>
>
>

行動力ない原因とトレーニング法

行動力ない,原因,


行動力がない原因とトレーニング法-精神保健福祉士が解説①

行動力について専門家が解説します

みなさん、こんにちは!精神保健福祉士の川島です。社会心理学ついて大学で学び、現在はコミュニケーションの講座や企業研修等の講師として活動しています。当コラムでは、「行動力」について詳しく解説をしていきます。コラム1では行動力の理解、コラム2~5では改善策をお伝えします。しっかりと対策をお伝えしたいので8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが、是非お付き合いください♪

行動力とは何か?

「副業をはじめる!」

「好きな人に告白する!」

「資格の勉強をスタート!」

私たちは日々何百回、何千回と決断と行動を繰り返しながら生活しています。しかし、時には行動をする時に考えを過ぎてしまい、「もう少し覚悟ができてから」「あと少しだか調べてから」と先延ばしし、結果的に行動力が下がってしまいます・・・おそらく、ほとんどの人が一度は経験しているのではないでしょうか。

「行動力」という言葉を実用日本語表現辞典で調べると、「実際に行動を起こし、それを実現する力」「実現に向けて行動する勇気や度胸などのことを幅広く指す表現」を指しています。つまり、自分の望みを定める決断力と、それを現実にするための勇気のことだと考えられますね。

行動力が低いとQOLも下がる?

ここで行動力が低い原因の優柔不断に関する心理学の研究をいくつか紹介します。原田等(2007)は女性看護師227名を対象に心理的な傾向とQOL(クオリティオブライフ)についての調査を行いました。その結果、「優柔不断」であることとQOLに関連があることがわかりました。QOLとは簡単に言うと人生の充実感を意味します。特に20代、30代にとって優柔不断な傾向が高い方は人生の充実感がマイナスであることが下の図から予測されます。

一方で、この研究では40代、50代になるにつれて優柔不断な傾向がQOLに与える影響が弱まっていくことも示唆されています。20代、30代は結婚や仕事などで大きな決断に迫られる状況が多くあり、行動力が人生の満足度を決める上で重要なポイントであると言えるでしょう。(*上記の研究は母集団が少なく、有意差は20代のみ確認されています。あくまで参考値として考えてください)

他にも斎藤(2017)の研究報告で、優柔不断な人は、決定に対する自己効力感が低く、その分決定時のストレスが高いことが示されています。また、Frost & Shows (1993 )やSalzman (1973)によると、強迫性障害の心理的特徴として、失敗を過度に恐れる傾向があるとされ、意志決定で迷いが生じやすいと考えられているようです。このように心理学的な研究によると決断力の低さ、優柔不断はメンタルヘルス的にネガティブな論文が多い状況です。

行動力が少ない4つのタイプ

心理学の世界では、ある1つの概念のさらに細かい要素を分析することがよくあります。斎藤・緑川(2015)は行動力と近しい概念である決断力の欠如にはどんな構成要素から成り立っているのかを調べるました。その結果、以下の4つのタイプがあると推測されています。

・熟慮タイプ
決断をする時、些細な事が気になり、小さい事の判断にも時間がかかる
・他者参照タイプ
他人の決断や行動が気になる、他者と選択が違うと不安に駆られる
・不安タイプ
決断した後、後悔しやすい、何かを決断する時に自信を持って選ぶことができない
・先延ばしタイプ
決断を後回しにしてしまう、特に重要な問題においては、ギリギリまで決定を延ばす 

行動力・決断力の無さはこれらの傾向が合わさってできているようです。皆さんはいかがでしょうか。もちろん問題に対して考え深めることや、結論を先送りにすることは時として重要です。こうした優柔不断な傾向が人生にプラスに働いていると感じるのであれば、特に問題ないでしょう。

ただし、行動力が過剰に不足にして、多くのチャンスを逃している場合は、行動力を高めるトレーニングを行うようにしましょう。

行動力診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「行動力診断」をしてみましょう。

行動力診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
行動してから考える
2.
思い立ったらすぐに行動する
3.
成功イメージを持って行動する
4.
振り返って後悔することは少ない
5.
自分の信念に基づいて行動する
6.
他人に流されることは少ない
7.
問題だと感じたらすぐに行動する
8.
余裕をもって締め切りに間に合わせる
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

