>
>
>

論理的思考を鍛える,トレーニング

論理的思考


論理的思考を鍛える3つの方法!①論理的思考入門

論理的思考を専門家が解説

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。当コラムは「論理的思考」をテーマに専門家が解説をしています。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

論理的思考と直感的思考の違い

いきなりですが皆さんに質問です。皆さんは何か物事を決める際に、「論理的」に考えているでしょうか? ?おそらくですが、私も含め、日常的に論理的な思考を使うというケースはほとんどないと思います。直感的にですが98%ぐらいは、なんとなく決めているのではないでしょうか?

ここで、なんとなく決めることは、「直感的思考」と言います。うまく説明ができないのだけど、脳の中で結論を出すのが直感です。例えば、皆さん、中華屋さんでチャーハンとラーメンどちらを食べるか迷ったことはありませんか?私はよく迷います笑

迷った挙句、結局はエイや!でどちらかを選択するわけです。なぜラーメンを選択したのか?なぜチャーハンを選択したのか?説明を求められてもうまくきなかったりします。おそらく頭の中ではニューロンやら前頭葉が活動して判断をしているのですが、実はほとんどの決断は言語化することが難しく、直感で決めていると言えます。

直感では他者を動かせない

さてさて・・・このように日常の判断はほとんど直感で事足ります。直感的思考はスピーディーなので効率がいいですね。しかし、直感的思考には実は大きな弱点があるのです。最大の弱点は「他者を動かすことができない」という点です。どういうことでしょうか?例えば、あなたが今の会社でどうしても通した企画があるとします。直感的には絶対成功する!!と信じています。

しかし、上司に「どうして成功すると思うんだ?」と言われたとして「私の直感です!」では大概の場合は企画は通りません。例え、その直感が正しいとしても、他者を動かす場合は、それを論理的思考に起こして、他人がわかるように説明する必要が出てくるのです。

1人で仕事をする分には論理不要

私川島の経験談ですが、私は当初1人で25歳の時にコミュニケーション講座をはじめました。なんのデータもありません。直感だけで、この事業を始めたのです。直感で、「僕がコミュニケーションで悩んだんだから、たくさんの人が悩んでいるはずだ!」こんないい加減な直感で起業しました。

最初は1人だったので、全然問題ありませんでした。しかし、仲間を増やすときは別問題です。求人を出すときは、ちゃんと自分の会社の将来性や目的をアピールしなくてはならないのです。1人で仕事をする分には直感でいけるのですが、仲間を増やすとなると、途端に論理力が必要になることを痛感しました。

論理は遅い⇔直感は早い

このように論理的思考は他者を動かす必要がある場合に必須となります。プロジェクトの企画を通す場合、投資をしてもらう場合、職場の解決策を提案する場合、こんな時に論理的思考が必要なのです。ただし、筋道を立てて論理的に説明をするのは実はすごく大変です。

というのも言語という機能そのものに限界があり、言葉の意味というのはそれぞれ解釈が変わるので、100%相互理解できるなんてありえないからです(下図参照)。そのためいくら丁寧に論理的に話そうとしたとしても実は大概の場合は限界があります。完璧な論理の組み立てというよりも、直感を補完する意味での論理とというぐらいの位置づけで大概の場合はOkだと言えるでしょう。

*「仕事のできる人の話し方」著者 工藤アリサ 2007を一部改変して掲載

論理的思考とこれから

このように論理的思考は日常生活ではわりとどうでもいい!?(すいません言いすぎですね)のですが、ビジネスの世界では論理的思考やロジカルシンキングの必要性がますます高まっています。情報化の現代では、職場環境は極めて流動的で多くの会社では、効率的にコミュニケーションをとり、チームとしてのプロジェクトをすばやく進める力が必須になっています。

直感だけではチームを構成することはできません。「モレなく・深く・効率的に情報を整理し、相手にわりやすく伝える」論理的思考が欠かせなくなっているのです。

論理的思考診断

ここで現役弁護士も作成に関わった「論理的思考診断」をしてみましょう!以下の項目から最も当てはまるものを一つ選んでください。回答が終わったらすべての項目の得点を合計してくださいね。

