>
>
>

好奇心を持つ3つの方法!好奇心格差は仕事・学業・健康に影響

好奇心


好奇心を持つ3つの方法を知ろう!好奇心を持つコツ①社会心理学の専門家が解説

「好奇心」について専門家が解説します

みなさんこんにちは、はじめまして臨床心理士の加賀です。私は、これまで臨床心理士として精神科・心療内科クリニックでカウンセリングを行ってきました。その経験や心理学の知識の中から皆さまのお役に立てられるような情報をお伝えしていきたいと思います。

当コラムは「好奇心」をテーマに専門家が解説をしています。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

好奇心とは?意味や効果、問題

好奇心の意味や効果・持てない問題

目的を達成するには、知識、勤勉さ、好奇心の3つが重要であると考えられています(Von stamm et al 2011)。好奇心とは、珍しいことや未知のことなどに興味をもつ心と説明されています。みなさんは現在、好奇心をもって取り組んでいることはありますか?

好奇心を持って物事に取り組むと、
楽しんで取り組むことができた
ストレスを感じなかった
どんどんアイディアが湧いてきた
など感じたことがありませんか?好奇心の強い人はわからないことがあると積極的に調べるため、知識がひろく深くなり、高い集中力で物事に取り組むことができると言われています。

好奇心格差は収入に影響?もたらす!

好奇心の格差は収入にまで影響するという研究結果があります。好奇心の強い人は学業や仕事で成果に結びつくことが多いことがわかっており(Von Stumm, Hell & Chamorro-Premuzic, 2011)、得られた成果から自信やモチベーションが高まることで次の課題への取り組みにも良い影響を及ぼすことが考えられます。

逆に好奇心がない人は、好奇心が強い人よりも仕事や学業の成果及び、自信や意欲も減少する可能性があることが伺えます。好奇心はアイディアを活性化させ、創造性を高めます。 好奇心が強い人は、仕事や学業において、知識や技術の幅を広め、目標達成への努力をします( Reio, 2008 )。

好奇心の効果と研究結果

好奇心は、仕事、学業や健康に影響

健康面でも好奇心の影響が明らかになっています。Swan & Carmelli( 1996 ) の研究では、60歳から80歳(平均70,6歳)のアメリカ人男女1118人を対象に、好奇心と健康との関連を調べる調査を5年間行いました。

その結果、年齢、喫煙、癌、精神疾患の有無を考慮し、同じ条件で比較したところ、5年後の調査か終わるまで生き延びた人の割合は、好奇心の高い人の方が多かったと報告しています。その理由として好奇心の高い人は、新しい場所に行き、人に出会い、新しい問題解決の方法を用いることが心身ともに良い結果をもたらすようです。

強い好奇心は学業、仕事に成果をもたらし、収入に結びつくという経済的な面だけではなく、健康面にも影響を及ぼします。逆に好奇心がないと学業、仕事の成果そして健康面にまで負の影響を及ぼすかもしれません。

2種類の好奇心 

ひとことに好奇心と言ってもその中身は、拡散的好奇心、知的好奇心の2種類に分けられます。

①拡散的好奇心
拡散的好奇心とは、特定の目標を定めず新しい情報を幅広く求める状態を言います。拡散的好奇心はいわば探究への入り口です。例えば、ネットサーフィンをしていると、つぎつぎに情報を求め、クリックが止まらなくなることがありますよね。このような状態は拡散的好奇心が刺激されている状態と言えるでしょう。

②知的好奇心
知的好奇心とは目新しいものを求める好奇心とは異なり、知識と理解を求めていく好奇心とあると言われています。例えば、1つの物事に興味を持ち、その対象を深く、広く広げていく状態を意味します。

目新しいものに興味を持ち、いろいろな対象に興味を持つ拡散的好奇心は、探究への入り口です。そしてそこから膨らませ、深めていくのが知的好奇心なのです。

好奇心をもつ方法・コツ

拡散的好奇心のデメリット

好奇心は、拡散・知的療法をうまく回していくことでモチベーションが維持できると言われています。(Rowson, 2012)しかし、現在は知的好奇心を持ち辛い環境にあると言われています。それは、インターネットで簡単に物事を調べられ、労力をかけることなく情報が手に入るためだと言われています。インターネットはうまく使えば、

・学習の機会を広げる
・能動的に学ぶことができる
・知識を深めることができる 

など、使い方次第でこれまでは一部の人しか知ることができなくなった情報にアクセスし、学習することが可能です。しかし、すぐに答えを見る癖をつけると、以下のプロセスのように拡散的好奇心で満足してしいまい、知的好奇心を持つまでに至らないのです。

情報をネットなどで簡単に得る
 ↓
なんとか生きていけるという過信
 ↓
勉強意欲の低下
 (コーエン・若田部 , 2014)

拡散的好奇心は探索のはじめの一歩なので大切なものですが、そこで満足してしまって次の段階を目指すことができない人が増えているといえるかもしれません 。

知的好奇心を刺激するには?

