>
>
>
笑う効果とは?美容,免疫,健康,ストレス

笑う効果とは?美容,免疫,健康,ストレスへの影響を解説

皆さんこんにちは!公認心理師,精神保健福祉士の川島達史です。

今回のテーマは
「笑う効果」
についてです。

先延ばし 

目次は以下の通りです。

・笑うことの効果
・笑いの3つの原則
・笑う機会を増やす方法4つ

皆さんが1つでも笑う回数が増えるように心を込めて執筆。是非最後までご一読ください。

笑う効果

「笑う門には福来る」という言葉があります。笑うことは人生において良い効果を与えてくれることは、昔の人も経験的に感じていたのだと思います。

笑うことについては、これまでたくさんの研究が積み上げられてきました。以下研究を参照ください。

 

好印象になる

よく笑う人は好印象で見られます。

梅野(2015)は大学生230名に対して、非言語コミュニケーションと好感の関係について調査を行いました。採点の結果、印象形成で最も好感に効果がある要素は「笑顔」であることが分かりました。

 

好感をもたらす非言語コミュニケーションに関する研究


・笑顔       ⇒平均3.7
・目の表情     ⇒平均3.1
・髪色       ⇒平均2.8
・ボディタッチ   ⇒平均2.4

印象を良くするためには、髪形や服に時間をかける人は多いのではないしょうか。それ同じくらい笑うことも相手への印象形成に関係するということです。

 

笑う人の周りには人が集まる

ユーモアのある人の周りには人が集まります。

Scott,Cら(1990)は、1157世帯の家庭に、「ピクニック参加に関する」についてチラシを配布しました。このチラシには以下の3つの種類があります。

1.ユーモラスな漫画が描かれたチラシ
2.ユーモアはないイラストが入ったチラシ
3.イラストもユーモアもないチラシ

それぞれの種類で、どのように説得率が変わるかを調査しました。その結果が以下の図です。

誘い方 研究

図のように、ユーモア条件の方がイラスト条件・イラストもユーモアもなしよりもグラフが伸びています。約20%もユーモラスな漫画を入れた方が参加してくれる率が高かったのです。

つまり笑いは相手から「YES」をもらう上でとても重要であると言えそうですね。

 

免疫力が向上する

よく笑う方は免疫が強くなります。

西田、大西(2001)は、参加者27名に、笑いが免疫機能にどのような効果を及ぼすか調査を行いました。

調査では、参加者に落語を聞いてもらった後、

・NK細胞の活性
・お笑いのレベル

の2つを確認するアンケートを実施しました。

医学的にNK細胞が活性化すると、免疫機能を高まることが分かっています。

調査の結果が以下の図です。

笑いとNK細胞活性の変化

笑いを実感したグループの方が、
「NK細胞が上昇」
していることが分かります。

つまり、笑いのレベルが高いほど、NK細胞の上昇も高くなるということです。今回の研究から、笑うことが、がんや感染症を予防する要素につながるといえそうです。

 

不安・緊張が和らぐ

よく笑う方は不安や緊張が低い傾向にあります。

渡辺ら(2015)の研究では、笑うことが気分に与える影響を調査しています。研究では、女子大学生60名を4つのグループに分けました。

今回はその中の1つである「面白いビデオを自由に見てもらうグループ」の結果を抜き出して解説します。面白いビデオを見る前と見た後の気分の変化を調査しました。

「緊張・不安」の結果を見ていきましょう。結果は以下の通りです。

このように、ビデオを見る前よりも見た後の方がグラフが低いことが分かります。つまり、笑うことはリラックス効果をもたらし、緊張をほぐしてくれると言えそうです。

 

怒り・敵意が和らぐ

笑顔な人は怒りや敵意が少なくなります。

渡辺ら(2015)の研究では、笑うことが気分に与える影響を調査しています。研究では、女子大学生60名を4つのグループに分けました。

今回はその中の1つである「面白いビデオを自由に見てもらうグループ」の結果を抜き出して解説します。面白いビデオを見る前と見た後の気分の変化を調査しました。

「怒り・敵意」の結果を見ていきましょう。結果は以下の通りです。

こちらも同様に、ビデオを見る前よりも見た後の方がグラフが低いことが分かります。笑うことは攻撃性を緩め、敵対心を下げてくれると考えられます。

 

笑うの基本は体調を整える事

 

