>
>
>
妬みや嫉みの心理とは?怒りの感情と上手く付き合おう!

妬みや嫉みの心理と上手く付き合おう-臨床心理士が解説①

はじめまして!臨床心理士の兵働、精神保健福祉士の川島です。私たちは現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「妬み」についてお話していきます。目次は以下の通りです。

  • 人はなぜ妬みを持つのか?
  • 妬みが強くなる状況
  • 自尊心の低さが原因
  • 嫉妬NO1は成績、能力
  • 悪玉→善玉への変化
  • 過剰な比較をやめる

各コーナーにはもっと深く知りたい!という方のためのリンクがあります。まずは全体を読んでみて、気になる場合はリンク先をクリックしてみてください(^^)それでは早速、妬みの基礎から解説させて頂きます。

妬みや嫉みを処理できない人が多い

現代社会は、妬みや嫉妬が発生しやすい社会です。テレビを見るときらびやかな洋服を着ている人がいたり、出世するひともいれば、なかなか出世できない人もいます。

カウンセリングをしていると妬み・嫉妬をうまく処理できない方が非常に多いです。愚痴ってしまったことが巡り巡って相手に伝わってしまい、関係性が悪くなってしまった・・・そんな方もいらっしゃいます。

妬みには、自分を苦しめる感情の側面と、自分を成長させる2つの側面があります。当コラムでぜひ成長できる感情として活用できるようにしましょう。

妬み嫉みは自分を守る感情

そもそも、なぜ人間は妬みの感情を抱くのでしょうか?進化心理学の立場では妬みはどんな意味を持つのかについて研究されてきました。例えば、生命の危機を回避する動機づけの感情として妬みが機能してきた(坪田,2011)という主張があります。

私たちの祖先が暮らした、資源が乏しい時代では、他人に資源を取られると生命の危機につながっていました。周りはたくさんご飯を配分されているのに、自分だけご飯が少なかったらどうなるでしょうか。

もし平気な顔をずっとしていたら飢え死にしてしまうかもしれません。このような不公平な状況を防ぐために妬みは存在しているのです。

すなわち妬みは進化の過程で「自分を守るための感情」として必要だったということです。妬むことは自分の状況が不公平であることをお知らせしてくれる、黄色信号としての機能があるのです。

妬みや嫉みと心理学研究

妬みは自分を守る防衛反応としての感情ですが、どんな時に発生しやすくなるのでしょうか?ここからは深く理解するため、心理学の研究をいくつか紹介します。

研究① 自己評価が下がると妬む
人間の深い部分では「生命の危機」を感じるからという理由ですが、少し表面的な話をすると、自分よりも優れている人を見ても妬みの感情を起こりません。「自分よりも優れている人見て、自己評価が下がったときに」妬みが生れやすいです。

心理学には自分の評価をどのように維持されるか?を研究してわかった「自己評価維持モデル」があります。このモデルによると、他人の存在が自分の自己評価を低下させるかどうかには、3つの要素が関わっているとされています。

1.他者の優越     ・・・他者が自分よりも優れているか
2.心理的近さ     ・・・他者と自分の親しさ
3.優越領域の自己関与度・・・他者が優位な領域が自分に関係するか

例えば、会社で昇進できなかった人は、昇進した同僚がもともと自分と似ていたと感じた場合に、その同僚への妬み感情が強まっていました(Schaubroke&Lam.2004)。

このように、
親しい人が自分よりも優れている
仲が良い、もしくは親しみを感じる
領域が自分と被っている
場合にもっとも人は妬みを感じやすくなるのです。

研究② もともと自尊心が低いと妬みやすい

・自尊心との関係
澤田(2008)も大学生201名を対象にして妬み感情について調べました。その結果、自尊感情と妬み感情の間には相関が見られることが分かりました。

まずは男性をみてを行きましょう。表を見るとマイナスとなっており、負の相関があることが分かります。自分を認められないと、他人への嫉妬心が強まってしまうのです。

妬みをなくす

続いて、女性を見ていきましょう。こちらも負の相関があり、自尊心の低下が妬み感情を強めていることが分かります。

・自尊心が高いと「ざまあみろ」と思わない
この研究では、妬み感情と関連している自尊感情にシャーデンフロイデの喚起を抑制する効果があるという結果も出ました。シャーデンフロイデとは、他者の不幸を喜ぶという感情経験のことであり、“いい気味”や“様を見ろ(ざまみろ)”といった言葉で表現されることが多いです。

自尊心が低い方は、「仕事で残業が続いたことが原因で自分よりも出世した同期の夫婦仲が悪くなった」「豊かな生活をしていた友人が仕事をクビになって経済的に苦しくなった」といった状況でシャーデンフロイデ、すなわちざまあみろという気持ちが喚起される可能性が高いです。

逆に自尊心が高い方は、ざまあみろと感じることは少なく、心配する気持ちが湧き上がってくるかもしれません。その意味で妬み感情を抑えるには、自尊心を向上させる必要がありそうです。

研究③能力への妬みが大きい

原(2013)は大学生160名に対して、妬みを持った時の対象について調査を行いました。下図のように、成績が上位を占めていたようです。外見などには意外と妬みはもっていないこともわかります。成人になってもある程度この傾向は受け継いでいると推測されます。同僚の方が出世が早い、営業成績がよい、上司から評価を受けている・・・婚活でうまく行っている・・・こんな状況で妬みが発生するかもしれません。

妬みや嫉みの解決策

妬み感情は人間である以上、いくばくか持つのは仕方がありません。しかし、過剰になっている場合は、悪口をまき散らして人間関係にひずみが入ることもあります。ある程度抑制する方法を考えていきましょう。