では知的好奇心を持つにはどうすればいいのでしょうか?資格試験やスキルアップのための勉強など、より深い知識や理解が必要になる課題にチャレンジするときには、知的好奇心を維持することが必要です。

重要なのは
・ベースとなる知識
・労力(自分で調査する、考える作業)

この2つです。

知的好奇心が刺激されるためにはまず、ある事柄についてベースとなる知識が必要です。さらに、知識や理解を深めるための労力(自分で調査する、考える作業)をかけることで、知的好奇心が刺激されていくのです。インターネットですぐに答えを検索するのではなく、いったん自分で紙やペンを使って仮説を立て、その上で検索して情報を増やすことを習慣にするといいでしょう。

好奇心のセルフチェック

好奇心のセルフチェックをご用意しました。 好奇心に関する質問の中から、あなたの普段の性格や行動を表しているかをお答えください。以下の項目から、最も当てはまるものを一つ選んでください。回答が終わったらすべての項目の得点を合計してくださいね。 

好奇心のセフルチェック表

セルフチェックの傾向と対策

0~14点:好奇心は低めの傾向
好奇心は低めの傾向にあります。日常生活の中で何事にも興味が持てない、集中できないと感じることがあるのではないでしょうか。また、自分から主体的に物事を考えることや、解決することを避けている可能性が考えられます。まずは、自分が興味を持てることを把握してみると良いでしょう。

15~29点:中等度の好奇心の傾向
あなたの好奇心はやや高めです。日常生活の中で自分から考えることや調べることに抵抗がなく、物事を進めていけると考えられます。しかし、難しい問題に主体的に取り組むこと、積極的に取り組むことは少ないかもしれません。今よりもっと好奇心をもって物事に取り組みたいと感じるのであれば、これまでは避けていた問題にチャレンジしてみると良いかもしれません。

30点以上:知的好奇心が強い傾向
知的好奇心が強い傾向で仕事、学業、趣味など主体的関わることができているでしょう。しかし、知的好奇心が強い故に思考力をあまり必要としない単調な作業が苦手という側面も見られるかもしれません。単調な作業の中にも小さな目標を作るなどあなたの武器を生かし、積極的に取り組んでみてください。 

好奇心を高める3つの方法

好奇心を持つための方法

セルフチェックの結果はいかがでしたでしょうか。あまりいい結果が出なくても、現状を知ることが大切です。そこで当コラムでは、好奇心を持つことができない解決策を3つ提案させて頂きます。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①拡散的好奇心を刺激する

新しいことに興味関心がない人は注意!
心理学で用いる「拡散的好奇心」という好奇心の尺度では、興味関心の幅が狭いと好奇心がもてない事が分かっています。新しいことに興味が持てなかったり、特定の没頭できる趣味がないという人は注意が必要です。

好奇心ツリーで好奇心を刺激
当コラムでは、興味関心の幅を広げる方法として「好奇心ツリー」を紹介します。今自分がやっている中から関心のある事を見つけていくため、はじめやすくオススメです。自分の好奇心ツリーを作ってみたいという方はコラム②をチェックしてみてくださいね。

②批判的思考で考える

自分で考えない人は注意
インターネットなどで必要な情報を検索することは便利ですが、自分で考えたり、思考を深めることをしなければ好奇心を持ちにくいと言われています。自分で考えようとせず、情報をそのままうのみにしている人は要注意です。好奇心を刺激するには、自分で考えるという労力をかけることが必要です。

自分で考える力を鍛える「批判的思考」
自分で考える力を身に付けて、好奇心を高めるためには批判的思考が有効です。批判的思考を取り入れることで考え方が整理され、多面的に捉えて思考を深めていくことができます。ワークをやってみたい方コラム③を参考にしてみてくださいね。

③スモールステップ法

高すぎる目標設定は要注意!
目標設定が適切でないと好奇心を削いでしまいます。いきなりレベルの高いことから手をつけていくと、意欲を削がれて、好奇心も失ってしまいます。一方、簡単すぎる課題もやる気を削いでしまい、好奇心を持つことが難しいです。以上のことから、好奇心を持ちながら課題を遂行していくためには、目標を適切に設定していくことが大事です。

スモールステップ法で適切な目標設定
好奇心を削がずに課題を遂行していくためには、スモールステップで目標を設定していくことが有効です。スモールステップ法は目標を細分化して、難易度に合わせて点数をつけて並び替えていく方法です。この方法を使って目標を設定していくことで、好奇心を持ち続けて課題を進めていくことができます。このスモールステップ法のワークをやってみたい方は、コラム④を参考にしてみてください。

好奇心を刺激しよう

興味関心を広げて好奇心アップ

現代は好奇心を持ちにくいことが問題になっていますが、これまでの思考法や行動を見直すことでより知的好奇心を刺激することは可能です。好奇心を持つことで主体的に考え、楽しんで物事に取り組むことができるでしょう!

次回の好奇心コラムでは「拡散的好奇心を刺激する」について紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★好奇心には2種類。好奇心は学業や健康に影響し経済的格差をもたらす
心理学講座

*出典・参考文献
イアン・レズリー (著), 須川綾子 (翻訳)(2016). 子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力 光文社
Rowson, J., Young, J., Spencer, N., Lindley, E., & Gecius, E. (2012). The power of curiosity. London: RSA Social Brain Centre.
Swan, G. E., & Carmelli, D. (1996). Curiosity and mortality in aging adults: A 5-year follow-up of the Western Collaborative Group Study. Psychology and Aging, 11(3), 449.
タイラー・コーエン (著), 若田部 昌澄 (その他), 池村 千秋 (翻訳)   大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか エヌティティ出版
Von Stumm, S., Hell, B., & Chamorro-Premuzic, T. (2011). The hungry mind: Intellectual curiosity is the third pillar of academic performance. Perspectives on Psychological Science, 6(6), 574-588.
山田奈保子, & 伊田勝憲. (2003, September). P2-7 大学生の知的好奇心尺度作成の試み (1): 信頼性の検討および課題価値との関連. In 日本性格心理学会発表論文集12 (pp. 116-117). 日本パーソナリティ心理学会.



3つの方法で高めよう