ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
人間関係 >
恨みが消えない方へ,晴らす方法

日付:

恨みが消えない方へ,晴らす方法

皆さんこんにちは。
公認心理師の川島達史です。私は現在初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。

今回のお悩み相談
「恨みが消えない」

恨みが消えない,晴らす方法

相談者
29歳 女性

お悩みの内容
私は中学生の頃、いじめにあっていました。内容は伏せますが、人としての自尊心をとにかく踏みにじられた気持ちです。

その影響からかどうしても人間不信になってしまい、人との関係がうまく築けません。

最近、私をいじめていた人たちをSNSで見つけてしまうことが多く、楽しそうにしている姿を見ると恨みを晴らしたい衝動にかられます。

私はどうすればいいでしょうか。

相談者の方から切実な思いを伝わってきました。誰かから理不尽な扱いを受けたとき、私たちの心は、暗くすさみ、納得できない気持ちでいっぱいになりますね。

恨みは攻撃性を帯びしている感情です。仕返しをしたくなったり、それが叶わなければ身近な誰かにぶつけてしまうことすらあります。

攻撃をしてしまったら、傷つくのは結局は自分になります。自分を守ってほしいです。当コラムでは恨みを健康的に処理するという視点から解説をしていきます。

恨みの意味とは

まずはじめに、恨みとはとのような感情なのか?基本的な知識を抑えておきましょう。

恨みは長期化しやすい

恨みは人生に長く影響していきます。心理学者の山野(1987)は、恨みを次のように定義しています。

だれかにひどい仕打ちをされて不快になった思いを、辛抱し続けた結果でてくる感情

つまり、恨みとは不快な出来事からすぐに生まれるわけではなく、ある程度時間が経過して生まれる感情のようです。

この意味で恨みを人生の必要な時期で折り合いをつけないと、長期的にマイナスの影響になると言えそうです。

 

恨みが起こりやす状況

鈴木(2018)の研究によると、恨みは3つの条件で起こりやすいことが分かっています。

・許せなさ
相手を許せない気持ちがあるときに起こります。自分の大事なものを奪った、快楽のために使われた、人間的な扱いを受けなかったなど非倫理的な行い、理不尽な行いがあるときに人は相手を許せなくなります。

・どうしようもなさ
一方で恨みは過ぐには解消できない事情があったりします。例えばいじめの問題であれば、仕返しをすればいじめが増長してしまうことがあります。恨みが長期化するのはすぐに解決できないという事情もあります。

・不公正感
自分だけが不幸な目に合っている、自分だけは不利益を被っていると感じる場合に恨みは大きくなります。例えば、みんなで頑張って達成したプロジェクトなのに、自分だけボーナスが出ないなどが挙げられます。

 

様々な悪影響

恨みの感情は私たちの生活に様々な悪影響をもたらします。いくつか研究を紹介します。気になる項目があったら展開してみてください。

敵意≒恨み感情として生活の質(Quality of life; QOL)との関連をみていきます。

橋本ら(2008)は、286名の大学生を対象に、敵意とQOLの関係を調査しました。調査の結果、敵意がすべてのQOLの項目と、負の関係にあることが分かりました。

敵意とQOLとの相関係数

当コラムに当てはめると恨みを持つことによって、自分自身の生活の質が下がると言えるのです。

澤田(2013)は小中学生を対象に、いじめの心理について調査を行いました。その結果、

恨み感情が強い子どもは
いじめに参加する「いじめ支援者」
いじめに積極的に加わる「いじめ強化者」
になりやすいことが分かりました。

*( )内の数値が他群と比較した相対的な結果です。

恨みが強い子のいじめの特徴恨みは負の連鎖になることが多く、いじめ、他者への攻撃に繋がり、恨みが恨みを呼ぶことが多いのです。

恨みは歯止めがきかなくなると犯罪につながる事もあります。法務省が公開している研究報告からご紹介します。

この研究では、殺人を犯した52名(51名男性:1名女性)の犯行動機の内訳を表しています。以下の図をご覧ください。

殺人理由に関する法務省の統計

この研究報告では、犯行動機の第2位に「他者に対する恨みや怒りを晴らす」とあります。

加えて第1位の「自分の現状に対する不満」に関しても、社会や周囲に分かって欲しいという気持ちが、恨みの感情につながるとも読み取ることができます。

 

恨みを晴らす7つの方法

ここからは恨みを改善する方法を考えていきたいと思います。具体的には以下の7つを提案させて頂きます。

・自分を大事にする決意
・サポート体制を整える
・悩みを書き出し心を整理する
・アンガーマネジメント力をつける
・反芻をやめる,適度に思考を止める
・昇華で前向きな活動に向ける
・可能であれば気持ちを伝える

恨みは強い感情のため、すぐ解決できるということはありません。一方で、丁寧に対処して1つ1つ整理していけば乗り越えていける感情であるとも思います。

使えそうだなと思うものがあったら参考にしてみてください。

 

