>
>
>

信頼関係を築く・構築するには?コツを臨床心理士が解説

信頼関係を構築する


信頼関係を築く・構築するコツを臨床心理士が解説①

信頼関係を専門家が解説

みなさんはじめまして!臨床心理士の桂川です。私は臨床心理士として主に病院の精神科・神経内科で働いています。当コラムは「信頼関係」をテーマに解説をしています。コラム1では「信頼関係」の理解、コラム2~5では具体的な対策を解説します。全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

信頼関係を築く

信頼関係とは?

みなさんは「信頼関係」という言葉を聞いてどのような印象を持つでしょうか?

・お互いを尊重できる
・裏切らない
・いつも味方でいてくれる

などなど・・・いろいろなイメージがあると思います。心理学においても信頼関係は古くから研究されてきました。まずはいくつかの研究を紹介させて頂きます。

信頼関係と孤独感

信頼関係は性格とどのような関係があるのでしょうか?石田(1998)の研究によると、シャイな人ほど対人行動を抑制し、信頼関係が不利になることを示しています。以下の図を見てみましょう。

シャイ →行動力の低下 →信頼関係が築けない

という方向に心理的に揺れ動いていくことがわかります。もう少しかみ砕いて表現すると、「人と話すと緊張する」という傾向がある方は、「人と接する場面を避け」、その結果、自分も相手もお互いを信頼できないという状況になりやすいと言えます。後ほど対策についても解説しますので参考にしてみてください。

孤独感が増大すると思考力低下?

石田の研究によると、信頼関係の欠如によって孤独感が高まることも示唆されています。これは直感的にわかりやすいですね。人を信頼できないと感じる人は、引きこもりがちになり、孤独な状況になりそうです。Baumeister (2002)の研究では、「将来孤独になる」ということを知らせられると、集中力が低下し、課題の成績が低下する傾向にあることが示されました。

孤独について研究をしているCasioppo (2002)もまた、孤独に関する研究を深めており、孤独は気分を落ち込ませ、思考力を低下させると指摘しています。孤独感のデンリットと信頼関係の必要性

「一人の時間が好き」というのは自然な考えです。しかし、他人を信頼しないまま孤独感が深まると、幸福感や思考力にまで影響してしまいます中には友達は不要だという人もいますが、大部分の人はそうではありませんので注意が必要です。

信頼関係と囚人のジレンマ

信頼関係について、もう一つ有名な「囚人のジレンマ」について考えてみましょう。せっかくなので質問形式で考えてみましょう。

① あなたはある犯罪を犯し、
  容疑者として警察に捕まったとしましょう。
 
  *あくまで理解するためなので
  お付き合いください(^^;)

② あなたの友人「  」さんも
  同時に捕まりました。
  あなたと友人は別々の取調室にいます。

③ その後、弁護士から以下の表を
  渡され、選択を促されました

*************************
信頼関係で有名な囚人のジレンマ

・あなたと友人、2人共が黙秘(協調)したら2人とも懲役2年。

・あなただけが罪を告白(裏切)、しかし、友人が黙秘(協調)をしたらあなたは無罪放免。ただし、友人は懲役10年となる

・2人とも罪を告白(裏切)したら懲役5年

***************************

④ さてみなさん・・・皆さんならどのような行動をとるでしょうか。想像してみましょう。

 
Menusch(2013)は学生、囚人相手に実際に協調行動を取るのか?裏切るのか?実験を行いました。実際の囚人に囚人のジレンマの課題するってすごいですね!

さて・・・結果はどうだったか・・・

実際、37~63%程度の方が黙秘(協調行動)を取ったのです。学生、囚人それぞれに統計的な差はほとんどありませんでした。信頼関係を持って、協調行動を選択し、2人の利益を最大化できたのです。囚人の方も相手を信頼して協調行動を取ったところがすごいところです。

信頼関係は信じることから

もちろん信頼の判断は、常に相手や状況に応じて変化します。そのため、相手との信頼関係に確信をもって判断するための万能的な理論はありません。

しかし、私たちは社会的動物言われ、お互いを信頼関係で結び付けることで幸福?な社会を形成してきました。

心理学的にもほとんどの実験で、「相手を信用する」傾向のある方の方が幸福感が高く、メンタルヘルスは良好です。信頼しない習慣をつけると、多かれ少なかれ人間関係は壊れてしまいます。たまには裏切られることもあるかもしれませんが、相手を信頼して物事を進める習慣をつけていきたいものです。

