ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
人間関係 >
人間関係リセット症候群の心理,癖

日付:

人間関係リセット症候群の心理,癖

皆さんこんにちは。人間関係講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回のお悩み相談は「人間関係リセット症候群への対策」です。

人間関係リセット症候群

相談者
32歳 男性

お悩みの内容
私は今友達がいません。というのも、人間関係で何か嫌なことがあると、すぐに縁を切ってしまうからです。「やっていけない!」「もう2度と会わない!」と言って、すぐに絶縁してしまいます。

気が付くと、友人や恋人がいない状況になってしまい、強い孤独感があります。ネットで検索すると、私は人間関係リセット症候群にあてはまると感じました。詳しく教えてください。

人間関係をリセットしてしまう癖で寂しい思いをされているのですね。当コラムでは、

なぜ人間関係をリセットしてしまうのか?
どうすれば暖かい関係を持続できるのか?

について、基本的な知識と対策を抑えることができると思います。ぜひ最後までご一読ください。

人間関係リセット症候群とは

語源

人間関係リセット症候群は、私が調査したところ、2014年にグーグルで検索され始めたワードです。心理学の世界ではまだ論文が1本もなく、出典もないため、一般の方がワードを作成し、それがSNSで拡散して定着してきたものと思われます。

意味

人間関係リセット症候群は

これまで築いてきた人間関係を解消してしまうことを繰返し、人間関係を短期的に終わらせてしまう癖

として使われています。具体的には

電話帳の友人を大量に削除する
SNSの名前を頻繁に変える
人間関係が理由で転職を繰り返す
結婚と離婚を繰り返す

などが挙げられます。

 

デメリット

人間関係のリセット癖はどのような問題を引き起こすのでしょうか。

①表面的な関係で終わる
人間関係のリセットは、ある程度関係性が深くなってきたときに、起こりやすくなります。せっかく築き上げてきた信頼をゼロに戻してしまうため、深い人間関係に進みにくくなります。

②出会いを雑に扱う
人間関係リセット癖がある方は、目の前の人との関係が、いずれは終わると感じながら付き合うことになるため、雑な対応になりやすいと言えます。

③精神的に疲れる
出会いと別れを繰り返すたびに、そのたびに激しい悲しみ、焦燥感、倦怠感に襲われます。温かく安定した関係がないため、悩みを打ち明ける相手も少なく、孤独を感じやすくなります。

一部メリットも

一方で、人間関係のリセットはメリットをもたらすこともあります。特に病的な人間関係になっているときは有効です。具体的には、

・DVを受けている
・暴言を吐かれている
・いじめにあっている

このように自分にとって明らかに、マイナスの人間関係は断つことも必要です。

 

