>
>
>

「目を見て話す」ができない原因や対処法を心理の専門家が解説!

目を見て話す


「目を見て話す」を心理の専門家が解説!問題・原因・苦手意識の対処方法①

「目を見て話す」を専門家が解説

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。

当コラムは「目を見て話す」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

目を見て話せない心理

みなさんは、会話をする時、相手の目を見て話すようにしていますか?

「相手の目を見て話すと不安になる」
「どこを見ていいのか分からなくなる」
「相手の目を見て話すことが怖い」

など、相手の目を見ることに不安恐怖を感じる心理から、目を見て話すことを避けている人が多くいるようです。

“目は口ほどに物を言う”ということわざがあるように、目はあなたの気持ちを表現する大切なサインの1つです。日々のコミュニケーションをスムーズにしてくれる重要な要素ですから、効果的に使っていきたいですね。

このコラムでは、相手の目を見て話せないとお悩みの方、もっと本当の自分を伝えたい!という方向けに、正しい知識を全5回のコラムで解説していきたいと思います。

 

目を見て話せない問題点

目を見て話せない問題とは「目を見て話す」ということは、私たちのコミュニケーションおいて重要な役割を果たしています。そのため、目を見て話すことができないと

・言葉や気持ちが正しく伝わらない
・相手に自信のない印象を与えてしまう
・話を聞いていないと思われる

などの、マイナスの心理を相手に与えてしまいます。印象形成は、長期的な関係よりも短期的な人間関係において非常に重要です。

長期的な関係では、誠実さ真面目さが重要視されますが、短期的な関係では、じっくり判断してもらえる時間がありません。どうしても非言語的な要素で判断されてしまうのです。

そんな意味でも、接客業、販売職、就職活動、婚活などでは、目を見て話すことが、ある程度重要な要素となってきます。講師としては、「コミュニケーション能力は総合的なものなので、目を見て話せなくても、別の部分で補えば良い」と考えていますが、現実的に必要な方は、このコラムを読んでトレーニングしてみてください。

目を見て話せない3つの原因と解決策

目を見て話す事ができない原因それではここで、目を見て話すことができない原因と解決策について考えていきましょう。目を見て話せない原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

 

①自己肯定感を高める

自分を認められない
目を見て話せない一番の原因は自信のなさです。

自分を認められない

自分に自信が持てない

目を見て話すことができない

このような負の循環に陥っている可能性があります。

自己肯定感を高める習慣を
まずは、自分を認めることから始めていきましょう。すぐに変えることは難しいですが、いつか自分に自信を持って話せる日がくるようにに、自己肯定感を高める事が大切です。

当コラムでは、自己肯定感を高める3つのコツをご紹介します。自分に自信が持てない…自己肯定感が低い…と感じている方は、コラム②を確認してみてくださいね。

 

②過剰なこだわりを減らす

思い込みが強すぎる
目を見て話すことができない…という方は、以下の2つの考えを持っていることが非常に多いです。

・自分の視線で相手が不快な思いをしていないか不安
(加害性視線恐怖)

・相手に良い印象を持ってもらいたい
(過剰な公的自己意識)

この場合、目を見て話せないのは、相手の気持ちに対しての強い思い込みが原因になっています。

目を見て話すことを意識しすぎない
当コラムでは、こだわりを減らす方法として

・自分を客観的に見てみる
・相手にどう思われるかより、自分が相手をどう思うか考える

など、あなたの思い込みを変えるコツを具体的にご紹介します。また、目を見て話すことへのこだわりについても解説させていただきます。自分は目つきが悪いのではないか…人の気持ちばかり気にしてしまう…という方は、コラム③の解説と練習問題に取り組んでみてください。

 

③自然な目線を作る

不自然なアイコンタクトの癖
目を見て話せない人は、相手の目を見ることに関して、間違った癖を身に付けている可能性があります。そのため、会話の中で効果的であるはずのアイコンタクトが不自然になり、相手を不安な気持ちにさせてしまいます。

自然な目線を作る3つのコツ
自然で話しやすい目線を作るには、いくつかのコツがあります。繰り返しトレーニングすることで、上手にアイコンタクトができるようになります。相手をじっと見つめすぎてしまう…逆に、全く目を合わせることができない…という方は、コラム④を参考にしてくださいね。

 

目を見て話すことでプラスの心理へ!

目を見て話す事はプラスの効果目を見て話すことができない原因には「自分を認められない」「思い込みが強すぎる」「不自然なアイコンタクトの癖」の3つが大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、目を見て話すことへの苦手意識を作っている3つの原因それぞれの対処法を解説していきます。内容は以下の通りです。

1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

コラム② 目を見て話すのが苦手!自分の心理と向き合って克服しよう
コラム③ 目を見て話すのが苦手!「2つの思い込み」を改善して克服を
コラム④ 目を見て話すのが苦手!自然な目線になる3つのコツで克服しよう

目を見て話すことができると、「自分に自信を持っている人」という心理を相手に与えるため、言葉の一つ一つに信頼感が生まれやすくなります。また、積極的に話に耳を傾ける印象を与えるため、相手から好感を持ってもらいやすくなるというプラスの要素が期待できます。

しかし、目を見て話すことを意識しすぎると、会話がうまくいかなくなります。まずは、あまり難しく考え過ぎず、気持ちをラクにして改善を目指しましょう!

次回は、目を見て話せない原因の1つ目「自分を認められない」の対処法をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります) 

★目を見て話すコツは、自己肯定感を持ち、思い込みを改善し、自然な目線で
人間関係講座



対処法で苦手意識を克服しよう