>
>
>
親近感を育てる方法を解説

親近感を育てる方法-心理学の専門家が解説①

はじめまして!学校心理士・応用心理士の栗本、公認心理師の川島です。今回のテーマは「親近感」です。

  • 改善するお悩み
  • 人と関係性を作るのが苦手
  • 親近感を与えるのが苦手
  • 暗いと人から言われる
  • 全体の目次
  • 親近感とは-概観
  • 解決策:類似性アピール
  • 解決策:自己開示

親近感について心理学上の重要なキーワードは、「類似性」「単純接触効果」「非言語」「自己開示」です。コラム①ではこの4つの論点を詳しくお伝えします。

しっかりと対策をお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

親近感とは?特徴や意味を解説しています

親近感と類似性‐研究①

親近感を考える際に、重要となる概念の1つが類似性です。類似性とは、自分と相手の同じところや似ている部分を指します。

「2人とも同じ映画が好きだから友達になった」「趣味が合うから私とあの人は非常に仲が良い」といった現象は、類似性があることによって親近感を持つ典型例と言えます。  

類似性を捉えるときに有効となる1つの理論として、ハイダーのバランス理論があります。ハイダーは

・Pを「自分」
・Oを「他人」
・Xを「事物」

と考え、人間関係を考えました

ハイダーのバランス理論

バランス理論では、3要因の認知の関係に注目します。特徴は以下の通りです。
「+」は好意的な認知
・「-」は否定的な認知
・「-」がゼロか偶数の時は認知体系が均衡になる
・「-」が奇数のときは認知体系が不均衡になる  

具体例として、「事物=野球」を考えます。

均衡の取れた人間関係

自分も他人も野球が好きな場合、マイナスはゼロになります。その結果、親近感がわきやすくなります。 

否定的でも良い関係が作れる また、両者ともに野球があまり好きでないときも、類似性が見られます。上記の図は「-」が2つになっていて偶数になっていますね。つまり、好きでないものが一致している状態でも、親近感が湧く可能性があるのです。

ジャンプなどでは、共通の敵がいるとライバル同士が仲良くなるくだりなどありますよね!これもお互いが嫌いなものがいるときに親近感がわく例と言えそうです。

単純接触効果‐研究②

心理学の世界には、単純接触効果という概念があります。文字通りで、人とただ顔を合わせるだけですが、その人と会う回数が多くなると、次第に好感度が高まります。

*監修の川島(精神保健福祉士)が動画でも解説しています。
 チャンネル登録くださると励みになります!

ここで会う回数と好感度に関する研究を見ていきましょう。

川上・吉田(2011)は、大学生75名を対象にして、3D画像で作られたキャラクターの好感度の高低を調べました。

実験に参加した大学生は、実験条件によって各群に振り分けられましたが、キャラクターを見た回数が多い群ほど、そのキャラクターへの好感度が高いことが明らかになりました。

まずはキャラクターを何回も見た大学生の集団を見てみます。この群に振り分けられた大学生は、キャラクターを1日に1回見ることを数日間に渡って繰り返しました。

そして、実験直後、実験終了から3日後、実験が終わって2週間経ったときの3段階で好感度得点を測定しました。

▼結果がこちらです。

親近感と好感度について

好感度得点が高く、2週間後も好感度得点がほとんど変わらないことが分かりますね。つづいて、キャラクターを1回しか見なかった集団の結果を見ていきましょう。

▼こちらは、好感度得点が次第に下がっているのが分かりますね。

親近感と好感度の実験結果の図2週間後には好感度得点が0点に近づいているため、親近感を抱くという段階に至ることは難しいです。単純接触効果を上手く利用すると、親近感を高めることができます。

SNSを活用するのも大切ですが、親近感を育むうえでは対面へのこだわりも重要です。

笑顔と印象形成-研究③

親近感には「笑顔」が欠かせない要素となります。笑顔が無いと、

・無愛想な人だと思われやすい
・とっつきにくい印象を与える
・いつも不機嫌だと思われがち

などが起こります。誤解を招きやすく、親近感とは真逆の印象になってしまいますね。

梅野(2015)は非言語コミュニケーションと親近感に近い「好感」との関係について、大学生230名に対して調査を行いました。その結果、笑顔は印象形成においてもっとも重要であることが分かったのです。

交換をもたらす非言語で笑顔は重要視されている


女性ですと笑顔よりも髪色やファッションにかけている時間が長そうですが、それと同じぐらい笑顔のあり方が親近感に関わるのです。

男性は笑顔のトレーニングに取り組む方は少ないかもしれません。もしあなたが接客業など営業をしている場合はビジネス的に不利になっていると言えます。

親近感を育てる!4つの解決策

ここからは親近感を高める具体的な方法を提案させて頂きます。全部読むのは大変なので当てはる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①類似性アピール

