>
>
>
シャイな性格,簡易診断と改善策‐男性,女性心理

シャイな性格,簡易診断と改善策‐男性,女性心理

はじめまして!公認心理師の川島です。
今回のテーマは
「シャイな性格」
です。

  • 全体の目次
  • シャイとは何か?
  • 2種類のシャイ
  • シャイに関する研究
  • 診断とチェック
  • 気質とどう向き合うか

はじめに

・人と話すときすごく緊張する
・知らない人と話す機会から逃げたくなる
・顔が赤くなったり、体が震える

皆さんはこんなお悩みをお持ちではないですか。実は講師の私自身、実はものすごくシャイな時期がありました。こじらせてしまい、社交不安障害になったことがあります。

私たちはシャイな性格とどうやって付き合っていけばいいのでしょうか?当コラムでしっかり解説していきます。シャイで悩む方は是非最後までご一読ください。

シャイ

シャイとは何か?

社会心理学においてシャイは以下のように定義付けられています。

特に未知の人とのかかわりを予期したときに生じる緊張や不安
行動が回避的、抑制的になる

*岸本(1994)を一般向けに改訂

初対面、面接、接客など、私たちは社会に出ると様々な新しい人と出会うことになります。この時シャイな性格があると、緊張しやすく、また回避的な行動がみられるのです。

2種類のシャイ

心理学の世界ではシャイには
・恐怖者シャイネス
・自意識シャイネス
の2つの種類があることが分かっています。それぞれ性質が異なるので基礎として抑えておきましょう。

恐怖シャイネス

恐怖シャイネスは幼少期から確認される、面識のない人との間に体験される不安反応です。以下は一例です。

・子供が母親の後ろに隠れる
・小さな頃から人見知りだった…
・子供のころから警戒心が強かった

このように、小さな頃から見知らぬ人に対して怖いという感覚が強かった方は、もともと恐怖シャイネスを持っていると言えそうです。

日比野(1977)の研究では、乳幼児の人見知りと個体識別について調査を行っています、実験では、満10ヶ月の乳児43名を対象に、質問紙を用いて調査を行っています。

そして参加者を人見知りの強度により

1.人見知りが激しいグループ
2.人見知りが中程度のグループ
3.人見知りしないグループ

の3つ群に分けて調べました。以下の図は、それぞれのグループの人数とパーセンテージを表したものです。

シャイ 研究

このように、約80%が中程度~激しい人見知りを経験することがわかります。当研究では、人見知りがはじまる時期についても調査が行われました。

その結果、平均的には7~8か月で現れることが多いことがわかっています。1歳になる前から見知らぬ人に恐怖を覚えるようになるのです。恐怖シャイネスはごくごく自然なことであると言えそうです。

 

自意識シャイネス

自意識シャイネスは他人からの評価が気になる、公の場や目立ってしまう状況で体験されます。

つまり、周囲の視線が気になる心性から起こるシャイネスです。10代から急激に大きくなることが分かっています。

以下は自意識者シャイネスの一例です。

・飲み会でうまく話せない・・・
・おどおどしてしまう・・・
・好きな人だと緊張する・・・
・人前で話せる自信がない・・・

自意識シャイネスは10代から増えていきます。

小学生の頃は天真爛漫だったけど、中学生ぐらいから他人が怖くなって来たという方は、自意識シャイネスに当てはまりそうです。

一方で自意識シャイネスは10代から急激に増えてきます。幼少期は社交的だったのに、10代になったとたんシャイになってしまう方は、自意識シャイネスの影響が考えられます。

毎日の生活に支障が出るほどに大きくなると「社交不安症」と診断されることもあります。

交不安症を発症した人の約75%が15歳以下で発症しています(図1)。

人見知り

図1. 社交不安障害の発症年齢(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより、一部改変)

社交不安症の特徴は、発症年齢と相談に訪れた年齢に差があることです。

発症は15歳までが殆どにも関わらず、なかなか悩みを打ち明けることができないのです。

ましては15歳以下の人が「人見知り」という悩みで専門機関に通っている姿はイメージしにくいでしょう。

ある研究では、発症年齢と10年以上ずれた30代半ばで医療機関や心理カウンセリングを行っている機関を訪れる傾向が見られることが分かっています。

このような相談の遅れが症状を悪化させる要因にもなると言えます。

 

