>
>
>
会話が続かない人の特徴と原因・改善方法を専門家が解説

会話が続かない悩みを改善!会話入門①

はじめまして!講師の川島達史です。私は心理学の大学院で会話のトレーニング手法の研究を行ってきました。現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座で講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は私の研究テーマでもある「会話トレーニング」についてお話していきます。目次は以下の通りです。

  • 会話3つの応急処置
  • 入門①傾聴練習で会話上手
  • 入門②発話練習で会話上手
  • 入門③会話の展開力をつける
  • 会話と心理学研究
  • 診断・チェック

会話が続かない‐3つの応急処置

さっそくですがトレーニングに入りたいと思います。会話力をつけるには反復練習がかなり必要になってきます。筋トレと同じで、毎日継続してトレーニングする必要があるのです。

ただ…きっと皆さんはそんなまどろっこしいことはしていられない!すぐにできる解決策を教えてほしい!と感じていらっしゃると思います。そこでまずは、すぐにできる応急処置をお試しトレーニングとしてお伝えしたいと思います。会話が続かない原因と改善方法

応急処置① 傾聴と発話は40~60%を目指す

会話の基礎は「傾聴」と「発話」

まずは会話の基本的な構造から確認していきましょう。結論から言うと、会話は「傾聴」と「発話」の2種類から成り立っています。会話というと複雑に見えますが、シンプルに考えればこの2種類しかないのです。会話は傾聴と発話の2種類!とまずは押さえておきましょう。

聴き上手だけ…はNG

次に抑えおくべきは、会話の比率です。会話が続かない方はよく「質問責め」が癖になっていることがあります。会話が続かないので、とりあえず質問をして、相手に話させようとするのです。

巷では聞き上手本など売られていて、9割聴けばうまくいく…というような極端はほんがありますが、これは間違っていると断言しておきます。

健康的な会話は、発話40~60%,傾聴40~60%ぐらいが目安となります。くれぐれも、傾聴を9割しよう!なんて考えないように釘を刺させて頂きます。

応急処置② 傾聴は高級寿司を味わう感覚で!

傾聴の基本は話を細かくするイメージ

繰り返しになりますが会話は「傾聴」「発話」の2つから成り立っています。議論を進めて傾聴について考えていきましょう。傾聴する上でまず心がけることは「会話を細かくするイメージ」を持つことです。会話の性質は、大きな話題から小さな話題へと小さくなっていきます。

例えば

旅行とか行きますか?→鳥取です!
鳥取のどこですか? →倉吉です!
倉吉の観光名所は? →白壁土蔵群!

いかがでしょうか。

旅行鳥取倉吉白壁

こんな感じで話題は大きなものから小さな話題になっていきます。会話が続かない人は、大きな話題でストップしてしまいます。一方で会話がうまい人は大きな話題から小さな話題へ展開していくのがとてもうまいのです。話題は小さく聞いていく!!ということをまずは意識していきましょう

高級寿司を食べるイメージで聴こう!

ただし、会話を細かくしようと意識しすぎると、尋問になってしまいます。そこで大事なのが、一度出た話題をじっくり味わうことです。具体的には「高級寿司」を味わうようなイメージです。

例えば

旅行とか行きますか?
→鳥取です! 

こんな感じの会話があったとします。この後すぐに質問をするのではなく

鳥取ですかあ~
中国地方は景色がきれいですよね。
おもしろそうだなあ

こんな感じで相手の発言をしっかり味わう姿勢を持ちましょう。話題をころころ変える癖がある方は、このイメージを持つだけでかなり改善できます。具体的には動画で解説したのでよかったら参考にしてみてください。チャンネル登録もお待ちしています♪

応急処置③ 発話は「そんでもって」と唱える

1問一答はNG!

応急処置の最後に、「発話」について考えていきます。繰り返しになりますが、会話は4~6割は自分の話をした方が健康的です。話す力は会話において必須となります。

ここでいきなりですが、質問をさせてください。みなさんは

「お住まいはどちらですか?」

と質問をされたら、どのように返すでしょうか?普段の会話をイメージして話してみましょう。

 ↓
 ↓

いかがでしたか?

一番NGなのが
「東村山です・・・・・・・・・・・・(終了)」
と3秒で終えてしまう回答です。これでは会話が続かないのは当たり前です。。。会話においては

*質問はきっかけに過ぎない
*必ず話題を付け足す

ということを心がけてください。会話はサービス精神が大事になります。情報をやり取りしている会話はすぐに終わってしまいます。1問1答は、話す気がないのかな・・・と消極的印象を持たれてしまいます。まずは1問1答禁止令を自分の中で発動させましょう。

チェックしてみよう

「そんでもって」で結構改善できる!

