>
>
>

後悔しない生き方・人生を送る,方法

後悔,しない生き方


後悔しない生き方-臨床心理士が専門解説①

みなさんはじめまして!臨床心理士の森です。私は、病院で精神科の患者さんの心理検査やカウンセリングを担当しています。当コラムでは、「後悔しない生き方」をテーマに解説をしていきいます。

コラム1では後悔しない生き方の理解を、コラム2~5では具体的なやり方をお伝えします。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

後悔がない人はいない

後悔は人生につきもの

みなさんは、「後悔していること」として思い浮かぶことはありますか。あれもこれもたくさん思い出す方もいるかもしれませんし、今は特に思いつかないという方もいるかもしれません。ただ、これまでの人生で全く後悔しない生き方ができた!と言い切ることができる方は少ないと思います。

カフェで何を頼むか、どこに就職するかなど、日常的で小さなことから人生に関わる重大なことまで、私たちの生活は意思決定の連続です。

“後悔先に立たず”ということわざがある通り、終わったことを悔いても取り返しがつきません。私たちは時間を巻き戻すことも、過去にタイムスリップすることもできません。そう考えると、後悔は人生につきものだと言っても過言ではないでしょう。心理学の分野で後悔は、

 「選択した行動」
 「選択しなかった行動」
 を比較し、
 「選択しなかった行動」
 のほうがより良い結果が得られたと感じること。

と定義することができます(Zeelenberg, 1998)。

つまり、「あの時、~していれば良かった」というふうに考えることですね。この「~していれば」というとらえ方は、反実仮想(反事実的仮想;counterfactual thinking)と言います。

反実仮想とは?

この「~していれば」というとらえ方は、反実仮想(反事実的仮想;counterfactual thinking)と言います。何かにつけ反実仮想的な推論を行いやすい人は、そうでない人よりも後悔しやすいと考えることができます。みなさんはいかがでしょうか。

後悔には2つの心理学ポイントがある

後悔が続くと抑うつにつながる?

後悔すると、過去に行った判断について自分を責めたり自己批判したりすることになります。その結果、何かしらの心理的苦痛を感じてしまいます。

後悔ばかりしていて思い悩んでいると、ネガティブな感覚が高まり、気持ちが落ち込みやすくなる可能性があるので注意が必要です。

例えば、塩崎ら(2010)は、がんで亡くなった患者の遺族に調査を行ました。

「亡くなった方と幸せに暮らした・・・と後悔がない遺族」
「生前もっと何かできなかったか・・・と後悔している遺族」

を比べたところ、後悔している遺族は精神的に不健康悲嘆が強い状態であることが示されました。「あれをやっておけば良かった」と後悔するよりも、今目の前にある幸せをしっかりとかみしめる習慣をつける必要があるかもしれません。

現状維持VS変更

道家ら(2007)は、92名の参加者に短いシナリオを読んでもらい、様々な条件ごとに後悔をどのくらい感じるか評定してもらいました。その結果、次の2点が示されました。

①現状維持効果
過去にポジティブな経験をしていた場合、同じ選択を続けた方が、後悔が少ないことです。例えば以下のようになります。

→ある温泉旅館に宿泊してそこがとても気に入った
→次に温泉旅行に行く時も同じ温泉旅館を選ぶ
→後悔が少なくて済む
*一度ポジティブな体験をしたらそれを繰り返す方が比較的後悔が少ないと言えます。

②現状変更効果
過去にネガティブな経験をしていた場合、次は異なる選択をした方が、同じ選択をするよりも後悔は弱くなることです。

→ある温泉旅館に宿泊して、嫌な思い出が残った
→次に温泉旅行に行く時は、違う温泉旅館を選ぶ
→同じ温泉旅館を選ぶよりも後悔が少なくて済む

*ネガティブな体験をした場合は、過去の経験を修正したほうが後悔は少なくなりそうです。

このように現状維持効果と現状変更効果は、海外でもいろいろな研究者によって確かめられています。

ネガティブな環境をなかなか抜け出すことができない・・・という方は思い切って環境を変更することも大事になってきそうです。もちろん例外はいくらでもありますが、ヒントとして参考にしてみてください。

後悔診断

それではここで後悔の強さについてチェックしてみましょう。

全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
人に嫌な思いをさせたことがあり、 それを悔やむ
2.
人間関係で良かれと思ったことが失敗に終わり、 それを悔やむ
3.
告げるべきことを告げないで終わり それを悔やむ
4.
嫌なことをされても我慢してしまい、 後になって我慢せずに言えばよかったと思う
5.
人生の選択場面でもっと別の道を 進めばよかったと悔やむ
6.
日常的な選択場面で別の選択をすれば よかったと悔やむ
7.
人生の選択場面で、逃げずに チャレンジすればよかったと悔やむ
8.
日常的な選択場面で逃げずに チャレンジすればよかったと悔やむ
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