信頼関係が築けない原因は3つ

信頼関係診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「信頼関係診断」をしてみましょう。

信頼関係診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
お互い助け合って生きることが大事だ
2.
困ったらお互い様だと思う
3.
利害関係抜きで付き合う
4.
私のスタンスは性善説である
5.
困っている人がいたら積極的に助ける
6.
辛そうにしている人に気が付く
7.
仲間を励ますことができる
8.
暖かい雰囲気で人と接する
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

信頼関係‐診断 注意事項
・当信頼関係診断は精神保健福祉士川島の監修の元作成しました
・医療的な診断を行うものではありません
・予備調査の段階となります
・参考程度にご使用ください

以下、信頼関係診断についての、作成手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

尺度作成の趣旨
現代社会では、主にスマフォーとフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、会話について誤った努力をしてしまう可能性があります。

そこで弊社では、メンタルヘルスやコミュニケーションの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

信頼関係診断作成の条件
尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・断定はしない あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を明示する

 

①尺度作成について概観
信頼関係は心理学的には「他者信頼感」「自己信頼感」など「信頼」のサブテーマとして扱われることが多く、「関係」を計る尺度はあまり見当たらない。近接概念としては、「協調性」「調和性」はビックファイブの1つであり、研究としては豊富に存在する。まずは信頼関係に近接する先行研究を概観する。

 

先行研究ⅰ
姜(2014)は、大学生,計494名を対象に信頼感尺度の作成を行った。その結果、「他者信頼」「自己信頼」「相対的自己信頼」の 3因子が抽出され、自己信頼のなかに、他者と比較して自
己信頼を得る「相対的自己信頼」の側面があることを抽出した。

先行研究ⅱ
泓等(2007)は、高校の生徒666名を対象に、「信頼されている」と感じられ「被信頼感」について調査した。具体的には父親・母親・親友からの被信頼感尺度を作成した。その結果,被信頼感の感覚は「被信用」「被期待」「被共通」「被満足」「被受容」の5つの因子から成り立つことが明らかとなった。その結果、
・性差においては,女子が男子より高い被信頼感を示した
・親友からの「被信用」が他人を信頼することに結びつく
・親友の存在の重要性
・男子において母親による満足感が感じられていることが他人を信頼することに影響する
ことが分かった。

先行研究ⅲ
登張(2015)等は多面的な協同性の尺度について大学生を対象に作成した。その結果、協調的問題解決、調和志向、非協調志向、協力志向の4下位尺度からなる多面的協調性尺度を作成した。協調的問題解決と協力志向は、個の認識・主張、安定した愛着関係、ボランティア活動の経験等と関連があった。調和志向は個の認識・主張と負の相関を示した。

 

② 尺度抽出について

このように信頼関係については、現在までに様々な角度から検討がされている。尺度の作成についてはこれらの近接する論文・学術書と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。

 

参考文献
信頼感が友人関係満足に及ぼす影響についての検討
姜 信善・南 朱里 人間発達科学部紀要 第9巻第 1号:1-15 2014

高校生の被信頼感が信頼感に及ぼす影響について
泓 厚子 緒賀 郷志 岐阜大学教育学部研究報告. 人文科学 56(1), 215-224, 2007

多面的協調性尺度の作成と大学生の協調性 登張真稲 名尾典子 首藤敏元 大山智子 木村あ 人間科学研究 (37), 151-164, 2015

対人信頼感尺度の作成および信頼性と妥当性の検討に関する研究
堀井 俊章 日本性格心理学会発表論文集 2(0), 34, 1993

Gough, H. G., & Heilbrun, A. B.The adjective
check list mannual. 1983 ed. Palo Alto, CA: Con
sulting Psychologist Press.

