>
>
>
ディスカッションとは?強くなるコツ・対策を学ぶ

一夜漬け!ディスカッションが強くなるコツ・対策①

はじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「デスカッション」についてお話していきます。

ディスカッションの機会は突然訪れるものです。就職活動のグループディスカッション、会社の会議、昇進試験・・・。。しかし、ディスカッションの練習なんて普段していない方がほとんどだと思います。

そこで当コラムは「一夜漬け!ディスカッション入門スキル」をテーマに専門家が解説をしています。

明日ディスカッションで困っている・・・という方向けにディスカッションの応急処置を用意しました。流し読みで8分程度、しっかり読むと15分ぐらいかかるかもしれません・・・ちょっと大変ですが、明日?のディスカッションを乗り切るために頑張りましょう。

コラム①ではこちらの内容を解説していきます。

  • 苦手だと損をする?
  • ディスカションはネガティブ?
  • 議論の2大要素を知ろう
  • 診断・チェック
  • 3つの方法でスキルUP

ディスカッションが苦手だと損をする?

みなさんは「ディスカッション」にどのようなイメージをお持ちですか?社内の会議やチームのミーティングなど、様々な場面で行われるディスカッションですが、直訳すると「討議」「議論」という意味です。

「討議」「議論」なんて聞くと、
・互いに主張をぶつけ合う場
・批判や酷評が飛び交う場
などのネガティブなイメージを持ってしまいがちですよね。そのため、自己主張ができない人や気が弱い人は、ディスカッションに苦手意識を持たれていることと思います。しかし、ディスカッションとは本当にネガティブなことなのでしょうか。

ディスカッションの意味

ディスカションはネガティブ?

例えば、みなさんは自分の意見を批判された時、どのように感じるでしょうか。相手に対してムカッとしてしまう方は反省しましょう…。相手に怒ったところで解決できる問題は、世の中にほとんどありません。怒ることは得策ではないと覚えておきましょう。

「人の言に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困にするようなものである」

これは松下幸之助の言葉です。もしもあなたが批判され、ネガティブな気持ちでいっぱいになってしまったら、「批判は心を豊かにしてくれる。批判に耳を傾けよう」と切り替えてみてください。批判を受ければ受けるほど、情報は精査され、質が上がっていくのです。

ディスカッション=WinWin
        =批判に耳を傾ける場

この2点をまずは抑えておきましょう。そもそもディスカッションとは、良い結論を導くために、協力し合って意見や情報を出し合う、ポジティブな行為です。

決してネガティブに捉えるものではなく、ディスカッション=WIN WINを目指す活動とポジティブに考えてみてください。ディスカッションすることで、お互いが持っている情報を組み合わせて、より良い情報を生み出すこともできるのです。Aという情報とBという情報を組み合わせて、Cという情報に発展させる行為が、ディスカッションなのです。

繰り返しになりますが、明日のディスカッションでは、
ディスカッション=WINWIN!!
         批判に耳を傾ける!!
と、しっかり頭に入れておいてくださいね。

絶対に抑えよう!議論の2大要素

いざディスカッションをする場面になったとき、次に以下の2つの注目ポイントを押さえておきましょう。ディスカッションは大きく分けて、2つのポイントの比重によってやり方が変わってきます。

ⅰ問題解決型‐ディスカッション
私達は会社の会議などで何らかの目的を達成するためにディスカッションをします。例えば、売り上げが上がらない・・・という命題があり、この問題をどうすれば解決できるか?このような場合に議論する時は問題解決型ディスカッションにあたります。ちなみに、問題解決型のコミュニケーションの場合、論理的思考やアイデアを生み出す発想力、伝える力が必要になります。

ⅱ人間関係構築型‐ディスカッション
もう1つは、人間関係を築くためのディスカッションです。命題はあるものの、実はそれは表面的な目的で、チームの親睦を高めるために行われます。比較的ゆったりとした雰囲気で行われることが多いと言えます。

*問題解決型?人間関係型?

現実のディスカッションは、どちらかと割り切れるものではなく、実際は両者が混ざり合ったものになります。また社風や、ディスカッションのタイミングによって異なります。せっかくなのでここで1つ問題を問いて、あなたの好みのディスカッション傾向を探っていきましょう。

あなたの同僚が会議中
「先日の企画した商品ですが、売り上げが伸びず、正直落ち込んでいます・・・」

と話したとします。あなたは、なんと返すでしょうか?考えてみましょう。

いかがでしょうか?考えてみましたか?。

この時
・どうして売り上げ落ちたの?
・ユーザー目線で考えた?
・達成率はどれくらい?
このように問題解決に視点が行く方は問題解決型のコミュニケーションを好む方です。逆に

