>
>
>

人見知りとは?原因と対処法を臨床心理士が解説

人見知り


人見知りする人の特徴や原因!3つの対処法を臨床心理士が専門解説①

「人見知り」を専門家が解説

みなさんはじめまして!臨床心理士の田口です。私は心理系の大学院を卒業し、現在では臨床心理士として精神疾患を抱える方へのカウンセリングや研修を行っています。

当コラムは「人見知り」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

 

人見知りの自分とうまく付き合おう

早速ですが、みなさんは自分のことを人見知りだと感じますか?私が以前担当していた心理学講座では、「私は人見知りです」という方が多くいらっしゃいました。

実は、自分を人見知りだと感じる方は意外と多く、決して特別なことではありません。症状が軽く日常生活にも支障がなければ、そんなに気にする必要はないと思います。しかし、社会生活を送る上では、人見知りであることが不利になる場面もあります。

このコラムでは、人見知りで悩んでいる方、人見知りを改善したい方に、人見知りの治し方と正しい知識を全5回で解説していきます。

いや、あえて書かせていただきます!!

先ほど「治し方」と言いましたが、人見知りという気持ちは治すものではなく、うまく付き合っていくものです。人見知りは、人間の本質的な感情ですので、そもそもなくす必要はないのです。

人見知りの気持ちとうまく付き合うことができれば、今より人と関わるのが楽しくなり、より豊かな人間関係を築くことができるかもしれません。当コラムでは、そんなお手伝いをさせていただきます。

初対面に弱い!人見知りのデメリット

人見知りのデメリット人見知りでお悩みの方は多いとお伝えしましたが、では、人見知りの方はどんなお悩みを抱えているのでしょうか?私の経験上、

・遠慮がちになってしまう
・人間関係を避ける
・対外的な仕事で不利になることがある
・自分を理解してもらえない

というお悩みが多いようです。

人見知りの方は、特に「初対面の人間関係」において、マイナスの印象を与えてしまうことを気にしています。

そしてその気持ちから、
・人と会うことが苦手
・人と話すことが不安
・人と会うことが怖い
など、初対面に苦手意識を持っています。症状が強くなると精神疾患を引き起こしてしまう可能性もあるため注意が必要です。

人見知りは自分の性格だからと諦めずに、このコラムで人見知りを克服するメリットを理解し、しっかり対策していきましょう。

人見知りになる3つの原因と解決策

人見知りの原因と解決策それではここで、人見知りになってしまう原因と解決策について考えていきましょう。人見知りになる原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

 

①「事実集め」で考え方を修正

自意識過剰
「相手にどう思われているのか、気になって仕方がない」という人は、自意識過剰が原因で人見知りになってしまうタイプです。自分の容姿や話題の内容に対して、「変だと思われたくない」という気持ちが強すぎるのです。

「事実集め」で客観的になろう
自意識過剰が原因の人見知りを克服するには「事実集め」という方法が有効です。人の目が気になってなかなか話しかけられない…どう思われるかわからないから発言できない…という方は、コラム②の解説と練習問題に取り組んでみてください。

 

②思考パターンをほぐす

完璧を求めてしまう
完璧主義から引き起こされる人見知りです。完璧主義と人見知りは、一見全くタイプが違うように思われますが、実は意外と多いパターンでもあります。完璧主義の人は「絶対に○○しなければならない」という思考で頭が凝り固まっています。そのため、

・失敗したくないから関わりたくない
・相手に少しでも嫌なところがあると
 関わりたくない

など、周囲とのコミュニケーションを避ける傾向にあります。

失敗してもOK!の姿勢で
完璧主義から人見知りになってしまう人は、自分にも相手にも完璧を求めるあまり、豊かな人間関係を築くことが難しくなっています。

そこで当コラムでは、凝り固まった思考をほぐす練習方法をご紹介します。自分は完璧主義だ…失敗を許せない…という傾向にある方は、コラム③をぜひ参考にしてください。

 

③小さな目標を達成する

目標が高すぎる
目標が高いことは、ある意味では素晴らしいことです。しかし、高すぎる目標は実現が難しく、多くの失敗経験につながってしまいます。そうなると、なかなか自信を持てなくなり、「人間関係でも失敗するに違いない」という思い込みから、人見知りになってしまうのです。

自信につながる成功体験を!
克服するためには、小さな目標を立てて、ちょっとした成功体験を積み重ねることが大切です。実現可能な目標を立てることが苦手…という方は、コラム④の解説と練習問題に取り組んでみてください。

 

人見知りを克服する方法

人見知りになってしまう原因には「自意識過剰」「完璧を求めてしまう」「目標が高すぎる」の3つが大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、人見知りを克服する具体的な方法について解説していきます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

人見知りを克服することができれば
・初対面でも楽しく過ごせる
・第一印象が良くなる
・少しの時間で仲良くなれる
など、メリットがいっぱいです!「人見知りだから」と、せっかくのコミュニケーションのチャンスを避けていては、もったいないですよ。もっと人と関わることができたら、あなたの世界はきっと大きく広がります!人見知りコラムで一緒に改善を目指していきましょう!

次回は、人見知りを克服する方法の1つ目「「事実集め」で考え方を修正」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★人見知りを克服して、もっと豊かなコミュニケーションを!
人間関係講座



3つの対処法で克服を目指そう