全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
因果関係を明確にして話す
2.
複雑な問題について順序立てて考える
3.
結論に対して適確な理由を挙げる
4.
できるだけ多くの事実や証拠を調べる
5.
メリットデメリットを比較して結論を出す
6.
感情で決めつけないようにする
7.
相手の理解度を考えて言葉を選択する
8.
納得できるような説明をする
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
診断についての注意

論理的思考診断について

注意事項
・当論理的思考尺度は弁護士・社会心理学の大学院を卒業した者の監修の元作成しました
・当論理的思考尺度は、段階では予備調査の段階となります
・あくまで参考程度にご使用ください

以下は論理的思考尺度についての、作成手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

 

論理的思考診断

現代社会では、主にスマフォーとフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。

そこで弊社では、コミュニケーションの問題につながりやすい種々の感情やスキルに焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、一般の方に興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

論理的思考尺度作成の条件

尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・断定はしない あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を明示する

 

尺度作成手順

① 尺度抽出について
論理的思考に近接する2つの論文と、弁護士,社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。

 

参考文献

看護学生の批判的思考態度に関する研究
─ 看護学生および看護教育機関における特徴 ─
三 國 裕 子  一 戸 とも子
日本看護研究学会雑誌 Vol. 35?No. 1? 2012

コ ーネル 批 判 的思 考 テ ス ト
Cornell Critical.lhinkingTest ; ENN [S ot aZ l985

 

その結果、以下の項目が抽出された。

 

全体的な話のなかで,今自分が話している内容が
どのような位置づけにあるのかを自覚している
(例えば,結論なのか,理由なのか,比喩なのか,
具体例なのか,反対意見の紹介なのか,反対意見への批判なのか)
結論をくだす場合には,確たる証拠の有無にこだわる
注意深く物事を調べることができる
複雑な問題について順序立てて考えることが得意だ
判断をくだす際は,できるだけ多くの事実や証拠を調べる
道筋を考えて物事を考える
誰もが納得できるような説明をすることができる
考えをまとめることが得意だ
演繹的推論ができる
仮説の同定ができる
観察の妥当性を判断することができる
感情で評価をしない
相手の理解度やバックグラウンドにあわせて
適切な説明方法(表現や具体例)を選択することができる
物事の選択についてはメリットとデメリットを漏れなく挙げることができ,
これらを比較してよりよい結論を選択することができる
まず結論を述べ,その結論に対して適確な理由を挙げることができる
接続詞(順接,逆接)を適切に用いることができる
主語,述語,目的語を明確にして話すことができる

 

② KJ法によりグルーピングを行い
  4グループにまとめ、ラベリングを行った

・文法力
接続詞(順接,逆接)を適切に用いることができる
主語,述語,目的語を明確にして話すことができる
全体的な話のなかで,今自分が話している内容が
どのような位置づけにあるのかを自覚している
演繹的推論ができる
帰納法的推論ができる
複雑な問題について順序立てて考えることが得意だ

・根拠の収集・提示
結論を述べ,その結論に対して適確な理由を挙げることができる
結論をくだす場合には,確たる証拠の有無にこだわる
注意深く物事を調べることができる
判断をくだす際は,できるだけ多くの事実や証拠を調べる

・妥当性の検証
物事の選択についてメリットとデメリットを漏れなく挙げる
メリットデメリットを比較してよりよい結論を選択する
感情で評価をしない
道筋を考えて物事を考える

・相手への配慮
相手の理解度にあわせて適切な説明方法(表現や具体例)を選択する
誰もが納得できるような説明をすることができる

 

③ WEB対応簡易型論理的思考尺度とするため
  4グループ質問項目について、それぞれ2つを採用した
  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
   採用するが今回は川島の判断で選択した

 

因果関係を明確にして話す
複雑な問題について順序立てて考える
結論に対して適確な理由を挙げる
できるだけ多くの事実や証拠を調べる
メリットデメリットを比較して結論を出す
感情で決めつけないようにする
相手の理解度を考えて言葉を選択する
納得できるような説明をする

 

④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず
  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した

  ・5件法
  ・34~40
  ・25~33
  ・19~24
  ・8~18
  
の4段階とする。優劣はないため、結果については長所と注意点の2方面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己決定できるように記述を行う。

 

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

  →読み物としてのつまらなくならないように
   ラベリングはキャッチーに作成した

 

