>
>
>
自尊心の意味とは?高める方法について

自尊心の意味とは?高める方法について

はじめまして!公認心理師川島です。今回のテーマは
「自尊心」
です。


改善するお悩み
・自尊心の意味を知りたい…
・自分を好きになれない
・自己嫌悪になりやすい

全体の目次
入門①自尊心の意味とは
入門②潜在,顕在自尊心
入門③UPさせる7
 助け合い掲示板

入門①~③を読み進めていくと、基本的な知識と対策を抑えることができると思います。是非入門編は最後までご一読ください。もしお役に立てたなら、初学者向け心理学講座でもぜひお待ちしています。

入門①自尊心の意味とは

意味とは

自尊心は様々な意味が含まれる包括的名称(umbrella term)と言われています。多様な意味がありますが、心理学においては広義のように表現されています。

自己に対する評価感情で、自分自身を基本的に価値のあるものとする感覚 - 心理学辞典(1990)

自尊心は高い人ほど、社交的で、心理的に安定していることが多いことがわかっています。自尊心研究がたくさんの研究があります。以下気になる見出しがありましたら展開してみてください。

不安が強くシャイ

自尊心が低下する悪影響がと言えば、自己主張ができなくなったり、行動できなくなるなどがイメージしやすいかと思います。では、実際の心理学研究ではどのような結果が出ているのでしょうか。

桜井(2000)の研究では、大学生361名を対象に自尊感情尺度の作成が行われています。尺度とは、基準のことで自尊感情を測定するものとして考えてよいでしょう。

この研究で自尊感情とマイナスの相関関係がある要素がいくつか抽出されています。下記の図をご覧ください。

このように、自尊感情が低いと「恥ずかしがり」「不機嫌」「不安」「自分は無力だと考える」といった特徴がありそうです。

確かに自分を尊重できていないと、上記の4つの傾向があらわれるのは感覚的にも分かりやすいかと思います。もし、シャイが激しい、怒りやすい、不安になりやすい、無力感があるという方は自尊感情の低下が関係しているかもしれません。

自尊心と傷つきやすさ

自尊感情について、心理学の世界ではさまざまな研究がなされてきました。その中でも、松田(2006)は自尊感情の脆弱性(弱さ)について以下のような報告をしています。

自尊心

この表からわかることは、「自尊感情の脆弱性」は

  1. 「ミスを過度に気にする傾向尺度」において有意な相関がある。
  2. 「完全でありたい欲求尺度」において有意な相関がある。

ということです。このことについて松田(2006)は、

「自尊感情の脆弱性が高いということは、ネガティブな出来事あるいは事態に遭遇することによって、自分自身に尊ぶ気持ちが傷つく程度が強いことを意味する。」

としています。つまり、自尊心が弱いとネガティブな体験に遭遇した時に、さらに自尊心が傷ついてしまうということですね。

幸福感が高まる

自尊心が高いことは完璧主義を和らげたり、幸福感を高めることが分かっています。片受ら(2016)は319名を対象に質問紙調査を行いました。その結果が以下の図です。

このように、自尊感情の高さと「適応感の高さ」「完璧主義の低さ」「主観的幸福感の高さ」は相関があることが分かります。適応感とは、簡単にいうと周囲と上手くやっていけているという感覚です。

自尊心が高まることで、自分を良い意味で「許せる」ようになり、失敗やミスを気にしすぎないようになることが推測されます。その結果、適応感が増したり、幸福感が高まるという影響も考えられるでしょう。

