>
>
>

プレゼンテーションのコツを学ぼう!苦手意識の対処法

プレゼンテーション


プレゼンテーションが上手くなるコツを学ぼう!苦手意識の対処法①

プレゼンテーションを専門家が解説

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。当コラムは「プレゼンテーション」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

プレゼンテーションへの苦手意識

早速ですが、みなさんは「プレゼンテーション」が得意ですか?自信を持って「得意です!」と答えられる人は、おそらく少ないのではないでしょうか。多くの人はプレゼンテーションに苦手意識を持っていて、

・人前では緊張して頭が真っ白になる
・言葉が上手く出てこなくて失敗した

などの経験をしている人もいるかと思います。人前で緊張するのは当然のことですし、一度上手くいかないとなかなか苦手意識が取れないものです。

プレゼンの苦手意識

プレゼンテーションが上手くいかないと、どのようなデメリットがあるのか考えていきましょう。まず、お客様に対しては、自社の提案やアピールしたいものの魅力が伝わらずに、

・提案を受け入れてもらえない
・商品を購入してもらえない
・今後の付き合いに支障が出る

など、会社の直接的な不利益につながってしまう場合があります。せっかくいいアイデアを持っていても上手く伝えることができないと、仕事をする上で不利になるばかりか、ストレスをためこみ体調不良の原因となる場合もあるので、注意が必要です。自分の思いが伝わらないということは、思っている以上に心の葛藤を引き起こすものなのです。

仕事の場面では、お客様への企画提案、社内会議の発表など、プレゼンテーションを行う機会が多くありますので、少しでも苦手意識をなくしたいですよね。プレゼンテーションは、一部の人だけが持つ特別なスキルではありません。コツを理解し訓練することで、誰でも伸ばすことができる能力です。

プレゼンテーションの種類

ここでプレゼンテーションの種類について見ていきましょう。プレゼンテーションには、大きく分けて3つの種類があります。

①情報提供型プレゼンテーション
・お客様や社内スタッフへの
 「商品の操作説明」
・社内プロジェクトでの
 「日程や作業説明」
など、知識や情報収集によって得た情報を適切に整理し、相手にわかりやすく伝えるプレゼンテーションです。あまり自分の主観を入れず、現状を分析的、客観的に伝えるプレゼンテーションになります。

②説得型プレゼンテーション
ディスカッションやクライアントへの企画提案など、自分の主張に納得してもらうプレゼンテーションです。説得的なプレゼンであり、メリットやデメリットを整理しながら、自分の意見を盛り込んでいきます。ある程度情緒的な表現なども盛り込みながら説得を重ねていきます。

③感動系プレゼンテーション
聞いている人を喜ばせたり、悲しませたり、といった感情を引き起こすことを目的としたプレゼンテーション。経営者や指導者がメッセージを伝えるとき、自社商品のブランディングを行うときにも欠かせない要素となっています。TEDのようなプレゼンテーションのイメージですね。プレゼン3つの種類

プレゼンテーションが得意になる方法

ここからは、プレゼンテーションが苦手な原因と解決策について考えていきましょう。プレゼンテーションが苦手な原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①気持ちのあり方を変える

あがり症
プレゼンテーションをするとき、緊張のあまり「心臓がバクバクする」「冷や汗をかく」「言葉が出てこない」など、「あがり」の症状が出てしまったことはありませんか。誰でも人前で話す時は緊張しますし、結果を求められる仕事の場面では尚更です。

気持ちを変えてリラックス
あがり症が原因でプレゼンテーションが上手くいかない場合は、気持ちのあり方を少し変えることで対処していきましょう。あがり症を無理に打ち消さず、上手く付き合っていくコツを身に付ける事が大切です。

緊張で頭の中が真っ白になってしまう…、あがり症が原因で失敗した経験がある…という方は、コラム②をチェックしてみてください。プレゼンテーション前にできるリラックス法もご紹介しますよ。

プレゼンが苦手な問題とは

②伝わりやすい構成作り

支離滅裂な構成
プレゼンテーションを効果的に行う上で重要なのが「構成」です。プレゼンテーションに苦手意識がある人の中には、構成するのが苦手という人も少なくありません。情報が上手く整理されていないプレゼンテーションでは、聴く人に思いを届けることは決してできません。

シンプルな構成の作り方
この場合、プレゼンテーション本番だけでなく、事前に準備する段階での情報整理がとても大切になります。プレゼンテーションでは、わかりやすくシンプルに伝えることができる「問題解決型」という構成がおススメです。よく「何が言いたいのかわからない」と言われる…という方は、コラム③で詳しい手順を確認してくださいね。

③印象に残る話し方をしよう

プレゼンテーションの印象が薄い
「プレゼンテーションのテーマが弱い」「プレゼンテーションの内容が理解できない」「緊張のあまり上手く話が伝わらない」などの理由から、聴く人の印象に残らないプレゼンテーションになってしまう場合があります。

印象に残る話し方のコツ
そんな時は、話し方を変えることで、プレゼンテーションの印象をがらりと変えることができますよ。当コラムでは解決策として相手の印象に残る話し方のコツをご紹介します。話すことがあまり得意ではない…という方は、コラム④を参考にしてください。

プレゼンのコツを知ろう

プレゼンテーションを楽しもう♪

プレゼンテーションが苦手な原因には「あがり症」「支離滅裂な構成」「プレゼンテーションの印象が薄い」の3つが大きく関わっていることがわかりました。

次回以降は、プレゼンテーションへの苦手意識を作っている3つの原因それぞれの対処法を解説していきます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

最初にお伝えしたように、プレゼンテーション能力は、誰でも伸ばすことのできるスキルです。仕事で行う機会も多いことから、苦手意識を持ったままでいるのは、とてももったいないことですよ。

何より、自分が伝えたいテーマに多くの人が耳を傾け、理解や納得を得られるという体験は、大きな喜びをあなたにもたらしてくれるはずです。このコラムでコツを身に付け、プレゼンテーションが苦手だという気持ちを克服し、プレゼンテーションを楽しめるようになりましょう!

次回は、プレゼンテーションの苦手意識の解決法「印象に残る話し方」をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★プレゼンテーション能力は伸ばすことができる!原因を知って対処しよう
社会人講座



3つのコツで苦手意識に対処しよう