!

これくらいの難易度だと、脳がフロー状態に入りやすくなります。

フロー状態の入り方を詳しく知りたいという方は下記をご参照ください。
フロー心理学の意味と活用法

⑦開放的な人から学ぶ

最後に開放性の高い人はどのように探求心を発揮しているのか?動画を作成しました。

特に厳しい試練があるときにこそ、開放性の高い人は探求心を発揮し、楽天的です。良かったら以下の動画も参考にしてみてください。

 

まとめとお知らせ

まとめ

成功する方は、探求心が強く、粘り強い傾向があります。ただ解決策でもお伝えした通り、最初から100%持つ必要はありません。

最初は、お試しで聴いてみよう。調べてみよう。というぐらいでOKです。

とにかくまずは初めてみることです。理解がすすんでくると、あれ?意外と面白いかも!!と言えるタイミングがきっとくると思いますよ♪

講座のお知らせ

最後にお知らせがあります。もっとビジネス心理学を学びたい!と感じられた方は専門家の元でしっかり学ぶこともお勧めしています。

私たち公認心理師は、説得力を向上させ、人前で魅力的に話すコツに関する講座を開催しています。執筆者も講師をしています(^^)

*講座内容
 ・あがり症の改善
 ・フロー心理学の基礎
 ・魅力的なプレゼンワーク
 ・メンタルヘルス向上-心理療法

詳しくは下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。ぜひお待ちしています。

社会人講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
斎藤(2014)知的好奇心と批判的思考態度との関連 教心第56回総会
知的好奇心尺度の作成 西川一二, 雨宮俊彦 教育心理学研究 2015 63 巻 412-425
平山るみ・楠見孝(2002) 批判的思考を支える態度と個人特性との関連性 日本心理学会第 66 回大会発表論 文集,825.