>
>
>
真面目人は損をする?疲れる,うつ病リスクと改善

真面目人は損をする?疲れる,うつ病リスクと改善

こんにちは!公認心理師の川島です。

今回のテーマは
「真面目な人」
です。

相談者
33歳 男性

お悩みの内容
私は昔から真面目な性格で、学校や会社でも遅刻したことがありません。高校時代は皆勤賞でした。

真面目すぎる性格のせいか、社会人になってから残業を押し付けられることが多くなりました。プライベートでは、堅苦しいと言われ、合コンに誘われません。

砕けた会話が苦手で、周囲から距離を置かれているような感じがします。もっととっつきやすい人になりたいです。

砕けた会話が苦手だとリラックスした関係を築きにくいですよね。特に日本は「謙虚」「勤勉」といった文化が根づいています。そのため、真面目は美徳に見られがちですが、過剰になると空回りしやすくなります。

そこで、当コラムでは、真面目な性格の心理傾向、強みを生かす方法について解説をしていきます。

 

真面目な人の長所と短所

まずは真面目な人の長所と短所を確認していきましょう。

以下折りたたんで記載したので気になる項目をクリックしてみてください。

長所

真面目な人は勉強を先延をしないことが分かっています。

古屋(2017)は、性格得点と「勉強嫌悪」の関連について調べました。その結果が以下の図です。

真面目な人 メリット

このように勤勉性が増えると、勉強嫌悪が減るという相関が示されました。つまり誠実で真面目な人は、勉強を嫌がったり後回しにしない傾向があるということです。

真面目な人は遅刻することが少ないことが分かっています。

古屋(2017)は、性格得点と「遅延行動」の関連について調べました。その結果が以下の図です。

時間に正確

上記のように勤勉性が増えると、遅延行動が減るという相関が示されました。つまり真面目な人は、遅刻することが少なく時間に正確な傾向があるということです。

真面目な人は、失敗が少ないことが分かっています。

古屋(2017)は、性格得点と「行動失敗」の関連について調べました。その結果が以下の図です。

真面目な人 長所

図のように勤勉性が増えると、行動失敗が減るという相関が示されました。つまり真面目な人は、行動に失敗することが少ない傾向があると考えられます。

 

短所

真面目な人は罪悪感が強いことが分かっています。

有光(2001)は、大学生292名を対象に、罪悪感の性格特性をアンケート調査により明らかにしました。その結果が以下の図です。

誠実性 高い

罪悪感が強い人は「誠実性」が高い傾向にあることが分かりました。すなわち誠実で真面目であるほど、罪の意識で悩みやすいと言えそうです。

真面目な人は、抑うつが強くなることが分かっています。

風間(2015)は大学生260名に対してメンタルヘルスの研究を行いました。その結果、自己抑制と抑うつに相関関係があることが分かりました。

真面目な人 デメリット

このように、自己抑制が強いほど抑うつの傾向も高いことが分かりました。つまり自分の気持ちを抑えて相手に応えていこうとする真面目な人は、抑うつ状態になりやすいと言えます。

必要以上に我慢をしてしまう…という方は注意しましょう。

真面目な人は、自律神経のバランスが悪い傾向があります。

特に交感神経が優位な状態が長く続きます。これは、体が常に「緊張」「興奮」している状態であり、不眠や血圧の上昇につながります。適度な緊張は体に活力をもたらしてくれますが、長期化している場合は体に様々な悪影響を及ぼします。

自律神経の働きをより深く知りたい方は下記をご覧ください。

交感神経・副交感神経。心と体の仕組み

真面目さの長所と短所

真面目過ぎる‐改善する5つの方法

このように真面目な人には長所もあり短所もあります。ここで注意すべき点として、メンタルヘルスが悪くなっていたら、真面目レベルが過剰になっていると推測されます。

そこで当コラムでは行き過ぎた真面目を改善する方法を5つ提案させて頂きます。

①べき思考の改善
②失敗への恐怖を和らげる
③曖昧さ耐性を付ける
④2割サボる意識
⑤身体をほぐす

それぞれ詳しく解説していきます。

 

①べき思考の改善

まず1つ目は、べき思考を改善することです。

真面目すぎる人は「○○すべき」「○○しなければならない」といった考え方があります。こうした思考は、「べき思考」と呼ばれており、完璧主義な傾向を強め、メンタルへルスに悪影響を及ぼします。

そこで、少しずつべき思考を改善し、柔軟な考え方にシフトしていくことが大切です。例えば以下のような例が挙げらえます。

・会話で失敗してはならない
⇒1回でも話題を振れればOK

・仕事は完璧にこなすべき
⇒80%の完成度でOK

・スピーチでは堂々と振る舞うべき
⇒自分の言いたいことが言えればOK

このように、べき思考を和らげることで気楽に取り組めるようになります。

べき思考を改善する方法をより深く知りたい方は下記をご覧ください。

「べき思考→ほぐし思考」に変換しよう

 