後悔尺度・注意事項
・当尺度は臨床心理士・精神保健福祉士の監修の元作成しました
・当尺度は医療的な診断を行うものではありません
・当尺度は、段階では予備調査の段階となります
・あくまで参考程度にご使用ください
以下は尺度作成についての、手順や趣旨が明示されています。後悔尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

尺度作成の趣旨
現代社会では、主にスマフォーとフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。

そこで弊社では、メンタルヘルスの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

尺度作成の条件
尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・断定はしない あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を明示する

 

①後悔尺度作成手順
先行研究ⅰ
後悔とは、「得られた結果が自分の予想と悪い意味で異なった時に感じるネガティブな感情である」とされている(上市・楠見,2010)。上市・楠見はWashburn(2005)の後悔尺度日本語版の作成を行っている。後悔を感じる状況を「対人‐非対人」×「実行×非実行」の2つに分け4因子の尺度の妥当性と信頼性を調査している。

先行研究ⅱ
都築(2008)は後悔尺度による意思決定スタイルの側的を試みている。その際に、Schwartz(2002)が作成した追及ー後悔尺度を和訳して、調査を行っている。その結果、後悔因子、最高基準、達成努力の3つの因子が検出されている。

②後悔尺度作成の手順
このように後悔については、少数ではあるが尺度作成が試みられている。尺度作成においてはこれらの論文を検討して作成を行う。特に以下、後悔尺度に近接する4つの論文と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目についてブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。 その後、KJ法によりグルーピングを行い質問項目を精査した。

 

参考文献
追求-後悔尺度による意思決定スタイルの測定 : 尺度の信頼性と自己肯定意識尺度との関係に関する検討 都築 誉史 応用社会学研究 50, 93-104, 2008

Schwartz, B , Ward, A, Monterosso, J,Lyubomirsky, S, White, K,& Lehman,
D.R. Maximizing versus satisficing: Happiness is a matter of choice. Jounral
of Personality and Social Psychology, 83,1178┡1197. 2002

後悔尺度日本語版作成の試み 上市秀雄・楠見孝 日本心理学会第74回大会, p.884.2010

Washburn, D. A. Regret proneness, change aversion, and risk
aversion. Poster presented at the Annual Meeting of the Society
for Judgment and Decision Making, Toronto, Canada. 2005

 

③検出された質問項目
その結果、Washburn‐都築の4分類とほぼ同等の4因子に分類された。また4因子について、それぞれ2つの質問を作成し、合計8項目を作成した。

・対人‐実行後悔
人に嫌な思いをさせたことがあり、
それを悔やむ
人間関係で良かれと思ったことが失敗に終わり、
それを悔やむ

・対人‐不実行後悔
告げるべきことを告げないで終わり
それを悔やむ
人間関係で我慢しすぎてしまい、
後で我慢せずに言えばよかったと思う

・非対人‐実行後悔
人生の選択場面でもっと別の道を
進めばよかったと悔やむ
日常的な選択場面で別の選択をすれば
よかったと悔やむ

・非対人‐不実行後悔
人生の選択場面で、逃げずに
チャレンジすればよかったと悔やむ
日常的な選択場面で逃げずに
チャレンジすればよかったと悔やむ


④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず
  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した

  ・5件法
  ・33~40 後悔かなりある
  ・24~32 後悔ややある
  ・19~23 後悔やや少ない
  ・8~18  後悔かなり少ない

の4段階とする。感情について優劣はないため、結果については長所と注意点の2方面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己決定できるように記述を行う。

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

 

診断結果
・後悔かなりある

*長所
後悔がかなり強い状況です。後悔は未来を改善するためのエネルギーでもあります。過去の反省を活かせる方は、自分の成長につなげることができます。大きな後悔をうまく活かせば、勉強や仕事へのエネルギーに変えることができるでしょう。
また、もしあなたが人間関係で後悔している場合は、人間関係を大事にしている証拠でもあります。その気持ちを大事にしながらこれから健康的な関係性をぜひ築いて行きましょう。

*注意点
後悔が強く、自責的になると自己肯定感の低下や精神疾患のリスクも出てきます。長期的に後悔が続き、気分がよくない場合は心理療法の学習をお勧めします。以下のコラムを参考にしてみてください。またかなり重いと感じる場合は心療内科、精神科の受診を検討しましょう。