行動力‐診断 注意事項

・当行動力尺度は精神保健福祉士川島の監修の元作成しました・医療を目的としたものではありません・段階としては予備調査の段階になります・参考までにご使用ください以下、行動力診断についての、作成手順や趣旨が明示されています。疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はお読みください。
尺度作成の趣旨現代では、スマートフォンやパソコンからの検索が主な入り口となっており、ほとんどの方がメンタルヘルスに関わる疑問点や問題解決の手がかりをWEB検索からスタートする傾向があります。情報検索の方向性によっては、行動力低下の原因になる可能性があります。
弊社では、精神的な健康やコミュニケーションに影響する根本的な感情に焦点を合わせ、簡易的な自己分析ができる尺度を作成することとしました。この簡易チェックは、医療行為、学術的な研究を目的としは尺度ではなく、メンタルヘルスに関心を持っていただく、予防を促す、という趣旨で作成します。
行動力診断作成の要点尺度を作成に当たっては、以下の点に留意して作成する。・喫茶店や電車の中でもスムーズに読める文章を心掛ける・学術的な表現は使用しない・ヒントを提示する診断とし、断定はしない・尺度の限界を説明する
行動力尺度作成手順①尺度抽出について行動力については、下位尺度としては存在したが、「行動力そのもの」を図る尺度は存在しなかった。ただし、近接概念である優柔不断については、「Indecisiveness Scal(不決断尺度)」「全般性先延ばし傾向尺度」「優柔不断尺度」などが現在までに作成されている。それぞれ、若干の要素の異なりがあるものの、基本的には非常に近い概念の尺度となっている。
先延ばし傾向については、抑鬱や学業成績と負の相関があるという論文を存在する。特に失敗懸念がある人は行動力になりやすく、その結果、パフォーマンスを残せない方もいると想定される。徳永等(1998)の研究によれば、アスリートのパフォーマンスにおいては、行動力が重要であり、行動力に関する項目も作成されている。その点に配慮しながら、解説を作成する。
具体的には「優柔不断」「行動力」に近接する4つの論文と、学術書、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングを行い、質問項目を構成した。 
参考文献日本語版不決断傾向尺度の信頼性と妥当性の検討杉浦 義典 杉浦 知子 丹野 義彦人文科学論集. 人間情報学科編  2007 先延ばし意識特性尺度の作成と信頼性および妥当性の検討小浜 駿 教育心理学研究 2010行動力尺度の作成と信頼性および妥当性の検討斎藤 聖子, 緑川 晶 心理学研究 2016
Frost, R.0., & Shows, D. L 1993 The nature and measurement of compulsive indecisiveness.Behauiour Resewch and Therapy,
Diagnostic Methods for Athletes' Psychological Competitive Abilities and Psychological States before and during Competition  Tokunga, Mikio 
徳永, 幹雄 橋本, 公雄 磯貝, 浩久 瀧, 豊樹 健康科学 20巻 1998

 

② KJ法によりグルーピングを行い 
1熟慮2否定的予測のなさ3公的自己意識の低さ4先送り傾向のなさ
4グループにまとめ、ラベリングを行ったさらに質問項目を8つに絞った*通常であれば予備調査で説明変数から多い順に採用するが今回は川島の判断で選択した
・行動してから考える・思い立ったらすぐに行動する・成功イメージを持って行動する・振り返って後悔することは少ない・自分の信念に基づいて行動する・他人に流されることは少ない・問題だと感じたらすぐに行動する・余裕をもって締め切りに間に合わせる
④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した *5件法  ・33~40 行動力‐かなりあり・26~32 行動力‐ややあり ・20~25 行動力‐ややない ・8~19  行動力‐不足  の4段階とする。優劣はないため、結果については長所と注意点の2方面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己決定できるように記述を行う。

 

・33~40 行動力‐かなりあり*長所行動力がかなりあると言えます。後ろを振り返らずに前向きなイメージを持って自分から行動することができます。大きな失敗をしたとしても、必要以上に自分を責めず、これまでの成功体験からすぐに立ち直ることができるタイプです。どんどん前に進んでいくので、起業など新しい発想が求められる仕事に向いているかもしれません。
*注意点行動力が高いあなたはすぐに行動できる一方、予期せぬリスクにつまずくこともあるかもしれません。日々の些細な行動であればメリットも大きいですが、特に人の命を預かるような危険な職業では、あらかじめ危険を回避する姿勢が重要になります。取り返しのつかないミスが発生する仕事で働いている方は、行動前の入念なチェックに力を入れるようにしましょう。

