>
>
>
プレゼンテーションのコツを学ぼう!苦手意識の対処法

プレゼンテーションが上手くなるコツー苦手意識の対処法①

はじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「プレゼンテーション」についてお話していきます。

私自身、起業を通して、散々プレゼンテーション能力が試される機会がありました。本コラムでは、経験談や基本スキルについてお伝えします。

コラム①では

  • 苦手意識のデメリット
  • 3種類のプレゼンテーション
  • 診断・チェック
  • 3つの方法でプレゼン力UP

を解説します。全5コラムで8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

プレゼンテーションへの苦手意識

早速ですが、みなさんは「プレゼンテーション」が得意ですか?自信を持って「得意です!」と答えられる人は、おそらく少ないのではないでしょうか。多くの人はプレゼンテーションに苦手意識を持っていて、

・人前では緊張して頭が真っ白になる
・言葉が上手く出てこなくて失敗した

などの経験をしている人もいるかと思います。人前で緊張するのは当然のことですし、一度上手くいかないとなかなか苦手意識が取れないものです。

プレゼンの苦手意識

プレゼンテーションが上手くいかないと、どのようなデメリットがあるのか考えていきましょう。まず、お客様に対しては、自社の提案やアピールしたいものの魅力が伝わらずに、

・提案を受け入れてもらえない
・商品を購入してもらえない
・今後の付き合いに支障が出る

など、会社の直接的な不利益につながってしまう場合があります。仕事の場面では、お客様への企画提案、社内会議の発表など、プレゼンテーションを行う機会が多くありますので、少しでも苦手意識をなくしたいですよね。

プレゼンテーションは、一部の人だけが持つ特別なスキルではありません。コツを理解し訓練することで、誰でも伸ばすことができる能力です。

 

プレゼンテーションの種類

ここでプレゼンテーションの種類について見ていきましょう。プレゼンテーションには、大きく分けて3つの種類があります。

①問題解決型プレゼンテーション
ディスカッションやクライアントへの企画提案など、自分の主張に納得してもらうプレゼンテーションです。説得的なプレゼンであり、メリットやデメリットを整理しながら、自分の意見を盛り込んでいきます。ある程度情緒的な表現なども盛り込みながら説得を重ねていきます。

②情報提供型プレゼンテーション

・お客様や社内スタッフへの
 「商品の操作説明」
・社内プロジェクトでの
 「日程や作業説明」
など、知識や情報収集によって得た情報を適切に整理し、相手にわかりやすく伝えるプレゼンテーションです。あまり自分の主観を入れず、現状を分析的、客観的に伝えるプレゼンテーションになります。

③感動系プレゼンテーション
聞いている人を喜ばせたり、悲しませたり、といった感情を引き起こすことを目的としたプレゼンテーション。経営者や指導者がメッセージを伝えるとき、自社商品のブランディングを行うときにも欠かせない要素となっています。TEDのようなプレゼンテーションのイメージですね。プレゼンテーションというよりもスピーチに近いイメージになると思います。プレゼン3つの種類

このようにプレゼンテーションは様々な種類があります。ここでやや強引な論理展開かもしれないですが、一般の社会人のプレゼンテーションは

「問題解決型」が80%
「情報提供型」が10%
「感動系」が10%

ぐらいの比率で断然問題解決が重要と言えます。そこで当コラムでは問題解決型プレゼンテーション力をつけることを目的としてコラムを進めていきたいと思います。

情報の整理に!問題解決型の構成

あなたも今までに、様々なプレゼンテーションを聴いたことがあると思います。そこで、「内容が分かりにくいプレゼンテーションには共通点がある」と感じたことはありませんか。

例えば、
・大事な要素が抜けている
・ぐちゃぐちゃでわかりづらい
・内容がいったりきたり

伝わらないプレゼンテーションは、情報の整理ができていない場合が多いです。

これらの支離滅裂問題を解決するために、今回のプレゼンテ―ションコラムでは、整理がしやすく頭にも入りやすい、

「問題解決型」


というシンプルな構成の作り方をご紹介します。この問題解決型は非常に汎用性が高いので、プレゼン、企画、ホウレンソウ、広告創りなどあらゆる場所で使えます。実はこのコラムもよく見ると問題解決型で執筆しています笑 ぜひマスターしましょう!

プレゼンに役立つ情報整理の方法

プレゼンテ―ションの構成は4つの箱で

問題解決型のプレゼンテーションでは、まず以下の4つの箱に情報を分けます。

1の箱:問題の深刻性と原因
2の箱:解決策・概要
3の箱:解決策・効果
4の箱:解決策・実行可能性

これら4つの箱に分けた情報を、順番に説明していくというやり方です。もう少し詳しく見ていきましょう。

1の箱:問題の深刻性と原因
どれくらい重大な問題なのか、そして問題の原因は何か?を整理します。
問題解決型の説明では、因果関係を明確にすることが重要です。問題と原因の関係が納得いくよう整理しましょう。

2の箱:解決策・概要
問題の解決策について概要を整理します。5W1Hベースでシンプルに整理して伝わるようにしていきましょう。

3の箱:解決策・効果
解決策の効果・メリットを整理します。問題解決型で説得力を上げるには、この箱に入る「効果」をアピールする事がポイントになります。数字などを用いながら客観的に効果を感じられる情報を集めましょう。

4の箱:解決策・実行可能性
解決策が本当に実行できるかを整理します。どんなに効果が得られても実行の可能性が薄くてはプレゼンで相手を納得させる事はできません。時間や費用、実践するために必要な情報を提示しましょう。また、実現に向けた問題や課題なども伝えると判断がしやすいでしょう。

