>
>
>
楽しい人生・楽しく生きるコツを詳しく解説

楽しい人生・楽しく生きるコツを精神保健福祉士が詳しく解説①

はじめまして!臨床心理士の兵働、精神保健福祉士の川島です。私たちは現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

本コラムでは「楽しい人生」についてお話していきます。目次は以下の通りです。

  • 楽しい人生の研究
  • ポジティブな感情
  • 没頭することの大切さ
  • 良好な人間関係の構築
  • 人生に意味を見いだす
  • 人間の欲求と達成感

それでは早速、楽しい人生に関して心理学的な見地から解説させて頂きます。

楽しい人生の心理学研究

ポジティブ心理学

楽しい人生と解説する際に、どの心理学の理論に基づいて解説するか非常に悩ましいところです。今回は「ポジティブ心理学」をベースに解説していきたいと思います。

ポジティブ心理学の提唱者であるSeligmanは、1996年にアメリカ心理学会の会長に就任し、「ポジティブ心理学」という分野を立ち上げました。

ポジティブ心理学の目的は、心理学の関心を,人生最悪なことの修復にのみ向けられている状態から,ポジティブな特質にも向けてゆく変化をもたらす触媒となることとしています。(Seligman & Csikszentmlhalyi,2000)

それまでの心理学は、不安や恐怖などのネガティブな感情への研究がほとんどでした。しかし、それだけでなく、人間のポジティブ面に注目して調査しようとするのがポジティブ心理学の基本的な考え方になります。

楽しい人生と5つの指標

セリグマンは楽しい人生を送るためには、以下の5つの指標を満たす必要があるとしています。

 ①「ポジティブな感情(positive emotion)」
 ②「没頭できるものがあること(engagement)」
 ③「前向きな人間関係(positive relationship)」
 ④「人生に意味を見出すこと(meaning)」
 ⑤「達成感(achievement)」

皆さんはどうでしょうか?もし今日々の生活が楽しくない場合は参考になるかもしれませんね。それでは、この5つの要素をどうすれば満たせるのか詳しく解説していきます。

①ポジティブな感情

ポジティブな感情を持つを上で大切なのが、いかにマイナス面な出来事からプラス面を見いだすかです。実は物事というのは表裏一体でネガティブな面もあれば、その裏側にポジティブな面が隠れていることが多いのです。

リフレーミングとは

そこで、活用できるのが「リフレーミング」という技術です。その名の通り、物事のフレームを捉えなおす方法です。物事の枠組みを変えることで、印象や考え方を変えることができます。楽しい人生に欠かせない方法でしょう。この方法は近年うつ病の治療や自己啓発などで幅広く活用されています(ホール, ボーデンハマー,2009)。

リフレーミングには以下の8つの方法があります。

①平気な人の思考は?
②証拠はある?
③最悪の状況よりはマシ!
④もしかしたら成長の種
⑤他人だったらどう励ます?
⑥性格リフレーミング
⑦辛い状況を受け入れる
⑧ユーモアリフレーミング

楽しい人生

性格リフレーミング

コラム2でリフレーミングについて詳しく解説をしますが、まずは1例を挙げてみます。人生は自分の性格とうまく付き合っていく必要があります。性格は自分の根幹をなすものであり、しっかり肯定していく必要があります。

性格のリフレーミングは「悪い性格は、別の視点で見れば良い性格なのでは?」と考える方法です。マイナス思考になりやすい方は、自分の性格にダメ出しをしやすいのに対して、ポジティブに考える人は自分の性格を、前向きにとらえていきます。

例えば、「手際が悪い⇒落ち着いて仕事をこなす」といった具合に、マイナスな性格をプラスに変換していきます。その他、

「コミュ症」→「聞き上手」
「おくびょう」→「ミスを回避できる」
「ネガティブ」→「現実的に考えられる」

このように長所として捉えなおしていくのです。これは一例ですが、リフレーミング手法はポジティブな人生のために大事だと言えます。

もっとリフレーミングについて知りたい!という方は下記をご覧ください。
・ひどい状況よりはマシ!リフレーム
・何が得られたかリフレーム
楽しい人生には「ポジティブな感情」が必須!②

②楽しい人生と没頭

楽しい人生を送るためには、没頭して取り組める物事を探すことが大切です。皆さんは時間を忘れて取り組んだ趣味や仕事はありませんか?スポーツ、旅行、友人との会話など何か1つは思い当るはずです。

フロー状態とは

こうした時間や自分を忘れて没頭している状態を心理学では「フロー」と言います。この状態に入るとモチベーションや集中力が高まり最大のパフォーマンスを発揮することができます。

ミハイ・チクセントミハイの著書「フロー体験 喜びの現象学」(1996)によると、フローに入るための条件が9つ述べられています。

スキルと難易度が適切

自分のスキルに合わせた目標はフロー状態になりやすいと考えられています。下図のように難易度とスキルがとも「高い」ときは、適度なプレッシャーを感じつつ、自分の能力を全開まで発揮することができます。一方で難易度が高すぎると無気力になり、スキルが高すぎると退屈になってしまいます。

楽しい人生

その他8つの条件は、コラム③では解説しています。

没頭と楽しい人生の関係をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・フロー状態の9つの条件
・選択と集中とは
・即座なフィードバックとは
楽しい人生を送るために必要な「フロー状態」とは③

③良好な人間関係

良好な人間関係が楽しい人生にかかせないことは感覚的にわかりやすいと思います。それでは、心理学的な見地では、どれだけの影響が認められているのでしょうか。

友人はやっぱり大事!

