ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
ビジネスコラム >
ジェスチャーを効果的に,トレーニング方法

日付:

ジェスチャー,トレーニング方法

皆さんこんにちは。コミュニケーション講座を開催している公認心理師,精神保健福祉士の川島達史です。今回は「ジェスチャーを効果的に見せるやり方」についてご相談を頂きました。

経営者,決断力

相談者
32歳 男性

お悩みの内容
私は仕事がら人と会話をしたり、プレゼンをする機会がたくさんあります。ただ全体的に成績が悪く、上司から、ジェスチャーがないので、印象に残らないと言われました。動画を撮ってみると確かに全く動きがなく、つまらない印象でした。どうすればジェスチャーがうまくなりますか?

ジャスチャーが苦手だと確かに、印象が暗くなりがちですね。当コラムではジェスチャーの心理的な効果とトレーニング法を解説していきます。是非最後までご一読ください。

ジェスチャーの効果

まず初めにジェスチャーの効果を確認していきましょう。

藤原(1986年)は、大学生162名を対象に、スピーチ速度とハンドジェスチャーが「知性」の印象にどれけ影響を及ぼすかを調べました。結果は以下の図のようになりました。

印象形成とハンドジェスチャーの効果

図のように「スピーチ速度が遅く、ハンドジェスチャーがある」時にもっとも、知性の度合いが高まっていることが分かります。

続いて、自信の度合いを見てみましょう。こちらも知性と同様にスピーチの速度が「遅い」ハンドジェスチャーが「ある」場合にもっとも高い数値を出しています。

スピーチ速度とハンドジェスチャーの効果

この研究結果から、話す時に自信や知性を演出したい場合には「ゆっくり話し、身振り手振り」を加えるのがベストだと考えることができます。

話し方次第でガラりと印象も変わってしまうため、しっかりと押えておきたいところです。

ジェスチャーと8つのやり方

ここからは魅力的なジェスチャーのトレーニング法を8つ紹介します。

①手の位置は胸のあたり
②手の平を見せる
③肩を開く
④数字を表現する
⑤大きさ,高低,形を表現
⑥YES,NOを表現
⑦模倣してみる
⑧心の状態を表す

ここで皆さんと一つ約束をさせてください。それは、絵を見ながら実際に、体を動かしてみる事です。少々オーバーに練習するぐらいでOKです。是非チャレンジしてみてください。

①手の位置は胸のあたり

手はジェスチャーの命です。手の位置が低すぎると、堅く弱々しい印象を与えてしまいます。逆に高すぎると騒がしい印象を与えてしまいます。ジェスチャーは「お腹から上」「頭より下」を意識すると良いでしょう。

手をお腹から頭の上を5往復ほど上下させます
手の可動域のイメージを固めましょう

第一印象 手の位置

②手の平を見せる

いつも手の甲を相手に向けている方は注意しましょう。手の甲は握った瞬間グーになってしまうので、攻撃的なジェスチャーになってしまいます。力強さを表現したい時以外は避けたいところです。

心理の専門家は、「体が開いている人」は「心も開いている」と読みとっていきます。要所要所で手を開いて、平を見せながら話していくと、伝え手が心を開いている印象になり、安心感が出てきます。

手の甲を見せる、手を開くを5回ほど練習します
心が開いていくイメージをします

ジェスチャー,手

③肩を開く

猫背はジェスチャーの大敵で、縮こまった表現になってしまいます。ジェスチャーが豊かになるには、動きの幅を広げるため、肩幅を広くとることが大事です。プレゼンの前などは、腕を後ろに引っ張り肩を開くようにしましょう。

肩を引っ張る動作を10回程度、繰り返しましょう

ジェスチャー,肩

 

④数字を表現する

話題の中に、数字が出てくる場合は確実にジェスチャーを入れることができます。例えば「~です。その理由は3つあります」といった表現をする時は、指を3本立てて見せた方が分かりやすくなります。実際に練習をしてみましょう。

理由は3つあります
3つのポイントがあります!
言いたいことは1つだけです!

