ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
心理学コラム >
自我を育てる,鍛える方法

日付:

自我を育てる,鍛える5つの方法

皆さんこんにちは。心理学講座を開催している公認心理師,精神保健福祉士の川島達史です。今回は「自我を育てる方法」についてご相談を頂きました。

自我がない

 

相談者
32歳 男性

お悩みの内容

私は小さいころから、自分で物事を決めるのが苦手でした。親が厳しかったので、言われるがまま育った感じがあります。反抗期はなく、いい子だったと思いますが、一度しかない人生で、これでいいのかと悩んでいます。

検索していたところ「自我を育てる」という用語が自分にぴったりな気がしました。詳しく教えてください。

「自分がない」と感じる状態ですと、人生を主体的に生きている気持ちになれず、もやもやしてしまいますよね。当コラムでは自我を育てる方法を提案させて頂きます。是非最後までご一読ください。

自我の意味とは

日常生活では、「自我が弱い」「自我が強い」と言ったりしますが、その意味をおさえていきましょう。自我とは

「わたし」という感覚
行動の主体が自分であるという感覚
他人と区別できる自分

このような意味があります。例えば、赤ちゃんはまだ自我が芽生えていません。赤ちゃんは「わたし」という感覚がないのです。そのため、鏡を見ても、それがまだ自分だとわからないのです。

これが1歳半ぐらいになってくると自分のことを「〇〇ちゃんは」と自分を呼ぶようになります。これがもっとも原始的な自我の芽生えになります。

幼児の自我の芽生えを年齢別

このように私たちは、「わたし」という感覚を持ち、それを育てていくことで、人生を主体的に生きて行くことになります。

自我のメリット,デメリット

次に自我を鍛えるメリットとデメリットを考えていきましょう。

メリット

自我が定まっている人は「わたし」をしっかり確立している状態になります。そのため、物事を決める時に、自分の考えを元に決断していきます。

「自分自身で決め、自分で責任を負う」という感覚があるので、主体性をもって生きて行くことができます。

また、自我の強さはメンタルヘルスの良さと関連していることが分かっています。中尾ら(2005)は、自我の強さと心の健康について調査を行いました。結果の一部が下図となります。

自我と自尊感情の関係

対他的ERとは
他人と関わる時の自我の強さです。

対峙的ERとは
自分をコントロールできる自我の強さです。

それぞれ自尊心と結びついていることがわかります。つまり自我が安定している人は、自分に自信をもっていけていると言えるのです。

 

デメリット

つづいて自我を鍛えるデメリットもおさえてきましょう。自我が過剰になっている方は、「わたし」が強すぎるため、自己主張が肥大化し社会性が低くなります。そのため、相手の意見を聞けなくなったり、無視したりするようになってしまったりします。

また、自我が強すぎる方は、自分をコントロールする力が高すぎるため、自分の本能を抑えてしまうことがあります。例えば、好きな人ができたとしても、「いや!今の時期は仕事に集中しないと!」と素直な気持ちを抑えてしまうことがあるのです。

自分の原始的な感情を抑え続けると、心身症と言って体に問題が起こることもあるので注意が必要です。

 

健康的な自我は必要

このように自我を育てる事にはメリットデメリットがありますが、これまでの心理学の研究では概ね自我を育てることはプラスの効果が大きいことがわかっています。

過剰にならない程度に健康的に自我を育てていけるようにしましょう。

 

自我を育てる,鍛える

 

自我を育てる5つの方法

ここからは自我を鍛える5つの方法を提案させて頂きます。

①受信系の時間を減らす
②日記を書く
③メタ認知力をつける
④感情コントロール力をつける
⑤アイデンティティを確立する

①受信系の時間を減らす

自我が弱い人の特徴として、受け身の生活をしていることが挙げられます。テレビを1日中見ている、YUTUBEをただ見ている、SNSの投稿を眺めている…このような傾向がある方は注意が必要です。

改善する対策としては「わたし」を表現する時間を増やしていくことです。例えば、テレビは1日30分と決め、空いた時間を自分と向き合う時間に充てたり、ブログを書く時間にあてたりすると良いでしょう。