リセットはオススメできない

ただ、人間関係のリセットは原則としてはあまりお勧めできません。私たちは関係が深くなると、だんだんと嫌なところも見えてきますし、喧嘩もしやすくなります。

そのたびに、関係を終える癖をつけると、表面的な関係で人間関係がいつも終わってしまいます。深刻になると、離縁、離婚、転職、孤独な状況を繰返すことになります。

リセット癖があるかも…と感じる方は、少しずつでOKなので、改善する気持ちを持つようにしましょう。

人間関係リセット症候群の問題

原因と対策

人間関係のリセット癖は直接的な研究はないですが、心理学や精神医学の世界ではあてはまる原因があります。筆者の経験も加えると、以下の5つが考えられます。

①見捨てられ不安へが強い
②曖昧さ耐性がない
③感情のコントロールができない
④本音で話し合えない
⑤境界性パーソナリティ障害の可能性

それぞれの特徴について解決策も提案させて頂きます。あてはまると感じるものを組み合わせてご活用ください。

①見捨てられ不安がある

人間関係リセット症候群の方に典型的にみられるのは、見捨てられ不安です。見捨てられ不安とは、

仲良くなった人が、いつかは自分から離れてしまう、見捨てられるのではないかという不安

という意味があります。

井梅ら(2006)[1]は成人1041名を対象に青年の人間関係に関する心理尺度の作成の研究を行いました。その研究の過程で以下の図の結果が得られました。

人間関係リセットと見捨てられ不安

こちらは、一体希求、すなわち相手と深い関係になりたいと思うにも関わらず、親和不全、すなわち仲良くなっていない感覚を持ちやすいと解釈することができます。

たとえば、付き合って間もない大好きな異性から、デート後に送ったlineの返信が1日来なかったとしましょう。このような事態があると、

*一体希求
もっとやり取りしたい
もっと愛されたい
ずっと一緒にいたい

*親和不全
どうして返事がこないんだ…!
一人になってしまうかもしれない…
この人も私を裏切るのか…

という考えがぐるぐる回ります。そしてこんなに苦しむぐらいなら、いっそ縁を切った方が良いという気持ちになるのです。

あてはまるかもしれない…と感じる方は以下のコラムを参照ください。見捨てられ不安とうまく付き合う方法を解説しています。

見捨てられ不安を改善する方法

半見知り問題の要因見捨てられ不安

 

②曖昧さ耐性がない

人間関係のリセット癖がある方に共通しているのは、曖昧さ耐性の欠如です。曖昧さ耐性の欠如とは

中途半端な状況だと不安になる
白黒つかない状態がたえられない
好きか嫌いかわからないと混乱する

このような心理状態を意味します。友野(2018)[2]は学生300名を対象に曖昧さ耐性と精神的健康についての調査を行いました。その結果の一部が下図となります。

人間関係リセットと曖昧さ耐性

この図は、曖昧な状況が嫌な人は、曖昧な状況でもよしとしよう、曖昧な状況を楽しもう、とわりきるのが苦手で、別の目標に時間を使うことができない傾向があるといえます。

例えば、関係性がぼやっとしている友人がいたとします。この時、曖昧さ耐性がない方は

表面的な関係に意味はない
中途半端な人間関係は時間の無駄
価値感が違うのに一緒にいる意味はあるの

と四六時中考え、心理的に不安定になります。そして中途半端な関係のまま続けるのが嫌になり、縁を切ってスッキリしたくなってしまうのです。

恋愛など、タイムリミットがあるものでは時に、リセットが必要になるケースもありますが、一般的な人間関係ではある程度、曖昧な状況を楽しみながら、別のことに時間を割く余裕も必要になってきます。

曖昧さ耐性がない…と感じる方は以下のコラムを参照ください。詳しい対処法を解説しています。

曖昧さ耐性の無さを改善する方法

 

③感情のコントロールができない

感情のコントロールができない方も人間関係のリセットを繰返します。曖昧さ耐性がない方は、

もうあんたとは話さない!
SNSアドレス消去!
離婚だ離婚だ!

と冷静になることなく、感情の赴くままに、リセット宣言をしてしまいます。

一方で、リセット癖がない方は、以下のようにいったんおちついて考えることができます。

すぐに決断をしないようにしよう
冷静になるための時間を持とう
本当にリセットすべきなのか?

見捨てられ不安や、曖昧さ耐性の無さがあったとしても、感情のコントロールができれば、人間関係をリセットするという衝動を抑えることができます。

感情になりやすい…と感じる方は以下のコラムを参照ください。

感情コントロール,トレーニング

人間関係をリセットしまう原因

④本音で話し合えない

松永ら(2008)[3]は学生228名を対象に、青年の友人関係に関する調査を行いました。その結果の一部が下図となります。

人間関係リセットと本音

この図は本音で話すグループはうわべで話すグループよりも関係調整能力が高いことを示しています。(5%水準で優位差有)もう1つの結果も見てみましょう。

人間関係リセットと対人的信頼感

この図は本音で話すグループは、うわべで話すグループよりも相手を信頼しているという意味があります。(5%水準で有意に差がある)

