ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
人間関係 >
腹黒い人,男女の特徴と対策

日付:

腹黒い人,男女の特徴と対策

皆さんこんにちは。人間関係講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回のお悩み相談は「腹黒い人の特徴と対策」です。

相談者
32歳 女性

お悩みの内容
私は昔から騙されやすい性格です。マルチ商法の勧誘にのせられたり、無料のエステに行ったときに高額のローンを組まされたりしたことがあります。腹黒い人の特徴と対策を知りたいです。よろしくお願いします。

騙されてお金を失うと2重のショックがありますね。当コラムでは、腹黒い人の心理と対策を解説していきます。是非最後までご一読ください。

腹黒い人の意味とは

私たちは怪しい人を見ると

腹黒い政治家 腹黒い女性 腹黒い男

と表現することがあります。腹黒いの語源は古事記にあります。女神であるイザナミは黄泉の国で八の雷神(やくさのいかづちのかみ)にまとわりつかれます。

その中一つの神である、黒雷(くろいかずち)がイザナミのお腹にまとわりついたとされています。神と言うと、前向きないイメージがありますが、魔物として解釈されることもあるようです。

腹黒い人の腹には、魔物がとりついている…とイメージすると確かに納得できますね。

腹黒い,語源

腹黒い人の心理

腹黒い人は、自己の目的のために相手の気持ちを考えない傾向にあります。かといって、向う見ずに人を利用とするのではなく、目的を隠すだけの知的レベルも兼ね揃えているのです。これらの特徴は、自己愛が強い人、マキャベリスト傾向がある人に見られます。

自己愛が強い

精神疾患の中にはパーソナリティ障害というものがあります。これは人格に偏りがあり、問題となる行動を起こしやすい障害です。その中に自己愛性パーソナリティ障害があり、診断基準の中にこんな項目が示されています。

共感性の欠如 目標を達成するために他者を利用する 傲慢 横柄

腹黒い人の定義とかなり近いと言えそうです。自己愛が強い方は、文字通り自分を愛すること、自分が賞賛されることに神経を集中するため、腹黒い行動をとってしまう方がいます。

自己愛性パーソナリティ障害とはなにか

 

マキャベニアニズム傾向がある

腹黒い人の中にはマキャベニアニズム傾向を持つ方もいます。マキャベニアニズムとは

道徳的ではない行動、不正行為、嘘をついてでも、目標を達成しようとする傾向

を意味します。マキャベニアニズム傾向があるかたは、あくまで自分の目的を達成することが最大の関心ごとであるため、誠実であるかどうかは二の次になります。そのため、騙すことが目的達成への近道であれば、腹黒い行動を躊躇なく行うことになるのです。

南ら(2019)は大学生のソーシャルサポートにおける研究で、大学生活の満足度と虚言性について調べています。その結果、虚言性を図る「マキャベリズム傾向」が高い人は大学生活の満足度が低いということがわかっています。

つまり腹黒く人を騙す傾向がある方は、日々の生活に満足してないと推測されます。マキャベニアニズムについては以下のコラムで詳しく解説しました。理解を深めたい方は参考にしてみてください。

虚言癖がある人の心理

腹黒い人

腹黒い人への対処法

現在、詐欺の認知件数は2万件前後と言われています。実際はもっと多いでしょう。私の主観ですが、これらの詐欺事件については、上記のような性格傾向を持つ方もかなりいると予想しています。

そこでここからは腹黒い人への6つの対策をお伝えします。

①大きな利害が動く環境に注意
②嘘を見抜く力をつける
③自己開示をしない人に注意
④不自然に得をさせてくる
⑤孤立しないようにする
⑥断る力をつける

ご自身でも使えそうなものを組み合わせてご活用ください。

①大きな利害が動く環境に注意

腹黒い人は欲望が渦巻く環境に潜んでいます。

不動産取引 ギャンブル 投資の誘い 副業の誘い 恋愛の誘惑 結婚 お金の貸し借り 経理 政治

このように大きなお金が動く、競争が激しい、損得が大きい場所では、嘘をついてでも、自分の利益を確保しようとする人がいます。利害が大きく動く場所では、警戒レベルを上げるように心がけましょう。

②嘘を見抜く力をつける

腹黒い人は、口が達者で、言葉巧みに自分の意のままに相手をコントロールしようとします。対策として有効なのは嘘の見抜き方を学習することです。嘘を見抜くには、以下の3点を注目するようにしましょう。