・26~32 行動力‐ややあり*長所行動力は適度にある状態です。リスクも頭に入れながら、前向きなイメージを持って積極的に行動することができます。よほど大きなミスでない限り、自分を責めることなく、今までの成功体験から行動し続けることができます。ある程度、危険も予測したうえで、行動を行うため、問題が発生した時の対応も早く攻守のバランスが良いと言えそうです。

*注意点行動力は適度なレベルでありますが、失敗するリスクが大きい状況では優柔不断な一面が現れるかもしれません。プレッシャーのかかる状況であっても、もっと行動できるようになりたいと感じる場合は以下のコラムを参考にしてみてください。

・20~25 行動力‐ややない*長所行動力がやや不足している状況と言えます。行動力が不足しているあなたは、前もって危険を回避できる計画性があります。特に危険性の高いお仕事や命のやりとりがあるお仕事では、念には念を入れる必要があるため、その慎重な姿勢が武器となることでしょう。ミスを起こしにくいので、上司や同僚から信頼されそうです。
*注意点行動力がやや不足している方は「ミスを恐れる」「破局思考」という考え方のクセがあることが分かっています。慎重さが裏目に出てしまい、不確実なリスクへの対策に時間をかけてしまい、必要以上に行動が先延ばしになってしまうケースも多いです。ミスは許されない!と完璧主義な思考がある方は注意しましょう。以下のコラムを参考にしてみてください。
・8~19  行動力‐不足*長所行動力が不足している状況と言えます。行動力が低いあなたは、行動する前にあらゆるリスクについて対策をしようとするため、危険を回避しながら目標に進むことができます。特に人の命を預かるようなお仕事や危険を伴うお仕事では、細心の注意が必要となるため、その慎重な性格が大きな武器になることでしょう。ミスから事故も起こすことが少なく、上司や同僚から安心して仕事を任せられている方が多いのではないでしょうか。

*注意点行動力が不足している方は「失敗をしてはならない」「破局思考」という考え方の傾向があることが分かっています。失敗への不安から、起こるかどうかもわからないリスクに時間を費やしてしまい、大幅に行動が遅れてしまうという場合もよくあります。絶対に失敗してはならない!と完璧主義な部分ある方は得に注意しましょう。以下のコラムを参考にしてみてください。
 ⑤ 今後の予定  →回答数が充分集まった段階で   因子分析と他の尺度との関連を精査し、   精度を高めていく予定である

 

行動力(MAX 40)

行動力(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど、行動力があることを示しています。以下の基準を参考にしてください。

 ・33~40 かなりあり
 ・26~32 ややあり 
 ・20~25 ややない 
 ・8~19  不足  

行動力(MAX 40)

行動力(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

・20~25 ややない 
・8~19  不足 

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 兵庫県 32 2
    2 神奈川県 25 1
    2 広島県 25 2
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 広島県 25 2
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 兵庫県 32 2
    2 神奈川県 25 1

2018年9月26日から調査を開始しています。現在集計中です。

*長所
行動力がかなりあると言えます。後ろを振り返らずに前向きなイメージを持って自分から行動することができます。大きな失敗をしたとしても、必要以上に自分を責めず、これまでの成功体験からすぐに立ち直ることができるタイプです。どんどん前に進んでいくので、起業など新しい発想が求められる仕事に向いているかもしれません。

*注意点
行動力が高いあなたはすぐに行動できる一方、予期せぬリスクにつまずくこともあるかもしれません。日々の些細な行動であればメリットも大きいですが、特に人の命を預かるような危険な職業では、あらかじめ危険を回避する姿勢が重要になります。取り返しのつかないミスが発生する仕事で働いている方は、行動前の入念なチェックに力を入れるようにしましょう。

*長所
行動力は適度にある状態です。リスクも頭に入れながら、前向きなイメージを持って積極的に行動することができます。よほど大きなミスでない限り、自分を責めることなく、今までの成功体験から行動し続けることができます。ある程度、危険も予測したうえで、行動を行うため、問題が発生した時の対応も早く攻守のバランスが良いと言えそうです。

*注意点
行動力は適度なレベルでありますが、失敗するリスクが大きい状況では優柔不断な一面が現れるかもしれません。プレッシャーのかかる状況であっても、もっと行動できるようになりたいと感じる場合は以下のコラムを参考にしてみてください。

*長所
行動力がやや不足している状況と言えます。行動力が不足しているあなたは、前もって危険を回避できる計画性があります。特に危険性の高いお仕事や命のやりとりがあるお仕事では、念には念を入れる必要があるため、その慎重な姿勢が武器となることでしょう。ミスを起こしにくいので、上司や同僚から信頼されそうです。