ここからは、人間関係のリセット症候群がある方の中には、相手を信頼できないがゆえに、本音で話すことができず、自分から身を引いてしまう方がいると考えられます。

どうせ話しあっても無駄だ
主張したところで相手の意見はかわらない
相手が悪いのになんで私が折れなきゃいけないの

このような感覚がある方はリセット癖がつきやすいので注意が必要です。この点、リセット癖を改善するには、以下のような考え方も大事になってきます。

喧嘩をするほど仲が良い!だな~
冷静に話し合えば価値観は折り合うはずだ
相手の意見を尊重しつつ建設的に話し合おう

人間関係のぶつかり合いは、多くの場合、仲良くなってきたときに起こります。大事なことは、人間関係は、価値観がずれたり、喧嘩をしたときからが勝負だということです。

あてはまるかも…と感じる方は、アサーティブコミュニケーションの学習がおすすめです。アサーティブコミュニケーションを学ぶと自他尊重の精神が育ち、お互いの主張を認め合い、建設的に関係を築いていく力を高めることができます。

詳しくは以下のコラムを参照ください。

アサーティブコミュニケーションの基礎

 

⑤障害を抱えていることも

人間関係をリセットする癖がある方の中には、極端な人間関係になりやすい人格の方がいます。特に境界性パーソナリティ障害がある方は

人間関係の理想化とこけおろし
突然連絡を絶つなどの試し行為
白黒つけたがる傾向

などが典型的に見られます。小さな頃からリセットを繰返してきた場合は、念のため下記のコラムも参考にしてみてください。

境界性パーソナリティ障害とは何か


まとめ

今回は人間関係リセット症候群について、言葉の意味や特徴、原因と対処法について紹介してきました。いかがでしたか。

繰り返しになりますが、人間関係で行き違いが出てきた時は、仲良くなった証拠です。むしろ本当に仲が良くなるのはそこから…と考え、前向きに人間関係を再構築していきましょう。

皆さんが、末永く温かい人間関係を築かれることを願っています♪

 

人間関係をリセットしない

 

人間関係講座のお知らせ

人間関係を築く力を公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかりつけていきたい方は、私たちが開催している講座をオススメしています。講座では

・アサーティブコミュニケーション
・傾聴力をつける練習
・共感力トレーニング
・暖かい人間関係を築くコツ

など練習していきます。筆者も講師をしています。皆様の御来場を是非お待ちしています(^^) ↓詳しくは下記の看板をクリック♪↓

人間関係講座

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • レロニラ
    • 2022年1月12日 9:21 AM

    ふざけるな‼️じゃあ何か?
    リセットするのは悪の所業だと言いたいのか!
    コロナにも対応できない藪が偉そうに指図すんな‼️

    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科 修了

取材執筆活動など

  • NHKあさイチ出演
  • NHK天才テレビ君出演
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」


YouTube→
Twitter→
元専修大学教授 長田洋和

名前

長田洋和


経歴

  • 元専修大学人間科学部教授
  • 東京大学 博士 (保健学) 取得
  • 臨床心理士
  • 精神保健福祉士

取材執筆活動など

  • 知的能力障害. 精神科臨床評価マニュアル
  • うつ病と予防学的介入プログラム
  • 日本版CU特性スクリーニング尺度開発

臨床心理士 亀井幹子

名前

亀井幹子


経歴

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科 修了
  • 精神科クリニック勤務

取材執筆活動など

  • メディア・研究活動
  • NHK偉人達の健康診断出演
  • マインドフルネスと不眠症状の関連

・出典
[1]井梅由美子,平井洋子,青木紀久代,馬場禮子(2006).日本における青年期用対象関係尺度の開発– パーソナリティ研究 
 
 
[3]松永真由美,岩本澄子(2008).現代青年の友人関係に関する研究 久留米大学心理学研究 = Kurume University psychological research 7 77-86,03-31 久留米大学大学院心理学研究科