>
>
>

目を見て話す心理と問題とは?

目を見て話す,心理


目を見て話す心理と問題とは?①

「目を見て話す」について専門家が解説!

当コラムは「目を見て話す」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

執筆者はコミュニケーション講座の講師、川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。

皆さんは会話をするとき、相手の目を見て話すようにしていますか?

「相手の目を見て話すと不安になる」
「どこを見ていいのか分からなくなる」
「相手の目を見て話すことが怖い」

など、相手の目を見る事に不安や恐怖を感じる心理から、目を見て話す事を避けている人が多くいるようです。“目は口ほどに物を言う”ということわざがあるように、目はあなたの気持ちを表現する大切なサインの1つです。日々のコミュニケーションをスムーズにしてくれる重要な要素ですから、しっかり使っていきたいですよね。

このコラムでは、「目を見て話すこと」の重要性と、それができない原因や理由、そしてその改善策や克服方法を、全5回にわたってご紹介していこうと思います。

マイナスの心理に?目を見て話すとは

このように、「目を見て話す」ということは、私たちのコミュニケーションおいて重要な役割を果たしています。そのため、目を見て話すことができないと

例えば
・言葉や気持ちが正しく伝わらない
・自信がないのでは?と、相手に悪い印象を与える
・話を聞いている?と、相手が不安な心理になる

などの、マイナスの心理を相手に与えることがあります。特に印象形成は長期的な関係よりも短期的な人間関係において非常に重要になってきます。

長期的な関係では、誠実さや、真面目さが重要視されますが、短期的な関係では、じっくりと判断される時間がないのでどうしても非言語的な要素で判断されてしまうのです。

この意味で、接客業や、販売職、就職活動、婚活などでは目を見て話すことはある程度重要な要素となってきます。講師としてはコミュニケーション能力は総合的なものなので、目を見て話せなくても、別の部分で補えば良いと考えていますが、現実的に必要な方はある程度はトレーニングをしてみるといいでしょう。

 

「目を見て話す」ためのコツ

ここで、目を見て話すことに苦手意識を持ってしまう原因について考えていきましょう。「目を見て話す事ができない」3つの原因を以下に挙げたいと思います。

①自己肯定感が基礎
目を見て話せない一番の原因は自信のなさです。

自分を認められない→自分に自信をもてない→目を見て話せない

この負の循環に陥っているため、目を見て話せない可能性があります。まずは、自分を認める事からはじめて自分に自信を持って解決を目指しましょう。自分を認めるコツをコラム②でご紹介していきます。

 

②相手から見られているという意識を減らす

目を見て話すことができない方は以下の2つの考えを持っていることが非常に多いです。

「自分の視線で相手が不快な思いをしていないか不安…(加害性視線恐怖)」
「相手に良い印象を持ってもらいたい…(過剰な公的自己意識)」
など、相手の気持ちに対しての強い思い込みが原因の可能性があります。

「自分を客観的に見てみる」
「相手にどう思われるかより、自分が相手をどう思うか考える」
など、あなたの思い込みを変えるコツをコラム③でご紹介します。

③印象の良いアイコンタクトのやり方
目を見て話せない人は、相手の目を見ることに関して間違った癖を身につけている可能性があります。そのため、会話の中で効果的であるはずのアイコンタクトが不自然になり、相手を不安な気持ちにさせてしまいます。自然で話しやすい目線を作って、上手にアイコンタクトができるコツをコラム④でご紹介します。

目を見て話すことでプラスの心理へ!

このように、目を見て話すことができない原因には「自分を認められない」「思い込みが強すぎる」「不自然なアイコンタクトの癖がついている」があるようです。次回のコラムからは、目を見て話すコツを、練習問題などを交えながらご紹介していきたいと思います。内容は以下の通りです。

コラム2 自分を肯定してあげよう
コラム3 2つの思い込みを改善しよう!
コラム4 「目を見て話さない」がコツ?!

目を見て話すことは、「自分に自信を持っている人」という心理を相手に与えるため、言葉のひとつひとつにも信頼感が生まれやすくなります。また、積極的に話に耳を傾ける印象を与えるため、相手から好感を持ってもらいやすくなるというプラスの要素が期待できます。しかし、目を見て話す事を意識しすぎると会話も上手くいきませんから、まずはあまり難しく考え過ぎず、気持ちを楽にして改善を目指してみましょう!

次回のコラムでは、目を見て話せない原因のひとつ「自分を認められない」を克服する対処方法についてご紹介していきます。次回のコラムもお楽しみに!

 

参考文献 

★目を見て話す事ができない心理を確認!
★目を見て話すだけでプラスの心理が働く!
★目を見て話すには3つの原因を解決しよう


目を見て話す事ができない問題と原因を確認しましょう。