 

4つの箱に入れる情報はわかりましたか。まずは、バラバラになっている頭の中の情報を書き出して、4つの箱に入れていきます。振り分けることができたら、取捨選択をして、箱の中をよりスマートにしましょう。付箋などを使ってもわかりやすいですよ。構成で上手なプレゼンを

4つの箱にいれてみよう!練習問題

それではここで、4つの箱に情報を分けて文章を作る練習をしていきましょう。

練習問題
あなたは会社の上司から
「日常の業務の問題を1つ見つけ、改善策を考え実行しなさい。毎月頭の会議で企画を聞くから3分程度で報告するように。」
と指令を受けました。今日は月1回の会議の日です。

今回は【挨拶、感謝など基本的なマナーができていない】事について解決策を整理してみましょう。

問題の深刻性と原因

解決策・概要

解決策・効果

解決策・実行可能性

 

解答例
問題の深刻性と原因
挨拶、感謝など基本的なマナーがおろそかでは、社内の人間関係の悪化はもとより、外部への印象も悪くなり兼ねません。外部への対応によっては、口コミサイトで悪評となり、会社の信用が落ちてしまう可能性もあります。場合によっては、優秀な人材が入らないなど倒産要因を生む要素にもなります。

解決策
 概要:目を見て挨拶+今日の元気度確認作戦
    朝挨拶をしてお互い今日の元気度を10段階で報告する

 効果:朝メンタル面の状態をお互い確認
    仕事の割り振りやフォローなどしやすい

 実行可能性:10秒で済むうえ、コスト0なのですぐに取り組める。

コミュニケーション講座について♪

ここで少しだけお知らせをさせてください。 私たちは、プレゼン力や説得力の向上を目指して、コミュニケーション講座を開催しています。

専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。これから読むコラムを読んで実践的に練習をしたい!と感じたら、ビジネスコミュニケーション講座のページを参照ください。

プレゼンテーションが得意になる方法

ここからは、プレゼンテーション力をつける解決策について考えていきましょう。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

 

プレゼンが苦手な問題とは

①根拠を強める資料準備

根拠が弱い
いくら話が論理的であっても、それを裏付ける根拠を提示できなければ、上司や同僚、クライアントを首を縦に動かすことはできません。机上の空論では、プレゼンテーションの信頼性が下がり、周囲から評価も落ちてしまうことが考えられます。

ツボを抑えた準備を
論理は「結論+根拠」です。結論に至るための根拠は精度の高い物を用意することが大切です。当コラムでは、根拠を強めるための「資料準備のコツ」を具体的にご紹介します。プレゼンで説得力を出したい…と感じている方はコラム②をご確認ください。

②見出しの作り方で8割解決!

支離滅裂な構成
プレゼンテーションを効果的に行う上で重要なのが「構成」です。プレゼンテーションに苦手意識がある人の中には、構成するのが苦手という人も少なくありません。情報が上手く整理されていないプレゼンテーションでは、聴く人に思いを届けることは決してできません。

見出しの作り方を学ぼう
プレゼンテーションでは、わかりやすくキャッチーな「見出し」がとても重要です。プレゼンの骨組みや構成の部分にもなりますので、事前準備として抑えておきましょう。「プレゼンをどう構成すればいいかわからない・・・」という方は、コラム③にチャレンジしましょう。。

③印象に残る話し方をしよう

プレゼンテーションの印象が薄い
「プレゼンテーションのテーマが弱い」「表情が暗い」「声の抑揚がない」などの理由から、聴く人の印象に残らないプレゼンテーションになってしまう場合があります。

印象に残る話し方のコツ
そんな時は、話し方を変えることで、プレゼンテーションの印象をがらりと変えることができますよ。当コラムでは解決策として相手に好印象を与える非言語コミュニケーションについてご紹介します。話すことがあまり得意ではない…という方は、コラム④を参考にしてください。

④気持ちのあり方を変える

あがり症
プレゼンテーションをするとき、緊張のあまり「心臓がバクバクする」「冷や汗をかく」「言葉が出てこない」など、「あがり」の症状が出てしまったことはありませんか。誰でも人前で話す時は緊張しますし、結果を求められる仕事の場面では尚更です。

気持ちを変えてリラックス
あがり症が原因でプレゼンテーションが上手くいかない場合は、気持ちのあり方を少し変えることで対処していきましょう。具体的にはあがり症を無理に打ち消さず、上手く付き合っていくコツを身に付ける事が大切です。

緊張で頭の中が真っ白になってしまう…という方は、コラム⑤をチェックしてみてください。プレゼンテーション前にできるリラックス法もご紹介しますよ。

プレゼンのコツを知ろう

プレゼンテーションを楽しもう♪

プレゼンテーションが苦手な原因には「根拠が弱い」「支離滅裂な構成」「あがり症」「印象が薄い」の3つが大きく関わっていることがわかりました。

最初にお伝えしたように、プレゼンテーション能力は、誰でも伸ばすことのできるスキルです。仕事で行う機会も多いことから、苦手意識を持ったままでいるのは、とてももったいないことですよ。

何より、自分が伝えたいテーマに多くの人が耳を傾け、理解や納得を得られるという体験は、大きな喜びをあなたにもたらしてくれるはずです。このコラムでコツを身に付け、プレゼンテーションが苦手だという気持ちを克服し、プレゼンテーションを楽しめるようになりましょう!

次回は、プレゼンテーションの苦手意識の解決法「根拠を強くする方法」をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★プレゼンテーション能力はコツを抑えれば伸ばすことができる!原因を知って対処しよう
 
社会人講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→