ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
人間関係 >
親友がいない男女の原因と作る方法

日付:

親友がいない男女の原因と作る方法

皆さんこんにちは。人間関係講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回のお悩み相談は「親友がいない」です。

相談者
32歳 女性

お悩みの内容
私は学生時代から友人はそこそこ多い方だったのですが、深い関係になるのが苦手でした。結婚してからは、ほんとど友人がいなくなってしまい、寂しい気持ちが強くあります。親友を作る方法はあるのでしょうか。アドバイスがほしいです。

「深い関係の友達をつくたい!」「親友が欲しい」という気持ちはよく分かります。では大人になってから、親友がいない…という問題は解決できるのでしょうか?残念ですが…かなり難しいです。

なぜ大人になってからの親友作りは難しいのでしょうか?当コラムではそのなぞ解きと、現実的にどうすればいいのか?提案をさせて頂きます。是非最後までご一読ください。

 

親友とは何か

まずは「親友とは何か?」について考えていきましょう。

仲間,友人,親友の違い

社会心理学者のBukowski(1989)を参考にすると、仲間,友人,親友には以下の違いがあります。

・仲間
偶発的に集まった緩やかな人たち
クラスメート 職場の同僚 町内会のメンバー 

・友人
意図的につながった相手 あえて関係性を結んだ人たち
飲み友達 趣味友達 ゲームの友達

・親友
お互いを信頼し、打ち解けあい、助け合える間柄


このように親友は、人間関係の中でも極めて濃密な関係にあると言えます。

ギャングエイジとは

青年期は、ギャングエイジともいわれ、親友が最もできやすい時期です。この時期には、互いにいたずらをしながら、友人と固まった世界でつるんで過ごすようになります。そしてこの時期の友人関係は、

自己肯定感の源泉になる
知的水準に影響する

と言われています。青年期の友人関係が自己肯定感を作り、勉強や部活などを互いに頑張ることで、知的水準も高めることができるのです。

現在、青年期にある10代~20代前半の人は、友達作りができるとてもいい環境にいます。周囲の友人を大切にしてくださいね。

 

親友がいるメリット

酒井等(2002)は中学生270名を対象に親友がいるとどのような心理的影響があるのか調査を行いました。その結果、親友がいると以下の効果があることがわかりました。気になる項目を展開してみてください。

以下の図は、親友との信頼関係が不安な気分に与える影響を表したものです。

親友と反社会的傾向

このように、親友との信頼関係が高いと、不安な気分が減るという結果になっています。友人との強固なつながりはネガティブな気持ちを和らげてくれるのかもしれません。

以下の図は、親友との信頼関係がリラックスした気分に与える影響を表したものです。

上図のように、親友との信頼関係が高いと、リラックスした気分が増えることが分かりました。親友と過ごす時間は屈託のない気持ちへと誘ってくれると言えます。

以下の図は、親友との信頼関係が孤立傾向に与える影響を表したものです。

このように、親友との信頼関係の高さが、孤立傾向を減らしていることが分かります。親友がいると孤立感が無くなって、安定した心持ちでいられるのですね。


私たちは信頼できる友人がいると、ピンチの時も助け合ったり、励ましあったりできるので、心理的にとても安定していくことがわかります。

その意味で親友がいるかどうかは、メンタルヘルスにおいて極めて重要であると言えそうです。

親友がいる心理的効果

 

大人が親友を作れない原因

青年期に親友ができた人はとてもラッキーです。一方で、大人になってからの親友作りに苦労している方がたくさんいらっしゃいます。

大人になってからの親友作りは、なぜ難しいのでしょうか?ここで、青年期と大人の環境の違いを比較してみたいと思います。

青年期の環境

青年期は、以下のように親友作りに適した特殊な環境があります。

上下関係がない
類似している
接触頻度が多い
目的を共有できる

青年期に関わる友人は、上下関係がなく、気を使う必要がありません。同じ制服を着ている、年齢が近い、漫画やゲームなど趣味が同じ、などお互い似たもの同士になりやすく会話がはずみます。

住んでいる地域も近いため、一緒に登下校をしたり、放課後に遊んだりできます。相手との物理的な距離が近いと、仲良くなりやすい事が、心理学的にもわかっています。

部活、勉強、恋愛など目的を共有することも多く、一緒に苦労を乗り越える体験もしやすいと言えます。

大人の環境

一方、大人になると、以下のように親友を作りにく環境に変化していきます。

上下関係がある
価値観がバラバラ
接触頻度が少ない
目的を共有しにくい

職場では、収入や立場の違いが明確にあります。また大人になると考え方が多様化し、気が合う人を探しにくくなります。接触頻度も仕事を抜けば、会える回数は月に数回というのが一般的ではないでしょうか。

