ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
ビジネスコラム >
印象操作する人に騙されない方法

日付:

印象操作する人に騙されない方法

皆さんこんにちは。ビジネスコミュニケーション講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回のお悩み相談は「印象操作されやすい」です。

相談者
34歳 女性

お悩みの内容
私は自分で考えるのが昔から苦手で、すぐに信用して流されてきました。今まで、高額の美容器具を衝動買いしてしまう、マルチの勧誘に引っかかる、コロナのデマを真に受けてSNSでリツイートしてしまう、など自分でも嫌になります。印象操作に騙されない方法があったら教えてください。

人のことを信用するのは素晴らしいことですが、重要なことについては、冷静に判断できると良いですね。当コラムでは、印象操作に騙されない方法を6つ紹介します。

①フレーミング効果を理解する
②逆の表現をする
③非言語情報をカットする
④裏の真意を読み取る
⑤期待値計算をしてみる
⑥複数の意見を聴く

印象操作に騙されない6つの方法

①フレーミング効果を理解する

印象操作に強くなるには、基礎としてフレーミング効果を学ぶことをおすすめします。フレーミング効果とは以下の意味があります。

環境的状況が同じでも、その心的構成の仕方によって、結果がことなる効果

例えば、これから投資を始めようと考えたとします。この時、

印象操作を解説

このように表現されたらどのような気持ちになりますか?前向きな表現で、うまく行った時のイメージが刺激されます。一方で下記のように、表現されたらどのような印象を受けるでしょうか。

 

印象操作を解説

Bは後ろ向きな表現で、失敗するイメージが先行します。少し躊躇してしまいますね。

この2つは全く同じことを言っているのですが、焦点の当て方によって随分印象が変わってくるのです。まずはこのような人間の心理を学ぶことが大事です。

フレーミング効果は大きく分けて4つの種類があります。余裕がある方は以下のコラムで理解を深めていきましょう。

フレーミング効果の意味とは

②逆の表現を追加する

相手の言い回しを、逆の表現にしてみましょう。たとえば

90%の人が満足している!
   ↓
10%の人は不満を漏らしている…

このように逆の表現を考慮すると、情報操作に気づくことができるでしょう。

 

③非言語情報をカットする

印象形成は言葉以外のノンバーバルな表現に影響を受けます。たとえば、以下のイラストをそれぞれご覧ください。

印象操作 非言語

太郎さんの話しを聞いた方は、今投資するのは危険!と感じると思います。一方で花子さんの話を聞いた方は、投資もありかも!と感じやすそうです。この2人は同じ内容を話しているにも関わらず、非言語で情報が歪んでいるのです。フレーミングと非言語表現を抜きにして、

投資の成功率20% 失敗率80%

とシンプルに情報だけを検討してみるのです。印象操作されやすい…と感じる方は、言葉の情報だけで考えてみるようにしましょう。

 

④裏の心理を読み取る

フレーミング効果は、相手の裏の意図を探る時に活用できます。

宝くじを買うと80%損をする
→宝くじ買わせたくない

宝くじを買うと20%儲かる
→宝くじを買わせたい

東京感染者3000人越、先週より70%増
→自粛させたい

東京感染者3000人越、先月より20%増
→自粛を終わらせたい

同じ言い方でも、角度によって相手の真意を読み取ることができます。裏の真意がわかると、相手がどう印象操作をしようとしているか、見抜くことができます。

 

⑤期待値計算をしてみる

印象操作を見抜きたい場合には、期待値計算が役に立ちます。期待値とは

確率を考慮した平均値

を意味します。例えば、以下の投資案件があったとしましょう。

・300万の投資
・1/30の確率で5000万円儲かる
・1/10の確率で100万円儲かる

この時、投資をすべきだと言えるでしょうか。以下の図は期待値計算の式を表したものです。

期待値計算 印象操作

この投資には300万円かかるので、176万円リターンするという期待値計算になります。つまり、投資すべきではないという判断ができますね。

現実的には明確に確率を計算できるケースは稀ですが、期待値計算はバランスの良い意思決定の基礎となるので、判断基準の1つとして重視することをおすすめします。

判断力を鍛えよう

 

⑥複数の人の意見を聴く

印象操作に影響されてしまう人は、自分だけの視点で判断する傾向があります。例えば、

高級バッグが今だけ50%OFF!
⇒誰にも相談せず、その場で衝動買い

ここだけの話、個人輸出ビジネスは100%儲かります!
⇒第三者の意見を聞かずに参加をする

などのケースが挙げられます。印象操作をされると、感情が揺さぶられ、視野が狭くなってしまいます。ここで自分の視点だけで判断してしまうと、情報を正しく読み取ることができず、損失を被ることも多いのです。

そこで、印象操作を見破るには、複数の人の意見を聴くことが大切です。特にその道に長けた中立的な方の意見を聞くようにしましょう。冷静で客観的な意見をくれると思います。

 

仕上げ動画

印相操作,フレーミング理論については動画でも解説しています。仕上げとしてご活用ください。

 

まとめ

現在社会は、情報の渦で、印象操作であふれています。情報を正しく見抜けないと、大きなお金を失ったり、カルト宗教に嵌ってしまったりします。皆さんが多角的な視野を持ち、有益な情報を取捨選択できるようになることを応援しています。

ビジネスコミュ力講座のお知らせ

公認心理師など専門家の元でしっかりビジネス心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・説得理論の基礎
・プレゼン練習
・交渉スキル
・あがり症の改善

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています(^^)

社会人講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→