>
>
>
勇気をもって一歩踏み出す3つの方法

勇気がない問題・一歩踏み出す勇気をもつ方法①

はじめまして!臨床心理士の加賀、精神保健福祉士の川島です。私たちは現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回「勇気」についてお話していきます。目次は以下の通りです。

  • 勇気とは?
  • 出ないときの問題
  • 先延ばしは抑うつに悪影響
  • 勇気を出す3つの方法

各コーナーにはもっと深く知りたい!という方のためのリンクがあります。まずは全体を読んでみて、気になる場合はリンク先をクリックしてみてください(^^)それでは早速、勇気の基礎から解説させて頂きます。

勇気とは?

勇気とは何か?

日常生活で勇気という単語は、頻繁に耳にすると思います。

・勇気が出ない
・勇気を出して挑戦する
・勇者

心理学の研究では、“勇気”に関して様々な研究が行われています。たとえば、堀合 (2011) は勇気について、次のように定義しています。

「困難や悪い結果が予想されていたとしても、ある行動を起こすに十分な動機付け」

つまり勇気とは、何か行動を起こす前に自分を奮い立たせる心の構え方と言い換えることができそうです。

勇気の構成要素

勇気には 3つの要素から構成されているとも報告があります。

① 決断力
主体的な決断を下すことができる力
② 意志の持続性
選択した道を歩み続けるという意思
③ 困難に対する覚悟
失敗や困難によってもくじけず歩み続ける

勇気は、決断し、持続し続け、そして覚悟を持って突き進んでいく人間の心の強さととらえることもできそうです。

問題解決に必須

勇気は問題解決に極めて重要な感情です。

・アドラーの主張
アルフレッドアドラーは、劣等コンプレックスの第一人者で、人間が問題を解決していく過程に注目した精神科医・心理学者です。アドラーは、「幸福は勇気と常識を持って、人生の問題および課題を処理して行く」ことから、生まれてくると主張しています。

・岩井(2002)の主張

岩井(2002)は、勇気とは「困難を克服する活力」と定義し、勇気がなくなると

・目の前の問題解決に意欲的でない
・逃避傾向も顕著

という傾向があると説明しました。たとえば、何か新しいことをやろうとしたときには恐怖が湧いてきます。その恐怖が強く、乗り越える勇気が出なければ、思考、感情、行動に様々なデメリットが生じます。

思考=失敗するかもしれない、勇気がでない
感情=怖い、恐怖、不信
行動=回避、先延ばし

このようなサイクルを繰り返せば、目標達成や課題は解消されず、回避行動自体があらたなストレスを生んでしまいます。

勇気のなさが抑うつに悪影響!

ここからは勇気についての心理学研究を紹介します。

先延ばし傾向

勇気がないということは、言い換えると、物事を回避してしまう傾向があると言えます。これは心理学用語で「先延ばし傾向」と呼びます。勇気を出さず、先延ばしを繰り返すとどのような影響が出るのでしょうか。山下・福井(2011)研究は、逃避や回避・先延ばしが抑うつに影響することを証明しています。

この研究の方法は、
1.先延ばしに関する質問紙
2.完全主義に関する質問紙
3.そして抑うつに関する質問紙
の3種類を使用し、その関連性を検討しています。
その結果が以下となります。

先延ばしと抑うつ 完全主義の相関分布結果

これらの結果から、先延ばしをすると

・失敗恐怖が強くなる
・抑うつ傾向になる
・理想を追求しなくなる

ことが分かります。つまり、先延ばしをしてしまう人ほど、失敗恐怖が強く、行動には移さないという解釈ができます。先延ばしの背景には、勇気のなさが考えられます。失敗する恐怖が強いために勇気が出ないという関係は納得できる結果であり、多くの人が経験したことがあることでしょう。

これらをより詳しく分析したモデルが以下です。少し複雑ですがご覧ください。ざっくりとした味方ですが、の値は強くする、の値は弱くすると考えると理解しやすいです。

完全主義と先延ばしが抑うつに与える影響

重要な部分について特に以下の2点が重要です。
・失敗を恐れると先延ばしをする
・理想を追求しなくなると、先延ばしをする
これは逆に言えば、失敗を恐れる心を改善する、理想を追求する、と先延ばしがなくなると解釈できます。勇気を出す上でのヒントになりそうですね。