自尊感情と家族

豊田ら(2004)は都内の大学生150名を対象に、「自尊心」と「家族関係」の関連についての調査があります。

今回の論文では、家族関係の良さは「家族統合度」という指標で表しています。実験では、以下の2つ尺度(基準)を用いて、生徒たちに回答してもらいました。

1.ローゼンバーグ尺度
自尊感情を測定するための尺度

2.家族シンタリティ尺度
家族全体としてうまくいっているかを
表す「家族統合度」を測定する尺度

そして、自尊心が高いグループと低いグループに分けて、「家族統合度」を比較しました。その結果が以下の図となります。

自尊心を高めるには

グラフを見ると、自尊心が高いグループの方が家族統合度が高い人数が上回っており、低い人数は自尊心が低いグループよりも20人も下回っています。このように、自尊感情が高いほど、家族関係がうまくいっていることが多いのです。

自尊感情

入門②自尊心が高いのに怒る人

自尊心は2000年ぐらいまで、ほとんどの研究で、プラスであるとされてきました。一方で、自尊心が高い人は、例外的に攻撃的になってしまう方もいて、調査が進めされてきました。

その結果、Jordan(2003)等は自尊心には
「顕在的」
「潜在的」
の2点があると主張しています。

顕在的自尊心

顕在的自尊心とは、自分で自覚している自尊心を意味します。例えば、自分の好きなところはどういうところですか?と質問されたとします。

顕在的自尊心

この時、しっかり答える事ができる部分は顕在的自尊心に当てはまります。顕在的自尊心は、言語化することが可能な自尊心です。

潜在的自尊感情

潜在的自尊心とは、自分自身で自覚できない自尊心を意味します。潜在的自尊心は自分の中で自覚がなく、知らず知らずのうちに行動に影響すると言われています。

顕在的自尊心

原島,小口(2007)の研究によると、潜在的自尊心が低く、顕在的自尊心が高い方は、「内集団をひいきする」という傾向があることを明らかにしています。

具体例

登場人物 太郎 花子
特徴   2人とも巨人が好き
自尊心  太郎は顕在的自尊心が高く、潜在的自尊心は低い
     花子も顕示的自尊心は高く、潜在的自尊心も高い

一緒にネットを見ていると「巨人は弱い」というツイートがありました。

潜在的自尊心が低い太郎は

「むかつく!!巨人は強いのに!!」

と怒り始めます。太郎は普段は、ポジティブな発言が多く、社交的です。しかし。自尊心を傷つけられることがあると、潜在的には低い自尊心を守ろうとするのです。

 

これに対して潜在的自尊心が高い花子は

「そういう人もいるよね。でも人は人いろんな考え方がある」

と無理に否定はせずあっけらかんとしているのです。

その意味で、自尊心が本当の意味で、精神的な安定につながるためには、深い部分もしっかり肯定できるようになると言えるかもしれません。

自尊心,顕在的,潜在的

潜在的自尊心については幼少期に形創られる、基本的信頼感と概念がよく似ています。基本的信頼感は母子関係の安定によって形創られると言われています。

幼少期にしっかりとした母子関係を築くことができた方は、潜在的自尊心も比較的持ちやすいのではないと考えています。

基本的信頼感は大人になってからもコミュニケーションやメンタルヘルスに影響します。三好(2007)は大学生285名を対象に、質問紙を用いて、精神的健康と基本的信頼感など項目の関わりを調べました。その結果は以下の通りです。

基本的信頼感とは

図の⇔は相関関係を表しています。抑うつであれば、マイナスなので基本的的信頼感が高いとき、抑うつが低くなるという相関があることを示しています。敵意も同様ですね。

活動的快とは簡単に言えば、活気がある状態を意味しています。こちらは、マイナスがついていないのでプラスの相関があると言えます。基本的信頼感が高いとき、活動的快が高くなると読み取れます。

このように、基本的信頼感は、メンタルへルスを安定させ、人間関係の向上も期待できるだけではなく、活気まで湧いてくるという優れた性質を持っているのです。

 

 

入門③自尊感情を高める方法

ここからは自尊感情を高めるコツをお伝えします。自尊心は様々な分野にまたがるため、改善方法はたくさんあります。

当コラムでは、心理職15年の経験値を元に、特に重要だと感じる方法を7個選ばせて頂きました。当てはまるな…と感じるコラムや動画についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①自尊心UP リフレーミング法

