>
>
>

不信感を抱く理由と対処法を心理の専門家が解説

不信感


不信感を抱く理由と対処法を心理の専門家が解説①

「不信感」について専門家が解説します

みなさんはじめまして!臨床心理士の加賀です。私は、これまで臨床心理士として精神科・心療内科クリニックでカウンセリングを行ってきました。当コラムでは「不信感」をテーマに専門家が解説をしています。しっかりと対策をお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。 

 

不信感について心理の専門家が解説

まず、不信感とは何でしょう?心理学辞典によると、信じていない思い、信用できない気持ちと定義されています。みなさんは、相手を信じられない・・・信じることが恐い・・・と思ったことはありますでしょうか。信じていた人に裏切られたという経験をした後は、他人を信じることがこわくなりますよね。。

この点、不信感の強い人は、敵意を伴う苦悩と関連が深く、対人問題を感じやすいこと(Gurtman, 1992)が報告されています。また、他者に対して、冷笑的で否定的な態度を取る人は、対人関係で怒りや恨みを頻繁に経験しやすい(Smith & Frohm, 1985)といわれています。人に対する不信感が強いと、友達になるために疑うことになるため、自分も相手も苦しい関係になってしまうのです。

 

不信感とは?年齢によって変化する

不信感が強い人と信頼感が強い人の違いとは?

不信感と言っても実は様々なタイプがあると言われています。以下の図は「信頼」「不信」のバランスにおいてみられる個人の対人関係の特徴を表した図です。それぞれの枠内の特徴をご説明します。パッと見は少し理解しにくいと思います。

縦軸 ↑↓ 「信頼」は「性善説・・・人間はそもそも善人だ!」になります。
横軸 ↔  「不信」は「性悪説・・・そもそも人間は悪人だ」

と考えるといいでしょう。皆さんはパッとしたの表を見て、どの項目に当てはまりそうでしょうか?
例えば、完全な性善説の方は、「高い信頼」「低い不信」となります。
    性善説である性悪説である方は、「高い信頼」「高い不信」となります。

信頼感と不信感における統合実際の社会的関わりの様子を表した図

もう少し詳しく説明しましょう。

1:低い信頼/低い不信
性善説でも性悪説でもない、すなわち人間にはそもそも良い面も悪い部分もそう多くはないと考えるタイプです。人間関係についての興味が希薄化しやすく、表面的な関係になりやすくなります。限られた人と少し狭い範囲での人間関係になります。

2:高い信頼/低い不信
性善説の方です。人はそもそも良い面を持っていて、悪い面はすくないと考えます。理由なく他人を疑うことはなく、他者を信頼する傾向にあります。警戒心がなく、たくさんのポジティブな経験をし、他者との信頼関係をたくさん作ることができます。2はメンタルヘルスの状態もよく理想の心理状態を言えます。

3:低い信頼/高い不信
性悪説の方です。人はそもそも良い面をもっておらず、悪い面を持っていると考えます。、他者に対して用心深く、警戒心が高い傾向にあります。その結果、自分と他者との間の関係を効果的に維持することが難しくなります。

4:高い信頼/高い不信
高い信頼/高い不信の人の特徴とは、人は良い面、悪い面、どちらも持っていると考えます。信頼できる人は強く信頼し、不信感を持つ人には強く不信感を持ち、はっきりと区別する傾向にあります。その結果ポジティブな経験もネガティブな経験も多くなります。

不信感の問題のセルフチェック

不信感の問題のセルフチェックをご用意しました。 不信感に関する質問の中から、あなたの普段の性格や行動を表しているかをお答えください。以下の項目で、最も当てはまるものを一つ選んでください。回答が終わったらすべての項目の得点を合計してくださいね。

不信感の問題について分かるセフルチェックの表

セルフチェックの傾向と対策

0~14点
不信感の問題は低めの傾向
不信感の問題は低めの傾向にあります。人から裏切られたときなどに一時的に不信感を持つことはあるかもしれませんが、それが日常で継続的な問題になることは少ないと考えられます。もしも日常生活の中ではっきりとはしないけれど、他人に不信感を抱いてしまうという場合には、具体的に何に不信感を持っているのかなど丁寧に振り返ってみることが必要かもしれません。

15~29点
中等度の不信感の問題傾向
あなたの不信感の問題はやや高めです。一見他人からは問題があるようには見えませんが、こころの中では人を信頼できない、疑ってしまう、物事を思いきり楽しめないということに気づいているかもしれません。軽度の不信感は誰しも持っていますが、過剰に感じすぎてしまうと心身を苦しめることにもつながります。今抱いている不信感は持っていて当然のものなのか、過剰なものなのか、自分の本音を確認することが必要かもしれません。

