ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
人間関係 >
人間不信の原因と病気,治し方

日付:

人間不信の原因と病気,治し方を公認心理師が解説,ダイコミュ

皆さんこんにちは。こちらのコミュニケーション講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回のテーマは「人間不信」です。人間不信は、決してあなただけの悩みではありません。多くの人が、さまざまな理由で人を信じられなくなる苦しみを経験しています。しかし、適切な方法で向き合えば、ある程度克服できます。

人間不信で苦しむ人 

本記事では、人間不信の原因や克服のための方法について詳しく解説していきます。目次はこちらです。

・人間不信とは
・人間不信と深刻性
・人間不信の5つの原因
・人間不信を治す8つの方法

人間不信の原因を特定し、一歩ずつ人への信頼を取り戻すための指針を見つけていきましょう。

人間不信と深刻性

人間不信になると以下のような点でデメリットがあります。

回避的になる

人間不信の大きなデメリットの1つは、人間関係で回避的になることです。人間不信になると「どうせ良いことにはならない」「どうせ裏切られる」と考えてしまうため、人との関わりを避けるようになります。

例えば、食事の場面を避けたり、仲間と出かけることが減っていきます。その結果、人間関係を築く経験が不足し、会話の力がどんどん低下してしまうのです。

社交不安症

人間不信が深刻化すると、社交不安症へと発展するリスクが高まります。人との関係を避ける習慣が過度になると、対人不安が病的なレベルに達し、社交不安症という精神疾患を引き起こしてしまうため注意が必要です。

具体的には、不登校や引きこもりになったり、恋愛や人間関係の構築が困難になったりします。また、職業選択の幅が狭まり、キャリアにも悪影響を及ぼすことがあります。

うつ病のリスク

社交不安症とうつ病は併発リスクが高いとされています。Ameringenら(1991)[1]の研究では、57名の社交不安症患者を対象に、社交不安症とその他の精神疾患の因果関係を調査しました。その結果が以下の図です。

人間不信 SADSADは社交不安症のこと表しています。図のように最も併発する可能性が高いのはうつ病であることが分かります。人間不信はうつ病のリスクを高める要因となります。他者を信頼できないことで、必要な社会的支援や感情的サポートが得られず、孤立感や絶望感が増大します。

信頼できる人間関係の欠如は、自己評価を低下させ、無力感や悲観的な思考を引き起こすことがあります。これらの要因が重なると、うつ病の発症リスクが高まります。早期の介入やサポートが重要です。

幸福感の低下

人間不信は個人の幸福感も著しく低下させます。1938年から始まったハーバード発達研究[2]では、当時ハーバード大学2年生だった男子大学生とボストンの極貧環境で育った少年たちが集められました。

つまり、対象者は19歳~87歳まで参加し続けることになります。この研究のなかで、人生を幸福にさせる要因は何か?ということが、現在まで追跡調査されているのです。

人間不信 ハーバード発達研究

そんな人生を通して行った研究の結果、人の人生を幸福にする要因は、「人間関係の豊かさ」であることが分かりました。もちろん、生まれの良さだったりお金を持ってるかというのは幸福にも影響はします。

しかし、それ以上に健康的に楽しく豊かに人と関われるか、という部分幸福な人生においての1番大事な要素であるということが分かったのです。

人間不信になると、オープンに人と接することができなかったり、自分から関係を遠ざけてしまいがちです。この点、人間不信が強い方は人生で最も幸福な要素を満たすことができないという問題があります。研究に興味がある方は下記をご参照ください。日本語字幕をオンにするとわかりやすいです。

 

人間不信の5つの原因

次に人間不信の原因を見ていきましょう。人間不信は1つの原因に特定することはできず、さまざまな要素が絡み合って起こります。ここでは5つの原因を紹介しますので、当てはまった部分を改善していきましょう。

シャイネス

シャイネスとは、対人場面で不安や緊張を感じる特性のことです。日本語でもシャイな人柄という表現が用いられることがありますが、基本的には人見知りという意味で用いられます。シャイネスには以下の2つの種類があります。

恐怖シャイネス
恐怖シャイネスは幼少期に見られる、知らない人に対して覚える不安になってきます。例えば、子供が知らない大人と接する時に自分の後ろに隠れたりしますが、この心理が恐怖シャイネスになります。

