>
>
>
好き避けとは?無視してしまう男子・女性の心理

好き避けとは?無視してしまう心理・対処法①

はじめまして!公認心理師,精神保健福祉士の川島です。今回のテーマは「好き避け」です。

対象となるお悩み
好き避けをしてしまう
好きな人との会話が怖い
好きな人に嫌われてないか不安

  • 全体の目次
  • ①好き避けとは何か
  • ②対策:私的自己意識
  • ③対策:高目標設定
  • ④対策:リフレーミング

好き避けとは何か?

みなさんは「好き避け」という言葉を知っていますか。まずは好き避けとは意味から見ていきましょう。

好き避けの意味

好き避けは、好きな人ほど避けてしまう心理です。好きな相手にも関わらず、気持ちとは逆の態度をとってしまうのです。

たとえば、これまで普通に話をしていた異性に対して、好きな気持ちを意識した瞬間から話しにくくなってしまった・・・。という感覚です。

・好きな人から思わず逃げしまう
・思いを寄せる人を無視してしまう
・好きな異性と目線を合わせない

このように好きな相手に冷たい態度をとってしまうのが、好き避けの特徴です。好き避けは、男性・女性共に抱く心理ですが恋愛に慣れていない場合になりやすい傾向があります。

好き避け心理の特徴

好き避けが起こる5つの原因

それでは、好き避けはなぜ起こってしまうのでしょうか。主な原因としては以下の5つが挙げられます。

原因①見捨てられ不安
原因②曖昧さ耐性のなさ
原因③公的自己意識が高すぎ
原因④自尊心のなさ
原因⑤失敗過敏

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

原因①見捨てられ不安

見捨てられ不安とは、簡単にいうと「見捨てられることを避けようとする努力」ことです。例えば、

*親しくなるとなぜか不安になる
*愛情が本物か確かめたくなる
*仲良くなると辛いから1人の方が楽だ

このような気持ちに心当たりがある方は、見捨てられ不安の可能性があります。見捨てられ不安な方は、以下のような流れで好き避けしてしまいます。

事例:見捨てられ不安の太朗さん

ここで、事例をもとに見捨てられ不安を理解していきましょう。

・登場人物
花子さん
見捨てられ不安の太郎さん

①花子さんを好きになる
大学生の太郎さんは、大学の1つ上の先輩である花子さんを好きになりました。

②不安が頭によぎる
しかし、太郎さんは「付き合ったとしても、最後にはフラれるだろう」
という考えが浮かんできています。(見捨てられ不安)

③好き避けが起こる
結果的に太郎さんは、花子さんを好き避けしてしまい告白することが
出来ませんでした。(好き避けあり)

好き避け 克服

 

見捨てられ不安な方は、「どうせ、最終的には嫌われる…」という価値観があります。好きな人ができても、フラれることに意識が向いてしまいます。その結果、相手へのアプローチを回避してしまうのです。

事例:健康的な次郎さん

それでは、見捨てられ不安がない次郎さんの例で見ていきましょう。

・登場人物
花子さん
健康的な次郎さん

①花子さんを好きになる
大学生の次郎さんは、大学の1つ上の先輩である花子さんを好きになりました。

②前向きな将来を望む
次郎さんは「いい関係が続いていくだろう」
と考えを花子さんに告白することにしました。
(見捨てられ不安なし)

好き避けを克服

③いざ告白!
結果的に、次郎さんと花子さんはお付き合いを
始め、健康的な関係が続いています。
(好き避けなし)

積極的にアプローチ

次郎さんは見捨てられることを意識しすぎず、アクティブに相手とコミュニケーションを取ることができました。

このように、見捨てられ不安は好き避けに影響を与えると考えられます。

見捨てられ不安があるな…と感じる場合は、以下の解決策を参考にしてみてください。

見捨てられ不安が起きる原因として、「非現実的な思考に巻き込まれている」ことが挙げられます。例えば、告白したら嫌われるに違いない…などの考えに影響されて、好き避けしてしまうのです。

そこで、活用できるのが「脱中心化」という方法です。脱中心化は、簡単に言うと、自分の思考を外側から眺めること。

自分の思考を客観視することで、嫌われるにちがいない…という偏った視点に気づくことができます。すると、感情や思考に巻き込まれることが無くなり、好き避けを克服することができるのです。

脱中心化を詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。
・マインドフルネスとは
・自動操縦に注意
・事例:ラインが返ってこない
見捨てられ不安を克服する「脱中心化」とは

 