目的に関しては、青年期のように複数の目的をたくさん共有することは、ほぼ無いといってもいいかもしれません。

このように大人になってからの親友作りは極めて難しいと言えるのです。

大人,親友できない

親友がいない,5つの解決策

さて!!ここまで悲観的なことをお伝えしましたが、希望はもちろんあります。親友とまでは行かなくても、心が通い合った友人は作ることができます。

親友がいない大人の方向けに、以下の5つを提案させて頂きます。

①部分部分の親友作り
②フラットなコミュニティを探す
③気長に仲良くなる
④自己開示を深くする
⑤見捨てられ不安とうまく付き合う

使えそうなアイデアを組み合わせてご活用ください。

 

①部分部分の親友作り

大人の場合、プライベートから仕事まで、お互いをどっぷり理解するような親友作りは現実的ではありません。そこで部分部分の親友作りをおすすめします。例えば、

趣味 習い事 スポーツ 副業 共同のプロジェクト 資格の勉強

など個別の分野で、深く意見を交換できる友人関係なら、大人になっても十分可能です。例えるなら、ドラゴンボールの元気玉でしょうか。1人の友人に依存するのではなく、1人1人から元気をもらい目的ごとに深い親友関係をもつことをおすすめします。

 

②フラットなコミュニティを探す

そもそも友人が少ない…と感じる方は所属するコミュニティからじっくり探していくことをオススメします。コミュニティを探すときのコツですが、上下関係が小さい場所が理想です。

歌のサークル 社会人サークル 地元のスナック ゲームのサークル

などが挙げられます。筆者の川島は、20代の前半にメンタルヘルスがすごく悪かったのですが、歌のサークルに入ってから屈託のない関係にすごく助けられました。

以下のコラムでは、コミュニティの探し方について解説しています。孤独な環境である、殺伐とした人間関係しかない、という方は下記のコラムを参照ください。

コミュニティの探し方

 

③気長に仲良くなる

いざ友人ができそうな環境に入ることができたとしても焦りは禁物です。心理学の世界には単純接触効果という用語があります。単純接触効果とは

接触頻度に応じて好感度が自然にあがる効果

を意味します。無理に仲良くなろうとせず、会う回数、顔を出す回数をたんたんと増やしていけば、私たちは、自然と仲良くなれるのです。

親友作りは長期戦です。1年ぐらいかけてじっくり馴染んでいくぐらいの気長さを持つようにしましょう。

友達になるステップ

 

④自己開示を深くする

友人作りの基本はまずは、表面的で無難な会話から始めていくことです。最初は、食事、旅行、趣味など軽めの話題でそつなく話していきましょう。

そして、ある程度仲良くなれ…と感じたら、深い自己開示をしてみてもいいかもしれません。

恋愛の相談、夢を語る、職場の悩み、コンプレックスの話

これらの自己開示をすると、相手も深い話がしやすくなり、お互いの価値観を交換しやすくなります。会話や自己開示については以下のコラムで解説しています。練習したい方は参考にしてみてください。

雑談力トレーニング
自己開示トレーニング

 

⑤見捨てられ不安に注意する

今まで友人関係が少なかった方に、深い友人ができると、よく起こる心理があります。それは見捨てられ不安です。見捨てられ不安は、いつか相手がいなくなってしまうのではないか?という不安になります。

仲が良くなればなるほど起こりやすい心理状態で、扱いを間違えるとせっかくの友人関係の日々が入ることがあります。

仲が良くなるほど不安になる傾向があるな…と感じる方は以下のコラムを参照ください。

見捨てられ不安への対処法

 

動画で仕上

大人の親友作りについては動画でもまとめています。仕上としてご活用ください。

 

まとめ

大人になってからの友達作りは、青年期ほど容易ではありません。しかし目的別の友達であれば、深い仲の親友を作ることはできると思います。

職場や趣味、プライベート、地域活動など、色々なコミュニティに所属して気の合う人を見つけるところから、友達作りをはじめてみてください♪

 

人間関係講座のお知らせ

友達を作る力を公認心理師のもとで、しっかり高めたい方は、人間関係講座へのご参加をおすすめします。講座では

 ・傾聴力トレーニング
 ・自己開示トレーニング
 ・温かい人間関係を築く心理学
 ・イベントを通して友人を作る

などたくさん練習していきます。筆者も講師をしています。是非お待ちしています。↓詳しくは下記看板をクリックください♪↓

人間関係講座

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

Bukowski, W., & Hoza, B. 1989 Popularity and
friendship: Issues in theory, measurement, and
outcome. In T. J. Berndt & G. W. Ladd (Eds.),
Peer relationships in child development. New
York: Wiley.