②失敗への恐怖を和らげる

2つ目は、失敗への恐怖を和らげることです。真面目な人は、少しでも失敗したら人間失格だ…という極端な考え方を持っていることが良くあります。その結果、

・本番で過剰に緊張してしまう
・仕事のスピードが遅くなってしまう
・ミスをした時にひどく落ち込む

などの状態になってしまいます。真面目過ぎて辛い場合は、失敗に対してある程度寛容になることも大事にしましょう。

失敗への恐怖を改善する方法をより深く知りたい方は下記をご覧ください。

失敗が怖い…成功イメージを意識して克服する5つ

 

 

③曖昧さ耐性を付ける

3つ目は、曖昧さ耐性を付けることです。真面目な人は白黒ハッキリつけたがる傾向があります。例えば、テスト70点だったにも関わらず、

100点でないなら自分はダメだ

と考えてしまうなどです。このように極端に考えてしまうと、自分の現状を客観的に把握することができなくなります。その結果、いい結果が残せているにも関わらず、自己否定に陥ってしまうのです。

一方で、気楽に取り組める人は曖昧さ耐性があります。曖昧さ耐性とは、曖昧な状況への耐性のことです。例えば、テストが70点だった場合、

70点も取れた!まあまあでしょう。

といった具合に、曖昧な状況を受け止め、ほどほどで良しとします。このように考えると肩の力が抜けていきますね。

曖昧さ耐性を付ける方法をより深く知りたい方は下記をご覧ください。

曖昧さ耐性の意味とは,高める方法

 

④身体をほぐす

4つ目は、身体をほぐすことです。真面目な肩に力が入っていたり、顔がこわばっていることがあります。身体が力んでいると、心も緊張した状態になり、パフォーマンスが出しにくくなります。

身体をほぐす時によく用いられるものとして、「漸進的筋弛緩法(ぜんしんてききんしかんほう)」というリラクゼーション法があります。やり方を簡単言うと、

筋肉の緊張と弛緩を繰り返すことで、体の力を抜いていく

という方法です。

緊張した後に一気に脱力をすることで、力が抜けたことが明確になり、心の緊張もほぐれていきます。

身体をほぐす方法をより深く知りたい方は下記をご覧ください。

漸進的筋弛緩法の効果とやり方

 

2割サボる意識

5つ目は、2割サボる意識を持つことです。「え、サボっていいの?」と思われるかもしれませんが、真面目な人は20%ぐらいはサボる!という方が健康的です。

常に100%の力で生きていては、いずれ体力が底を尽きてしまいます。マラソンで全力疾走するとバテてしまうように、普段の生活でもペース配分を考える必要があります。そこで、

・たまには残業をお願いする
・2か月に1回ぐらいは遅刻OK
・体がキツイ時は休む

など2割ほど手を抜くようにしましょう。

例えば、Googleでは「20%ルール」という規則があり、仕事内の20%は自由にやって良いという取り決めになっているそうです。

ある程度、個人の自由に任せることで新しい発見やアイデアにつながるとのことで導入しているようです。

上手くサボる方法をより詳しく知りたい方は以下の動画をご覧ください。

 

まとめとお知らせ

まとめ

真面目なことは社会生活を送る上で、非常に大切な性質です。しかし、真面目すぎてしまうと空回りしたり、仕事でミスを連発してしまうなどの状態に陥ります。

そこで、適度に真面目でいることが重要です。常に上司や先生の指示に従っている…というような状態は少し真面目になりすぎているかもしれません。

たまには仕事や勉強も遊びだと思って自分らしく取り組んで見みましょう。すると、意外にもいい結果が現れることもありますよ♪

 

お知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎
・白黒思考の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・傾聴練習

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。お知らせ失礼いたしました。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・有光(2001)罪悪感, 羞恥心と性格特性の関係 性格心理学研究 9(2), 71-86, 2001 日本パーソナリティ心理学会
・姜信善・南朱里(2015) 個人志向性・社会志向性が友人関係満足に及ぼす影響についての検討 兵庫教育大学人間発達科学部紀要
・風間惇希 2015 大学生における過剰適応と抑うつの関連 青年心理学研究 27(1), 23-38
・古屋(2017)大学生の学業遅延傾向に関わる性格特性について 立正大学心理学研究所紀要 第15号 33-45 古屋:大学生の学業遅延
・O’Connor, L. E., Berry, J. W., Weiss, J., & Gilbert, P. (2002). Guilt, fear, submission, and empathy in depression. Journal of affective disorders, 71(1), 19-27.
・Browne, Evangeli, & Greenberg,  2012