・そうかあ。。今は辛いね。
・結構落ち込んでるの?
・商品企画は私も失敗したなあ。。

こんな形で相手の心情によりそうようなコミュニケーションが思い浮かぶ方は、人間関係を構築することを好むタイプと言えます。

両方発想できた方はバランス型と言えそうです。会議の目的にもよりますが、比較的理想に近い思考を持っていると言えそうです。

問題解決「7」‐人間関係「3」が基本

例えばこれが、差し迫った状況であれば、問題解決型の質問でOKでしょう。しかし、もしその方が本当に落ち込んでいる表情をしていたとしたらどうでしょうか。いくら会議とは言え、心理的なフォローをしつつ議論を進めていくべきです。

このようにディスカッションはは、問題解決、人間関係構築の2つの目的があり、その目的の重要性によって随分やり方が変わってくると考えておくと良いでしょう。

問題解決型1本では、殺伐としてしまいますし、人間関係型だけでは、現実は解決できません。判断に迷う場合は、問題解決7割、人間関係3割ぐらいの意識でOKです。就職活動のグループディスカッションなどは、7対3ぐらいでOKです。

また会社員であれば、原則7対3、緊急度や重要性に応じて、変えていくと考えるようにしましょう。まずはこの点を抑えましょう。

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください。 弊社ではビジネスコミュニケーションの基礎を学習することを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

ディスカッションスキルや論理的思考の実践練習をしたい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。以下のコラムを読んで、実際に練習してみたいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。

お知らせ失礼しました。それでは引き続きコラムに進みましょう!

ディスカッション力をつける3つの入門スキル

それではここで、一夜漬けでディスカッション力をつける解決策について考えていきましょう。ディスカッション力をつける応急処置は、大きく分けて3つあります。

①必須7つ道具

ディスカッションには法則がある
ディスカッションに慣れていない方は、頭ごなしに否定してしまう、話を遮る、などの行為をしてしまいます。ディスカッションでは決定的なマイナスポイントになってしまいます。

7つの道具を活用しよう
ディスカッションは、「人間関係を大切にしながら」「議論する場」です。「議論する場」だけと考えてしまうと、大失敗してしまします。そこで当コラムでは、ディスカッションの基本を外さない7つ道具をご紹介します。ディスカッションをすることが初めてだ・・・という方はコラム②を参考にしてくださいね。

②論理力を身に付ける

論理的な主張ができない
ディスカッションでの発言の中には「結局何を言いたいのだろう?」とわからなくなることはありませんか。何を言いたいのかわからない…という問題のほとんどが、論理力の欠如からもたされます。では、そもそも論理とは、一体何を意味するのでしょうか?

論理的主張の練習で苦手意識を軽減
論理とは、シンプルに言うと、結論+根拠の2点セットです。この2つのことを意識するだけでも、かなりディスカッション力が改善されます。考えをまとめるのが苦手だ…という方は、コラム③の解説と練習問題に取り組んでみてください。

③事前準備で自信と安心

事前準備が不足している
ディスカッション力は、事前準備をすることでさらにUPします。事前準備がしっかりできていないと、自信がなく不安な状態のままディスカッションに参加することになるので、発言を控えてしまいがちです。また、緊張も強くなり、平常心で参加できなくなる場合もあります。

ディスカッションは事前準備がカギ
ディスカッションするメンバーの前で発言するのは、誰でも勇気がいるものです。程よい緊張感を保ちながら平常心で参加することが、良い主張につながります。そのためには、ディスカッション本番前に徹底して事前準備をすることが大切です。

当コラムでは、事前準備の優先順位ベスト3を具体的にご紹介します。ディスカッションの場で、失敗するのが怖い…という方は、コラム④をチェックしてみてくださいね。

ディスカッションのコツ

コツを知って上手に主張しよう

ディスカッションが苦手な原因として「論理的な主張ができない」「事前準備が不足している」「ルールを理解していない」の3つが大きく関わっていることがわかりました。

次回以降は、ディスカッションへの苦手意識の原因の対処法を解説していきます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

ディスカッションに苦手意識がなくなれば、あなたは周りの人にもっと理解してもらうことができます。それは、自分の希望する仕事をすることや、ストレスのない生き方にもつながります。

何より、自分の意見を言う、そしてそれを理解してもらえるということは、とても気持ちのいいことだと思いませんか。自分の意見を上手く伝えることの大切さを理解していただき、少しずつディスカッションに強くなっていきましょう。

次回はディスカッションへの苦手意識の解決策「ディスカッションがうまくなる7つ道具」をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ディスカッションはポジティブな行為。苦手な原因を知って上手に主張しよう!
社会人講座

助け合い掲示板

2件のコメント

コメントを残す

    • 遠山
    • 2019年10月21日 5:40 PM

    こんにちは

    1+
    返信する
    • 匿名
    • 2019年6月20日 1:21 PM

    「命題」の意味、間違えてますね。

    0
    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→