他人に親近感を持つことができない人は、相手と自分の違いばかりに反応してしまいます。「意見が違う」「価値観が違う」「やり方が違う」そんなことが日常的に起こっている感覚がある方は要注意です。

楠見(2002)は、類似性は主に3つに分けることができると考えられています。その中の1つに、

知覚的類似性(ちかくてきるいじせい)

と呼ばれるものがあります。簡単に意味を説明しますと、

外見や持ちもの、声の高低など非言語の要素で相手と似ている性質

と捉えてよいでしょう。

例えば、スポーツの世界ではユニフォームで敵味方を区別することが多いです。言わずもがな敵よりは味方の方が親近感が持てるのが人間です。

服装や持ち物、声の雰囲気が似ているということは、それだけで親近感にプラスの影響を与える1要素となるのです。類似性はその他2つの種類があります。詳しくはコラム②をご参照ください。

類似性をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・刺激や手がかりの類似性
・概念的類似性とは?
・練習問題にチャレンジ
親近感には類似性アピールが必須!成功例と思考のポイント②

②単純接触効果を場面ごとに活用

単純接触効果はさまざまな応用方法があるため、ご自身の状況に合わせて実践していくことが大切です。

例えば、営業先へ

1時間の商談を週1回するよりも、
15分の商談を週4回したほうが

単純接触効果を得やすくなります。

最近は営業先とのコミュニケーションが、メールやSNSという企業も増えていますよね。

定期的に商品を告知するための宣伝としては効果がありますが、お客様と良好な関係を築いていくには、小まめに顔を合わせることが大切です。

その他にも、恋愛・日常生活など場面ごとの応用例があります。

単純接触効果をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・単純接触効果を詳細に解説
・時間よりも回数が大切!?
・場面別の活用例
単純接触効果とは?職場や恋愛、営業で使える心理学の法則

③笑顔練習

親近感を高めるために、「笑顔のトレーニング」はとても大切です。笑顔が少ない場合、

・冷たく見られてしまう
・第一印象が悪くなる
・とっつきにくく感じる

といった問題が発生します。

先ほどの笑顔研究でもご紹介しましたが、笑顔は印象形成において一番大事であることが分かりました。つまり、親近感を与える上で、笑顔はもっとも重要視される部分なのです。

笑顔トレーニングの方法をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・笑顔トレーニング2要素
・身体的トレーニング
・笑顔と心の在り方
笑顔の作り方と練習トレーニング法-臨床心理士が解説①

④自己開示

親近感はお互い高めあっていくことが大事です。あなただけでなく、相手にも自分に対して親近感を持ってほしいですよね。ここで大事なのが「自己開示」です。

自己開示をすると、相手もあなたと類似した部分を見つけ、親近感を育ててくれます。

逆に自己開示をせず、「何者かわからない」ような状況ではに警戒されて親近感を育てるどころではなくなってしまいます。

自己開示で親近感を高めていこう

自己開示をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・事実の自己開示
・感情の自己開示
・トレーニングで実践
親近感を高める自己開示3つのポイント!③

コミュニケーション講座について♪

解決策2に進む前に少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

親近感を育てるコツを理解

このように、「類似した部分をアピールできていない」「接触回数の低下」「笑顔が足りない」「自己開示の不足」が原因となることが多いようです。

次回以降は親近感を持ってもらう方法ついて考えていきます。

親近感を持ってもらう方法は良好な人間関係を築き上げていくカギとなります。しかし、そう簡単に親近感を持ってもらうには難しいかもしれません。

これから紹介する親近感を持ってもらう方法を日々の生活の中で意識していくことで、少しずつ親近感を持ってもらいましょう!

次回の親近感コラムでは「類似性を見極めてアピールする」について解説します。お楽しみに!

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
藤森立男 1980 態度の類似性,話題の重要性が対人魅力に及ぼす効果-魅力次元との関連において- 実験社会心理学研究 20,1.
梅野(2015)好感をもたらす非言語コミュニケーションに関する研究 目白大学大学院 修了論文概要
国分康孝 1982 〈つきあい〉の心理学 講談社.
Julianne Holt-Lunstad, Timothy B. Smith, Mark Baker, Tyler Harrris, David Stephenson. (2015) Loneliness and Social Isolation as Risk Factors for Mortality. A Meta-Analytic Review. Perspectives on Psychological Science, March 2015 vol. 10 no. 2 227-237.
菊池章夫 2004 Kiss-18研究ノート 岩手県立大学社会福祉学部紀要 6, 2,41-51.
川上直秋・吉田富二 2011 閾下単純接触の累積的効果とその長期持続性 心理学研究 第82巻 第4号
中島義明 2018 現代心理学 理論 事典 新装版 朝倉書店

Byrne, D., & Rhamey, R. 1965 Magnitude of
positive and negative reinforcements as a
determinant of attraction. Journal of Personality and Social Psychology, 2, 884-889.