>
>
>

相手の気持ちが分からない!原因と対処法を心理のプロが解説

相手の気持ち


相手の気持ちがわからない原因と対処法-心理の専門家が解説①

相手の気持ちを専門家が解説

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。当コラムは「相手の気持ち」をテーマに専門家が解説をしています。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

相手の気持ちを大事にする文化

相手の気持ちがわからない人が多い

日本では「相手の気持ち」を大事にする国民性を持っています。言葉や文字で確認できない曖昧な部分から、相手の気持ちを判断する文化を形成してきました。曖昧な文脈から相手の意図を読み取ることができると「気遣いができるね」と褒められることもあります。

・空気を読む

・気遣い

・思いやり

・おもてなし

日本語には相手の気持ちを大事にする言葉であふれています。国際的に見ても、日本が相手の気持ちを大切にすることを重要視する傾向があるようです。例えば、総務庁青少年対策本部(2004年当時,現総務省)の調査によると、「親が子どもに望む性格特性」として、日本は・「思いやり」を1番に重視していると報告されています(図1)。

親が子供に望む性格特性

比較して、アメリカは「責任感」、韓国は「礼儀正しさ」を重視しており、“自分が属している集団の「和を保つこと“よりも、”自立した心“や、“道徳的な正しさ“、”マナー“を身に付けてほしいと考える親が多いと言えます(図2)。

思いやりをどれだけ重視しているかの数値比較表

「相手の気持ち」と仕事

人間関係の問題の多くは、「相手の気持ちがわからないこと」で発生しています。例えば仕事の場面では、自分とタイプが違う人や価値観が異なる人、曖昧な指示をする上司ともコミュニケーションを取らなければなりません。そのため、相手の気持ちがわからないと、
・仕事がスムーズに進まない
・飲み会の席で空気を悪くしてしまう
・クライアントを怒らせてしまった
・仕事のトラブルが続いてしまう
など、重大な問題を引き起こす原因にもなりかねません。

恋愛と相手の気持ち

そして、相手の気持ちがわからないことは、恋愛、結婚生活、友人関係でも多くの問題を生む可能性があります。例えば、モテる方は間違いなく相手の気持ちを理解する姿勢があります。自分の主張を押し付けるだけでなく、相手の気持ちを想像し、関係性を築いていくことができるので、長く健康的なコミュニケーションをすることになります。
相手の気持ちが分からない問題 逆に相手の気持ちを考えない方は、
・恋愛がうまくいかない
・友人たちと上手に関係が築けない
・夫婦仲が悪くなる
など、人間関係が悪くなってしまうことがあります。

相手の気持ちが分からない失敗例

自信を失う方が多い

実際に、私たちがカウンセリングをしていると、「相手の気持ちが汲み取れずコミュニケーションが難しい」と相談される方が多いです。中には、コミュニケーションが上手にできないことで自信をなくし、うつ病などの精神的な病気になることもあります。相手の気持ちがわからないと、仕事やプライベートでも不利な状況に追い込まれてしまいます。

相手の気持ちがわからない原因と解決策

相手の気持ちが分からない3つの原因

ここからは、相手の気持ちがわからない原因と解決策について考えていきましょう。相手の気持ちがわからない原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①本音と建て前を見抜く方法

建て前なのか判断する
人はコミュニケーションを取る時、言葉以外でも気持ちを表現しています。そのため、言葉だけで相手の気持ちを読み取ることは難しく、言葉や表情、会話の間などが表すニュアンスを汲み取る必要があります。例えば、「またお会いしましょう!」と別れ際で言われても、実際は連絡が取れなくなることがあるかもしれません。

相手の本音を知る
相手の言葉をそのまま受取ってしまう対処法として、人の本音が出やすい部分「表情」「声」をチェックすることが対処法となります。なぜなら人間は言葉はコントロールできますが、表情や声の抑揚はなかなかコントロールができないからです。相手の本音を判断できるようになりたい…と悩んでいる方は、コラム②の解説と練習問題に取り組んでみてください。

②自分が先に自己開示

相手に気持ちを伝えていない
自分の気持ちを相手に示さないと、相手が警戒してしまい心を開いてくれません。まずは、相手に自己開示することが、相手との距離を近づけていく上で大切です。

自己開示で相手の気持ちが出る
相手との距離を近づける自己開示のポイントは「自分が先に自己開示」です。積極的に自分の気持ちを伝えていくことで互いの気持ちの理解につながります。自己開示の方法やコツを知りたい…という方は、コラム③でご紹介するポイントと練習問題を確認してくださいね。

③心の読みすぎ(読心術)をやめる

相手の気持ちを考えすぎてしまう…
相手の気持ちを知りたい!という想いから、相手の気持ちを読みすぎている可能性があります。気持ちを読む事は、良い意味ももちろんあります。しかし、断片的な情報から相手の気持ちを悟る「心の読みすぎ(読心術)」は、相手との関係を悪化させる可能性もあるため正しい対処が必要です。

まずは確認行動をしよう
相手の気持ちは推測はできても、正しく読む事はそもそもできません。相手の気持ちを知るのは本人だけです。きちんと相手の気持ちを確認する事で関係を深めていくことが大切です。思い過ごしだった!という事がよくある…という方はコラム④をチェックしてみてください。

相手の気持ちを知る方法

相手の気持ちがわからない原因には、「相手の言葉をそのまま受取ってしまう」「相手に気持ちを伝えていない」「相手の気持ちを考えすぎてしまう」の3つが大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、相手の気持ちを理解する方法を考えていきます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

相手の気持ちが理解できるようになると、まずあなたの気持ちが楽になります。仕事でもプライベートでも、笑顔で人と接することが多くなり、良い人間関係を築いていけることでしょう。

次回は、相手の気持ちを理解する方法の1つ目「表情と声で本音を知る」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★相手の気持ちがわからない原因を知って、良い人間関係を築こう
人間関係講座

*出典・参考文献
・ADHD と自閉症の関連がわかる本 ダイアン・M・ケネディ著,田中康雄監修, 海輪由香子訳 明石出版
・現代青年の友人関係と対人ストレスに関する研究 西村麻希,長野恵子 西九州大学健康福祉学研究科健康福祉学専攻論文2009
・よくわかる臨床心理学 山口 創著 川島書店
総務庁青少年対策本部「子供と家族に対する国際比較調査」(2004) 



大問題になる前に対処しよう