第一印象,ジェスチャー,数字

 

⑤大きさ、高低を表現する

言葉だけでは、物の大きさや形はなかなか伝わりません。そこでサイズ感は手を動かしたジェスチャーで、聞き手にイメージさせることが大切です。以下の表現を実際に練習してみてください。

手を左右に大きく広げ、大きいを表現
手を左右に小さく広げ、小さいを表現
手を上下に大きく広げ、高さを表現
手を上下に小さく広げ、低さを表現
〇、□、△、を手の動きで表現

ジェスチャー 大きさ

⑥YES,NOを表す

相手の話に同意する時や肯定する時、または断りや否定を示す時にはジェスチャーを入れることができます。以下の表現を実際に練習してみてください。

肯定する時
親指を立てる「グットサイン」
人差し指と親指を合わせた「OKマーク」

否定する時
手のひらを横に振る
腕をクロスして✕を作る

第一印象 ダメ!

 

 

⑦模倣してみる

話の内容を真似た身振り手振りを加えると、相手に伝わりやすくなります。例えば、カニの話しをする時は両手をチョキにして指を閉じたり開いたりするとスッと頭に入っていきます。以下の表現を実際練習してみてください。

カニ   2本指でピース
猫    グーにして頭をかく
走る   拳を握りぶんぶんふる
野球   架空のバットを想像し振る

ピース,ジェスチャー,第一印象

 

⑧心の状態を表す

「考える」「心臓ドキドキ」「はずかしい!」など身体的な表現はジェスチャーが使えます。以下の表現を実際に練習してみてください。

考える   顎を軽く掴み首を少し傾げる
ドキドキ  心臓に手をあてます
はずかしい 手を顔を覆います
うれしい  バンザイをします

第一印象

 

ジャスチャートレーニングはいかがでしたか?きっと体がほぐれ表現力が増していると思います。プレゼン、スピーチ、営業の前など繰り返し練習してみてください♪

NGなジェスチャー

好印象につながるジェスチャーですが、中には相手にマイナスの印象を与える動作もあります。仕上げとしてNGなジェスチャーを確認していきましょう!

①腕組み

腕組みはガードしている印象を与えてしまいます。腕組は、自分を守るしぐさで、相手の話しに納得しかねる時によく見られます。場合によってはネガティブな印象を与えるため注意しましょう。

②後傾姿勢

後傾姿勢は、相手の話しに乗り気ではないという気持ちの表れです。人は興味のある話しを聞くとき、前傾姿勢になることが多いのです。つまりその逆の後傾姿勢は、興味のなさを表しています。

③ふんぞり返る

ふんぞり返ると、偉そうな態度となり相手は見下されている感じがします。「やる気がない」「だらしがない」という印象から、第一印象に悪影響を与えます。

④足を組む

足を組むと、ふんぞり返ると同じよう様に態度が大きい印象を与えます。また腕組みと同じように、自分を守るしぐさに該当します。そのため、警戒心が強い印象が残ってしまいます。

⑤貧乏ゆすり

貧乏ゆすりは、イライラしている印象を与えます。「せっかち」「怒りっぽい」「短気な性格」といった印象から、周りから距離を置かれがちになります。

⑥過剰なジェスチャー

絶えず動き続けるジェスチャーはせわしない印象を与えてしまいます。特に年齢層が高い方に対しては、ゆったり目でOKです。動画などを撮影しながら丁度良いジェスチャーの頻度を研究していきましょう。

 

まとめ

冒頭の研究でも解説したように、ジェスチャーは、あなたの話し方を魅力的にする効果があります。皆さんが、8つのトレーニングを参考に、活き活きとしたプレゼンやスピーチをされることを願っています♪

第一印象をアップする身振り手振り

講座のおしらせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかりコミュ力を向上させたい方は、私たちが開催している講座をオススメしています。講座では、

・第一印象アップの練習
・ジェスチャー練習
・人前に立つ練習
・プレゼンテーション練習
・人間関係を築くコツ

など練習していきます。講座を通して魅力を磨いていきましょう。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています。

社会人講座

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・藤原(1986)態度変容と印象形成に及ぼすスピーチ速度とハンドジェスチャーの効果 The Japanese Journal of Psychology, Vol. 57, No. 4, 200-206  広島大学