30点以上
不信感の問題が強い傾向
不信感の問題が強い傾向にあります。日常生活の中で不信感を抱いていることによりできなくなっていることがあるなど問題が生じている可能性があります。強い不信感は社会不安障害や抑うつなどにつながる恐れもあります。今抱えている不信感を少しでも軽減できるように問題を整理することなどできることから始めてみましょう。 

不信感を解消しよう

不信感を解決する3つの方法

セルフチェックの結果はいかがでしたでしょうか。あまりいい結果が出なくても、現状を知ることが大切です。そこで本コラムでは、不信感を解消できない原因と解決策を提案させて頂きます。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①脱フュージョン力をつける

人間関係=ネガティブに注意!
不信感で困っているひとは、相手へのネガティブなイメージが頭から離れない傾向にあると言われています。例えば、以前他人に裏切られ不信感が高い人は、人は裏切るものだというイメージが先行してしまいがちです。

「考え」と「現実」を区別しよう
これでは、現実的な人間関係の中で人を信頼することは難しくなるでしょう。そこで自分の考えを振り返り、ネガティブなイメージに振り回されることなくバランスの良い現実検討を目指します。これを脱フュージョンと言います。私は思い込みが激しい・・・と感じる方コラム②を参考にしてみてくださいね。

②逃げ癖を克服しよう

回避行動が増えている人は要注意! 
不信感が強い人は、親密な人間関係を築く場面で他人に関わることを回避している傾向があります。不信感が強いため、日常生活で他人と関わる場面への回避行動が増えている人は要注意です。

恐怖を克服し他人を信頼する方法 とは ?
不信感が強いために他人と親密になることを回避している場合には、恐怖が本当に起こることなのか確かめていくことが有効です。そこで対人関係で怖いと感じることを不安階層表にリストアップしていきます。それを段階的に実行していきます。逃げ癖がついている・・・と感じる方コラム③を参考にしてみてくださいね。

③適切な自己開示で相互理解

自己開示の苦手な人は要注意! 
不信感が強い人は、他人に適切な自己開示ができないために相手との距離が縮まらない傾向にあると言われています。自分から自己開示ができなければ、相手から本音が語られることはないためお互いのことが良く分からず、信頼していくことは難しいでしょう。 

適切な自己開示で信頼関係構築
これまでの研究で、相手と自分の自己開示が増えると不信感が減ることが認められています。自分が自己開示することで相手からの自己開示が行われ、お互いに相手を知ることができます。自己開示をすることが少ない・・・という方コラム④を参考にしてみてくださいね。

不信感よりも信頼感を増やそう!

強い不信感は、気分や感情に影響を与えることや、他人と親密になることを回避することにつながることもわかっています。 過剰な不信感のせいで対人関係にストレスを感じる、楽しめないことはとても残念なことですよね。

今抱いている不信感により困難な状況になっている場合には、自分の持っている不信感と信頼感のバランスを振り返ってみることが大切です。何か新たな気づきを得られることでその後の行動も変化してくるでしょう!

次回の不信感コラムでは、「脱フュージョン力をつける」について解説します。一緒に不信感を改善していきましょう。(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★不信感が強い人はストレスが多い!不信感と信頼感はバランスが大切!
人間関係講座

*出典・参考文献
天貝由美子. (1995). 高校生の自我同一性に及ぼす信頼感の影響. 教育心理学研究, 43(4), 364-371.
天貝由美子. (1997). 成人期から老年期に渡る信頼感の発達. 教育心理学研究, 45(1), 79-86.
Gurtman, M. B. (1992). Trust, distrust, and interpersonal problems: a circumplex analysis. Journal of personality and social psychology, 62(6), 989.
 Lewicki, R. J., McAllister, D. J., & Bies, R. J. (1998). Trust and distrust: New relationships and realities. Academy of management Review, 23(3), 438-458.
中井大介, & 庄司一子. (2006). 中学生の教師に対する信頼感とその規定要因. 教育心理学研究, 54(4), 453-463.
下坂剛. (2001). 青年期の各学校段階における無気力感の検討. 教育心理学研究, 49(3), 305-313.
Smith, T. W., & Frohm, K. D. (1985). What’s so unhealthy about hostility? Construct validity and psychosocial correlates of the Cook and Medley Ho scale. Health Psychology, 4(6), 503.
桾本知子, & 山崎勝之. (2008). 大学生における敵意と抑うつの関係に意識的防衛性が及ぼす影響. パーソナリティ研究, 16(2), 141-148.
山中一英 (1995). 対人関係の親密化過程に関する質的 データに基づく-考察 名古屋大学教育学部紀要, 42, 127-134.



3つの解決策を実践しよう