>
>
>
人生への絶望感がある…乗り越える方法を知りたい

人生への絶望感がある…乗り越える方法を知りたい

こんにちは。公認心理師の川島です。

今回のお悩み相談
「絶望感がある」

人生の絶望感,乗り越える

相談者
42歳 男性 自営業 

お悩みの内容
私は28歳の頃に脱サラをして、フリーランスとして、生計を立ててきました。実はコロナの時期から、仕事が減ってしまい、生活をしていくので精一杯になっています。

現在は独身で悩みを相談できる人もいません。最近は人生に絶望感が出てきています。

不眠が続いていて、体の調子が悪いです。乗り越える方法はありますか?

お仕事がうまく行かず、親しい人の心の支えがないのですね。絶望感があるとのことで、緊急性が高いと感じています。とうコラムで対策を立てていきましょう。

絶望感と尊厳

人生は山あり谷ありです。

・突然大きな病気になってしまった
・会社が倒産して生活が崩壊した
・結婚を考えた恋人に別れを切り出された
・幼少期虐待を受けていた

私はカウンセラーとしての仕事柄、絶望している人と毎日のようにお話します。

悩みを相談してくれる方の中には本当に壮絶な人生を歩まれている方がたくさんいます。

そんな人でも、絶望の淵から、どうにかもがいて這い上がり、とりとめもない日常を取り戻し、屈託の笑顔を浮かべることがあります。

そんな時なんとも言えない、人間の尊厳や力強さを感じたりしています。

絶望感の危険性

少々感傷的な話になってしまいました。もう少し心理学的な話をしなくてはなりません。絶望感は人間の感情の中でも緊急度がかなり高い感情です。

精神医学の研究者であるAlloy等は (1989)は絶望感には以下のような症状が起こることを主張しています。

絶望したときの抑うつ症状

このように絶望感は、身体と心に様々な症状をもたらします。特に気を付けて頂きたいのが、「消えてなくなりたい」「生きてることに疲れた」という希死念慮です。

もしそのような感覚がある方は、うつ病や適応障害になっている可能性があります。後程詳しく解説しますが、必ず精神科など医療の力を借りるようにしましょう。

絶望を乗り越える6つの方法

ここからは絶望を乗り超えるための6つの対策を立てたいと思います。具体的には、

①医療の力を借りるか判断
②時間の解決を待つ
③孤立しないようにする
④リフレーミングで意味付け
⑤自分を認める
⑥成長の機会にする

を提案させて頂きます。1つずつ解説していきます。すべてが使えるわけではないので、気になるものだけ参考にしてみてください。

対策① 医療の力を借りるか考える

人生は自分だけではどうしようもないことがあります。消えてなくなりたい、自分の存在をなくしたいと感じる方もいます。そのような状態は、精神疾患を抱えている可能性が高いです。

本当に辛い時は、医学の力を借りることは恥ずかしいことではありません。以下絶望感を抱えている方が発祥しやすい精神障害と、医療機関の基礎知識を解説しました。

絶望感が強い方は下記の折り畳みを展開して基本的な知識を参考にしてみてください。

適応障害

適応障害は最も頻繁に見る精神疾患です。適応障害は、明確な理由があり、抑うつ感がつよい、悲観にくれる、倦怠感がある、不眠が生じるなどの症状がみられる精神疾患です。

特徴としては明確な理由があるという点です。失業、失恋、死別などの場合に特に起こりやすいです。当てはまると感じる方は下記の動画を参照ください。

うつ病

先程紹介した適応障害は理由がはっきりしている場合に診断されます。一方で理由がはっきりしていない場合はうつ病と診断されることもあります。

うつ病とは眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった症状が出る精神疾患です。

適応障害は理由がはっきりしている分、対処もしやすいのですが、うつ病は理由がはっきりしないこともあり、長期化したり、重症化しやすいという特徴があります。詳しくは下記のコラムを参照ください。

気分障害,うつ病

医療機関の基礎知識

絶望感が強い時は、最寄りの精神科を検索して受診をしてみてください。受診の前に、下記の動画を見ておくと事前の知識になると思います。参考にしてみてくださいね。

 

対策② 時間の解決を待つ

医療の世界では交通事故などで、心理的にどうケアをしていくのか?という視点で古くから研修されてきました。ナンシーコーンは心理的な回復のプロセスを以下のように表しています。

ショック→回復への期待→悲嘆→防衛→適応

私たちは、人生の岐路に立たされると、ショックを受けます。どうにか回復できないものかと期待を膨らませ、心理的に葛藤しながら最後は適応していくというモデルです。

絶望を抱えた方も、すぐに回復するということはまず難しいと思います。人間の心には自然と回復する機能があります。時間に身を任せ、絶望を整理する時間を持てば、だんだんと回復できると信じましょう。

 

