>
>
>

SNS疲れになっていませんか?SNSとの上手な関わり方をする3つの方法

SNS疲れ


SNS疲れになっていませんか?SNSとの上手な関わり方「3つの方法」

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。今回は「SNS疲れ」について解説していきます!

SNSは、世の中にすっかり定着し今や日常生活に欠かせないツールになっています。しかし、上手な付き合い方ができないとSNS依存、SNS疲れ、孤独感を強めてしまう事もあります。ではどうすればSNS疲れを健康的に使うことができるのでしょうか?一緒に考えていきましょう。

SNSはコミュニケーションに欠かせない

SNSは日常生活に欠かせない

今やパソコンやスマートフォンで、遠くにいる他者と気軽につながる便利さは当たり前になりました。中でも、フェイスブックやツイッター、ラインといったソーシャルメディア(SNS)が広く普及しています。

SNSが広く普及した理由は、
・リアルタイムで情報をキャッチ
・人との出会いが非常に生まれやすい
・視野を広げることができる
などがあげられます。

例えば、SNSなら遠くにいる友達ともリアルタイムでコミュニケーションすることができます。文字はもちろん写真や動画も送付する事ができるため、リアルな情報を手軽に伝える事ができます。SNSは広く普及している

また、長い間連絡が取れなかった友人や知人とSNSで思わぬ再会をしたり、同じ趣味や嗜好をもった人との新たな出会いも自ら探してつくる事もできます。そして、全く知らない分野の人や社会的地位の違う人の考え方に触れることも容易にできるため、視野を広げるきかっけも作ってくれます。

このようにSNSは、現実世界では中々得られない人間関係や情報の広がりを作ってくれます。そして、SNSでの情報は、現実世界でのコミュニケーションにもつながるため、SNSは私たちの日常生活に欠かせないコミュニケーションツールになっています。

ソーシャルメディアはほどほどに

この日常的に利用しているSNSですが、SNS上の仮の人間関係に傾倒しすぎてしまうと、孤独感を強めてしまうという研究結果があるため注意が必要です。SNSと孤独感についてのある研究論文では、

・SNSをよく利用する人は友人関係満足度に
 「一時的」にポジティブな影響を与える

・全体的にみるとSNSをよく利用するほど、
 孤独感にネガティブな影響を与える

ことが示されています。これは、意外な結果だと思いませんか?それではこのSNSで孤独感を強めてしまわないようにするには、どのように付き合っていけばいいのでしょうか?

SNSへの依存は孤独感を強める

ここで、現実世界とSNSをバランスよく使うコツを3つご紹介しましょう。

1:SNSに制限を設ける
まずは、利用時間を制限して、SNSに傾倒しすぎないようにしましょう。「ネットゲームは1日1時間以内にする」「ラインをするのは10時まで」など、具体的な自分ルールを作り依存しない環境づくりから始めましょう。

2:現実世界の人との繋がりを増やす
直接会ったコミュニケーションを大切にするように心がけましょう。

家族や近隣の人との挨拶や会話を大切にしましょう。そして、社会人であれば上司や同僚、学生であれば友人との会話を増やすとよいでしょう。また、職場や学校以外なら、地域のボランティア活動や行きつけの食堂、飲み屋などがあると現実世界でのコミュニケーション機会を増やすことができますね。

実は以前、50名程度の企業研修をした際、休憩時間に誰ひとり雑談をせず、スマフォに没頭する光景をみて驚いた経験があります。時間があればスマフォをいじる!という方も多いかもしれませんが、人前でスマフォをいじるということは、目の前の相手と話したくないという失礼な態度にとられる場合もあるため注意したいものです。

人と関わることは面倒な事もありますが、生の人間は面白い事もたくさんあります。人との繋がりを増やして、孤独感を緩和していきましょう。

SNSはほどほどに、孤独感を強めない方法3:スマフォ遮断!1人時間をつくる
思い切ってスマフォの電源を切ってしまい、画面を見ない時間を創ることもおすすめします。その間は読書をしたり、勉強をしたり、会話を楽しむと決めておくと良いでしょう。スマフォ遮断を「特別な時間」と考えて、自分の思ったままに行動すると良いでしょう。自分だけの充実した時間は気持ちを整えてくれ、孤独感を軽くしてくれます。

SNSをうまく使いこなそう!

現実世界とSNSをバランス使うコツはいかがでしたでしょうか。日常生活のクセを変える作業のため、少し時間がかかるかもしれません。まずは、自分なりのルールを決めて取り組んでみてくださいね。

現実世界の人との関わりや自分の時間を大切にすることで、SNSに振り回されたり寂しい気持ちを抱く事が少なくなると思います。SNSをうまくつかいこなして、孤独感を緩和していきましょう。

★SNSへの傾倒は孤独感を強める!現実世界とSNSはバランスが大切

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

*出典・参考文献
河井大介(2014).ソーシャルメディア・パラドクス―ソーシャルメディア利用は友人関係を抑制し精神的健康を悪化させるか社会情報学, 3, 31-46.



現実世界とSNSとのバランスが大切