 

③ KJ法によりグルーピングを行い
  4グループにまとめ、ラベリングを行った
  WEB対応簡易型信頼関係尺度とするため
  4グループ質問項目についてそれぞれ2項目採用した

  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
   採用するが今回は川島の判断で選択した

  *採用した項目は一部表現を改変した
  *結果として「協調性」尺度と近い構成となった

 

*信頼関係思考
お互い助け合って生きることが大事だ
困ったらお互い様だと思う
利害関係抜きで付き合う
私のスタンスは性善説である

*他者への協調性
困っている人がいたら積極的に助ける
辛そうにしている人に気が付く

*言語・非言語スキル
仲間を励ますことができる
暖かい雰囲気で人と接する

 

④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず
  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した
  
  ・5件法
  ・33~40  信頼関係‐構築力高い 
  ・26~32  信頼関係‐構築力やや高い 
  ・20~25   信頼関係‐構築力やや低い
  ・8~19    信頼関係‐構築力低い
  
の4段階とする。優劣はないため、結果については長所と注意点の2方面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己決定できるように記述を行う。

 

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

  →読み物としてのつまらなくならないように
   ラベリングはキャッチーに作成した

 

診断結果 
・33~40信頼関係‐構築力高い 

※長所
信頼関係の構築力が高いと言えます。優しい言葉がけをすることで、信頼関係を構築することが得意だと言えます。相手が疲れている時はいち早く察知して、悩みがないか?声をかける方も多いでしょう。チームの結束を固める上で、あなたがいると集団がまとまると言えます。他者の心の動き繊細に感じ取るので、援助職など高度な仕事にも向いていると言えそうです。相手の肯定的な面を見つけ、信じることができる方は、同時に自己肯定感が高いことも分かっています。是非この習慣を続けていきましょう。

 

※注意点
信頼関係の構築力が高すぎると、対人関係において「過剰適応」という問題に発展することがあります。過剰適応とは必要以上に相手に合わせすぎて、ストレスをためてしまう状態を意味します。特に、相手が非倫理的な場合に、頑張って信頼関係を築こうとする場合は注意が必要です。時には、距離をとることもOkと気を付けましょう。

 

・26~32  信頼関係‐構築力やや高い
※長所
信頼関係の構築力はやや高いと言えます。優しい言葉がけをすることで、信頼関係を構築することが得意だと言えます。相手が疲れている時は察知して、悩みがないか?声をかける方も多いでしょう。チームの結束を固める上で、あなたがいると集団はまとまると言えます。相手の肯定的な面を見つけ、信じることができる方は、同時に自己肯定感が高いことも分かっています。是非この習慣を続けていきましょう。

 

※注意点
信頼関係の構築力は健康的なレベルですが、まだ伸びしろがある状態です。チームプレイが重視される職場や環境にいる場合は、もう少し信頼関係の構築力を高めても良いかもしれません。興味がある場合は以下のコラムも参考にしてみてください。

 

・20~25  信頼関係‐構築力やや低い
※長所
信頼関係は健康的なレベルですがやや低い傾向にあります。周りに適度に気遣いすることができます。相手を信じすぎないことで、危険人物をいち早く察知して、回避することができます。特に現代社会では環境によって、信じすぎることで危険な目にあう可能性もあります。その意味で、慎重さが役に立つ場面もあると言えそうです。

 

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。信頼関係を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し信頼関係をつけたい・・という方は参考にしてみてください。

 

・8~19    信頼関係‐構築力低い
※長所
信頼関係は低い傾向にあります。相手を信じすぎないことで、危険人物をいち早く察知して、回避することができます。特に現代社会では環境によって、信じすぎることで危険な目にあう可能性もあります。その意味で、慎重さが役に立つ場面もあると言えそうです。

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。信頼関係を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し信頼関係をつけたい・・という方は参考にしてみてください。

 

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

 

信頼関係の構築力(MAX 40)

信頼関係の構築力(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど、信頼関係を構築する力があることを示しています。以下の基準を参考にしてください。

・33~40   信頼関係の構築力高い
・26~32   信頼関係の構築力がやや高い
・20~25  信頼関係‐構築力やや低い
・8~19    信頼関係‐構築力低い

信頼関係の構築力(MAX 40)