勇気が出ない☞勇気を出す3つの方法

ここからは勇気が出ない原因と、具体的な解決策について考えていきましょう。勇気が出ない原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①スモールステップ法

失敗を過剰に気にして困難を避ける 
勇気が出ない人は、タスクの全体を考えすぎて、最初からあきらめてしまう傾向があります。例えば、1年後に筋肉もりもりになる!と考えるとしましょう。筋肉もりもりになるには、1年間で腕立て、腹筋、3万回はしないといけないな・・・と考えてしまうのです。

スモールステップで目標を達成する!
これを改善するには、大きなプロセスをイメージしすぎず、目標達成までをスモールステップに分け整理することが大事です。例えば、今日は100回腕立てをしようと考えます。さらに分けて、午前中50回、午後50回とします。さらに分けて、とりあえず10回やろう。とどんどん小分けにしていくのです。

勇気も小分けにしてしまえば、意外と小さな勇気でも行動できたりします。そこで当コラムでは、スモールステップで目標を達成する方法を練習問題を交えながらご紹介していきます。失敗を気にしすぎて勇気が出ない、課題から逃げてしまう・・・と感じている方は、コラム②をぜひ参考にしてくださいね。

②失敗過敏を高目標設定に

完璧を求めてしまう
勇気が出ない人は、完璧を求めてしまいなかなか動けない傾向があります。できないところばかり見て動けない状況が続けば、目標達成や問題解決に多くの時間を費やすことになってしまいます。それでは、どのようにして完璧主義を捨てて、思考と行動のバランスがとれるようになるのでしょうか?

認知療法で思考と行動のバランスを取る!
自分の極端な思考を修正する方法の1つに認知療法があります。認知療法とは、認知の偏りを振り返りバランスの良い認知に修正していく方法です。完璧主義の認知の偏りは、物事を白か黒かで判断する「白黒思考」の可能性があります。そこで当コラムでは、完璧主義の思考を和らげるためのワークを練習問題を交えながらご紹介していきます。完璧主義の思考のせで行動できない・・・という方は、コラム③をぜひ参考にしてくださいね。

③好きなことからはじめよう

挑戦心がない
勇気が出ない人には、挑戦心がないことが挙げられます。あなたが挑戦してみたいことはなんでしょうか?それがはっきりしていない場合には勇気を出して物事に挑戦するのは難しいですよね?では、この状況を解消して挑戦心を持つのはどうしたらよいのでしょうか?

自分の興味関心が高いところから始める
何かに挑戦しよう!とモチベーションが高まるときにはやはり、自分のやりたい!という思いが強い方が達成しやすいでしょう。それには、自分の興味関心が高いものから挑戦するのが良いでしょう。そこで当コラムでは、自分の興味関心を整理するためのワークを練習問題を交えながらご紹介していきます。自分の興味関心を整理したい・・・という方は、コラム④をぜひ参考にしてくださいね。

勇気が出ない問題を少しづつ解消!

勇気のなさから引き起こされる問題の原因には「①困難を避ける」「②完璧を求めてしまう」「③挑戦心がない」の3つが大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、勇気のなさを解消していく具体的な方法について解説していきます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

勇気が出ない人は、課題を先延ばしにしてしまい、その結果先延ばしした課題を心配する時間が増えることで抑うつ感が強まり、自分を追い詰めてしまっている状態にあります。勇気が出ないままだと目標達成や課題を解消することができません。また、勇気を出すことで自分が求める幸せに近づいていくことができます。勇気が出ないのは何故かということを考え、どう行動すればよいかを一緒に考えていきましょう!

このコラムを読んで、無理せず自分に合った「勇気の出し方」をぜひ見つけてくださいね。次回は、勇気のなさを解消する1つ目の「スモールステップで目標を達成する!」についてご紹介します。お楽しみに!

★勇気が出ないときは、勇気を出す3つの方法で解消しよう
心理学講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
岩井俊典(2002). 勇気付けの心理学, 金子書房
堀合俊博. (2011). 青年期の選択場面における勇気尺度作成の試み: 漸成発達理論の枠組みから. 立教大学心理学研究53, 1-15.
山下由紀子, & 福井義一. (2011). 完全主義と先延ばしが抑うつに及ぼす影響: 日本語版 General Procrastination Scale (GPS) の再検討を含めて. 甲南大學紀要. 文学編161, 223-230.