原因②曖昧さ耐性のなさ

曖昧さ耐性とは、簡単にいうと「中途半端な状況を受け入れられる耐性」ことです。曖昧さ耐性が低いと、

*好きな人の返信を待てず何度も連絡
*相手の些細なひとことに過剰反応
*相手が少し遅刻しただけで大ショック

こうした心持ちの方は、曖昧さ耐性が低いと言えます。曖昧さ耐性が低いと以下の流れで、好き避けが起こります。

事例:曖昧さ耐性が低い花子さん

・登場人物
太郎さん
曖昧さ耐性が低い花子さん

①自分と話す時だけテンション低い?
花子さんはバイト先の同僚の太朗さんに恋をしています。
しかし、花子さんは自分と話す時だけ、太郎さんのテンションが低いように感じました。

好き避け 原因

②自分は嫌われているのでは…
花子さんは、自分が嫌われていないか気になって仕方ありません。
バイトから帰り道もずっと考えてしまい、夜も眠れませんでした。
(曖昧さ耐性低い)

③決めつけで好き避けが起こる
それ以降、花子さんは太郎さんを好き避けするようになりました。
自分は「太郎さんに嫌われているに違いない」と決めつけ、
会話も続かず、目も合わせなくなってしまいました。
(好き避けあり)

好き避けを克服

上記のように相手の微妙な態度やニュアンスに耐えられず、コミュニケーションを避けてしまうのです。

曖昧さ耐性が高い静香さん

それでは、曖昧さ耐性が高い静香さんの事例と比較してみましょう。

・登場人物
太郎さん
曖昧さ耐性が高い静香さん

①自分と話す時だけテンション低い?
静香さんはバイト先の同僚の太朗さんに恋をしています。
しかし、花子さんは自分と話す時だけ、太郎さんのテンションが低いように感じました。

好き避け 原因

②普段通りに話しかける
静香さんは特に気にすることもなく、いつも太郎さんに通り話しかけました。
すると、太郎さんは笑顔で対応してくれました。どうやら思い違いだったようです。
(曖昧さ耐性高い)

③積極的にアプローチ
最終的に、静香さんの方からアプローチして二人は交際することになりました。
付き合ってから2年が経ちますが、現在でも良好な関係を築いています。
(好き避けなし)

好き避けしない

 

このように、曖昧さ耐性が高いと、安定したコミュニケーションができます。相手のニュアンスに動じることなく、いつも通りの会話をすることができます。

曖昧さ耐性がないな……と感じる場合は、以下の解決策を参考にしてみてください。

解決策:認知の歪みを改善する

曖昧さ耐性が低い人の解決策は、中途半端な情状況を楽しむ余裕を持つことが大事です。人間関係は白黒をはっきりつけられものではなく、好きと嫌いが交錯しながら全体として、曖昧なまま進んでいくのが普通です。

愛されていないと気が済まない!
全部好かれていないと勇気が出ない!

という状況では好き避けを改善することはできません。好かれているのか、嫌われているのかわからない。でもこれは自然なことなんだ。この曖昧な状況を楽しみながらコミュニケーションしていこう!

こんないイメージで接するといいでしょう。

曖昧さ耐性を高めたい方は、以下をご覧ください。
・曖昧さ耐性の特徴
・白黒思考とは
・曖昧な考え方をする人の特徴
曖昧さ耐性の意味と無い人の特徴と原因!愛着不安との関係を解説

感情に目を向けて好き避けを回避

原因③公的自己意識 

「公的自己意識」とは、周りからどう見られているかを気にする意識のことです。

堀井(2001)は青年527名(高校生256名、大学生271名)を対象に、質問紙を用いて「公的自己意識、対人恐怖との関連」を調査しました。

その結果、男女共に「自分や他人が気になる心理」に公的自己意識が大きく影響することが分かりました。

人目を気にする心理は、男子・女子共に公的自己意識との関係が強いことが分かります。公的自己意識が過剰になると、自分の本心で行動することが困難になり、好き避けを起こしやすくなります。

事例:公的自己意識が過剰な太朗さん

それでは、ここで公的自己意識が強い太朗さんの事例を見ていきましょう。

・登場人物
花子さん
公的自己意識が過剰な太郎さん

①花子さんを好きになる
太朗さんは大学のサークルで出会った花子さんを好きになりました。

好き避け

②周囲の目が過剰に気になる
告白したい気持ちがありましたが、
「花子さんはどう思うだろう?」
「サークルの他の人からどう見られるかな」と
周囲の目が気になって仕方ありません。(公的自己意識、過剰)