 


・後悔ややある
*長所
後悔がややある状況です。後悔は未来を改善するためのエネルギーでもあります。過去の反省を活かせる方は、自分の成長につなげることができます。大きな後悔をうまく活かせば、勉強や仕事へのエネルギーに変えることができるでしょう。
また、もしあなたが人間関係で後悔している場合は、人間関係を大事にしている証拠でもあります。その気持ちを大事にしながらこれから健康的な関係性をぜひ築いて行きましょう。

*注意点
緊急性はそこまで高くないですが、もし後悔が今後さらに大きくなり、マイナスの感情に支配される場合は注意が必要です。特に後悔が強く、自責的になると自己肯定感の低下や精神疾患のリスクも出てきます。長期的に後悔が続き、気分がよくない場合は心理療法の学習をお勧めします。以下のコラムを参考にしてみてください。

 

・後悔やや少ない
*長所
後悔はやや少ない状況です。後悔が少ない方は行動的で、例え失敗しても割り切ることができる方が多いようです。失敗をしてもくよくよ悩むことなく、自分の成長につなげていくことができます。また実際に行動することで、成功体験を得やすくなり、社会的にも実績を残すことができるでしょう。


*注意点
後悔が少ない方は、熟慮型より直感的に動く傾向があります。リスクが大きい場面などでは、軽率な判断につながる恐れがあります。行動的であることをベースにしつつも、大事な時は気を付けるようにしましょう。また後悔との付き合い方は以下のコラムで解説しています。参考にしてみてください。

 


・後悔かなり少ない
*長所
後悔はかなり少ない状況です。後悔が少ない方は行動的で、例え失敗しても割り切ることができる方が多いようです。失敗をしてもくよくよ悩むことなく、自分の成長につなげていくことができます。また実際に行動することで、成功体験を得やすくなり、社会的にも実績を残すことができるでしょう。


*注意点
後悔が少ない方は、熟慮型より直感的に動く傾向があります。リスクが大きい場面などでは、軽率な判断につながる恐れがあります。行動的であることをベースにしつつも、大事な時は気を付けるようにしましょう。

 

 

後悔(MAX 40)

後悔(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど後悔が大きいことを示しています。点数の基準を参考にしてみてください。

  ・33~40 後悔かなりある
  ・24~32 後悔ややある
  ・19~23 後悔やや少ない
  ・8~18  後悔かなり少ない

 

後悔(MAX 40)

後悔(MIN 8)

あなたのライン

年代別の後悔の大きさを示しています。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群にあてはまった方は特に後悔との付き合い方について学習することをお勧めします。

・33~40 後悔かなりある
・24~32 後悔ややある

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 神奈川県 35 1
    2 北海道 34 4
    3 千葉県 29 3
    4 東京都 16 1
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 神奈川県 35 1
    2 千葉県 29 3
    3 東京都 16 1
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 北海道 34 4

2018年7月11日に公開しました。現在集計中です。

*長所
後悔がかなり強い状況です。後悔は未来を改善するためのエネルギーでもあります。過去の反省を活かせる方は、自分の成長につなげることができます。大きな後悔をうまく活かせば、勉強や仕事へのエネルギーに変えることができるでしょう。
また、もしあなたが人間関係で後悔している場合は、人間関係を大事にしている証拠でもあります。その気持ちを大事にしながらこれから健康的な関係性をぜひ築いて行きましょう。

*注意点
後悔が強く、自責的になると自己肯定感の低下や精神疾患のリスクも出てきます。長期的に後悔が続き、気分がよくない場合は心理療法の学習をお勧めします。以下のコラムを参考にしてみてください。またかなり重いと感じる場合は心療内科、精神科の受診を検討しましょう。

*長所
後悔がややある状況です。後悔は未来を改善するためのエネルギーでもあります。過去の反省を活かせる方は、自分の成長につなげることができます。大きな後悔をうまく活かせば、勉強や仕事へのエネルギーに変えることができるでしょう。
また、もしあなたが人間関係で後悔している場合は、人間関係を大事にしている証拠でもあります。その気持ちを大事にしながらこれから健康的な関係性をぜひ築いて行きましょう。

*注意点
緊急性はそこまで高くないですが、もし今後、後悔がさらに大きくなり、マイナスの感情に支配される場合は注意が必要です。特に後悔が強く、自責的になると自己肯定感の低下や精神疾患のリスクも出てきます。長期的に後悔が続き、気分がよくない場合は心理療法の学習をお勧めします。以下のコラムを参考にしてみてください。

