>
>
>
責任感のある人VSない人!どっちがいいのか問題①

責任感のある人VSない人!どっちがいいのか問題①

こんにちは!精神保健福祉士の川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。

当コラムは「責任感」をテーマに解説をしています。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。せひお付き合いください。

責任感とは?

突然ですが皆さんは、日々責任感を感じて過ごしていますか?毎日プレッシャーに押しつぶされそうという人もいれば、責任感がなさすぎて周囲から怒られてしまうという人もいるでしょう。

責任とは、元をたどれば、ラテン語の「respondereレスポンデレ(答える、返答・応答する)」に由来しています。つまり、何かを起きた時にきちんと応答・対応する義務感のことを責任感と呼びます。

責任感の「長所と短所」

一般的には責任感が強い人は誠実な印象がありますが、あまりにも責任感が強すぎるとメンタルへルスに悪影響を及ぼすリスクがあります。そこで、今回は長所と短所を比較しながら、責任感について概観していきます。

長所①誠実と調和性高い

責任感 持つには

有光(2001)は、大学生292名を対象に、責任感と近い概念である罪悪感の性格特性をアンケート調査により明らかにしました。その結果、罪悪感は人の「誠実性」や「調和性」に関連していることがわかりました。

責任感をもつ

上図をご覧ください。罪悪感と誠実性、調和性がプラスの相関を示していることがわかります。罪悪感を感じる傾向にある人ほど誠実であり、積極的に周囲に協力しようとするのですね。責任感をゼロにしようと考えるよりも、プラスの使い道を考えることが大切です。

長所②関係性が深まる

責任感という言葉は、日常生活で頻繁に耳にします。「責任感がない」「あの人は責任感が強いから…」といったセリフを使ったことがある人も多いです。責任感と近い概念の1つに社会志向性があります。社会志向性とは、他者あるいは社会規範に則った生き方への志向性を意味します。

つまり、責任感がある、自分よりも他者を優先するといった考え方が社会志向性に含まれます。
姜・南(2015)は大学生494名を対象にして、社会志向性と友人関係の満足度の関連を調べました。その結果が以下の図です。

責任感がある

この研究では、友人関係の満足度を3要素に分けています。

意志疎通満足  ・・・言いたいことが伝わっている気持ち
相互的受容・理解・・・お互いに理解し合える気持ち
関係距離満足  ・・・人との距離感に満足する気持ち

図のように社会志向性は、それぞれの要素ともプラスの関連があることが分かります。つまり、責任感を持つと自分の言いたいことが伝わり、相互に理解し合えるようになり、人との関係性も良くなるのですね。

短所①抑うつへの影響 

責任感 ない

責任感は他人との協調や誠実さを高め、人間関係が深まるというメリットがありました。一見、悪いところなしに見えますが、前述した通りデメリットも存在します。

適度なプレッシャーは力になりますが、過度に自分を追い込んでしまうと、ストレスが増大しメンタルヘルスに悪影響が出てしまいます。日常生活の中でも責任感を抱くきっかけは多くあります。

・仕事でミスして迷惑をかける
・大事なテストに落ちる
・怪我や病気で助けを必要とする

責任感が強くなりすぎても仕方がないと思える状況から、大げさに自分を責めなくても良いと思われる事柄まで様々だと思います。つまり、責任感を強くするには、個人の考え方が強く関係しているのです。自分が犯してしまったことを必要以上に重く捉え、自責の念を抱え続けてしまうと以下のような症状を引き起こすリスクがあります。

・強い抑うつ状態
・失敗体験を何度も思い出す
・同じ状況を避けようとする

(Browne, Evangeli, & Greenberg,  2012)。抑うつが続けば、精神面だけてまなく睡眠や食事などに身体的な健康にも悪影響が出る可能性があります。

短所②孤立につながる

自分の意志に関係なく何度もその状況が頭の中でループしている状態や、その状況を避けようとする回避行動は、社会的活動に困難をきたし、コミュニケーションに悪影響を及ぼすことが考えられます。

そこで責任感を強く感じてしまい抑うつなどの症状が高まると

自分は罰せられるべき人間だという認知が生まれる
 ↓
楽しむことが許されないと感じる
 ↓
趣味や余暇などの活動が消極化
 ↓
孤立につながる
( O’Connor, Berry, Weiss, & Gilbert, 2002; Lalos, Lalos, Jacobsson, & Schoultz, 1986).

などのリスクがあります。実際に責任感に苛まれて自分を責めるときには、例え楽しい状況でも心から楽しむことができないのは想像できると思います。そして、その状態が長期化すると社会活動への参加を困難にし、メンタルヘルスの悪化がにつながるとされています。

長所と短所まとめ

上記の特徴をまとめると、以下の図のようになります。責任感のある人は、他人との協調できるいっぽうで、抑うつのリスクや孤立する可能性が高まります。

責任感 持つ方法

日本は特に責任感を重視する国民性があるため、「もっと責任感を持たなきゃ」「責任感が足りない!」という言葉を耳にする機会が多いです。しかし、現実問題として精神的なデメリットも存在することを抑えておく必要があります。

罪の心理をなくすことが出来ない人の特徴

責任感のバランスを取ろう!

