>
>
>

ディスカッションの意味とは?

ディスカッション,意味,とは


ディスカッションの意味とは?①

みなさんはじめまして!コミュニケーション講座の講師、川島です。当コラムは「ディスカッション」をテーマに専門家が解説をしています。当シリーズは入門編となります。筆者は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。また現役の経営者でもありますので、学問にこだわらず、現実に即してディスカッションの内容をお伝えできると思います。入門編は全部で8分程度かかります(^^; ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

ディスカッションが苦手だと損をする

ディスカッション力は社会で生きていくためにとても重要なスキルです。もしディスカッション力がないと

○ 会議で沈黙してしまう

○ やる気がないと思われる

○自分に自信が持てない

○自分自身で情報を精査できない

などの問題を抱え続けることになります。例えば、最近の研究では、「主体性 主張性」がメンタルヘルスと深いつながりがあることがわかっています。ディスカッションが苦手だ・・・自分の意見を言えない・・・という方はビジネスにおいては消極的になりがちになり、受動的な仕事の取組み方になってしまいます。これではなかなか仕事を楽しめないでしょう。

ディスカッションが苦手だと損をする

みなさんは「ディスカッション」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?社内の会議やチームのミーティングなど、様々な場面で行われるディスカッションですが、直訳すると「討議」「議論」という意味です。

「討議」「議論」なんて聞くと、
○ 互いに主張をぶつけ合う場
○ 批判や酷評が飛び交う場
などのネガティブな意味を持ってしまいがちですよね。そのため、自己主張ができない人や気が弱い人は、ディスカッションに苦手意識を持たれていることと思います。しかし、ディスカッションとは、本当にネガティブなことなのでしょうか。

 

批判をされたらラッキー

例えばみなさんは自分の意見を批判されたとき、どのように感じるでしょうか。相手に対してムカッと来る方は反省しましょう。。。相手に対して怒ったところで解決できる問題は世の中ほとんどありません。怒ることは下策と覚えておきましょう。

人の言に耳を傾けない態度は自ら求めて心を貧困にするようなものである

これは松下幸之助の言葉です。批判をされたら脳内で「批判をされると心が豊かになる。声を傾けよう」と変換しましょう。批判を受ければ受けるほど、情報は精査され質が上がっていくのです。

 

ディスカッションが目指すもの

そもそもディスカッションとは、良い結論を導くために、協力し合って意見や情報を出し合う、ポジティブな行為です。決してネガティブに捉えるものではなく、ディスカッション=WINWINを目指す活動とポジティブに考えてみてください。

ディスカッションはお互いが持っている情報を組み合わせてより良い情報を生み出すという行為なのです。Aという情報とBという情報を組み合わせて、Cという情報に発展させる行為がでディスカッションなのです。まずはディスカッション=WINWINを目指す活動ということを頭に入れておきましょう。

 

 

ディスカッション力をつける3つの必須課題

それでは本題です!ディスカッション力をつけるための解決策をズバリ3点お伝えします。

① 論理力なくしてディスカッション力なし
発言中、「結局何を言いたいのだろう?」とわからなくなることはありませんか。何を言いたいのかわからない・・・という問題のほとんどが論理力の欠如から持たされます。ではそもそも論理とは何を意味するのでしょうか?シンプルに

結論+根拠

この2点セットが必要になります。もし皆さんが、なにを言っているのかわからない・・・と言われる場合はこの2つを明確に意識するだけでかなりディスカッション力が改善されるはずです。まずは難しいこと考えずにこの2つだけを意識しましょう。考えをまとめるのが苦手だ・・・論理的に話すのが苦手だ・・・思い当たる節があるかたは、コラム②にチャレンジしてみてください。

② 事前準備で70%決まる
ディスカッション力は事前準備でさらに強化されます。事前準備がしっかりできていないじょうたいですと

「変なことを言ってしまってはいけない」
「誰かに反論されてしまうかもしれない」
「失敗してしまうかもしれない」

そんな不安が増大し、発言を控えてしまうことが多くなります。このような状況は多くの場合、事前準備が不足している事で引きおこされます。事前準備がしっかりできていないために、緊張が強くなり、平常心で参加できなくなってしまうのです。

人前で発言するのは、誰でも勇気がいるものです。程よい緊張感を保ちながら、平常心で参加することが、良い主張につながります。そのためには、徹底して事前準備をすることが大切です。事前準備力を付ける3つのスキルで対処していきましょう。コラム③で詳しくご紹介します。

 

③ ディスカッション7原則を守る
ディスカッションは、勝ち負けを決める「討論の場」と思っていませんか。このような勘違いでディスカッションに参加すると、相手の発言を根底から否定するなど、人間関係に悪影響を及ぼすような大きな失敗をする可能性があるため注意が必要です。

ディスカッションは、人間関係を大切にしながら決まったテーマに沿って「議論する場」です。場違いにならないよう、ディスカッションの基本的なルールをマスターすることが必要です。ディスカッション7原則をマスターして対処していきましょう。コラム④で詳しくご紹介します。

 

ディスカッションのコツで上手な主張を

このように、ディスカッションが苦手な原因として「論理的な主張ができない」「事前準備が不足している」「ディスカッションのルールを理解していない」が大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、ディスカッションへの苦手意識を克服する具体的な方法について解説していきます。内容は以下の通りです。

コラム② ディスカッションに強くなる論理力とは
コラム③ ディスカッションの進め方。まずは十分な事前準備を
コラム④ ディスカッションに使える7つのコツとは

ディスカッションに苦手意識がなくなれば、あなたは周りの人にもっと理解してもらうことができます。それは、自分の希望する仕事をすることや、ストレスのない生き方にもつながりる事を意味します。何より、自分の意見を言う、そしてそれを理解してもらえるということは、とても気持ちのいいことだと思いませんか。自分の意見を上手く伝えることの大切さを理解していただき、少しずつディスカッションに強くなっていきましょう。

次回はディスカッションが苦手な一つ目の原因「論理的な主張ができない」の対策をご紹介します。次回のディスカッションコラムもお楽しみに!

★ ディスカッションとはポジティブな意味の行為
★ ディスカッション=意見交換の場」と気軽に捉えよう!
★ ディスカッションできないと仕事で不利になる
★ ディスカッションが苦手な原因は3つある
★ 上手に自己主張してディスカッションに強くなろう!


「意見交換」と考えて楽な気持ちで参加しよう