生活に笑いを増やす方法

このように笑顔を増やすと、肉体的にも精神的にも健康的になれます。それでは、生活に笑顔を増やすにはどうすれば良いのでしょうか。方法は以下の3つです。

表情を笑顔にする

笑いが起こるメカニズムには諸説ありますが、有名なものにジェームズ=ランゲ説というものはあります。ジェームズ=ランゲ説とは、以下のような説です。

身体の変化によって生まれる感情が変わってくる

つまり、身体に動きが起きた結果、沸き起こる感情が変化するという理論です。ざっくりいうと、「笑うから楽しいのだ」という考え方になります。例えば、次の2つを比べてみてください。

「体調がいい、バランスの良い食事、質の高い睡眠」
        ↕
「微熱ぎみ、ファストフードが3日続いた、寝不足」

どちらの方が笑うことが増えそうでしょうか。

おそらく前者ではないでしょうか。心と身体はつながっていますので、心だけでなく、身体からのアプローチも有効と考えることができます。

笑顔トレーニングをより深く知りたい方は下記をご覧ください。

笑顔の作り方とスマイル練習トレーニング法

 

心を笑顔にする

もう一つ、笑うことの仕組みとして、認知評価説を見ていきましょう。認知評価説は、

どう考えるかによって感情に影響を与える

という説です。ある物事について“大きな失敗”と評価すると、人は「悲しみ」や「くやしさ」を感じると言われています(Lazarus, 1993)。

たとえば、
自宅の倉庫に車をぶつけてしまった!とします。この時、
「取り返しがつかない失敗をしてしまった!」

と評価すると、悲しいという感情が起こります。

「ぐぬぬぬ・・・・
 ぶつけてしまったことは良くないけど、
 一生もののネタができたわ!」

と評価すると、さほど悲しい感情は起こりません。このように、同じ出来事でも、前向きでポジティブに捉える手法をリフレーミングと言います。

リフレーミング力をつけると心を笑顔にする力を高めることができます。より深く知りたい方は下記をご覧ください。

リフレーミングの意味とは?やり方

 

ユーモアを持つ

笑うことを増やすにはユーモアを持つようにしましょう。ユーモアがあると、なんでもない雑談も笑いに変えることができ、日常の中で笑顔の量を増やすことができます。

ユーモアを育むには様々な理論がありますが、3つのコツをお伝えします。

それぞれ気になる項目を展開してチェックしてみてください。

ユーモアを持つためには、常識とは異なった出来事を探すことが大事になります。

例えば、

・ズボンのチャックが開放されている
・眼鏡をかけているのを忘れて眼鏡を探す
・なぜか小指だけ異常に長い

などが挙げらえます。

日常の中にちょっと変な部分を見つけられると、笑いを起こしやすくなりますよ。

インテンションとは、この話を笑いに変えるぞ!という話し手の意図です。どんな話題にも面白さを見いだそうとする姿勢は、笑いを生み出す上でとても重要です。

例えば、

・雑談で1つはユーモアを使おう
・あいさつに+でギャグを入れよう
・プレゼンに笑いの要素を盛り込もう

など日常の様々な場面で笑う体験を増やそうとする意識がとても大切です。

とても基本的なことですが、ズレとインテンションを理解して笑ってくれる人が必要です。ただ、これは必ずしも他人でなくてもOKです。自分で言って、自分で笑うという裏技もアリでしょう。

例えば、タレントのローラさんは「OK~!」というセリフで有名ですが、その後に自分で笑ってしまっています。とにかく自分のズレとインテンションで少しでも笑いを起こすことが大切です。

すると、つられて笑う人も増えていき、雪だるま式に笑いを増やしていくのです。

笑うコツを解説

まとめとお知らせ

まとめ

笑うことは身体の健康にもメンタルへルスにも、良い影響を与えます。

場の空気も柔らかくなるので、人間関係も良くなりやすいです。そのため、自分からユーモアを作ったり、日々笑いを感じられるようにしていくことが大切です。

ぜひ、ご紹介した方法を活用して笑いの多い日々を送ってくださいね。

お知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・笑顔の練習
・ユーモアを作る方法
・楽しく会話する技術

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。ぜひお待ちしています。

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・甲斐 裕子 永松 俊哉 山口 幸生  徳島 了 (2011)余暇身体活動および通勤時の歩行が勤労者の抑うつに及ぼす影響. 体力研究, 109, 1-8.
・早川東作 2014 表情フィードバック仮説を応用した笑顔装着具による気分の落込みの改善効果の検証. 科学研究費助成事業研究成果報告書, 課題番号23653197.
・梅野(2015)好感をもたらす非言語コミュニケーションに関する研究 目白大学大学院 修了論文概要
・西田 元彦, 大西 憲和(2001)笑いとNK細胞活性の変化について,8 巻 p. 27-33