>
>
>
仲直りしたい女友達や彼氏との関係修復法

仲直りしたい女友達や彼氏との関係修復法①  

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家、精神保健福祉士の川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。当コラムでは「仲直り」をテーマに解説をしています。コラム①では  

  • 仲直りができない問題
  • 友人が少ないと悲観的になる
  • 孤独は抑うつ感を高める
  • 一番多い喧嘩の解決策とは?
  • 仲直りする3つの方法  

について解説します。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;診断もありますので是非お付き合いください。

仲直りができない問題

「女友達と仲直りができない」「彼氏との喧嘩が長引いていいる…」など友人やパートナーと喧嘩した後に仲直りができないために、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本来であればしっかりと仲直りをして、人間関係を修復することが大切です。しかし仲直りにめんどくささを感じてしまい、喧嘩した友人や恋愛で断捨離する癖をつけてしまっている人もいます。

断捨離クセをつけると、対人関係で様々な問題が引き起こされるため注意が必要です。

友人が少ないと悲観的になる

ここで、友人数の多さと将来への希望を分析した資料を見ていきましょう。こちらは「希望」と「友人の数」を分析した国の統計(我が国と諸外国の若者の意識に関する調査)から引用した図です。友人が多いほど将来に希望を持っていることが分かりますね。

仲直りできない問題について解説

仲直りができないために友人数が減ってしまうと、悩みを誰かに相談する機会や助けを求めること機会が減ってしまうため、ストレスを抱えることが増えてしまいます。その結果、周囲が近づきにくい雰囲気を作ってしまい、さらにストレスを抱えてしまうことにもなります。

このことから、友人の断捨離クセをつけると、人間関係や将来について悲観的になりやすく、孤独な状況から大きなストレスを抱いてしまうのです。また孤独は、さまざまな問題と関連があるといわれています。

孤独は抑うつ感を高める

ここでは相川(2005)が大学生1,002人を対象に行った、孤独感について研究を見ていきましょう。この研究では、孤独感が高い人はソーシャルスキルが低いことが分かりました。また心理面では、対人不安が高い、抑うつが高い傾向にあることも示されています。孤独感の問題と仲直りについて解説

ソーシャルスキルとは、人と会話したり、話題を広げたり、反対意見を言うスキルなどです。つまり会話力が少ないと、人間関係を構築することが難しくなり孤独を感じやすくなるということです。

仲直りできないために孤独な状況になると、対人不安が深刻化してしまいます。そして不安から、対人関係を避けてしまうためソーシャルスキルが不足し、悩みを誰かに相談する機会も減ってしまうことで、抑うつ感も高まってしまうのです。仲直りできないと孤独になり、このような悪循環に陥ってしまうため注意が必要です。それでは仲直りには、どのような方法があるのでしょうか。

解決策の方法で一番多いのは?

こちらは、夫婦喧嘩の仲直りの方法をまとめたグラフです。

仲直りの方法として一番多いのは「謝罪」そして、「妥協(あきらめ)」「何もしない、普通通り」という仲直りの方法が挙げられています。

夫婦喧嘩の解決策のグラフ

状況にもよりますが「謝罪」が最も仲直りしやすい方法なのは納得がいきますね。そして、謝罪しても相手が受け入れてくれない場合は、無理に仲直りしようとはせず、時間が関係を修復してくれると考えることが大切なのかもしれませんね。

仲直りの4つの方向

誰かと葛藤状態になったとき、大きく分けて4つのやり方を取ることになります。 
 
・話し合いをせずに決めつけて別れ
早々に仲直りは不可能と考え、諦めてしまうことです。まず喧嘩をするということはそれだけ仲が良くなれたという裏返しでもあります。もし仲良くなって最終的に分かれる選択を取るくせをつけてしまうと、また同じことを繰り返すことになります。暴力、暴言など決定的な理由であれば仕方ないですが、一般常識的にそこまで、重大な価値観の総意でなければ少し粘ってみたいものです。