*長所
後悔はやや少ない状況です。後悔が少ない方は行動的で、例え失敗しても割り切ることができる方が多いようです。失敗をしてもくよくよ悩むことなく、自分の成長につなげていくことができます。また実際に行動することで、成功体験を得やすくなり、社会的にも実績を残すことができるでしょう。


*注意点
後悔が少ない方は、熟慮するより直感的に動く傾向があります。リスクが大きい場面などでは、軽率な判断につながる恐れがあります。行動的であることをベースにしつつも、大事な時は気を付けるようにしましょう。また後悔との付き合い方は以下のコラムで解説しています。参考にしてみてください。

*長所
後悔はかなり少ない状況です。後悔が少ない方は行動的で、例え失敗しても割り切ることができる方が多いようです。失敗をしてもくよくよ悩むことなく、自分の成長につなげていくことができます。また実際に行動することで、成功体験を得やすくなり、社会的にも実績を残すことができるでしょう。


*注意点
後悔が少ない方は、熟慮するより直感的に動く傾向があります。リスクが大きい場面などでは、軽率な判断につながる恐れがあります。行動的であることをベースにしつつも、大事な時は気を付けるようにしましょう。

 

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

後悔しにくくなる3つの方法

後悔しない生き方3つのコツ

ここからは、後悔しない生き方について解決策を提案させていただきます。全部読むのは大変なので、当てはまる項目について、リンク先をチェックしてみてください。

①行動活性化技法

あれもこれも・・・な人は注意
後悔しやすい人の中には、何事に対しても消極的だったり、迷った挙句行動しないで終わる癖がついていたりすることがあります。優柔不断でなかなか行動に移せない、という方は要注意です。

決断上手になる!行動活性化技法
なかなか行動に移せない状態が続いている時、「段階的に行動に移す」ことが基本になります。心理学の方法のひとつに行動活性化技法があります。行動力をつけて後悔しない生き方をしたいという方はコラム②を参考にしてみてください。

②損得勘定→実行法

自信がないまま決断はNG
後悔しやすい方の1つの特徴として、自信が持てないまま、とりあえず行動に移してしまいます。心理学的にはなんとなく行動するのも後悔に繋がりやすくなるのです。

自信をもって決断しよう
なるべく後悔しないようにするには、自信をもって決断・行動することが大切です。まずはお昼に何を食べるか、たくさんの種類がある中からどの歯ブラシを買うか…日頃の何気ない選択場面で練習していきましょう。自信をもって決断するためのコツを知りたい!という方はコラム③をチェックしてみてください。

③失敗を糧に未来イメージ技法

過去の失敗に焦点を当てすぎるのはやめよう
同じことをずっと後悔し続けたりしている場合は、うまくいかなかったことに焦点を当てすぎている可能性があります。失敗やネガティブなことにばかり注目することは、「~していれば良かった」と反実仮想をすることにつながり、後悔しやすい原因になります。

失敗をとらえ直して次へ進もう
後悔して思い悩んでいると、落ち込んだり、あれこれと過去の事ばかり考えたりしてしまいます。たとえうまくいかないことがあっても、失敗を糧に未来に焦点を当てて捉えなおすほうがメンタルヘルスが良いと言われています。過去に区切りをつけて前向きになりたいという方はコラム④を参照してみてください。

後悔から解き放たれよう

後悔しない生き方

このように、後悔しない生き方を達成するには、「行動活性化」「損得勘定法」「失敗を糧に未来イメージ法」が有効です。次回以降のコラムでは、具体的な方法ついてご紹介していきます。

後悔しない生き方を身につけられると、日々の生活が今より少し気楽になるでしょう。しかし、そう簡単に後悔の念を切り替えることはできないかもしれません。これからご紹介する後悔しにくくなる方法を日々の生活の中で意識していただくことで、少しずつ後悔の念から解き放たれることでしょう。

次回の後悔コラムでは、後悔しにくくなるための方法の1つ目「行動活性化技法」について解説します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★後悔しない生き方。3つのコツを意識しよう
心理学講座

*出典・引用文献
道家瑠見子・村田光二(2007)意思決定における後悔:現状維持が後悔を生むとき. 社会心理学研究, 23(1), 104-110.
塩崎麻里子・中里和弘(2010)遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔. 社会心理学研究, 25(3), 211-220.
Zeelenberg, M., van Dijk, W. W., van der Plegt, J., Manstead, A. S. R., van Empelen, P., & Reinderman, D.(1998)Emotional reactions to the outcomes of decisions: The role of counterfactual thought in the experience of regret and disappointment. Organizational Behavior and Human Decision Processes, 75, 117-141.



後悔しにくくなる3つの方法