>
>
>
励ます言葉で辛い時を乗り越える

励ます言葉の使い方と方法-精神保健福祉士が解説①

はじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「励ます」についてお話していきます。コラム①の目次は以下の通りです。

  • 励ますのが苦手だと…
  • 不安感⇩幸福感⇧
  • 喜ばれるストローク
  • 結果より過程褒め
  • リフレーミングとは
  • 相手の立場で評価

励ますのが苦手だと…

相手を励ますことは、信頼関係の構築につながります。尊敬できる上司や、親友との会話を振り返ってみてください。きっとあなたが失敗した時、迷っている時は励ましてくれることが多かったでしょう。

一方で、励ますことが苦手だと様々な場面でネガティブな状況を作り出しやすくなります。

例えば、
・部下や後輩のやる気がなくなる
・友人やパートナーとトラブルになりやすい

・異性から冷たい人だと思われる
こうした問題は、励ますことができないために起こっている可能性が高いです。

励ます言葉の効果

励ますことがどれだけ集団やメンタルへルスに影響を与えるのでしょうか。ここでは、様々な心理学研究をもとに、励ますことのメリットをお伝えしていきます。

大きく分けて、「①不安感疲労感の減少」「②チームパフォーマンスUP」「③自分の幸福感を向上」の3つが挙げられます。

①励ます言葉を使うと幸福感UP

大坪(2017)は、大学生254名に対して、ソーシャルサポートとメンタルへルスの関係について調査を行いました。その結果、家族、大切な人、友人のサポートを受けやすい方は不安感などの項目において、プラスの関わりがあることがわかりました。

ソーシャルサポートとは、簡単言うと「社会的な支援」です。励ます言葉などの人を安心させるサポートも含まれます。

ソーシャルサポート 意味

まずは、家族のサポートから見ていきましょう。上図の(-)マイナスの意味ですが、家族からのサポートが得られやすい方は、特に自立神経症状が少ないことがわかりますね。

ソーシャルサポート 定義

次に、大切な人のサポートを見てみましょう。疲れやすさや自立神経症状は家族からのサポートほどではないものの、大きく減少しているには不安感です。大切な人から励ましを得られることは、安心感をもたらしてくれるのですね。

ソーシャルサポート 心理学

最後に友人のサポートはどうでしょうか。こちらも同様に不安感が大きく減少していることがわかります。大切な人からのサポートよりも若干少ないですが、疲れやすさ、自立神経症状の度合いは低いです。

②チームパフォーマンスUP

川津ら(2012)では、集団スポーツを対象にした研究があります。集団効力感がチームのパフォーマンスを上げてくれることが分かっています。

299名を対象とした実験では、調査用紙を用いて「集団効力感が試合中の行動や、大会結果にどのような影響を与えるか」を調査しました。

その結果、集団効力感があるチームほど、試合中に仲間を鼓舞したり、励ます行動が多かったのです。さらに、大会結果にもいい影響がありました。このように人間関係が良好であることは、仲間を励ましたり、協調的にしてくれるメリットがあるのです。

③励ます言葉を使うと幸福感UP

励ますことは自分の心にもいい影響を与えます。高橋・森本(2012)は都内大学生234名を対象にポジティブシンキングが心理的にどのような影響があるかを調査しました。研究の中では「他人のポジティブな面に注目すること」の心理的な効果も分析されています。その結果が下図となります。


他人のポジティブなところを見つけ、励ますと、自分自身の幸福感が上がり、ネガティブ感情が減り、他人を軽視するも減ることがわかります。他人の良い部分を見つけると自分も幸せになれるとは面白いですね。自分にも相手にもいい効果があるので、人間関係も円滑になることでしょう。

積極的に相手を励ますことで、相手だけでなく、自分も幸せになれるので日常的に他人を励ますこと心掛けたいところです。

診断とチェック

定期的にこちらの人間関係構築力診断で自己チェックしておくことをオススメします。励ます力は自覚しづらいため、客観的な状態を知りたい方はご活用ください。
励ます力簡易診断でチェック!②

励ます言葉を伝える方法4つ

ここからはさらに励ますことのトレーニング法を紹介します。全部読むのは大変なので、あてはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

励ます言葉① ストローク

・ストロークとは
ストロークとは「人との関わり方」を意味します。抽象的な概念なので、解説を読みながら少しづつ理解していってください。

ストロークは

条件付き肯定的ストローク」
無条件の肯定的ストローク」

の2つに分けられます。まずは「条件付きストローク」について説明します。条件付きの肯定的ストロークの例を挙げます。

・条件付きのデメリット
これらの状況はすべて「条件付き」ストロークですね。条件付きであっても肯定的ストロークは嬉しいものですしかし、条件付きには実はデメリットがあるのです。それは

「条件付きのストロークはあまり喜ばれない」

という点です。例えば、〇〇さんって上場企業なのですね!素敵!と相手を褒めたとします。もちろん全くうれしくないわけではないのですが、相手からすると自分よりも企業のことを褒めているように感じます。