自分を大事にすると決意

まずはじめに、自分を大事にすることを決意しましょう。恨みをそのまま誰かにぶつけていると、大概の場合は自分にとっても不幸な結果になってしまいます。

暴言を吐く、物理的な行動にでる、物を壊す、自傷行為をすることがないように気を付けましょう。

まずは恨みから自分自身を守る!と堅く決意をしてください。

恨みから自分を守る

サポート体制を整える

恨みが大きければ大きいほど、その気持ちと向き合うリスクは大変なものとなります。一人で抱え込むのではなく、親しい友人や家族の支えが大事になってきます。

また専門のカウンセラーと一緒に乗り越えていくことも有効です。こちらの臨床心理士のサイトなども参考にしてみましょう。

さらに、人とだけでなく、ホッとできるような本をたくさん用意しておくことも大事です。恨みをうまく処理できた方の自伝や、名言集などが手の届く範囲にあると安心できると思います。

最近はYouTubeもよく上がっているので、いじめを解決し、前向きに生きている人の動画などはオススメです。

 

悩みを書き出し心を整理する

恨みと向き合う時期は、自分のタイミングが大事です。メンタルヘルスが悪い時には、無理に向き合う必要はありません。比較的穏やかで心に余裕がある時期に向き合うようにしましょう。

向き合えると感じたら、日記など文字に書いて気持ちを整理していくことをオススメします。心理学の世界には「カタルシス効果」という言葉があります。

カタルシス効果とは、悩みを吐き出すことで心が整理され、改善されていく効果を意味します。悩みを整理するだけでも心が軽くなることはよくあります。少し書いてみて、すっきりする感覚がある方は続けてみてください。

カタルシス効果

 

アンガーマネジメント力をつける

恨みは攻撃性、怒りといった強い感情に結びつきやすいです。そして人生を崩壊させてしまうのは、これらの強い感情です。

強い恨みほど、自分自身の人生も傷つけてしまいます。怒りのコントロールのやり方を、ぜひ学んでおきましょう。以下のコラムを参考にしてみてください。

アンガーマネジメント

 

反芻をやめる

心の整理は、1日の決められた時間に限定することが大事です。心理学の世界では「ネガティブ反芻(はんすう)」という言葉を使うことがあります。

ネガティブ反芻とは、何度も繰り返し嫌な出来事を思い出してしまうことを意味します。ネガティブ反芻が多い方は、1度の体験を何度も自分の頭の中で再体験してしまい、抑うつ感を高めてしまうことがあります。

反芻をやめる対策のひとつに、ある程度区切りをつけて、別のことを考える「思考ストップ法」があります。何度も思い出してしまう…という方は以下のコラムを参考にしてみてください。

思考停止法,ストップ法

恨みに気がつく

 

昇華で前向きな人生に活かす

昇華は、自分の中で受け入れがたい欲求があった時に、社会的に望ましい方向に変化させ発散させていく心の働きのことです。たとえば、いじめにあった経験があったとします。

恨み⇒マイナスに使う人
いじめの経験に恨みをもち、暴言などを吐くなど攻撃的になります。結果的に、恨みから自分もマイナスの状況になってしまいます。

恨み⇒昇華できる人
いじめの経験から、いじめのない社会をつくるための勉強を始めたとしたら、社会貢献のための活動の原動力にできます。

このようにマイナスの心理をプラスの行動に役立てることを昇華と言います。恨みの感情を抱いた時は、ポジティブな出来事へ変えるチャンスにもなるのです。

*例を示しながら動画解説もしています。

 

可能であれば気持ちを伝える

恨みは多くは、過去の出来事のため、相手との関係が終わっていることもよくあります。一方でもし相手との関係が続いていたら、きちんと気持ちを伝えることも大事です。

あなたはあなたの心の権利を守ることができます。相手に傷ついた気持ちをきちんと伝え、主張することも大事にしましょう。

嫌なことをされても我慢してしてしまうことが多い方は以下のコラムを参考にしてみてください。

アサーティブコミュニケーションの基礎

 

まとめとお知らせ

まとめ

実は私、奥さんから恨まれていたことがありました。それは立ち合い出産ができなかったということです。研修と重なってしまったということもあったのですが、私は仕事を優先してしまいました。

奥さんに気持ちを告げられ私はすごく反省しました。ちゃんと言われて良かったなと感じています。今は失った信頼を取り戻そうと、パパとして頑張っています。

恨みは健康的な形で吐き出せば、きっと前向きな未来につながる感情に昇華できると思います。応援しています。

 

講座のお知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・暖かい人間関係を築く練習
・心を整理する心理療法の学習
・アサーション,自己主張訓練

などをを行っていきます。興味がある方は下記のお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています。

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
・土井建郎(2007)「甘え」の構造, 弘文堂 
・神谷慶, & 幸田るみ子. (2016). 大学生の抑うつにおける自動思考とネガティブな反すうの関連. ストレス科学研究, 2016005.
・澤田匡人・中野信子(2015)正しい恨みの晴らし方,ポプラ社.
・澤田匡人. (2013, July). PD-012 いじめ被害者に対する妬みと恨みが参加役割に及ぼす影響: いじめ被勧誘者の態度に基づく類型化を通じて (人格, ポスター発表). In 日本教育心理学会総会発表論文集 第 55 回総会発表論文集 (p. 275). 一般社団法人 日本教育心理学会.
・鈴木拓朗. (2018). 「恨み」 とは何であるのか?. 感情心理学研究26(Supplement), ps34-ps34.
・橋本空, & 織田正美. (2008). 大学生における攻撃性と Quality of Life の関連性. 健康心理学研究21(2), 49-56.
・山野保(1987)「恨み」の心理―その洞察と解消のために,創元社