信頼関係の構築力(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群に当てはまった方は注意しましょう。

  ・20~25   信頼関係‐構築力やや低い
  ・8~19     信頼関係‐構築力低い

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 岡山県 38 1
    2 富山県 37 1
    3 群馬県 36.75 4
    4 福井県 36 1
    5 滋賀県 35.67 3
    6 福島県 35 1
    7 宮崎県 34.67 3
    8 青森県 34 1
    8 栃木県 34 1
    8 岩手県 34 1
    8 鹿児島県 34 1
    12 大阪府 33.25 4
    13 広島県 33 1
    14 岐阜県 32 1
    15 兵庫県 31.8 5
    16 東京都 31.67 33
    17 茨城県 31.5 2
    18 神奈川県 31.17 18
    19 長崎県 31 2
    19 高知県 31 3
    19 三重県 31 2
    22 埼玉県 30.75 8
    23 千葉県 30.69 13
    24 静岡県 30 1
    25 奈良県 29.5 2
    26 京都府 29.33 3
    27 北海道 29.1 10
    28 愛知県 28.91 11
    29 長野県 28.67 3
    30 宮城県 28.5 2
    31 徳島県 28 1
    32 山形県 26 2
    33 熊本県 24.33 3
    34 佐賀県 23.5 2
    35 福岡県 19.5 2
    36 秋田県 17.5 2
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 滋賀県 40 1
    2 富山県 37 1
    3 宮崎県 36 1
    3 京都府 36 1
    5 茨城県 34 1
    5 鹿児島県 34 1
    7 兵庫県 33.67 3
    8 群馬県 33.5 2
    9 東京都 33.13 16
    10 広島県 33 1
    11 神奈川県 31.14 7
    12 埼玉県 31 3
    12 千葉県 31 3
    14 大阪府 29.5 2
    15 愛知県 29 1
    16 北海道 28 5
    17 長野県 27.5 2
    18 熊本県 24.33 3
    19 佐賀県 23.5 2
    20 福岡県 14 1
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 群馬県 40 2
    2 岡山県 38 1
    3 大阪府 37 2
    4 福井県 36 1
    5 福島県 35 1
    6 宮崎県 34 2
    6 青森県 34 1
    6 栃木県 34 1
    6 岩手県 34 1
    10 滋賀県 33.5 2
    11 岐阜県 32 1
    11 三重県 32 1
    13 神奈川県 31.9 10
    14 長野県 31 1
    14 高知県 31 3
    14 長崎県 31 2
    17 千葉県 30.6 10
    17 埼玉県 30.6 5
    19 東京都 30.29 17
    20 北海道 30.2 5
    21 静岡県 30 1
    22 奈良県 29.5 2
    23 茨城県 29 1
    23 兵庫県 29 2
    25 愛知県 28.9 10
    26 宮城県 28.5 2
    27 徳島県 28 1
    28 山形県 26 2
    28 京都府 26 2
    30 福岡県 25 1
    31 秋田県 17.5 2

2018年7月18日から調査を開始しています。現在集計中です。

※長所
信頼関係の構築力は高いと言えます。優しい言葉がけをすることで、信頼関係を構築することが得意だと言えます。相手が疲れている時はいち早く察知して、悩みがないか?声をかける方も多いでしょう。チームの結束を固める上で、あなたがいると集団がまとまると言えます。他者の心の動き繊細に感じ取るので、援助職など高度な仕事にも向いていると言えそうです。相手の肯定的な面を見つけ、信じることができる方は、同時に自己肯定感が高いことも分かっています。是非この習慣を続けていきましょう。

※注意点
信頼関係の構築力が高すぎると、対人関係において「過剰適応」という問題に発展することがあります。過剰適応とは必要以上に相手に合わせすぎて、ストレスをためてしまう状態を意味します。特に、相手が非倫理的な場合に、頑張って信頼関係を築こうとする場合は注意が必要です。時には、距離をとることもOKと気を付けましょう。

※長所
信頼関係の構築力はやや高いと言えます。優しい言葉がけをすることで、信頼関係を構築することが得意だと言えます。相手が疲れている時は察知して、悩みがないか?声をかける方も多いでしょう。チームの結束を固める上で、あなたがいると集団はまとまると言えます。相手の肯定的な面を見つけ、信じることができる方は、同時に自己肯定感が高いことも分かっています。是非この習慣を続けていきましょう。

※注意点
信頼関係の構築力は健康的なレベルですが、まだ伸びしろがある状態です。チームプレイが重視される職場や環境にいる場合は、もう少し信頼関係の構築力を高めても良いかもしれません。興味がある場合は以下のコラムも参考にしてみてください。