シャイに関する研究

シャイに関する研究はこれまで幅広くされてきました。以下折りたたんで記載をしたので、興味があるタイトルを展開してみてください。

石田(1998年)は、大学へ入学して8か月経過した新入生を対象にシャイに関する研究を行いました。まずは女性のテスト結果から見ていきましょう。

シャイな女性親密度のテスト結果

女性の場合、シャイな人とシャイでない人との図の大きさは小さな差になっています。つまり女性にとってシャイは、相手を好きになったり、好かれたりといったことにあまり影響しないと言えます。

一方、男性の場合はどうでしょうか。男性のテスト結果は以下の通りです。シャイな男性親密性のテスト結果

男性の場合、シャイな人とシャイでない人とに親密性で大きな差が出ていることが分かります。男性は好かれたり、好きになったりする場合に、シャイであるかが大きな基準となるのです。

この男女差は文化的な違いもあるかもしれません。女性の場合は人見知りは奥ゆかしさや、かわいらしさとして見られることがありますが、男性の場合は、自信がないとみられてしまうこともあります。

このような文化的なとらえ方がコンプレックスに結びついて、対人関係での自信のなさにつながっている側面がありそうです。筆者の川島もシャイである自分を随分せめていました。

人見知りのように周りからの視線に意識が向いてしまうことを「公的自己意識」呼びます。「公的自己意識」が増大すると、対人不安が起こりやすいと考えられています。

キム(2005)の研究では、522名を対象に調査票を用いて、「公的自己意識がメンタルへルスにどんな影響を与えるか?」について調査を行っています。

その結果、上記の図のように公的自己意識は「対人不安」に影響することが分かりました。他人の目を気にしすぎると、人とコミュニケーションを取るのが怖くなったり、自分らしく振る舞うことが難しくなってしまうのですね。

その都度変わる評価に毎回付きあっていては、常態的に不安にさいなまれることになります。もちろん公的自己意識は社会的に必要なものですが、意識しすぎは注意が必要です。

齋藤(2009)は、大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。その結果、失敗を恐れる傾向のある方は

「集団にとけこめない」
「人間関係の当惑」

があることがわかりました。つまり、シャイになりやすいということです。

上記の図の数字は相関係数と呼ばれるものです。簡単に説明すると、AとBはどれぐらい関連しているかという数字で、心理学的には0.4~0.6の数値はある程度関連していると解釈していきます。

人見知り傾向が強い方は「ミスをしてはいけない」「嫌われたくない」と考えるあまり、ますます人見知りを増幅されている可能性もあります。

人見知りの原因としては、緊張しやすい遺伝子であることが挙げられます。みなさんは以下のような経験をしたことがありませんか?

・初対面の人と上手く話せない
・大会の前にお腹が痛くなる
・好きな人ほど緊張して話せない

このような誰しも感じたことがあるこの感覚は、一般的に緊張と呼ばれています。日本人は生まれつき緊張しやすいという研究があります。

私たちが感じる緊張にはS遺伝子とL遺伝子が関わっています。ヴェルツバーグ大学精神医学部のピーターレッツ博士(1996)は、それぞれの遺伝子について以下のように報告しています。

「S遺伝子」
心身の安定に必要な「脳内伝達物質・セロトニン」の分泌に影響を及ぼす。

「L遺伝子」
S遺伝子とは対極にあり、緊張しない遺伝子という性質があるのです。

さらにS遺伝子とL遺伝子の割合で人間は、

SS型・・・緊張や不安になりやすい
SL型・・・緊張や不安は中程度
LL型・・・緊張や不安に強い

の3つに分けられます。SS型が最も人見知りになりやすいタイプであり、LL型の人たちは緊張や不安に強く、外向的な人が多いです。

センら(2004)は、日本とアメリカの人たちのS遺伝子とL遺伝子の割合を調べました。

こ日本はSS型とSL型に分類される人の割合が多く、その割合は世界でも最高水準に位置づけられることが、多くの研究や調査で示されています。

人見知りは私たち日本人からすれば身近な気質なのですね。

 

 

診断とチェック

ここからはシャイとうまく付き合う方法を提案させて頂きます。成果を把握するために定期的に以下の診断でチェックされることをオススメします。

シャイな気質とどう付き合うか

ここまでシャイについて解説をさせて頂きました。ここからはシャイな性格とうまく付き合う方法を5つ提案させて頂きます。

・全体の方針を抑える
・自分の気持ちを大事にする
・失敗よりも成功をイメージ
・緊張をほぐす方法をマスター
・森田療法で目的本位に
・シャイな自分を認める

気になる項目がありましたらリンク先をクリックしてみてください。

全体の指針を抑える

シャイは

後天的な影響で
改善がしやすい領域

遺伝的に決まっていて
改善が難しい領域

に分けられます。シャイをすべて治そうとするのは現実的ではなく、改善できる部分は改善する一方で、ある程度自分自身の気質として受け入れていく姿勢も大事になってきます。まずはこの2点を抑えておきましょう。