診断結果
・論理的思考 かなり高い 34~40
*長所
論理的思考がかなり高いと言えます。主観にとらわれず客観的な視点から分析し、推論をしたり、強い根拠を提示することができます。会議の席などでは発言が通りやすく、説明がうまいと言われることも多いでしょう。感情に流されず、冷静に根拠を積み重ねて考える力があります。弁護士や学者、分析官、理系的仕事についている方も多いかもしれません。

 

*注意点
論理的思考が高い方は、意味のない会話が苦手な傾向があります。コミュニケーションは大きく分けて、情報のやり取りと、人間関係を構築する目的の2つがあります。後者の目的の場合は論理的思考をお休みして情動的なやりとりをぜひ大事にしてみてください。

 

・論理的思考 やや高い 25~33

*長所
論理的思考がやや高いと言えます。主観にとらわれず客観的な視点から分析することができます。推論をしたり、根拠を提示して、他者が理解できるように説明することができます。会議の席などでも発言が通りやすく、常識的な範囲内で説明することができるでしょう。資料をまとめ整理して発表するなど、卒なくこなすことができます。

 

*注意点
論理的思考はやや高い傾向にありますが、まだ伸びシロがあるレベルと言えます。接客業など論理的思考がそこまで重視されない場合は問題ないですが、もし管理職や理系的な仕事をする立場ならスキルUPすることをお勧めします。入門として下記コラムを読んでみましょう。

 

・論理的思考 やや低い 19~24
*長所
論理的思考がやや低いと言えます。論理的に考えるよりも直感的に考えるため、対人関係のお仕事や芸術性や創造性の面で才能を発揮する方もいるでしょう。また相手を理詰めで追い詰めることも少ないと言えます。「教えたがり」からかわいがられるかもしれません。

 

*注意点
接客業など論理的思考がそこまで重視されない場合は問題ないですが、もし管理職や理系的な仕事をする立場ならスキルUPすることをお勧めします。入門として下記コラムを読んでみましょう。

 

・論理的思考 低い 8~20
*長所
論理的思考がやや低い状態です。論理的に考えるよりも直感的に考えるため、対人関係のお仕事や芸術性や創造性の面で才能を発揮する方が多いでしょう。また相手を理詰めで追い詰めることも少ないと言えます。人間味があり、教えたがりからは、かわいがられるかもしれません。

 

*注意点
接客業やイラストレータなど論理的思考がそこまで重視されない場合は問題ないですが、もし管理職や理系的な仕事をする立場ならスキルUPすることをお勧めします。入門として下記コラムを読んでみましょう。

 

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

 

 

高い(MAX 40)

低い(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

高い(MAX 40)

低い(MIN 8)

あなたのライン

あなたが所属する群

  • 総合

    データなし
  • 男性

    データなし
  • 女性

    データなし

*長所
論理的思考がかなり高いと言えます。主観にとらわれず客観的な視点から分析し、推論をしたり、強い根拠を提示することができます。会議の席などでは発言が通りやすく、説明がうまいと言われることも多いでしょう。感情に流されず、冷静に根拠を積み重ねて考える力があります。弁護士や学者、分析官、理系的仕事についている方も多いかもしれません。

*注意点
論理的思考が高い方は、意味のない会話が苦手な傾向があります。コミュニケーションは大きく分けて、情報のやり取りと、人間関係を構築する目的の2つがあります。後者の目的の場合は論理的思考をお休みして情動的なやりとりをぜひ大事にしてみてください。

*長所
論理的思考がやや高いと言えます。主観にとらわれず客観的な視点から分析することができます。推論をしたり、根拠を提示して、他者が理解できるように説明することができます。会議の席などでも発言が通りやすく、常識的な範囲内で説明することができるでしょう。資料をまとめ整理して発表するなど、ソツなくこなすことができます。

*注意点
論理的思考はやや高い傾向にありますが、まだ伸びシロがあるレベルと言えます。接客業など論理的思考がそこまで重視されない場合は問題ないですが、もし管理職や理系的な仕事をする立場ならスキルUPすることをお勧めします。入門として下記コラムを読んでみましょう。

*長所

論理的思考がやや低いと言えます。論理的に考えるよりも直感的に考えるため、対人関係のお仕事や芸術性や創造性の面で才能を発揮する方もいるでしょう。また相手を理詰めで追い詰めることも少ないと言えます。「教えたがり」からかわいがられるかもしれません。