・話し合って喧嘩別れ
話し合った上で喧嘩別れしてしまうこともあると思います。話し合わずに喧嘩別れよりはずいぶん納得感があると思います。お互いの主張をぶつけ合った上で最終的に納得してお別れするのであればある程度は割り切れるでしょう。しかし、「喧嘩別れ」は後味が悪いですね。。お互いの主張を認め合った上で、円満に別れたいものです。

・話し合って円満の分かれ
話し合った上で、お互い納得してお別れするケースです。腹を割って最終的に納得してお別れするのであれば、お互い心も穏やかになるとでしょう。また時期が来れば仲直りする可能性も高そうです。

・話し合ってお互い価値観を共有
話し合った上で、お互いの価値観をすり合わせ、納得した上で価値観の違いを乗り越えることです。やはりまずはこの4つ目の方法を目指したいものです。この譲りあって助け合うことできず、仲がより深くなるでしょう。

 
 

女友人や彼氏と仲直りする3つの方法

ここでは喧嘩の原因と仲直りする具体的な方法をご紹介します。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①価値観の違いを理解する

価値観の違い
喧嘩をする原因の一つとして、価値観の違いが挙げられます。人はそれぞれ異なる価値観をもっているのは当たりまえです。どんなに中がいい友人であっても、愛し合っているカップルでも100%価値観が合うことはないはずです。自分の価値感を無理に押し付けてしまうと仲直りできなくなってしまいます。

互いに歩み寄ろう
互いの価値観の違いに気付いたら、歩み寄る気持ちが大切です。相手の価値観を変えようとしたり、相手の価値観を否定するのはNGです。お互いの価値観の背景を理解し、違いを認めて理解する気持ちを身につけましょう。価値観を押し付けてしまう・・・という方は、コラム②の解説をチェックしてくださいね。

②不安階層表で徐々に関係修復

不信感から相手を避けてしまう
相手への不信感から、仲直りができないケースがあります。喧嘩で相手への不信感が強くなると、相手と関わることを回避してしまいがちです。相手への不信感から、日常生活で相手と関わる場面への回避行動が増えてしまう人は要注意です。

相手を信頼する方法とは ?
相手への不信感から仲直りができない場合は、不信感をゆるめながら少しづつ仲直りしていくことが有効です。本コラムでは、不安階層表にリストアップし段階的に実行していくことで改善を図っていきます。喧嘩の後は相手を避けてしまう・・・と感じる方はコラム③を参考にしてみてくださいね。

③アサーティブな会話をしよう

冷たい言い方は注意
言い方が原因で喧嘩になることがあります。ついつい冷たい言い方をしてしまった、相手が不快になる雰囲気を作ってしまったなどは、発言の内容ではなく、言い方に対して、相手がカチンとなり喧嘩になってしまっているのかもしれません。このような喧嘩は、家族やパートナー、親しい友人との間で起きやすい傾向があります。

自他自尊のコミュニケーション
良好なコミュニケーションを目指して、自他自尊の自己主張「アサーション」を取り入れることをおすすめします。アサーションは学ぶことで、相手を非難することなく、自分の要求や感情を上手に伝えることができるようになります。言い方で喧嘩になることがある・・・という方は、コラム④の練習問題をチェックしてくださいね。

3つの方法で上手に仲直りしよう

仲直りで良好な対人関係を

今回は、仲直りをテーマに、仲直りできない問題や喧嘩の原因や仲直りの方法についてご紹介しました。喧嘩になりやすい原因は「価値観の違い」「相手への不信感」「冷たい言い方」の3つでしたね。これからご紹介していく具体的な対処法を元に、仲直りを目指していきましょう。

次回は、仲直りする方法の1つ目「価値観の違いを理解する」について解説します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★友人や彼氏の断捨離は注意!仲直りして良好な対人関係を築こう
人間関係講座

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
高橋,誠; 森本,哲介 学校教育学研究論集(26): 29-39 2012
川島(2013)「Yahoo!知恵袋」に見る夫婦間葛藤解決方略 千葉大学教育学部研究紀要 第61巻 185~191頁