対策③ 孤立しないようにする

絶望に支配されているときは、誰かと会おうという気持ちになれず、相談もできない方がいます。しかし、困った時はお互い様です。一人ぼっちで悩まないように、誰かに相談する姿勢も大事にしてみてください。

悩みを誰にも相談できない…悩みを一人で抱え込んでいる…という方は下記のコラムを参照ください。

ソーシャルサポートをもらおう

絶望感,支え

 

対策④ リフレーミングで意味付け

コーンによると絶望した当初は様々な葛藤していき、だんだんと絶望的な状況に意味を持たせることができるされています。この意味を持たせる作業は、心理学的にはリフレーミングという用語を使うことがあります。

リフレーミングには、1つの事象に対して、様々な意味を持たせて、価値観を再構築していく意味があります。絶望して、少し心が整理されてきたときに、効果が出やすいので、落ち着いたころに下記のコラムを参考にしてみてください。

リフレーミングコラム

対策⑤ 自分を認める

心理学的に絶望しやすい方は、「自分の努力を認めない」という傾向があります。桜井・桜井(1992)は、大学生を対象に絶望について調査をしました。結果の一部を引用します。結果は以下の通りです。

落ち込みから復活

かなりわかりにくい図ですね。。特に右側の「成功の原因、内向性 低い」はわかりにくいと思います。

表をわかりやすくすると、「うまく行ったときに、自分の力を認めない人ほど、絶望しやすい」と言い換えることができます。

例えば、チャレンジをして失敗した人がいたとしましょう。その方は、絶望していたとします。しかし、よくよく考えると、「チャレンジをした」という、自分の勇気や、行動力があったからこそ失敗できたのです。

絶望してしまう方は、そういった自分の内面的な努力をきちんと認められない傾向があるのです。いうなれば、自分で自分を卑下してしまう傾向があります。

絶望するということは、きっとあなたなりに、努力をしてなんらかの、行動を起こしたからこそ、失敗できたのではないでしょうか。

そして絶望の後ろには、きっとあなたなりに能力を発揮できた部分があると思います。そうした自分の努力をみつけることも大事にしてください。

対策⑥ 成長の機会にする

絶望している時は、自分とは何か?がわからなくなる「アイデンティティクライシス」の状態にあります。

自分とは何か?なんて普段は考えもしないことですが、辛い時期ほど自分と深く向き合う時期でもあるのです。

そうして、しっかりと向き合えたとき、私たちは新しい考えや気づきを得て、人生を深く味わい深く生きていくことができます。

モデルにすると下記のようになります。

絶望とアイデンティティクライシスこの図は、アイデンティティのらせん式発達モデルといいます。

実は筆者の川島も昔、対人恐怖症でひきこもりを味わった時期がありました。不思議なことのその時期があったからこそ、自分が生涯をささげる価値のある仕事を見つけることができました。

今は辛い時期かもしれないですが、人生をトータルで見れば、きっと今の時期は未来につながるとゆったり考えてみましょう。

ある程度おちついた時期になったら下記のコラムを参考にしてみてください。

アイデンティティ確立コラム

 

まとめとお知らせ

まとめ

当コラムにたどり着いた方のほとんどは、今とても辛く余裕がない時期だと思います。最後は私なりの考えなのですが、人生は四季があるから面白いと考えるようにしています。

冬に耐えると、春が来て、春が来ると夏が来ます。冬には冬の過ごし方があります。本を読んだり、物思いにふけっていきます。

時間が経つと、いつのまには春になっていて、ぽかぽかと暖かい日差しのありがたみがわかるようになします。

人生も四季のようなもので、じっくり付き合っていけば春は必ず来るのです。皆さんにも心の春が訪れると信じています。

お知らせ

私たち公認心理師・精神保健福祉士は、メンタルヘルスの向上について心理学講座を開催しています。孤独で辛い方、この機会に心理学を体系的に勉強してみたい方のご参加をぜひお待ちしています。

執筆者も講師をしています(^^)
 ・心を休める心理療法の基礎
 ・リフレーミング練習
 ・アイデンティティの確立
 ・暖かい人間関係を築く方法

詳しくは下記の看板をクリックしてみてください。是非お待ちしています。

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
Abramson, L. Y., Metalsky, G. I., & Alloy, L. B. (1989). Hopelessness depression: A theory-based subtype of depression. Psychological review, 96(2), 358.
Kasl, S. V. (1973). Mental health and work environment: An examination of the evidence. Journal of Occupational and Environmental Medicine, 15(6), 509-518.
大谷佳子, & 桜井茂男. (1995). 大学生における完全主義と抑うつ傾向および絶望感との関係. 心理学研究, 66(1), 41-47.
谷冬彦. (2002). 絶望感尺度の構造に関する研究. 神戸大学発達科学部研究紀要, 9(2), 17-27.
J Rehabil. 1961 Nov-Dec;27:16-8.
Understanding the process of adjustment to disability.
COHN N.