*注意点
行動力がやや不足している方は「ミスを恐れる」「破局思考」という考え方のクセがあることが分かっています。慎重さが裏目に出てしまい、不確実なリスクへの対策に時間をかけてしまい、必要以上に行動が先延ばしになってしまうケースも多いです。ミスは許されない!と完璧主義な思考がある方は注意しましょう。以下のコラムを参考にしてみてください。

*長所
行動力が不足している状況と言えます。行動力が低いあなたは、行動する前にあらゆるリスクについて対策をしようとするため、危険を回避しながら目標に進むことができます。特に人の命を預かるようなお仕事や危険を伴うお仕事では、細心の注意が必要となるため、その慎重な性格が大きな武器になることでしょう。ミスから事故も起こすことが少なく、上司や同僚から安心して仕事を任せられている方が多いのではないでしょうか。

*注意点
行動力が不足している方は「失敗をしてはならない」「破局思考」という考え方の傾向があることが分かっています。失敗への不安から、起こるかどうかもわからないリスクに時間を費やしてしまい、大幅に行動が遅れてしまうという場合もよくあります。絶対に失敗してはならない!と完璧主義な部分ある方は得に注意しましょう。以下のコラムを参考にしてみてください。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらの心理学能力講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

行動力を高める方法

ここからは行動力を高める方法について考えていきましょう。大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①行動力は「期限」で高まる

デメリット・リスクに目が行ってしまう
行動力が不足しているは、決断する前にリスクやデメリットに目が行ってしまい、失敗やミスを恐れて考え過ぎてしまう傾向があります。いつもマイナスなことを先に考えてしまう方は注意が必要でしょう。

行動に期限を付ける
当コラムでは、即決するための自信が持てるようになる「行動力UP!納期法」をご紹介します。不安に目が行って行動できない…という方は、コラム②の具体的なコツを確認して練習問題にもチャレンジしてみてくださいね。

②ベターな選択で行動する

最高の選択を探し続ける
常に完璧でないと気が済まない完璧主義者な人は行動力が低い傾向があります。「絶対に後悔しない選択がしたい」「最善の決断をしたい」こうした考えが生まれる人は少し注意する必要があるでしょう。「リスクは絶対に負いたくない」「少しのミスも許されない」という気持ちが強いため、自分の中で完璧な選択だと思えるまで行動することができなくなります。

行動力を高めるベターな決断
何かを選択する時、絶対後悔しない選択、リスクが一つもない選択は存在しません。決断する時は最高の判断だと思っても、行動していく中で「あれ、やっぱり違った」と気づくこともあります。100%の選択を常に探してしまう人は、少しだけ完璧主義を緩めてベターな判断や決断でも行動できるようにしてきましょう。むしろ最高な決断にこだわるよりも、ベターな決断の方が望ましい結果につながることもあります。絶対に公開しない選択をしなければと…と思ってしまう方は、コラム③の解説と練習問題に取り組んでみてください。

③自分の芯を持つと行動力up

周りに流されてしまう
他人からどのような評価を受けるか、他人がどんな選択をするか過剰に気にしてしまうのも行動力が低下する原因です。周囲の顔色を伺うことで主体性にかけ、自分で判断し、行動することができなくなってしまいます。

主体性=決断力!
主体性とは、自分をコントロールする心構えを持ち「責任を持って自分で行動する態度」のことです。周りの目が気になって決断できない優柔不断な方は「主体性を育てる」事が大切です。主体性によって「自分の意思で決める」という責任感と決断力が高まり、行動力が高まっていきます。周りの選択や他人の評価にとらわれることも非常にに少なくなるでしょう。周りの目が気になってしまう…という方はコラム④の解説を確認してみてください。

決断力を高める3つのポイント!

決断力を高める、鍛える方法には「①決断力UP!納期法」「②ベターな選択で行動する」「③主体性を育てる」の3つある事が分かりました。

行動を先延ばしする事は、チャンスを逃すことや信頼を失う可能性もあります。ただ不安や危険に目がいってしまう事は誰にでもあることなので、自己嫌悪に陥る必要はありません。これからご紹介する行動力を高める方法やトレーニング、行動できない原因のを知ることで、少しづつ行動力を高めることができます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、行動力低下を改善する方法の1つ目「決断力UP納期法」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★行動力の低下は、「期限 」「ベターな選択」「主体性」で改善できる



トレーニングで鍛えよう