>
>
>
モラトリアムとは?期間・意味・特徴・過ごし方を心理学の専門家が解説

モラトリアム期間の意味とは?心理学の専門家が解説

はじめまして!臨床心理士の竹元、精神保健福祉士の川島です。私たちは現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「モラトリアム」についてお話していきます。目次は以下の通りです。

  • モラトリアムとは何か
  • 日々の充実感に影響
  • 対人不安に影響?
  • 人生にとって大切な時期
  • 診断とチェック
  • 脱却するための対処法

それでは早速、モラトリアムの基礎から解説させて頂きます。

モラトリアムとは何か

モラトリアムとは何か?

モラトリアムとはどのような状態を意味するのでしょうか。心理学辞典(1990)によると、

災害や恐慌などの非常時において、債務の支払を猶予すること、あるいはその猶予期間を意味する。Erikuson,E.H.はこの言葉を青年期の特質を示すために用い、青年期を心理社会的モラトリアムとよんだ。

と定義されています。

モラトリアムとは、元々経済学の用語でした。戦争等の緊急時に社会的な混乱を防ぐために法令として、債券の支払いを猶予する意味で用いられました。

その後、心理学の世界でモラトリアムで活用されるようになり、人間の発達を可能にする準備期間という意味で発展していきました。具体的には、

 ・やりたいことをじっくり探す
 ・社会的な立ち位置を模索する
 ・どう生きるべきかを模索する

これらの期間を意味します。人生の目的を決めることは簡単なことではありません。自分とじっくり向き合い、自問自答する時間が必要になるのです。モラトリアム期間はこのように、やりたいことが見つからない状態で、自分と向き合う期間として使われています。

モラトリアムは繰り返される

モラトリアムの対立概念は、アイデンティティ確立という言葉を使います。アイデンティティ確立とは、やりたいことが見つかり、エネルギッシュに活動している時期です。岡本(1995)はアイデンティティ形成のプロセスは、拡散と達成を繰り返すことを指摘しています。

モラトリアムをらせん式発達モデルを参考に解説

このようにアイデンティティ形成は、青年期の課題とされていますが、一生の課題でもあるとされています。そのためアイデンティティ確立の準備段階である「モラトリアム」の期間もそれに伴い、大人になっても経験することがあります。

具体的には、例えば「転職を考えているのだけれど、実際に転職活動するかどうか迷う・・」といったような時でしょう。そういう時は、これまで人生の中でやってきたこと、家族のこと・・など総合的に考えるのではないでしょうか。

モラトリアムの意味をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・アイデンティティを確立とは
・確立と拡散をくりかえす
・形骸化するモラトリアム
モラトリアムの意味や語源とは?②

モラトリアムの意味や期間について解説

心理学の研究

マイナス面

ここからは、モラトリアムに関する心理学研究をご紹介していきます。大野(1984)は「充実感」とEriksonのアイデンティティの関連を研究しました。モラトリアム期間を脱して、アイデンティティが確立できている達成グループは充実感が高く、「毎日を健康的に主体的に生きている」感覚を得やすいことがわかります。

逆にモラトリアム(アイデンティティ拡散型)グループは「毎日が楽しくない・・」「何となくむなしい・・」といった感覚になりやすくなります。

例えば、同じ仕事をしていても、「これが私のやるべき仕事だ!」と考えている場合と、「これは本当は私のやるべき仕事ではない」と感じている場合は、充実感に大きな違いが出てくるでしょう。いま生活に充実感がない場合は、モラトリアム期間の中にいる可能性が高いと言えます。

その他のマイナス面の研究としては、他者と親密になれないという研究もあります。モラトリアム期間は自分の価値観が定まっていないので、自己開示や自己主張が不安定で、人間関係に積極的になれないのかもしれません

モラトリアム期間 

プラス面

一方でモラトリアムには、熟考効果もあります。モラトリアム期間ではどう生きるかと自問自答を繰り返すことになります。やはりじっくり考えた分その後の人生をすっきり生きられることもあるかもしれません。

監修の精神保健福祉士川島は引きこもり経験がありました。卒業後、就職できず屋根裏部屋でずっと考え事をしていました。しかしそのおかげで人生取り組むべき仕事と出会うことができたと考えています。今ではひきもって良かったと思えるぐらいです。人生を長期的に見るとモラトリアム期間はとても重要な時期であったと考えています。

モラトリアムの心理学研究をより詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
・対人恐怖との関連
・自分を探しすぎる!?
・モラトリアムは大切な時期
モラトリアムの負の側面!対人不安UP!?③

診断とチェツク

モラトリアムについて簡易診断を作成しました。ご自身の状況を把握したい方は、コラム1を概観した後、一度診断してみることをお勧めします。
モラトリアム簡易診断とチェック④

モラトリアム脱却法

ここまでお読みいただいた方はお分かりの通りかもしれませんが、モラトリアムはしっかりとした過ごし方をすれば、さほど遠くないいつかには抜け出すことができます。そしてモラトリアムをしっかりと過ごした時間が土台となって、アイデンティティ形成へとつながっていきます。

モラトリアム期間の過ごし方・人生の責任を負う・他人事にしない
1つ目は、将来的に人生の責任を負うことを意識する点です。モラトリアムは、役割実験の時期として、色々なことにチャレンジができます。しかしその反面、1つのことに集中して何かに取り組むということが少ない期間です。

何か色々な事をやれるということはいいのですが、どこか責任を負うことなく「他人事」になりがちです。それを防ぐためにも、将来は自分の人生に対して責任を負うということを意識していただけるといいのではないかと思います。

他にも「期限を決める」「今を大切にする」などの方法があります。

モラトリアムをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・他人ごとにしない
・私たちは一生モラトリアム?
モラトリアム脱却法!今の自分を大切に⑤


ここで30秒だけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらの心理学教室のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

モラトリアムを抜け出そう

今回は、モラトリアムについて概観していきました。モラトリアムの時期は精神的にツライですが、同時に大切な時期でもあります。この時期を上手く活用できれば、意義深い人生を送れるようになります。

コラム②からは1つ1つ細かくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。次回は、モラトリアムの意味や定義についてご紹介します。お楽しみに!

★モラトリアムの全体像を把握しよう!

目次

①意味や特徴・診断してみよう
②モラトリアムの意味や語源とは
③心理学研究「対人不安UP」
④簡易診断とチェック
⑤モラトリアム脱却法!

コメント

1件のコメント

コメントを残す

    • NO NAME
    • 2019年6月15日 6:32 PM

    > 身近に今できることに取り組んでいくと~
    このあたり大変興味深かったです。ありがとうございます。

    0

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
Erikson(1950) childhood and society. New York: (仁科弥生(訳)1977,1980. 幼児期と社会 みすず書房
Erikson(1959) Identity and the Life Cycle. New York
中島 義明 子安 増生 繁桝 算男 箱田 裕司 安藤 清志 (1999)心理学辞典 有斐閣
Marcia.J.E(1966) Development and validation of ego-identity status. Journal of Peesonality & Social Psychology 3 551-558
岡本祐子(1994)成人期における自我同一性の発達過程とその要因に関する研究 風間書房
鑪 幹八郎‎・宮下 一博・大倉 得史・谷 冬彦(2014)アイデンティティ研究ハンドブック ナカニシヤ出版
大倉得史(2011)「語り合い」のアイデンティティ心理学 京都大学学術出版会
宮下一博・杉村和美(2008) 大学生の自己分析―いまだ見えぬアイデンティティに突然気づくために ナカニシヤ出版