嘘をつく時に人間はどうしても挙動がおかしくなります。例えば以下が挙げられます。

腕組みをする 自分の体を頻繁に触る 頻繁に席を外す アイコンタクトが増える,減る 頻繁にスマフォを確認する 頻繁に飲み物に口をつける 違和感のある笑顔

など、相手の行動に違和感がある場合は、嘘の予兆となります。警戒レベルを上げていきましょう。

人の本心は「声のトーン」に出やすい傾向にあります。実は声のトーンを意識するだけで、違和感を感じ取ることができます。腹黒い人は、声の内容と声のトーンが一致しないことがあります。例えば

好き♪
ではなく 
好き…

お金はかかりません♪
ではなく
お金はかかりません…

と話しの内容と声の抑揚が一致していないのです。これは腹黒い人に見られる傾向です。このように言葉ではなく、声のトーンも判断材料となります。

相手の気持ちは声にでる

本音は眉間のシワを作る「皺眉筋(しゅうびきん)」に出やすいという特徴があります。この筋肉は脳の深い部分とつながっているため、無意識のうちに本心が表れやすいという特徴があります。

皺眉筋2

特に嘘をつくのは、神経を使うものです。腹黒い話をしている時は、顔は笑顔でも、知らず知らずの内に眉間にシワが寄ってしまうのです。前向きなことを言っているのに、リラックスした感じがなく、眉間にシワが寄っていたら、警戒すべきサインと言えます。


③自己開示をしない人に注意

腹黒い人は自己開示を避ける傾向があります。ダマした後に後腐れがないように自分の素性を隠そうとするのです。例えば、

住んでいるところぼかす 仕事をぼかす 連絡先が限定されている 写真を一緒に取ることを嫌がる

などが挙げられます。プライベートな話をしたがらない場合は注意しましょう。

④不自然に得をさせてくる

腹黒い人の常套手段を1つおさえておきましょう。それは

最初にやたら得をさせ、信用を勝ち取ってから大きな嘘をつく

というやり方です。これは詐欺の常套手段なので是非心に刻んでおきましょう。

例えば、投資詐欺などでは、まずは少額儲けさせてから、大きな金額をだまし取るのが典型例です。少額のもうけ話で実績が出た後に、多額の投資話が出てきたときに注意しましょう。

男女の恋愛では、最初にやたら贅沢をさせてくれた後に、お金を貸してほしいと言われたら、要注意です。最初にやたら得をさせてくる人は警戒レベルを上げておくと良いでしょう。

腹黒い人,騙す

⑤孤立しないようにする

腹黒い人は、あなたを孤立させようと努力してきます。なぜならあなたを騙すときに、周りの人が避けない助言をして計画がパーになることを恐れるからです。

周りには言わないでね 秘密にしておいてね 〇〇さんは付き合わない方がいいよ

このような言動を真に受けて、一人で抱え込まないようにしましょう。特に大きなお金が動くとき、人生をかけた決断をするときは、孤立せず客観的な意見を聴くようにしてください。

⑥断る力をつける

腹黒い人は、自分の利益を優先し、あなたを利用したり、あなたを裏切るような行為をしてくることがあります。その際に大事なことは、相手の要求をなあなあで受け入れるのではなく、きちんと断ることが大事になります。

相手に気を使いすぎて断るべきことを断れない…と感じる方は以下のコラムを参照ください。断る力を高めるトレーニング法をたくさん紹介しています。

断り方のトレーニング

断る,嘘の勧誘

まとめ

今回は腹黒いという視点から、心理的傾向と対策について考えていきました。

腹黒い人は真の目的を隠してあなたと接してきますが、目的を隠し通すというのは実は非常に難しく、必ず違和感のある行動をとることになります。

この違和感を察知できれば、大事になることなく、距離をとることができます。倫理的に問題のある行動を繰り返す人がいる場合は、今回のコラムを参考に対応してみてください。

 

人間関係講座のお知らせ

人間関係に関する心理学を公認心理師のもとで、しっかり学習したい方は、人間関係講座へのご参加をおすすめします。講座では

 ・健康的な人間関係を築く心理学
 ・人の表情を読み取る技術
 ・アイコンタクトの取り方
 ・聴き上手トレーニング

などたくさん練習していきます。筆者も講師をしています。是非お待ちしています。↓詳しくは下記看板をクリックください♪↓

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・喜入 暁 (2016) Dark Triad と5因子性格モデルとの関連 法政大学大学院紀要, 76, 49‐54.
・風間惇希 2015 大学生における過剰適応と抑うつの関連 青年心理学研究 27(1), 23-38
・南隆男,稲葉昭英,浦光博(1987)「ソ-シャル・サポ-ト」研究の活性化にむけて–若干の資料
哲学 (85), p151-184