今回は改善策について3つ提案させて頂きます。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①悪玉→善玉の妬みに変える

妬みには2種類ある
Shengold(1994)は妬みの感情には「悪玉(malignant envy)の妬み」と「善玉(benign envy)の妬み」があると主張しています。妬みに良い面があるなんて、意外に感じられるかもしれませんね。後ほど詳しく解説しますが、悪玉の妬みは、攻撃性や消極的な行動に結び付く妬みです。例えば、相手に対して悪口をいったり、コケ下すような行動に繋がっていたら要注意です。

逆に善玉の妬みは、積極的な行動や自分を磨くポジティブな変化に結び付く妬みです。勉強をして見返す!おいつけるように仕事を頑張る!こういった活力に繋がるものは善玉の妬みと言えるでしょう。

妬みを活かす方法
妬みはよくも悪くも強い感情です。身を亡ぼす感情であると共に、健康的にうまくコントロールできれば自分のモチベーションに変えて前向きな行動に結び付けることができます。妬みをポジティブに活かしたい・・・という方はコラム②で対処法をご紹介していきます。

②比較癖をやめる

他人と比較してしまう
人間は他者と比較することで、自分の存在を確かめる生き物です。私たちはコミュニケーションを通じ互いの言動を受入れているため、他人と比較することは自然で誰しもが行っています。しかし、他者と比べすぎてしまうと妬みを強めてしまう原因になります。自分の状況よりも他人が良い状況であることを認識してしまうと、妬みの感情を誘発しやすくなるからです。

比較癖を改善しよう
改善策としては、自分を見失わない程度の比較を身に付けることがよいでしょう。他人と比較しやすい・・・という方はコラム③をオススメします。

 ③強い妬みは深呼吸で落ち着く

強い妬みは要注意
妬みはうまく処理をしないと、どんどん強くなると怒りへと発展していきます。うまくコントロールできず、流されてしまいますうと、他者を傷つける行動に結び付くことがあります。取り返しのつかない悪口を言ってしまったり、暴言を吐いてしまうこともあります。

妬みのピークをしのぐ
妬みをコントロールするのに役立つ方法として「深呼吸法」をご紹介します。一般的に強い感情のピークは6秒と言われています。この6秒間をどうしのぐかがポイントです。強い妬みを抑えられない…という方は、コラム④を確認してみてください。

心理学講座について♪

解決策2に進む前に少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、心理的な問題を改善し、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらの心理学教室のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

妬みや嫉みの心理と上手に付き合おう

このように、「自信が無い」「他人と比較してしまう」「感情に流されやすい」が原因となることが多いようです。妬みや嫉みの心理を抱いてしまうことは人として当然のことです。しかし、妬みや嫉みの心理が強すぎてしまい他者を攻撃してしまったり、自分自身を傷つけてしまうのは問題です。

これからご紹介する妬みや嫉みの感情を改善する方法を知ることで、そうした妬みや嫉みの心理をうまくコントロールして、日常生活をより良いものにしていきましょう!1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、妬みや嫉みの感情を改善する方法の1つ目「悪い妬み→良い妬み」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ 3つの対処法で 妬みや嫉みの感情を コントロールしよう

助け合い掲示板

3件のコメント

コメントを残す

    • るる
    • 2019年9月18日 10:22 PM

    私の姉は何だかんだと男のことや容姿について自信があり私を見下してきます。

    二人の男性にすかれ揺れ動いたことがあったことなども妄想扱いするんです。何年もです。そして、容姿についていつも非難してきます。しかし仕事や性格については非難しません!

    若い頃、はなだちょうだとちやほやされたことがプライドを高めてしまいました。

    2+
    返信する
    • オセロ症候群
    • 2019年6月28日 4:22 PM

    はてなブログでオセロ症候群の事をテーマに書いている者です。
    心理学的に分かりやすく分析してあり大変参考になりました。
    ブログでも引用させていただきます。

    まだ勇気はないですが、実名を出して、将来的に私がして来た経験をみなさんにお伝えし、同じ思いをしている女性に希望を与えられたらと思っています。一緒にお仕事できたら嬉しいです。ありがとうございました。

    0
    返信する
    • たかや
    • 2019年5月7日 11:09 AM

    興味深く読ませていただきました、楽しかったですよ、ありがとうございました。
    診断では9です、5番が2でした。

    でも、友人はいません、ほとんどヒキコモリです。
    友人と思っても、その人の妬みやっかみ、怒り、上から目線、いろんなものを持っており、それをを見たくはないからです、それだけでもないのですが・・・。

    善玉の妬みの下りですが、妬みに善玉はないのでは・・
    妬むってそこに憎しみがわずかでもあれば、善であろうはずはないですよね。
    勉強や仕事でがんばっても、その人を超えた瞬間に今度は優越感に変わったります。

    日本って人口密度が高すぎるのかもしれませんね・・・
    ヒキコモリは饒舌です、ここらで失礼・・では

    0
    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
自尊感情と嫉妬の関連性 坪田 雄二  広島県立大学論集 6(1), 1-10, 2002-08
澤田匡人 2008 シャーデンフロイデの喚起に及ぼす妬み感情と特性要因の影響-罪悪感、自尊感情、自己愛に着目して- 感情心理学研究第16巻第1号
就実論叢 (43), 127-138, 2013 妬みの対処方略と個人内要因との関連について  原奈津子
Shengold, L.  1994.  Envy and malignant envy . PsychoanalyticQuarterly ,