条件付きでないと励ますことができない・・・という方は、ストロークを学ぶと無条件の相手を肯定するコツを理解することができます。

ストロークをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・無条件の肯定がベスト
・無条件の励ます練習
励ますことが得意になる「無条件の肯定的ストローク」③

コミュニケーション講座について♪

ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

励ます言葉② 結果よりも過程を褒める

・結果主義だと・・・
先ほどもお伝えしたとおり、「励ますこと」が不得意な方は条件つきで評価するという傾向あります。例えば、受験当日だから励ます、営業成績が上がったから励ます・・・これは結果で励ますやり方です。結果重視すると、もし結果が出なかったときに褒めることは難しくなります。

・プロセスを励ます
ではどのように励ませば、もっと相手の心に刺さる表現になるのでしょうか?それはズバリ、「過程>結果」を意識しましょう。結果が報われるかどうかをではなく、努力した過程や気持ちをフォーカスするのです。

例えば
「明日のプレゼンを頑張って。」

  ↓

「明日はプレゼンだね。ゼロから何度も何度もリハーサルをして、だいぶ上手く表現できるようになったと思うよ。粘り強いところが本当にすごいと思う。」

このように、過程を励ますことで、そっけなさがかなり減りましたね。相手のことを心から励ましていると感じられます。

結果重視で人を見てしまう・・・という方は、過程を励ます方法を知ると、相手の心の深く刺さる言葉をかけることができます。

結果よりも過程を励ますをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・励ましが伝わらない原因
・プロセスを励ます練習
励ます時の言い方が分からない時の対処法「過程に注目」④

励ます言葉③ 視野を広げて励ます

・励ます方法が分からない
励ますことは相手にとってポジティブな気分を活性化させます。積極的に行いたいところです。物の見方が偏っていたり、視野が狭い方は注意が必要です。なかなか励ますことができない方は、励ましたくても言葉が出てこないことがあります。一つの方向からしか物事を見ることができないことが原因です。

・視野を広げるリフレーミング
リフレーミングとは1つの捉え方を別の「フレーム」に変えて捉え治すことを言います。心理療法の1つである解決志向型アプローチ(Solution FocusedApproach :SFA ) によって良く用いられる技法です。物事を多方面から見ることで考え方を柔軟にしていく方法になります。

励ますことが得意な方は、1つの捉え方(フレーム)に縛られることなく、幅広い枠組で考えることを大切にしています。偏った見方に気づき、広く俯瞰して物事を捉えることが重要です。リフレーミングの技法を練習して、多角的に相手をスムーズに励ます力を付けていきましょう。

何を励ましたらいいかわからない…という方は、リフレーミングを学ぶと自然と相手を励ますことができるようになります。

リフレーミングをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・励ます時は視点を増やす
・練習問題でマスターしよう
励ますのが苦手!を克服する「リフレーミング」の使い方⑤

励ます言葉④ 相手の立場になって考える

・自分の立場で判断するのはNG
「励まそうとしても、相手のネガティブな部分ばかり見えてしまう」と思う人もいるかもしれません。経験が少ない後輩や部下に対して、至らない点に目が行くのは自然なことです。だた、一つもいい部分が見つからないという場合は、「自分の方が上だ」「自分が正しい」という自分の立場を気にする心理が働いてる可能性があります。

・「自分尺度」を捨てる
まずは、自分が持っている「ものさし」を一旦忘れてみましょう。自分なら簡単にできる・・・俺はこのやり方でやってきた・・・という基準や経験は、相手にとって「自慢」に聞こえてしまうことがあります。自分のものさしを捨てることで、相手の良い部分、成長させてあげたいポイントに気づきやすくなります。このとき名言風に自分なりのフレーズを作っておくとやりやすいです。

いつも自分の基準で判断してしまう・・・という方は、相手の立場になる方法を理解ことで、適切な状況・タイミングで相手を励ますことができます。

相手の立場で励ますをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・励ます言葉辞典
・ワークで実践しよう
励ますのが下手!を解消するには相手目線で考えよう⑥

相手を励ます4つの方法

励ますことができない原因には「無条件に肯定しない」「結果で判断する」「思考が狭い」「自分の立場で考える」の4つが大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、励ます技術を詳しく方法解説していきます。

日常的に励まされことがない人は、恥ずかしさから素直になれない人もいるでしょう。しかし、実際は心の中では喜んでいる、力が込み上げているはずです。励ますテクニックを磨いて、お互いにポジティブな気分になれる関係を築いていきます。

次回は、励ます技術の高める方法の1つ目「過程を励ます」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★褒める力は円滑な人間関係に効果的!まずは原因を知って対処しよう
人間関係講座

目次

①励ます言葉-概観
②簡易診断でチェック
③無条件の肯定的ストローク
④励ます時は「過程に注目」
⑤「リフレーミング」の使い方
⑥励ます時は相手目線で考える

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・大坪岳 追手門学院大学心理学論集;Otemon Gakuin University Psychological Review 2017 青年期のコミュニケーション・スキルとソーシャル・サポートがレジリエンスに及ぼす影響
・河津ら(2012)スポーツチームにおける集団効力感とチームパフォーマンスの関係の種目間検討