SNSを眺める時間を減らし、投稿する時間に充てるのもいいかもしれません。受信系の生活から、発信系の生活に切り返す意識を持つようにするのがコツです。

 

②日記を書く

自分の考えを、文字に起こすことも有効です。目に見えるカタチにすることで、思考のプロセスが分かり、自分の考えを整理できます。

その意味で日記を書くことは自我を鍛える上でとても効果的です。今日あった出来事に対して、自分がどのように考え、次はどうするか、など綴るようにしましょう。

 

③メタ認知力をつける

メタ認知とは

自分自身を観察する力 
感情や考えを客観視する力
深い部分にある考えをみつける力

を意味します。メタ認知力がある方は「わたし」をしっかり見つけ、深掘りし、自分が進むべき道を見つけることができます。

例えば、

「今私は〇〇と感じてる」
「私は〇〇をしたいと感じている」
「私は本当は〇〇と考えている」

このような問いかけをしていくとメタ認知力をつけることができます。自分を客観視するのが苦手…と感じる方は以下のコラムを参照ください。

メタ認知力のトレーニング法

メタ認知

 

④感情コントロール力をつける

自我が弱い人は、本能の赴くまま行動してしています。例えば以下のような行動が挙げられます。

・ダイエット中なのにお菓子を食べ過ぎる
・勉強をしようと思ってもすぐにスマフォを見る
・嫌なことがあるとすぐに口してしまう

このような状態が続くと、「わたし」が立てた目標を達成することが困難になります。自我が安定している人は、多少のトラブルや感情の揺れ動きがあったとしても、「わたし」をしっかり立て直し、やるべきことを着実に進めていくことができます。

以下のコラムでは感情コントロールが苦手な方向けの対策を提案しています。気が付くとやるべきことを投げ出していると…感じる方は参考にしてみてください。

感情コントロール力をつける方法

 

⑤アイデンティティを確立する

自我を育てる概念と非常に近い言葉として、アイデンティティの確立があります。アイデンティティの確立とは

自分とは何か?を理解する
自分がやりたいことが明確にする
自分の生きる価値観を見つける
社会に居場所を見つける

これらの意味があります。自分がやりたいことはなにか、人生で取り組むべき課題はなにか、何を使命として生きるかが明確になると、「わたし」が生きる時期が定まり、人生を充実させることができます。

以下のコラムを参考に是非、アイデンティティを確立していきましょう。

アイデンティティを確立する方法

 

まとめ

人間はある程度、コントロールされて生きているものです。DNAは基本的な生き方をコントロールを決めていますし、社会のルールは私たちの生き方に制約を課しています。

しかし、それ以外の部分では「わたし」の生き方は自由です。人生は一度しかありません。わたしはわたしの生き方があり、それはわたしにしかわかりません。是非自我を育て、あなただけの意味のある人生を送ってくださいね。

 

心理学講座のお知らせ,発展コラム

講座のお知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元で、心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・アイデンティティを確立するワーク
・性格分析で自分を理解する
・メタ認知トレーニング
・メンタルヘルスを安定させる心理療法

など学習していきます。興味がある方は下記のお知らせをクリックして頂けると幸いです。筆者も講師をしています(^^)

↓詳細はこちら↓

 

自我の詳細動画

自我については、動画解説もあります!
*チャンネル登録をして下さると励みになります(^^)

 

 

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • Ruria (るりあ)
    • 2021年5月10日 6:34 PM

    私は皆によく 自我が強いといわれますが
    全然そんな事はありません。
    チェックする所があったのに
    全部当てはまりませんでした。
    私はどっちなんですか?

    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・真木悠介,自我の起原―愛とエゴイズムの動物社会学 ,岩波現代文庫,2008
 
・守秀子,幼児期の自称詞使用に関する実態調査 ,文化学園長野専門学校 研究紀要 第 7 号 ,2015,p.15-38
・中尾達馬  加藤 和生, CAQ 版 ER 尺度 (CAQ-Ego-Resiliency Scale) 作成の試み, パーソナリティ研究, 2005, 13 ,  2 , p.272–274