日比野(1977)[3]は、生後10か月の乳児43名を対象に、人見知りについて調査を行いました。その結果が以下の図です。
人間不信 シャイネス

このように人見知りが激しい乳児が15人で35%、中程度な乳児が19人で44%でざっくりと80%の乳児が人見知りをするということが分かりました。人生の経験値もない乳児が人間不信になるのは、ある程度遺伝の影響を受けていると考えられます。

また人見知りしないグループも9人で20%いますので、人見知りしにくい遺伝子をもって生まれた方も一部いるということが分かります。重要なのは、人間不信はある程度遺伝の影響を受けるという事実を認識することです。

遺伝の部分は仕方ないので、自分を責めるのではなく、いい意味で「自分には元々そういう傾向があるんだな~」と受け入れていくことが大切です。

自意識シャイネス
自意識シャイネスは他人からの評価が気になったり、周りからの視線が気になるシャイネスです。こちらは生まれつきというよりも、10代の思春期の頃に強くなっていく特徴があります。

人の目がものすごく気になってしまったり、相手の心を読みすぎてしまう…そんな癖がある方は自意識シャイネスが大きくなっ
ている可能性があります。恐怖シャイネスは比較的遺伝的な要素が強いと推測できますが、自意識シャイネスは後天的な要素が強く、基本的には改善しやすい傾向があります。

基本的信頼感の欠如

基本的信頼感とは他人や自分に対する土台となる信頼感になります。世の中は基本的には信頼できる人が多くて、「まあまあ裏切られることは少ないだろう、そんな感覚になっていきます。

別の言葉で言うと、人間は根本的には、善い人間で悪いことは後から学んでいくとする性善説と呼ぶこともできるでしょう。

エリクソンは基本的信頼感を育てる段階は、0歳から1歳半の乳幼児と考えました。この時期に親や養育者から十分な愛情を受けられれば「自分はなんとかやっていける!」という信頼感が得られます。以下の図のもっとも下の段階になります。

人間不信 発達断簡


一方で家庭環境が悪かったり、虐待を受けていたりすると基本的信頼感が根本的には築かれず、人間関係で不安を覚えやすい傾向が高まると考えられています。この意味で過去の家庭環境が悪かった方は、それが影響して現在の人間不信につがってる可能性があると言えます。

基本的信頼感の欠如は本当に本人のせいではなく、 生まれながらの家庭環境や親の問題が大きいです。心理療法やカウンセリングをしっかり受けて基本的信頼感の回復を少しずつしていくことが大事になってきます。詳しいやり方は後程解説します。

傷つけられ経験

次に原因として挙げられるのが傷つけられ経験です。天貝(1999)[4]は、高校生102名を対象に一般高校生と非行少年の信頼感に関する研究を行いました。その結果が以下の図です。

人間不信 受容少ない 低い

このように受容経験が少ない人は、他人への信頼感が低下することが分かりました。つまり、他人から受け入れられた経験が多い人は、人間不信が改善されるということです。

次に傷ついた経験がある人はどうでしょうか?以下の図をご覧ください。

 

人間不信 傷つき

このように対人的傷つき経験が多い人は、他人への信頼が低くなっていることがわかります。人から何か傷つけられた経験、例えばいじめを受けた、暴言や暴力を受けたなどの経験がある人間不信に繋がりやすいと言えます。

劣等感が強い

劣等感の強さも人間不信の1つの原因となります。中井(2016)[5]では、中学生563名を対象に信頼感に関する研究を行いました。その結果が以下の図です。

人間不信の劣等感

※論文上は劣等感の「なさ」となっていますが、わかりやすくするため劣等感と表記しました。正確には論文を参照ください。

図のように劣等感が増えていくと友人への不信感が高まるという研究結果になりました。

劣等感が非常に強い状態だとま相手と話す時に相手は何か「自分のことを馬鹿にしてるんじゃないか」「自分の評価を小さく見てるんじゃないか」と考えがちになってしまうので相手に対する不信感が刺激されやすい状態になると推測できます。

会話力の不足

会話力がある人は、冗談を言い合ったり、楽しい人間関係を築いたり、困った時にはお互いに悩みを相談し合って心を軽くすることができます。このように、人間関係での成功体験が増えていくと、