③花子さんを避ける
結果的に、太郎さんは花子さんへの告白をやめてしまいました。
サークルでの会話も避けるようになっていきました。
(好き避けあり)

好き避け 克服

このように、過剰に周囲の目を気にすると、相手へのアプローチを回避してしまうことが多いです。実は相手も自分のことを好きだった…なんてことでは勿体なさも極まりません。

事例:公的自己意識が健康的な次郎さん

・登場人物
花子さん
公的自己意識が健康的な次郎さん

①花子さんを好きになる
次郎さんは大学のサークルで出会った花子さんを好きになりました。

次郎さん②告白を決意する
次郎さんは花子さんと適切な関係を構築したうえで、
告白することを決意しました。(公的自己意識、健康的)

③実際にアプローチ
実際に告白を実行し、晴れてふたりカップルとなりました。
現在でも親密な関係が続いています。(好き避けなし)

好き避けしない

このように、公的自己意識が適切であれば、自然に相手にアプローチすることができます。相手にどう思われるか?を気にして好き避けを起こすことなく、本心に従って行動することができるのです。

周囲の目が気になるな…と感じる場合は下記をご覧ください。

]

解決策:私的自己意識を高める

この公的自己意識の対となる概念として、「私的自己意識」というものがあります。私的自己意識とは、「自分がどうしたいか」という気持ちのことです。

自分の価値観を大切にすることで、過剰に相手の反応を気にすることが無くなります。その結果、好き避けが和らぎ適切なアプローチを取ることができるのです。

周りの目を気にしてしまう…という方は、以下をご覧ください。
・感情に目を向ける
・好き避け克服トレーニング
・バランスを取る
好き避け心理で嫌われた!「私的自己意識」で回避しよう②

好き避け 克服

原因④失敗過敏

齋藤(2009)は、大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。高目標完全主義は、プラスの側面に視点をあてた積極的完璧主義です。

結果の一部は以下の図です。

図にある数字は相関係数です。簡単に説明すると、AとBはどれぐらい関連しているかを数値で読み取ることができます。心理学的には0.4~0.6の数値はある程度関連していると解釈していきます。

つまり物事のマイナス面に過剰にこだわる人は、周囲を避ける傾向が高まるため好き避け心理になりやすいのです。

失敗過敏を和らげる方法を知りたい方は、以下をご覧ください。
・消極的-積極的完璧主義
・消極的は好き避けに
・練習問題で理解を深めよう
好き避け心理で後悔しない!「高目標設定」をしよう③

原因⑤自尊感情の不足

桜井(2000)は、大学生361名を対象に「自尊感情尺度」の研究を行いました。この研究では、自尊感情とシャイが負の相関関係にあることがわかりました。以下の図をご覧ください。

シャイネスと自尊感情の相関関係図

シャイと自尊感情は負の相関にあることがわかります。好き避けする人と好き避けは近い概念です。その意味で、好き避けする方は、自尊感情が低い可能性が推測されます。

講師の経験としても、確かに、自信がある人ほど、好きな人にアタックするように感じます。この意味で、「自分に自信をつける」ことが好き避けを減らすことにつながると言えそうです。

自尊心を高める方法を知りたい方は、以下をご覧ください。
・リフレーミングで長所探し
・まずは自分を好きになる
・適度に甘えよう
好き避けされて疲れた「自尊心の向上」を目指そう④

好き避けを克服

焦らず対処しよう

好き避けする心理や原因、回避する方法を解説しました。いかがでしたか。好き避け心理から、好きな人に「嫌われているのかな?」と勘違いされては、とても残念なことです。好き避けを回避する方法で、恋愛を成就を目指しましょう。

好き避けしてしまう女性や男性の多くは恋愛コミュニケーションになれていないケースが多いです。「○○さんの冷たい態度は好き避け?」と思う男性や女性がいたら、焦らずアプローチをしていい関係を築いていきましょう。

次回以降のコラムでは、好き避けを回避する方法を恋愛場面での例を交えながら紹介していきます。

★好き避け心理と回避方法!恋愛のコツを身に付けよう!

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・桜井 茂男 2000 ローゼンバーグ自尊感情尺度日本語版の検討 筑波大学発達臨床心理学研究 (12), 65-71, 2000-01-25
・堀井(2001)青年期における自己意識と対人恐怖心性との関係 山形大学紀要. 教育科学 = Bulletin of Yamagata University. Educational Science 12(4), 85(453)-100(468), 2001-02-15