*注意点
接客業など論理的思考がそこまで重視されない場合は問題ないですが、もし管理職や理系的な仕事をする立場ならスキルUPすることをお勧めします。入門として下記コラムを読んでみましょう。

*長所
論理的思考がやや低い状態です。論理的に考えるよりも直感的に考えるため、対人関係のお仕事や芸術性や創造性の面で才能を発揮する方が多いでしょう。また相手を理詰めで追い詰めることも少ないと言えます。人間味があり、教えたがりからは、かわいがられるかもしれません。

*注意点
接客業やイラストレータなど論理的思考がそこまで重視されない場合は問題ないですが、もし管理職や理系的な仕事をする立場ならスキルUPすることをお勧めします。入門として下記コラムを読んでみましょう。

 

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

3つのトレーニングで鍛える

論理的思考を鍛える3つの方法

ここからは具体的な論理力を鍛えるトレーニング方法をお伝えします。論理的思考はトレーニングすることで身に付ける事ができます。解決策を知ることで苦手意識を克服していきましょう。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

1:論理的思考の基礎=結論+根拠

結論と根拠がない
会議での発表や上司への報告の時「何をいっているかわからない」「もう一度説明をして」など言われた事はありませんか。話の内容に「結論」と「根拠」が無いことが原因かもしれません。

論理的思考には「結論+根拠」が欠かせません。仕事の場面では、論点に対して事実に基づく「根拠」とそこから導きだされた「結論」を伝えることはもちろん、状況に応じた伝え方をする事も大切です。しかし、整理ができていないと、モレや曖昧な発言になってしまい、相手に伝わらない状況を作ってしまいます。

論理的構造を理解する
まずは論理的構造を知ることが解決策になります。当コラムでは、論理的構造を作る要素と仕事の場面で使いやすい「結果先行型」の構成を練習問題を交えながらご紹介します。話に結論と根拠を付ける癖をつけたい…という方は、コラム②をご確認ください。

2:ロジックツリーを活用する

余計なこともはなしてしまう
話に広がりが出てくると、「結論」や「根拠」とつながりの無いことを口にしてしまい、話が迷子になってしまう事あります。話を組み立てる時にゴールを意識して整理できていないことが原因です。

「結論」や「論点」と関わりの無いことを必要以上に伝える事は、伝えたい事がぼやけてしまい相手に伝わりません。また、仕事の場面ではより手短にまとめられている方が印象よく相手に伝わりますから、モレなく情報をピックアップし分かりやすく伝える事が大切です。

ロジックツリーで整理
伝えたい要素を分かりやすく整理する方法として「ロジックツリー」をご紹介します。この方法は、要素をツリー状に整理する事で、思考を網羅的に捉える事ができます。また、重要な点・不要な点も明確になるためモレなくスリムにまとめる事ができます。

当コラムでは、作り方のポイントを練習問題を交えながらご紹介します。話があっちに行ったり、こっちにいたりしてしいまう…という方は、コラム③をご確認ください。

3: 根拠を強める資料準備

根拠の質が悪い
話の内容がモレなく論理的に組立てられていても、説得力のある根拠を用意できないと、上司や仲間、クライアントから納得を得ることができません。曖昧な情報では信頼も薄れてしまい、周囲から評価が下がってしまう可能性もあります。

ツボを抑えた準備を
論理は「結論+根拠」です。結論に至るための根拠は精度の高い物を用意することが大切です。当コラムでは、根拠を強めるための「資料準備のコツ」を具体的にご紹介します。プレゼンで説得力を出したい…と感じている方はコラム④をご確認ください。

論理的思考を鍛える

論理的思考を身に付ける方法

論理的思考は、仕事の場面では非常に重要なスキルとなっており、あなたの本来持っている能力を周囲にアピールする上で大変有効です。

論理的思考を身に付けることで、「営業がうまくいかない」「企画がとおらない」といった不都合を解決することが出来ます。原因をしっかり理解し、これからご紹介する適切なトレーニングを行う事で、論理的思考を身に付けていきましょう。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、論理的思考になるための1つ目の方法「論理的思考を理解するをご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★仕事を上手に進めるためには 論理的思考は必須スキル
社会人講座

仕事のできる人の話し方 (講談社+α新書) 新書 – 2007/3/21 工藤 アリサ (著)



トレーニング方法