>
>
>
幸せになる方法や言葉の使い方

幸せになる方法や言葉の使い方

皆さんこんにちは。
公認心理師,精神保健福祉士の川島達史です。私は現在、こちらの心理学講座の講師をしています。

今回の相談内容
「幸せになる方法を知りたい」

幸せになりたい,言葉の使い方

相談者
32歳 女性 

お悩みの内容
私は現在、美容師として働いています。ここ10年、一心不乱に頑張ってきました。現在は店長をしています。休日も仕事をしていて、結果を残してきました。

一方で、なぜか最近ぽっかりと心にあなが空いている気がします。実は最近鏡を見ると、眉間にしわができていることがわかりました。確かにここ10年ずっと、眉間にしわが寄っていた気がします。

自分の顔をみて幸せな顔とは程遠いと感じました。これからの人生は自分を労わり、心に余裕をもって幸せになりたいと考えています。何かヒントが欲しいです。

お仕事で成果を残されてきた一方で、改めて幸せについて考える時期に来たのですね。今回は幸せについて重要な知識を6個厳選しました。

・人生脚本を見直す
・暖かいコミュニティに所属する
・たくさん会話をする,よく笑う
・考え方の引き出しを増やす
・感謝を習慣にする
・フロー状態を生活に取り入れる
・アイデンティティを確立する

参考になりそうなものがありましたら、ご自身の生活に取り入れてみてください。

人生脚本を見直す

心理療法の1つである交流分析では、人生脚本という言葉を使うことがあります。人生脚本とは、幼少期に作り上げられた、無意識に描いている人生のシナリオを意味します。

例えばカウンセリングをしていると

「人生は絶えず頑張り続けなくてはならない」
「仕事で結果を残せない人生はクソだ」
「人はいつか裏切る、最後は嫌な別れ方をする」

このような脚本を持っている方がいます。このような人生の根本的な哲学を持っていると、いつも不安で苦しい状態になってしまいます。

幸せになれない人

逆に

「人生は穏やかに生きる時間も大事だ」
「仕事は人生を豊かにするためにある」
「人は根本的には信頼できる」

このような哲学を持っている方は、穏やかな人生を送ることができます。少々抽象的な話になってしまいました。

もしあなたが、同じような行動パターンで、失敗を繰り返していたら、人生脚本を見直す必要があるかもしれません。詳しくは姉妹サイトの下記コラムに掲載してあります。

後程詳しく読んでみてください。

人生脚本の意味とは何か?

宣伝になってしまいますが、カウンセリングを受けてみたい方は、下記のリンク先を参考にしてみてください。

交流分析とカウンセリング,脚本を見直す

暖かいコミュニティに所属する

心理学の研究では、人間関係が不足し、会話をする相手がいないと、

将来への希望を持てない
抑うつ感が増える
認知症になりやすい

ことが分かっています。以下は、厚生労働省の調査の一部です。ざっと眺めてみてください。

幸せになる方法,友人の数,人間関係

図では「友人の数」と「希望」が分析されています。トップの「友人が31人以上」の場合、80%の方が将来に希望を持っていることが読み取れます。

人間関係はとても大切だと言えそうです。

 普段くだらない話をする人がいない…
 上下関係のない安心感のある関係がない…
 休日一人で過ごすことが多い…
 
という方は暖かいコミュニティに所属することを意識しましょう。自分の生活環境を見直したいという方は以下のコラムを参考にしてみてください。

コミュニティの探し方を解説

たくさん会話をする,よく笑う

会話をすると、面白かったことを共有できます。お互いを認めることで、自己肯定感が育ちます。笑いのある屈託のない会話は、体の免疫を高める、精神疾患や認知症を予防するという効果もあります。

例えば、西田、大西(2001)は、笑いが免疫機能にどのような効果を及ぼすかの調査を行いました。その結果、笑いによってNK細胞活性値が上昇したことが分かりました。

笑いとNK細胞活性の変化

NK細胞とは初期免疫能の指標の一つで、癌細胞を倒す効果があると言われています。

暖かいコミュニティに所属をして、たくさん会話をして、屈託のない話題で冗談を言い合ったり、笑う時間を大事にしましょう。

最近笑うことが少ないな…と感じる方は下記のコラムを参照ください。

笑う効果,生活改善

ポジティブな引き出しを増やす

幸せになるには、考え方を前向きにしていく必要があります。

高橋・森本(2012)は都内大学生を対象にポジティブシンキングにどのような効果があるかを調査しました。その結果の一部を紹介します。

以下の図をご覧ください。

幸せになる方法

上記の図の意味は、ポジティブ志向が高まると、主観的幸福感も高まるという意味になります。前向きに考える引き出しを増やすことは、幸せになる方法の1つと言えます。

私は心理学の講義をする際に、1つの出来ごとに対して、最低でも3つの角度から考えるようにしよう♪と生徒さんにお伝えしています。

・失敗で成長につながる点はないか?
・楽観的な人ならどう考えるか?
・この苦しみがあるから人の痛みが分かる
・もしかしたらビジネスの種かも?