「私は人としてなんとかやっていける」
「人は信頼できる」

という感覚が育っていきます。

一方で、会話力が不足していると、お互いの自己開示が進まず、警戒心が強まります。自己開示が進まないと、悩みを共有したり会話を楽しむことが難しくなります。

特に恋愛においては、会話力が不足していると心が通じ合わず、関係が悪化する可能性が高くなります。会話が苦手な方は、どこかのタイミングで会話の練習をする必要があると感じています。

人間不信を治す8つの方法

それでは、人間不信を治す方法について見ていきましょう。具体的な方法以下の8つです。

①根拠なき不信に注意
②選択的知覚に注意
③基本は信用から入る
④あったか体験を増やす
⑤雑談力を高める
⑥ネットに頼らない
⑦本音で話し合う
⑧芸術や仕事に昇華

ぜひご自身の状況にあうものから実践してみてください。それぞれ詳しく見ていきましょう。

①根拠なき不信に注意

人間不信になりがちな方は、相手の本音を根拠もないのにネガティブに推測しがちです。例えば、「本当はあの人、自分のこと嫌いなんじゃないか」「あの笑顔は上辺だけだ」と考えてしまい、不信感のループに陥ることがあります。

ここで大事なのは、事実に基づいて考える習慣をつけることです。例えば、

「あの人は本当に自分のことが嫌いなんじゃないか」と思ったときに、
「この推測に根拠があるのかな?」と考えてみましょう。

そうすると、嫌いだと言われたわけでもないし、むしろ相手から遊びに誘ってくれることもあると気づきます。つまり、自分の思いとは真逆の根拠が見つかることがあります。

このように、根拠に基づいて考える習慣をつけると、相手への不信感が実は独り相撲だったことに気づくことが増えます。相手への不信感が出てきたときには、その不信感に根拠があるかどうかを意識してみてください。

②選択的知覚に注意

2つ目は選択的知覚に注意です。選択的知覚とは、自分が重要視している情報ばかりを集め、余計に確信を深めてしまう心理です。人間関係は天気のようなもので、晴れの日や星が輝く日もあれば、雨が降ったり、台風のように荒れることもあります。

健康的に人間関係を築ける人は、晴れの日が多く、たまに雨や土砂降りの日もあると全体的に捉え、ネガティブなことも含めて人間関係に対する信頼感を保ちます。一方で、選択的知覚の心理を持つ人は、人とのトラブルに注目しがちで、

「人と接しても雨ばかりだ」
「結局は土砂降りになる」

といった風に考え、自ら人への不信感を強めてしまいます。最終的には「人と接するくらいなら一人でいた方が楽だ」と考え、人間関係を遮断する方向に進んでしまいます。選択的知覚への対策として、自分が選択的知覚をしていると感じたら、人間関係の良いところを見つけるようにしてみてください。

例えば、友人とのやり取りで大きなトラブルがあったとしましょう。この時、

「もうこの友人とは関わらない」
「人間関係はトラブルばかりだ」
「人は信用しない方が安全だ」

と思いがちですが、立ち止まって、

「トラブルを乗り越えてこそ絆が深まる」
「この間は自分を助けれてくれた」
「友人は信用できる側面もある」

と考え直してみてください。紙に良いところや思い出を書き出してみるのも良い方法です。

こうすることで、友人との関係を客観的に見直せます。例えば、10回やり取りがあって1回トラブルがあっても、残りの9回は楽しいことがあったと気づくかもしれません。選択的知覚に気づいたら、逆の情報にも意識を向けて全体として人間関係を考えるようにしてみてください。

選択的知覚については以下の動画でも解説しました。理解を深めたい方は参考にしてみてください。

③基本は信用から入る

3つ目は、基本は信用から入るという考え方です。人間関係の強調性や裏切りについて考える理論の一つに、ゲーム理論というものがあります。このゲーム理論で有名なのが、ロバート・アクセルロッド先生の『The Evolution of Cooperation』という本[6]です。

人間不信 TFT

この本では、協力するか裏切るかの選択に関して、さまざまな戦略が紹介されています。例えば、自分の利益だけを考えて他人を裏切る戦略もあれば、相手を常に信用し続ける戦略もあります。その中で、最もうまくいく可能性が高い戦略として、アクセルロッド先生が提唱したのが「TFT戦略(Tit for Tat)」です。