自尊感情の低い人は、物事のデメリットに目がいく傾向があるようです。また自分自身についても欠点ばかりを捉える傾向があります。

自分の長所を思い浮かべることができない…

という方はこちらの動画を参考にしてみてください。

本格的に練習したい方はこちらのリフレーミング法を参考にしてみてください。

②自尊心UP ソーシャルサポートをもらう

自尊感情と近い概念の自己肯定感研究では、ソーシャルサポートがある環境である人ほど、自己肯定感が高いことが分かっています。

孤独な状況である、悩みを相談できない…

という方は、こちらのソーシャルサポートコラムを参考にしてみてください。潜在的自尊心の回復に役立つと思います。

③自尊心UP 成功体験を得る

自尊心を向上させるには、チャレンジをして1つ1つ結果を積み重ねていくこともとても大事です。チャレンジは自分のスキルを向上させ、成功体験は自尊心の向上に役立ちます。

行動力がない…消極的…

という方はこちらの自己効力感スモールステップコラムを参考にしてみてください。

④自尊心UP 基本的信頼感と向き合う

一見、ポジティブで社交的でも、悪口を言われたりするとすごく傷つく場合、潜在的自尊心が低い可能性があります。潜在的自尊心研究はまだ発展途上で確かなことはなかなか断言できないのですが、幼少期の家庭環境に問題があるケースをよくみかけます。

幼少期の家庭環境が悪かった…

と感じる方はこちらの動画を参考にしてみてください。

本格的に基本的信頼感の学習をしたい方はこちらの基本的信頼感コラムを参考にしてみてください。

⑤自尊心UP 人生の目的を決める 

自尊心は人生の目的が明確になっている人ほど高いことがわかっています。人生の目的が明確になっている人は、エネルギッシュに行動することができるからです。

人生の目的が定まらない…なんとなくふわっと時間が過ぎていく…

という方はこちらのアイデンティティコラムを参考にしてみてください。

⑥自尊心UP 人間関係を充実させる 

人間関係の充実はあらゆる心理的指標にプラスの効果があります。国の統計によると、私たちは1日3時間程度とりとめのない会話をしているとという統計もあります。

ややざっくりとした主張になりますが、私たちの人生の20%は、実際のコミュニケーションが占めているのです。その時間にしっかり関係を築くことは自尊心を向上させる上で極めて重要です。

人間関係が充実していない…孤独感が強い…

という方はこちらの人間関係コラムを参考にしてみてください。

⑦自尊心UP 無条件の肯定 

自尊心の源は「無条件の肯定」です。無条件の肯定とは、いつ何時も、条件なしに肯定していく姿勢を意味します。潜在的自尊心の源は、無条件の肯定的な姿勢が影響しているのです。

自分をしっかり肯定する習慣をつけたい…

という方はこちらの無条件の肯定,ストロークコラムを参考にしてみてください。

 

お知らせ

自尊感情は、日々の生活を送るうえで心理的にはとても大切なものになります。少しずつ少しずつ毎日の生活を通して、構築していくことが大切です。じっくり自尊心を積み重ねてくださいね。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち公認心理師・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。

みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)詳しくは下記看板を参考にしてください♪

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
松田 信樹 2006 自尊感情の脆弱性―尺度作成の試みー 日本心理学会大会発表論文集 2006,70,2EV012.
豊田 加奈子ら(2004)大学生の自尊心と関連する諸要因に関する研究 東洋大学人間科学総合研究所紀要 2004 38-54

Secure and Defensive High Self-Esteem.  Jordan, Christian H.,Spencer, Steven J.,Zanna, Mark P.,Hoshino-Browne, Etsuko,Correll, Joshua Journal of Personality and Social Psychology, Vol 85(5), Nov 2003, 969-978