>
>
>

妬みや嫉みの心理とは?怒りの感情と上手く付き合おう!

妬み,嫉み


妬みや嫉みの心理と上手く付き合おう-臨床心理士が解説①

妬みの心理を専門家が解説!

みなさんはじめまして!臨床心理士の兵働、橋爪です。私たちは臨床心理士として精神疾患を抱える方へのカウンセリングや交流分析の講義を行っています。当コラムは「妬み」をテーマに専門家が解説をしています。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

妬みや嫉みを処理できない人が多い

現代社会は、妬みや嫉妬が発生しやすい社会です。テレビを見るときらびやかな洋服を着ている人がいたり、仕事でも能力の差があり、出世するひともいれば、なかなか出世できない人もいます。

カウンセリングをしていると妬み・嫉妬をうまく処理できない方が非常に多いです。愚痴ってしまったことが巡り巡って相手に伝わってしまい、関係性が悪くなってしまった・・・そんな方もいらっしゃいます。皆さんはいかがでしょうか?人のことをいつも羨ましいな~と感じてイライラする方は要注意です。

心理学では妬みと嫉妬は違う?

「妬み」という言葉を聞くと同時に「嫉妬」という言葉も頭に浮かぶ人が多いのではないでしょうか?一般的には、いずれの言葉も相手に対して羨ましいと思う気持ちや悔しさ、怒りなどを向ける意味と思われており、意味を区別することはあまりありません。

しかし、心理学の世界では「妬み」と「嫉妬」を近い概念としながらも、意味を分けて考えています。大きな意味の違いは感情の強さがあげられます。

「妬み」よりも「嫉妬」の方が激しい感情とされており、「嫉妬」はその感情の激しさゆえに他者に対して攻撃してしまうことさえあります。

このように、心理学の学問上は「妬み」と「嫉妬」の意味を区別していますが、一般的には厳密に意味を分けて使用されているわけではありません。今回のコラムでも「妬み」という言葉の中に「嫉妬」という意味を含めて扱っていこうと思います。

自尊心が低いと妬みやすい?

「妬み」の心理は他人と自分の状況を比べ、自分の置かれている状況が他者よりも“劣っている”と感じた時に、沸き起こってきます。

例えば…
・恋人が他の異性と楽しそうにしてる
・会社の同期が自分より出世した
・友達が自分より充実した生活をしてる

このような状況の時に、妬みや嫉みの心理が起こりやすいと言えます。坪田(2002)は「自尊感情」と「嫉妬感情」の関連を研究しました。この研究では、自尊心が低い人、つまり、自分のことを受け入れられていない人の方が、妬みや嫉みの心理をもちやすいという結果が示されています。嫉妬感情は自尊心の低下の裏返しと言ってもいいかもしれません。

妬みが大きいのは「能力?」

また原(2013)は大学生160名に対して、妬みを持った時の対象について調査を行いました。下図のように、成績が上位を占めていたようです。外見などには意外と妬みはもっていないこともわかります。成人になってもある程度この傾向は受け継いでいると推測されます。同僚の方が出世が早い、営業成績がよい、上司から評価を受けている・・・婚活でうまく行っている・・・こんな状況で妬みが発生するかもしれません。

妬みや嫉みの深刻な問題とは?

妬みが強くなると他者に対する怒りも増してきます。影で悪口を言ったり、いじわるをしてしまうという行動に結びつくこともあります。これによって一時的に妬み感情は落ち着きますが、周囲の人からはあまり良く思われませんし、その後の対人関係に深刻な問題を残してしまうケースもあります。

妬みや嫉みの心理傾向を簡単診断!

ここで、客観的に自分の妬みや嫉みの感情を把握できる方法として「妬み傾向テスト」をやってみましょう。自分が妬みや嫉みの心理をもちやすいかどうかは、なかなか自分自身ではわからないものです。まずは、自分の妬みの心理傾向を客観的に把握して自己理解を深めていきましょう!

あなたの妬みや嫉みの心理傾向は?