 

周りの目より自分の気持ち

シャイな性格の原因は、公的自己意識が過剰であることが挙げられます。公的自己意識とは、

・失礼な言葉遣いになっていないか
・自分の容姿はおかしくないかな

といった周りの目を気にする自意識です。

シャイを改善するには、人の目が気になる・・・という心理から自分の気持ちに集中する意識を強くするのが改善のコツとなります。

いつも周りが気になる…という方は以下のコラムをぜひ参考にしてみてください。

人の目が気になる!を改善する方法

失敗よりも成功イメージ

シャイな人の多くは、

「絶対に失敗してはならない!」

という思考で頭が凝り固まっています。その結果、人間関係でのミスを恐れ、人とのコミュニケーションを避けてしまいます。すると、

1.会話を避ける
2.苦手意識が強まる
3.さらにシャイになる
4.さらに会話を避ける

という負のループに陥ってしまいます。

失敗が怖くて仕方がない…という傾向がある方は下記ご覧ください。
失敗が怖い…を改善する方法

 

緊張をほぐす方法をマスター

シャイなコミュニケーション場面で緊張しやすい傾向にあります。極度に緊張してしまうことで、自己嫌悪に陥ってしまい、さらにシャイになってしまうことがあります。

緊張をほぐすことができれば、

・スムーズに会話ができる
・人見知りしない
・自分らしく居られる

などシャイ傾向を軽減することができます。いつも人前で緊張してしまう…という方は、リラックス法や考え方の追加を行うことで緊張と上手く付き合うことができるようになります。

シャイで緊張しやすい方は下記を参照ください。
緊張をほぐす方法

森田療法で目的本位に

森田療法という心理療法を聞いたことはありますか?森田療法の根本には

”あるがまま”

という考え方があります。あるがままとは、気分や症状は起こるままに受け入れ、しなければならないことに集中する意味です。

「恐怖に突入せよ」
「人見知りのままでOK」
「緊張を強引に抑えない」
「自然体であれ」

これが森田の根本的な考え方になります。恐怖から対人場面を避けてしまう…という方は、森田療法を実践することで恐怖ともに行動できるようになります。

森田療法をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
森田療法の基礎

自己受容を大事にしよう

シャイはある程度は遺伝の影響があると考えるのが基本です。遺伝の影響であるということは、あなたが人とあってドキドキしたり、不安になるのは、脳や体の仕組みとしてそうなっているのです。

そのため、ある程度は改善の努力で改善できますが、限界もあります。シャイな性格はシャイな性格として自分を受け入れて、うまく付き合っていく姿勢もとても大事になります。

そうは言ってもなかなか自分を受け入れられない…という方は下記をご覧ください。
自己受容コラム

まとめとお知らせ

まとめ

ここまで見てきたように、シャイを克服するには「改善できない部分は受け入れ、改善できる部分は努力していく」ことがポイントです。

シャイな自分だからこそできることもあるはずです。人見知りを全否定するのではなく、ありのままの自分を認めていきましょう。その上で、シャイを改善するための方法に取り組むことが大切です。

シャイと上手く付き合えるようになると、

・初対面でも打ち解けられる
・第一印象が良くなる
・人前で堂々と話せる

など、人生の様々な状況でプラスに働きます!積極的に人と関わることができれば、あなたの毎日はきっと大きく変わります!応援しています♪

講座のお知らせ

もし公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎
・緊張をほぐす方法
・暖かい人間関係を築くコツ
・自分を受け入れる練習

などを学習します。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています。

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・Buss, A. H. (1984). A conception of shyness. Avoiding communication: Shyness, reticence, and communication apprehension, 39-49.
・Eggum
Wilkens, N. D., Lemery Chalfant, K., Aksan, N., & Goldsmith, H. H. (2015). Self conscious shyness: Growth during toddlerhood, strong role of genetics, and no prediction from fearful shyness. Infancy, 20(2), 160-188.
対人恐怖心性尺度の作成 堀井, 俊章 小川, 捷之 上智大学心理学年報 1996
石田靖彦 (1998) 「友人関係の親密化に及ぼすシャイネスの影響と孤独感」. 社会心理学研究 , 14 (1) , 43-52.

対人相互作用の予期における私的シャイと公的シャイサブタイプの差異 岸本 陽一 近畿大学文芸学部文化学科心理学 文学・芸術・文化 20(1), 116-98, 2008-09 近畿大学文芸学部