上記の通り、責任感がある人もない人もプラス面があり、同時にマイナス面も存在します。そこで、当コラムでは責任感を「軽くする方法」と「高める方法」の2つの対処法を用意しました。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①責任感を軽くする方法

・自責の念を強みにする
受け入れがたい不快な状況や責任感にさいなまれたときに、不安を和らげようとする無意識の心理的なメカニズムを心理学では防衛機制と言います。防衛機制にはたくさんの種類がありますが、その一つに「昇華」があります。昇華とは、マイナスな気持ちを逆に強みにして、社会的に認められるような自己実現の活力に変えることを意味しています。

例えば、
・失恋で落ち込む
⇒昇華! それをバネに魅力を磨く

・昔イジメられた・・・
⇒昇華! その経験を活かして支援活動

・昔運動しなかったことを後悔
⇒ジムに通い始めて運動の楽しさを知る

このように昇華をしていくと良いでしょう。

・複数の原因を考える
「すべて自分が悪い」という気持ちを持っている場合は注意が必要です。100%は存在しないので、何%かは自分以外にも原因があります。この「行動の結果について原因をどこに置くか」という心理過程を原因帰属と呼びます。

原因帰属は、心理学者ハイダーが研究したのが起源で、現在は「帰属理論」として確立され認知心理学の方法論や理論の研究として進められています。

原因帰属には次の2つの種類があります。

1:内的帰属
性格やスキルなど自分の内部に原因を求める

2:外的帰属
環境や運など、自分の外部に原因を求める

例えば、
大学受験に落ちた場合

内的帰属の場合
「試験に向けた自分の努力不足」
外的帰属の場合
「試験の問題が難しいかったから」

責任感に駆られている人は自分にだけ原因帰属を置いているため、1つの帰属しか持っていません。いっぽうで、「自分の努力も足りなかったから、相手の態度も悪かったよなぁ。運の問題もある」など原因帰属を多く持っていると、責任感も治まります。

責任感を軽くする方法について詳しく知りたい方は下記ご覧ください。
・自責の念を和らげる方法2つ
・帰属を増やす3つのステップ
責任感を軽くする3つの方法②

②責任感を高める方法

・主体性が責任感を高める
「7つの習慣」で世界的に有名な経営コンサルタントのスティーブン・R・コヴィー博士は、「主体性とは人間として自分の人生に対して自ら選択し、自ら責任をとるということ」と定義しています。

人は誰でも自由に振舞うことができます。これは、何か努力してできるようになるものではなく、すべての人に生まれつき備わっている能力です。

どんなことを言われても、身の回りに何が起きても、自分の意思で判断・行動することができます。この力の正体が「主体性」なのです。主体性を意識すれば、何事においても自分視点で見れるようになるため、責任感も高まっていきます。

・自分が社長だったら・・・
上司の立場だったら自分に何をしてほしいか、もっと言うと、社長の立場だったら自分にどう動いてほしいかを考えてアクションを起こすことが大切です。つまり、誰かを基準に右へならえをするよりも、自分の頭で考えて行動した方が責任感は高まります。

責任感を高める方法について詳しく知りたい方は下記ご覧ください。
・言われたことだけをやるはNG
・3つのステップで主体性UP
・責任感を高めるトレーニング
責任感を高める方法「自分事として考える」③

上記のように、責任感はメリットデメリットの両方があります。プレッシャーを感じすぎてしまう人は責任感を軽くし、気のゆるみが原因でミスしてしまう人を高める方法を参考にしてみてください。

★責任感のベストバランスを保っていこう!

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

1件のコメント

コメントを残す

    • グラス
    • 2019年5月23日 10:22 AM

    責任感=すべて自分が悪いと思って自責の念に駆られていました。
    外的帰属も考えて物事の原因は1つだけではなく複数の原因を考えてみようと思いました。
    このコラムを読む前は、何かあると100%自分が悪いと思い込んでいました。
    このコラムを読んで、100%は存在しない何%かは自分以外にも原因があることを知り少し気持ちが軽くなりました。

    0

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

参考文献・出典
・有光(2001)罪悪感, 羞恥心と性格特性の関係 性格心理学研究 9(2), 71-86, 2001 日本パーソナリティ心理学会
・姜信善・南朱里(2015) 個人志向性・社会志向性が友人関係満足に及ぼす影響についての検討 兵庫教育大学人間発達科学部紀要
・O’Connor, L. E., Berry, J. W., Weiss, J., & Gilbert, P. (2002). Guilt, fear, submission, and empathy in depression. Journal of affective disorders71(1), 19-27.
・Browne, Evangeli, & Greenberg,  2012