このようなポジティブな引き出しを増やしていくと、自分を励ましたり、人を励ませるようになります。考え方が後ろ向きになりやすい…という方は以下のコラムを参考にしてみてください。

幸せになる引き出しを増やそう!リフレーミングコラム

感謝の気持ちを大事にする

花井・宮本(2014)は大学生38名を対象にして感謝と幸福感の関連を調べました。その結果、感謝を日常的に増やした人たちは、幸福感が大幅に向上することが分かりました。

「おいしそう!頂きます!」
「すごく助かったよ」
「いつもありがとう」
「ごちそうさまでした」

という言葉を皆さんは普段どれぐらい声に出していますか?もし少ないな…と感じたら、皆さん自身の幸せな気持ちを低下させているかもしれません。

そういえば感謝の気持ちは最近不足しているかも…という方は下記のコラムも参考にしてみてください。

感謝の気持ちを増やす

幸せになる方法,感謝する

フロー状態を生活に取り入れる

心理学にフロー体験という分野があります。フロー体験とはわかりやすく説明すると、ある物事に没頭としていて、時間や自分を忘れてのめりこんでいる状態を意味します。

例えば、幼少期に野原を駆けずり回って、時間を忘れて遊び惚けたことはありませんか?気が付いたらあたりが真っ暗になっていて、お母さんが探しにくる…こんな体験です。

このような時間を忘れて熱中しているような状態がフロー状態と言われています。そしてフロー状態があるほど私たちは人生を充実させ、幸福になることがわかっています。

もし今、熱中するものがない…熱くなれるものがない…と感じたら下記のコラムを参照ください。

フロー心理学の意味とは?フロー状態を公認心理師が解説

アイデンティティを確立する

アイデンティティの確立とは

「自分とは何者なのか」
「自分は何のために生きているのか」
「幸せとは何か」

を明確にしていことを意味しています。幸せの形は最後は自分なりに見つけていかなくてはなりません。

例えば、講師の川島は生涯を対人コミュニケーションを改善する役割を負って生きていくことを決意しています。そのため今の生活はとても幸せと実感しています。

幸せの定義は最後は自分でするものです。そのためには人生と向き合い、自分なりの生き方をぜひ模索してみてください。人生の意味を模索する上では以下のコラムが参考になると思います。

是非参考にしてみてください。

アイデンティティを確立する方法

まとめとお知らせ

まとめ

ここまで幸せになる方法について解説してきました。心理学の世界でも幸福論の研究は比較的盛んで、様々な手法が生み出されています。

当コラムはほんの一部の手法となりますが、15年の現場感覚から重要なものをピックアップして紹介させて頂きました。

皆さんが少しでも幸せだな…と感じられるよう心から願っています。

お知らせ

私たち公認心理師・精神保健福祉士は、メンタルヘルスの向上を目指し、心理学や人間関係の講座を開催しています。執筆者も講師をしています(^^)

 ・ポジティブ,リフレーミング練習
 ・暖かい人間関係を築くワーク
 ・アイデンティティの確立ワーク
 ・自己受容ワーク
 ・文化祭や山登りイベント

などを行っている暖かい講座です。詳しくは下記の看板をクリックしてみてください。是非お待ちしています。

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • なつ
    • 2019年5月15日 11:51 PM

    幸福感を色んな覚悟から解説してあって面白かったです。
    家族旅行の頻度で幸福感が変わるのは思いつきませんでした。
    うちも参考にしたいと思いました。

    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典
浦川邦夫(2011),「特集 不安の時代と労働『幸福度研究の現状将来不安への処方箋』」,日本労働研究雑誌,No.4,p4-16.
Deaton, A.2008) “Income, Health, and Well-Being around the  World:  Evidence  from  the  Gallup  World  Poll,”  Journal of Economic Perspectives, 222, 53-72. 
高橋・森本(2012)ポジティブ側面への積極的注目に関する研究 : ポジティブ志向,主観的幸福感,ネガティブ認知,他者軽視との関連  
学校教育学研究論集 26, 29-39, 2012-10-31 東京学芸大学
平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査 内閣府
橘木俊詔・浦川邦夫(2006)『日本の貧困研究』東京大学出版会.
OECD Factbook (2010),”Economic, Environmental and Social Statistics”,p34,p241. 
エレーヌ フォックス 2014 脳科学は人格を変えられるのか? 文藝春秋
Seligman, M. E. P. 2002a Positive psychology, positive preventin,
and positive therapy. In C. R. Snyder, & S. J.
花井菜月・宮本正一 2014  感謝が主観的幸福感に及ぼす影響 東海心理学会第63回発表論文集
城 佳子 2013 大学生の自己開示・ソーシャルサポートが被受容感に及ぼす影響の検討 : 被開示スキルとの関連を通して 人間科学研究 34,63 -72 .