これは、しっぺ返しという意味で、具体的には次のような戦略です。

まず、相手を信用することから始める
裏切られた場合、自分も同じように裏切る
もし相手が再び協力してきたら自分も協力する

これはゲーム理論という比較的閉じられた世界の理屈ではありますが、私自身もこの戦略を基本的なスタイルにしています。不信から入ると、自分自身の警戒心がストレスになってしまうため、最初は信頼から入った方が心が穏やかにいられると感じています。

もちろん、裏切られたり期待とは違ったことをされたりすることもありますが、その時に考えれば良いと思っています。基本的には相手を信用しながら人間関係を築くよう心がけています。

繰り返しになりますが、これは私のスタイルです。もし良いと思ったら参考にしていただければ幸いです。

④あったか体験を増やす

4つ目の提案は、「温かい体験を増やす」ということです。温かいコミュニティを持つことは、心に余裕を持つことができ、自己肯定感を育むことができます。ですので、競争や批判ばかりの集団に属している方は、お互いを肯定し合えるような、少し緩めのコミュニティにも一つ所属してみることをお勧めします。

具体的には、私が参加した歌のサークルや、ボランティア活動、またスナックなども良いかもしれません。受容的な雰囲気で、話を聞いてくれる人が多い環境が良いでしょう。自分の心がほぐれるような環境をぜひ見つけてみてください。温かいコミュ二ティに所属をしたいけど、探し方が分からない…と感じる方は以下のコラムを参照ください。

温かいコミュニティを探す方法

⑤雑談力を高める

雑談力を高めることも重要です。温かいコミュニティに属していても、ずっと黙っていては良い関係を築くことは難しいです。最低限の会話の練習をしておくことをお勧めします。雑談のトレーニング法は様々なものがありますが、まず初期段階として以下の点を抑えておくのが良いでしょう。

質問攻めは禁止
一問一答はNG
そんでもって法を使う
1つ1つの話題を大事にする
会話-発話の比率は40~60%

そんでもって法とは、自分が話した内容の後に(そんでもって)と頭の中で自分に付け加えることで、話題を膨らませる方法です。

会話の力もある程度体系立てて練習すれば、上達することができますので、雑談力を高める訓練も大事にしてください。雑談が苦手・・・という方は、以下のコラムをご参照ください。

雑談力を上げるトレーニング法

⑥ネットに頼らない

6つ目の提案は、「ネットに頼らない」ということです。これは現代病とも言えるものですが、今の時代、ITが発達しすぎて、直接顔を合わせてコミュニケーションしなくてもなんとかなる時代になっています。しかし、文明の利器に頼りすぎて直接顔を合わせないでコミュニケーションをする癖がつくと、人間不信が高まるということが最近の研究で分かっています。

柴田ら(2012)[7]は、大学生158名を対象に、携帯メール依存と青少年の心理についての研究を行いました。その結果、携帯に頼ったコミュニケーションと人間不信の関係が明らかになりました。以下の図をご覧ください。

人間不信 携帯・脱コミュニケーション

携帯・脱コミュニケーションというのは、本来直接顔を合わせてすべきコミュニケーションを携帯に頼って行うことを指します。

この結果、携帯に頼ったコミュニケーションが増えるほど人間不信になりやすいことが分かりました。人間不信になると、また携帯に頼ったコミュニケーションが増えるという悪循環が生まれます。仕事上で効率を追求してインターネットを使うことは当然ですが、本当に大事なコミュニケーションの際には、なるべく顔を合わせて行うことが大切だと思います。

 

人間不信 携帯

⑦本音で話し合う

7つ目の提案は、「本音で話し合う」ということを大事にしてみてください。人間不信になっている時は、疑心暗鬼になり、人間関係でモヤモヤして自分の中でどんどん妄想を膨らませてしまうことがあります。

一方で、自分の中で悶々と考えていることの真実は分からないことが多いです。このような時、悶々とする時間が長引いてしまったら、思い切って相手と腹を割って話し合うことが大切です。例えば、会話をしている時に相手の表情が冴えなかったとしましょう。この時、

