>
>
>

褒める言葉で対人関係を円滑に!褒め上手になるコツを解説

褒める言葉


褒める力で対人関係を円滑に!褒め上手になるコツ-心理の専門家が解説①

褒める言葉を専門家が解説

みなさんはじめまして!。当コラムは「褒める言葉力UP」をテーマに専門家が解説をしています。みなさんは、周りの人を褒めることができていますか?誰でも、褒められて嬉しかった!という経験があると思います。褒められて嫌な気持ちになる人はいませんよね。ところが、いざ相手を褒めようと思うとしても、意外と難しいものです。

・恥ずかしくて褒められなかった・・・
・語彙が不足していた・・・
・マイナスばかり見つけてしまう・・・

こんな状態になる方は当コラムがおすすめです。執筆者は社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。しっかりと「褒める言葉」について解説をしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

喜ばせる褒め方

褒める言葉を使わないデメリット

相手を褒める言葉は、喜びや安心感を生み、信頼関係につながります。裏を返せば、褒めることができないと、信頼関係をうまく築くことができないということです。褒めることが苦手だと、自分でも気付かないうちに人間関係や仕事の面で問題が大きくなってしまいます。

例えば、
・後輩や部下が育たない
・友人とトラブルになりやすい
・異性から冷たいと言われる
・子供の成績が伸びない
など、思い当たることはありませんか?これらのことはもしかしたら、褒める言葉を使う力がないために起こっている問題かもしれません。

褒め上手になる3つの方法

褒める言葉は自分の幸福に繋がる

褒める言葉は自分自身の心にも変化をもたらします。高橋・森本(2012)は都内大学生234名を対象にポジティブシンキングが心理的にどのような影響があるかを調査しました。研究の中には「他人のポジティブな面に注目すること」の心理的な効果も分析されています。

下図を見るとわかるように他人のポジティブな面を見つけると、自分自身の幸福感が向上し、ネガティブ思考が減少します。他人のポジティブな面を見つけると自分も幸福になるとは面白いですね。また他者軽視が減るため、人間関係も向上すると読み取れそうです。

褒める言葉を積極的に使っていくことで、相手だけでなく、自分自身も幸せになれるなら、やはり褒める言葉を使っていくことにはとてもメリットがあると言えそうです。

褒める言葉を使う力をつける!3つの解決策

ここからは褒める言葉を使う力をつける方法を考えていきましょう。解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①「過程褒め>結果褒め」

 結果でほめるはNG
「褒める言葉」を使うのは結果のみで判断するという傾向があります。例えば、可愛くなったから褒める、営業成績が上がったからほめる・・・これは結果で褒めるやり方です。結果至上主義では、結果が出なかったときに褒めることは難しくなります。

 過程を褒めよう
本当に褒めるのがうまい人は「過程」をしっかり褒めることができます。褒めたい気持ちはあるが、短文で終わってしまう…という方は、コラム②を読んで、練習問題に取り組んでみてください。

②リフレーミングで視野を広げる

 視野が狭いと褒められない
褒めることは相手を喜ばせる行為です。積極的に行いたいですよね。しかし、考え方が狭かったり、1つの考えに固執する方は注意が必要です。褒める言葉を使うことができない方は、相手の粗探しをしてしまうクセがあります。いつも同じ視点で物事を判断してしまう視野の狭さが原因です。

 視野を広げるリフレーミング
そこで視野を広げる手法としてリフレーミングという手法で練習しましょう。リフレーミングとは心理療法の1つで、解決志向型アプローチ(Solution FocusedApproach :SFA ) としてカウンセリングの際によく使います。恥ずかしい気持ちから人を褒めることができない…という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

③相手基準で褒める

 自分の基準で褒めるはNG
「褒める言葉を使おうと思うけど、褒めるポイントが見つからない」そんなふうに感じる人もいるかもしれません。自分より経験の浅い後輩や部下に対して、未熟な部分に目が行くのは当然です。自分の方が正しい、自分の方が上だ、という自分基準の心理が働いてしまっている可能性があります。

 褒める力は相手に合わせる!
そんな時は、自分ではなく相手の基準で評価することがポイントです。自分と相手を比べるのではなく、相手の立場を理解し、相手の良いところに気付けるようになりましょう。褒めるポイントになかなか気付けない…という方は、コラム④の解説とトレーニングで相手に合わせた褒め方のコツを身に付けていきましょう。

褒める力を伸ばす3つのアプローチ

褒めることができない原因には「短文で褒める」「恥ずかしい」「自分の基準で褒めようとする」の3つが大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、褒める力を伸ばす方法を解説していきます。

1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)褒めることは、相手をより深く知り、心の距離が近付くという喜びをもたらしてくれます。それは、仕事やプライベートにおいて、信頼関係というかけがえのないものにつながります。

褒められることに慣れていない人は、恥ずかしさから素直になれないかもしれません。でも心の中は嬉しい気持ちでいっぱいのはずです。褒める力を高めて、相手も自分も気持ちのいい関係を作っていきましょう。

次回は、褒める力を伸ばす方法の1つ目「過程を褒めると効果的」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★褒める力は円滑な人間関係に効果的!まずは原因を知って対処しよう
人間関係講座



原因と解決策を確認しよう