※長所
信頼関係の構築力は健康的なレベルですがやや低い傾向にあります。周りに適度に気遣いすることができます。相手を信じすぎないことで、危険人物をいち早く察知して、回避することができます。特に現代社会では環境によって、信じすぎることで危険な目にあう可能性もあります。その意味で、慎重さが役に立つ場面もあると言えそうです。

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。信頼関係を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し信頼関係をつけたい・・という方は参考にしてみてください。

※長所
信頼関係の構築力が低い傾向にあります。相手を信じすぎないことで、危険人物をいち早く察知して、回避することができます。特に現代社会では環境によって、信じすぎることで危険な目にあう可能性もあります。その意味で、慎重さが役に立つ場面もあると言えそうです。

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。信頼関係を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し信頼関係をつけたい・・という方は参考にしてみてください。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション能力勉強会のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

信頼関係を築けない3つの解決策

それではここで、信頼関係を築けない原因と解決策について考えていきましょう。解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①信頼関係=根拠なしでも信じる勇気!

相手を疑う人は注意
相手を信頼できない・・・すぐに疑ってしまう・・・という方は、確実な根拠を人間関係に求めてしまいます。例えば、異性のメールを確認したくなったり、やたらと契約を結びたがる方は少し注意が必要です。

信頼関係=勇気
信頼する習慣を身に付けるには、「根拠を求めず信頼する」ということから始めているといいでしょう。え?根拠がないのに信頼なんてしていいの?と感じる方もいらっしゃると思います。人を疑うことが多い・・・という方はコラム②で詳しく解説します。

②社会心理学の4つの理論で信頼度UP

信頼されない態度
ようやく相手を信頼することに決めたとしても、今度は自分も相手に信頼される必要が出てきます。しかし、気付かないうちに自分の振る舞い方が他人にとっていまいち信頼しにくくなっていることがあるかもしれません。

信頼度UPのポイントを知ろう
社会心理学においては信頼関係について様々な研究がなされています。具体的には①互いの類似性②互いの相補性③外見的魅力④自己開示の4つが重要です。例えば、「共通点」があると親近感を抱きやすく互いを肯定的に捉える傾向があると言われています。4つの理論に興味がある…という方はコラム③の解説に取り組んでみてください。

③裏切られるまで1度は信頼法

性悪説は信頼関係に不利
世の中には信頼できない人間も確実に存在します。相手が自分を騙そうとしていないか?搾取しようとしていないか?と疑うのも、自衛のためには必要なことです。しかし、いつでも誰でも疑うことは自衛とはいえず、貴重な協力関係を逃してしまうことにもなります。

信頼関係は性善説が鍵
貴重な信頼関係を築く機会を逃さないために、まずは信じ続ける事がとても大切です。当コラムでは、先ほどご紹介した囚人のジレンマの戦略から、信じることのメリットやコツをご紹介します。人を信じても自分にはメリットがないのでは…と感じている方は、コラム④の解説で確認していきましょう。

相手と良好な信頼関係を築こう

信頼関係が築けない原因には「信頼に根拠を求める」「信頼されない態度」「性悪説を取る」の3つが大きく関わっていることがわかりました。

次回以降は、これら3つの原因それぞれの対処法として、信頼関係を築く方法をご紹介します。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、信頼関係を築く方法の1つ目「信頼関係=根拠なしでも信じる勇気」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★信頼関係を築くため、3つの原因に具体的な解決策で対処しよう

*出典・参考文献
・石田靖彦(1998). 友人関係の親密化に及ぼすシャイネスの影響と孤独感 社会心理学研究 14( 1). 43-52,
・Casioppo, J. T., & Patrick, W. (2008). Lonliness : Human Nature and the Need for Social Connection. (カシオポ, J.T, & パトリック, W. 柴田裕之 (訳) (2010). 孤独の科学 ――人はなぜ寂しくなるのか―― 河出書房新社)
Baumeister, R. F., Twenge, J. M., Nuss, C. K. (2002). Effects of social exclusion on cognitive processes: Anticipated aloneness reduces intelligent thought.  Journal of Personality and Social Psychology, 83(4), 817-827.

Journal of Economic Behavior & Organization Volume 92, August 2013, Pages 163-175
Prisoners and their dilemma MenuschKhadjaviAndreasLange



3つの原因と解決策を知ろう