>
>
>
メンタライゼーションの意味とは?わかりやすく解説,治療,トレーニング法

メンタライゼーションをわかりやすく解説,治療,トレーニング法

はじめまして公認心理師の川島達史です。
今回のテーマは
「メンタライゼーション」
です。

改善するお悩み

・メンタライゼーションを知りたい
・相手の気持ちが分からない
・自分がどうしたいのか分からない

このようなお悩みはありませんか?当コラムにたどり着いたあなたは、メンタライゼーションという言葉を深く知りたい、日常生活に活かしたい気持ちをお持ちだと思います。

人間関係や人生設計をしていく上で、メンタライゼーションはとても大切な概念になります。そこで、今回はメンタライゼーションの意味や原理を初学者向けに分かりやすく解説します。

全体の目次

・メンタライゼーションとは?
・研究紹介
・治療対象と効果
・トレーニング方法

自己理解や他者理解に関心のある方は、ぜひ最後までご一読ください。

メンタライゼーションとは?

歴史

メンタライゼーションという用語は1960年代に精神分析学の中で散発的に使われはじめた概念です。大きく広がったのは1990年代です。

精神分析家であるフォナギーは、幼少期の親子関係がメンタライゼーション能力に影響することを提唱しました。これが話題となり、近年では心理学の1つの重要なワードとして定着しつつあります。

定義

メンタライゼーションをわかりやすく定義すると以下のようになります。

自分自身や他者の行動に裏側にある
様々な思考や感情を推測する能力

「自分は何がしたいのだろう?」
「相手はなぜあのような行動をしたのだろうか?」
など、自分の感情や価値観を考えることがメンタライゼーションの基本となります。

例① 他人に対して
職場の上司が、太郎さんに対して機嫌が悪そうに対応してきたとします。しかし、なぜ上司が不機嫌なのか原因がわかりません。

メンタライゼーションとは?特徴や歴史

この時、太郎さんは会社の上司に対して
「何か仕事で失敗したのかな?」
と、上司の状況を考えました。

例② 自分に対して
太郎さんは、職場の同僚にきつく当たってしまいました。

メンタライゼーションとは?定義や例

この時、太郎さんは自分に対して
「なぜきつく当たったのか?」
と考えました。

そして、
「疲れて余裕がなかったかも…」
と、自分の行動を振り返りました。

特徴

このように、相手や自分自身の行動の裏側を考えていくことがメンタライゼーションの基本となります。特徴をまとめると以下のようになります(Mentalizing in Clinical,2008より)。

・心で心を思うこと
・自己や他者の心に注意を向ける
・誤解がある場合は理解に努める
・自分自身をその外側から眺める
・他者をその内側からみつめる

メンタライゼーションの効果

メンタライゼーション能力についてはこれまで心理学の中で様々な研究がなされてきました。以下折りたたんで掲載いたします。興味があるものをクリックしてみてください。

菊池ら(2012)の研究では、34人の大学生を対象に「面接調査」と「質問紙調査」を用いてメンタライゼーションと『対人関係がうまく行っていない』と感じる感覚である対人関係不全感との関わりを調査しました。

その結果が以下の図です。

メンタライゼーション 研究

このように、メンタライゼーション能力が高いほど「対人関係不全感」が少ないことが分かります。つまり、相手の心を読む能力が高ければ対人関係はうまくいきやすくなるというわけですね。

増田(2015)は、大学生の教職課程履修者92名を対象に、メンタライゼーションと自己効力感についての関連を調査しました。

その結果が以下の図です。

自己効力感とメンタライゼーション

「対自的メンタライゼーション」は自己理解する能力、「対他的メンタライゼーション」は他者理解を理解する能力です。2つのメンタライゼーションができる学生ほど、自己効力感が高いことが分かりました。

[toggle title="アイデンティティの形成につながる" load="close" suffix="3"]

近藤ら(2013)は、自閉性スペクトラム障害を伴ったひきこもり青年を対象に、メンタライゼーション・アプローチを行いました。その結果、メンタライゼーションによってアイデンティティの形成が促進され、社会参加に至った事例を報告しています。

つまり、人間関係で行き詰まった時,

「自分の価値観は?考えは?どう感じていたのか?」

を、明確に言葉で話せるとアイデンティティを確立しやすくなります。図のすると、以下のような感じです。

メンタライゼーションができる人は、メタ認知が高く、振り返りをきちんと行い、価値観ややりたいことに気づけたり、発見することができます。

この作業を繰り返していくとメタ認知が鍛えられ、人間関係が円滑なっていくのです。

幼少期の養育環境の影響

フォナギーによると、メンタライゼーション能力を健全に獲得するには、幼少期の親子関係が大事であるとされています。

・身体的虐待
・心理的虐待
・性虐待
・ネグレクト
このような環境で育つと、自分や相手を思いやる習慣がつかず、自分や相手の気持ちを考えることが苦手になる可能性が高くなります。