「もしかしたら私が変なことを言ってしまったのかも」
「何か気に障ることをしてしまったかな」
「私といると楽しくないのではないか…」

と思ってモヤモヤすることがあります。しかし、思い切って相手に、

「私、何か変なこと言っちゃった?」
「私、何か気に障ることしてしまった?」
「今日は私といて楽しかった?」

など聞いてみるのも時には良いと思います。そうすると、意外と相手は虫歯が痛かったり、ただ体の調子が悪かったりするだけだったというケースもあります。

自分の中で相手の心を読み過ぎて不信感が募っていると感じたら、実際に相手がどう思っているのか腹を割って話し合ってみてください。

⑧芸術や仕事に昇華

8つ目は、芸術や仕事に消化するという方法です。人間不信になりやすい方は、逆に人間模様に非常に興味を持っていることがあります。「あの人はどう考えているのだろう」「この人はどんな気持ちなんだろう」といったことをよく考えるため、人間関係の描写が上手なことがあります。

ブログを書くと非常に良い文章を書く
芸術作品で人間模様の細かい繊細なところを表現できる

など意外と隠れた才能があるかもしれません。

このように、人間不信という気持ちを芸術作品や仕事に生かしてしまうことも一つの方法です。人間不信な方は相手の顔色を非常に気にしますので、「この人は不満に思っていないかな」という気持ちは接客業でも役に立ちます。「この人を楽しませるにはどうすればいいだろう」と考えることで、仕事に役立てられます。

人間不信は、シャイネスのところでも述べたように、遺伝的な要素もある程度ありますので、完全になくなることはありません。しかし、完全になくならなくても、その気持ちを生かしてしまうことも可能です。自分の日々の生活を豊かにするための動機付けに変えてしまうことが大事だと考えています。

まとめ

人間不信については動画でも解説しました。仕上げとしてご活用ください。

しっかり身につけたい方へ

私たち公認心理師による講座では、心理学や人間関係を築く方法を学べます。内容は以下のとおりです。心理学を学びたい方、人間関係を健康的にしたい方はぜひ参加してみてください。

・不信感を和らげる心理療法ワーク
・雑談力を高める方法
・感情コントロールトレーニング
・自分の本音を伝える練習

🔰体験受講🔰に興味がある方は下記の看板をクリックください。筆者も講師をしています(^^) 

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科 修了

取材執筆活動など

  • NHKあさイチ出演
  • NHK天才テレビ君出演
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」


YouTube→
Twitter→
元専修大学教授 長田洋和

名前

長田洋和


経歴

  • 帝京平成大学大学院臨床心理学研究科 教授
  • 東京大学 博士 (保健学) 取得
  • 公認心理師
  • 臨床心理士
  • 精神保健福祉士

取材執筆活動など

  • 知的能力障害. 精神科臨床評価マニュアル
  • うつ病と予防学的介入プログラム
  • 日本版CU特性スクリーニング尺度開発

臨床心理士 亀井幹子

名前

亀井幹子


経歴

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科 修了
  • 精神科クリニック勤務

取材執筆活動など

  • メディア・研究活動
  • NHK偉人達の健康診断出演
  • マインドフルネスと不眠症状の関連

・出典
[1]Van Ameringen M, Mancini C, Styan G, Donison D.(1991). Relationship of social phobia with other psychiatric illness. J Affect Disord. Feb;21(2):93-9. doi: 10.1016/0165-0327(91)90055-w. PMID: 1827645.
 
 
[3]日比野 敬子 (2019). 乳児期における人見知りについて: 個体識別の認知との関連で (発達7, 口頭発表).日本教育心理学会総会発表論文集, 第19回総会発表論文集, セッションID: 252, DOI https://doi.org/10.20587/pamjaep.19.0_172, 
 
[4]天貝由美子 (1999). 一般高校生と非行少年の信頼感に影響を及ぼす経験要因. Japanese Journal of Educational Psychology, 47, 229-238.
 
[5]中井大介 (2016). 中学生の友人に対する信頼感と学校適応感との関連. パーソナリティ研究, 25(1)p. 10-25
 
[6]Axelrod, R., & Axelrod, R. M. (1984). The Evolution of Cooperation. Basic Books.
 
[7]柴田拓, 菅千索 (2012). 携帯メール依存が青少年に及ぼす影響について -自己肯定意識・対人依存欲求・社会的スキルとの関係-. 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要, №22.