平成25年に実施された内閣府の「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(内閣府)」の中では「友人の数」が「自分の将来への希望」にどこまで影響しているかが報告されています。

楽しい人生を送る

仲のいい友人が多いほど、自分の将来に希望があると回答した人が多いことが把握できます。また、この調査では仲の良い友人数が多い人ほど

・自分に誇り持っている
(明るさ・やさしさ・決断力・忍耐力)
・自分の将来について希望を持っている

と報告されています。仲のいい友人の数が多い、人間的魅力を持ちやすく将来への希望も持ちやすい事がわかりました。また具体的に「出世している」「お金持ちになっている」という将来像を描くことができることもわかっています。

良好な人間関係についてさらに詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
・動画で友人と希望を解説
・ソーシャルサポート
楽しい人生の要「良好な人間関係」を構築しよう!④

④楽しい人生には「意味」が必要

自分の人生に意味を見いだすことで、自分のやるべきことが明確になり人生が楽しくなります。心理学では「アイデンティティ」という言葉を使って説明しています。提唱したのはE.H.エリクソンという心理学者です。

アイデンティティとは何か

エリクソンの定義によると、「内的な不変性と連続性を維持する各個人の能力が他者に対する自己の意味の不変性と連続性に合致する経験から生まれた自信」としています。

わけがわからないですよね(^^;
もう少し加味くだいて説明すると

・私は他の誰でもないたった1人の自分
・将来やりたいことがはっきりとしている
・今までの私もこれからの私もずっと私
・本当の私のイメージが自他ともに一致

という感覚を意味します。アイデンティティが確立されていると、「これをやっても意味がないんじゃないか・・・」という無意味感が和らぎ、楽しい人生を送ることができます。

人生の意味について詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
・アイディンティティを見つける
・意味が見つかると充実感UP
楽しい人生を送る方法「人生に意味を見いだす」⑤

⑤焦りは禁物!達成感には土台が必要

コラムが長くなってきたので復習しましょう。セリグマンは楽しい人生を送るためには、以下の5つの指標を満たす必要があるとしています。

 ①「ポジティブな感情(positive emotion)」
 ②「没頭できるものがあること(engagement)」
 ③「前向きな人間関係(positive relationship)」
 ④「人生に意味を見出すこと(meaning)」
 ⑤「達成感(achievement)」

当コーナーでは⑤について考えていきます。ポジティブ心理学によると、楽しい人生のためには達成感が必要ですが、もし今達成感がない生活をしていると感じていたとしたら、生理的欲求や安全欲求を満たしていくことからはじめるといいかもしれません。ここでアメリカの心理学者マズローの欲求階層説を解説しています。

自己実現欲求とは

マズローの欲求階層説とは、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求が表れるとされる有名な理論です。図を見ると、達成欲求にたどり着くまで、いくつか満たしていく欲求があることがわかります。

マズローの欲求階層説の図

1つ1つの欲求を満たしていこう

達成感は高次の欲求になります。楽しい人生には必要な感情ですが、焦りは禁物です。達成感の土台には、生理的欲求を満たし、安全を確保し、社会的に認められる状況が大事になります。

いきなりすべての欲求を満たすのは難しいものです。まずは、生理的欲求を満たせるように、仕事の土台を固める、安定してきたら、身の安全を守る環境を作る…というように少しずつステップアップしていきましょう。

そうして最後は自己実現にたどり着き、充実した楽しい人生を過ごせるといいですね!

達成感と楽しい人生についてさらに詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
・5段階欲求のピラミッド
・1~3階層の欲求とは
「達成感」は土台作りから!⑥

人生の意味とは何か

楽しい人生を送るための5つの要素を満たせてましたでしょうか。目標を持っていなかったり、ハードルが高すぎる目標を持つと自信がなくなり人生が味気ないものになってしまいます。

しかし、ポジティブな感情を持つためのリフレーミングや、フローに入るための方法、良好な人間関係の構築などを行っていけば、やる気や集中が上がり楽しい人生へと変わってきます。ぜひ実践できるところから日常生活に取り入れていきましょう。

次回は、楽しい人生を送るため方法「リフレーミング」について解説していきます。

★楽しい人生は5つの要素で決まる!足りないものを補おう

人間関係講座

目次

①楽しい人生・楽しく生きる-概観 
②「ポジティブな感情」が必須!
③人生を充実させる「フロー状態」とは
④「良好な人間関係」を構築しよう!
⑤「人生に意味を見いだす」
⑥楽しい人生には「達成感」がある!

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・ミハイ・チクセントミハイ著,今村浩明訳:フロー体験 喜びの現象学,新思索社,2000
・中学生におけるソーシャルサポートと自他への肯定感に関する研究 細田 絢,田嶌 誠一 2009 年 57 巻 3 号 p. 309-323
・平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査 生活環境と個性が友人数に与える影響(内閣府))