例えば、親のしつけが厳しく、なんでも干渉してきたとしましょう。すべてを親が決め、ルールを破ると激怒するような親の場合、もはや自分で考えることをやめてしまいます。

自分の気持ちと向き合うことができず、自分とは何か?そんな洞察を放棄してしまうのです。

重度になると、対人関係に著しい問題を引き起こす、愛着障害や境界性パーソナリティ障害の一因になるとも考えられています。

治療は学校,福祉にも応用

治療方法の開発と発展

当初、メンタライゼーションは愛着障害や境界性パーソナリティ障害の治療として始められました。近年では、アプローチの汎用性から

・パーソナリティ障害
・自閉症スペクトラム障害
・対人関係が苦手な方

などにも適用されるようになってきました。またカウンセリング場面だけではなく、学校といった教育場面、福祉領域の場面でも応用されています。

トレーニングの軸

メンタライゼーション能力が低かったとしても、トレーニングによって鍛えることができます。

治療では、
・自身を振り返る
・相手の立場に立って考える

この2つのスキルが大きな目標となります。

トレーニング方法

メンタライゼーションのやり方

ここではメンタライゼーションのトレーニング方法を解説します。

具体的には、
①出来事を客観的に書きだす
②行動や振る舞い方を書きだす
③価値観と思考を書きだす
という、3つのステップで考えていきます。まずは例を見ていきましょう。

例文

花子さん
・同僚の太郎さんとは仲良し
・太郎さんは活発でおしゃべり

花子さんは、太郎さんと食事に行きました。お店では、太郎さんが自分のペースで話したり注文したりしていた為、花子さんは必死にその場についていきました。

終わってみると何となく振り回された感じがして、帰りの電車ではため息をついてしまいました。

メンタライゼーションのやり方

花子さんの状況を、3つのステップでメンタライゼーションしていきましょう。

①出来事を客観的に書きだす
⇒活発な太郎さんと飲みに行った。お店では、太郎さんのペースが続いた。何をするのも太郎さんはスピーディーだった。

②行動や振る舞い方を書きだす
⇒話についていくのに必死で、疲れがどっと出てきた。

③価値観と思考を書きだす
⇒本当は注文したい料理があった。自分も太郎さんに聞いてほしいことがあった。

↓↓↓

私は、もっと積極的になりたいのかも!メンタライゼーションの例題花子さんは最終的に「積極的になりたい」という気持ちになっていますね。

このように、あくまで自分の価値観や思考を明確にしていく事だけに集中してください。正解、不正解にこだわることではなく、自分を発見していくが大切です。この作業をすることで、結果的に自己理解が進みます。

練習してみよう

つづいては皆さんの番です!3つのステップで、メンタライゼーションをしていきましょう。

以下の質問に沿って、自分の価値観や思いに気が付いていきましょう。そして、それを一度確認したり、考え直してみたりしましょう。

 

①出来事を客観的に書きだす

②行動や振る舞い方を書きだす

③価値観と思考を書きだす

メンタライゼーションのやり方

 

発展編

ここからは先は、メンタライゼーションをより深く理解したい方向けの内容です。メンタライゼーションの入門編を読んで、さらに対人関係を良好にする知識を深めたい方に参考にして頂けると幸いです。

メタ認知

メンタライゼーション能力と近い概念として、「メタ認知」というものがあります。”メタ”とは日本語では、”高次”のという意味があります。平たく言えば、自分を客観的に見ることをメタ認知というのです。

このメタ認知を鍛えることができれば、自己理解・他者理解する能力も磨かれていきます。

メタ認知をより深く知りたい方は下記をご覧ください。

メタ認知能力の意味とは?

講座のお知らせ

もし公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎
・対人不安の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・無条件の肯定のコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。お知らせ失礼いたしました。

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・Mentalizing in Clinical Practice:Washington.D.C, American Psychiatric Publishing,Inc,2008
・Jon G. Allen, Ph.D., Peter Fonagy, Ph.D., F.B.A., and Anthony W. Bateman, M.A., FRCPsych
・菊池裕義・山田仁子・舘岡達矢他(2012)メンタライゼーションの測定 : その信頼性と日本人大学生における境界例傾向との関連性 心理臨床学研究 30(3)355-365
・近藤直司・小林真理子・宮沢久江(2013)ひきこもりを伴う自閉症スペクトラム障害とメンタライゼーションに焦点をあてた精神療法.精神分析研究,57 : 22-29.
・上地雄一郎(2015)メンタライジング・アプローチ入門 ‐愛着理論を生かす心理療法‐ 北大路書房
・増田優子(2015)メンタライゼーション能力の高さが教師志望学生の教師効力感と特性的自己効力感に及ぼす影響 教育心理学第57回総会発表論文集 p266
・Fonagy P. (1991): Thinking about thinking: Some clinical and theoretical considerations in the treatment of a borderline patient. The International Journal of Psychoanalysis 72, 1‒18.