10~20点
今の妬み・嫉み傾向は低いです。

他人がうまくいっているところを見ても、妬むことはあまりないと思います。妬みの感情が現れたとしても冷静に自分の感情を受け入れて、その妬みをバネにしていくと良いでしょう。

21~30点
今の妬み・嫉み傾向は中程度です。

他人がうまくいっているのを見ると、妬みの感情が現れることがあります。妬みを他者に攻撃的に向けないように気をつけましょう。他人と比べすぎず、自分なりの目標を持って生活すると良いと思います。

31~40点
今の妬み・嫉み傾向は高いです。

妬みの感情に圧倒されてしまい、他者に怒りをぶつけたり、意地悪をしてしまうことがあるかもしれません。感情をコントロールする訓練が必要でしょう。

定期的にチェックしてみよう

心理テストの結果を確認してみていかがですか?「意外と高くなかったな」と思う人もいれば、「予想よりもかなり高かった…」と落ち込んでしまった人もいるかもしれません。

結果は、あくまで「今」の傾向です。時間や状況によって変化するため、できれば月に一度ほど診断・チェックを行い、自分を見つめ直しましょう。自分の状態を知ることで、対処できるようになります。下記で対処法をご紹介します。

妬みや嫉みの原因と解決策

それでは、妬みやすくなる特徴や考え方から、妬みが発生する原因と解決策について考えていきましょう。妬みが発生する原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①悪い妬み→良い妬みに変える

妬みには2種類ある
妬みの感情には「悪い妬み」と「良い妬み」があります。妬みに良い面があるなんて、意外に感じられるかもしれませんね。後ほど詳しく解説しますが、悪い妬みは、攻撃性や消極的な行動に結び付く妬みです。逆によい妬みは、積極的な行動や自分を磨くポジティブな変化に結び付く妬みです。

妬みを活かす方法
妬みはよくも悪くも強い感情です。身を亡ぼす感情であると共に、健康的にうまくコントロールできれば自分のモチベーションに変えて前向きな行動に結び付けることができます。妬みをポジティブに活かしたい・・・という方はコラム②で対処法をご紹介していきます。

② 他人と比較するのをやめる

他人と比較してしまう
人間は他者と比較することで、自分の存在を確かめる生き物です。私たちはコミュニケーションを通じ互いの言動を受入れているため、他人と比較することは自然で誰しもが行っています。しかし、他者と比べすぎてしまうと妬みを強めてしまう原因になります。自分の状況よりも他人が良い状況であることを認識してしまうと、妬みの感情を誘発しやすくなるからです。

感情を抑えるコツを身に付けよう
改善策としては、自分を見失わない程度の比較を身に付けることがよいでしょう。他人と比較しやすい・・・という方はコラム③をオススメします。

③ 強い妬みをマネジメント(深呼吸法)

感情に流されやすい
妬みが突然感情を支配して、それをうまくコントロールできず、流されてしまうと、他者を傷つける行動に結び付くことがあります。取り返しのつかない悪口を言ってしまったり、暴言を吐いてしまうこともあります。

妬みのピークをしのごう
妬みをコントロールするのに役立つ方法として「深呼吸法」をご紹介します。一般的に強い感情のピークは6秒と言われています。この6秒間をどうしのぐかがポイントです。強い妬みを抑えられない…という方は、コラム④を確認してみてください。

妬みや嫉みの心理と上手に付き合おう

このように、「自信が無い」「他人と比較してしまう」「感情に流されやすい」が原因となることが多いようです。妬みや嫉みの心理を抱いてしまうことは人として当然のことです。しかし、妬みや嫉みの心理が強すぎてしまい他者を攻撃してしまったり、自分自身を傷つけてしまうのは問題です。

これからご紹介する妬みや嫉みの感情を改善する方法を知ることで、そうした妬みや嫉みの心理をうまくコントロールして、日常生活をより良いものにしていきましょう!1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、妬みや嫉みの感情を改善する方法の1つ目「悪い妬み→っ良い妬み」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ 3つの対処法で 妬みや嫉みの感情を コントロールしよう
コミュニケーション講座

*出典・参考文献
自尊感情と嫉妬の関連性 坪田 雄二  広島県立大学論集 6(1), 1-10, 2002-08

就実論叢 (43), 127-138, 2013 妬みの対処方略と個人内要因との関連について  原奈津子

 



持ちやすい人の問題と原因を紹介