「1問1答」を禁止!!と決意を固めましたあ?!決意が固まったら次に進みます。具体的にはどうすればもう少し長く話せるようになるのでしょうか。応急処置としては「そんでもって~」とつぶやいてみることです。

先ほどの例で言えば

「東村山です。(そんでもって)・・・・」とつぶやいてみてください

 ↓
 ↓

いかがでしょうか

 ↓
 ↓

何か言葉がでてきませんか?私で言えば

「東村山です。(そんでもって)東京なのにめっちゃめちゃ緑が多くて、田舎ですが住みやすいですよ。」

こんな感じで情報がプラスされました。もちろん言葉が出てこない方もいるかもしれないですが、私の経験上75%ぐらいは(そんでもって)とつぶやくだけで、1問1答は改善されます。1問1答になる癖がある方はぜひ試してみてくださいね。

会話の場面で考えてみよう

応急処置のまとめ

応急処置はいかがでしたか?最後にまとめてみたいと思います
40~60%の原則
・会話は発話と傾聴から成り立っている
・比率は40~60%を目指す
傾聴-話題をしっかり味わう
・傾聴は話題を小さくするイメージ
・高級寿司を食べているイメージ
発話-そんでもってで広げる
・一問一答はNG
・そんでもってで結構改善

まずは上記を意識するだけで随分改善できると思います。是非日常生活で試してみてくださいね♪

会話が続かない3つの改善方法

ここからはさらに具体的なスキルの紹介をさせて頂きます。応急処置は、とりあえず当座をしのぐためのスキルでしたが、本当に会話力をつけるためには、基礎からしっかり固めていく必要があります。ここからは本格的な解説になるので、何日かに分けて取り組んで頂けると幸いです。

会話スキルは大きく分けると「傾聴UP」「発話UP」「展開力UP」の3つのブロックとなります。リンク先には動画がたくさんあるのできっとお役に立てると思います(^^)

①傾聴力をつけよう
会話が続かない人は、会話の基本である「聴くスキル」が不足している可能性があります。聴くスキルがないと、相手との会話に無関心な印象を与えてしまい、話題が広がらなくなります。そのため、会話が続かない原因となってしまいます。コラム2では簡単にできるテクニックを、練習問題を交えながらご紹介していきます。

コラム2
・オウム返しの基礎
・要約のオウム返し
・褒め上手練習
・こだわりポイント発見法
聴き上手と言われるようになりたい…という方は、コラム②を参考にしてくださいね。

②自己開示で会話が続く!
会話が続かないことの背景には「相手によく思われたい」という気持ちがあり、自己開示が苦手な傾向があります。対処法としては、「自己開示」が有効です。その自己開示ができないから困っているんだ…と思われるかもしれません。そこで、自己開示のポイントを詳しく解説します。

コラム3
・5W発話法
・情報+感情法
・自分へ質問法
話を広げることが苦手だ・・・という方は、コラム③ぜひ参考にしてくださいね。

③ウイキペディア会話展開法
「何を話せばいいのかわからない」「沈黙が怖い…」などの悩みから、会話が続かないこともあります。改善のポイントは、話題づくりと関連性です。どんなに良い話題を見つけても、関連性がないと会話は続かなくなります。とはいえ、よく知らない相手に関連性を見つけるのは難しいですよね。

会話を続けるためには、相手の様子を見ながら関連する話題を提供し、徐々に相手との距離を縮めていくことが効果的です。当コラムでは、相手に関連する話題づくりのコツをご紹介します。ポイントは皆さんが使ったことがある「ウイキペディア」を応用したやり方です。ウイキペディアの原理を応用すると驚くほど会話を続けやすくなります。

コラム4
・ウイキペディア傾聴術
・ウイキペディア発話術
・練習問題にチャレンジ
すぐに会話が終わってしまう…という方は、コラム④をチェックしてくださいね。 

会話力UP講座について♪

ここで・・・30秒だけお知らせをさせてください♪ 私は、会話力を高め、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、実践的に会話のトレーニングをしたいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

会話が続かない簡易診断 

現在の自分の状況を把握したい方はこちらの診断をご利用ください。症状が重たいか軽いかによって、対応が異なりますので、一度診断してみることをお勧めします。
会話が続かない診断でチェック!⑤

会話に関する研究

会話力は孤独感や対人不安に影響

ここからは会話の原理について理解を深めたい方のコーナーとなります。社会心理学において「会話が続かない」悩みの改善は「ソーシャルスキル」という分野で研究が盛んです。ソーシャルスキルとは、会話を始めたり、会話を続けたり、初対面の方と話したりするスキルです。

相川(2005)はソーシャルスキルと心理的影響についての研究を行っています。その結果、ソーシャルスキルがある人は、孤独感が少なく、対人不安が少ない、関係開始がうまい、関係維持がうまいことがわかりました。

ソーシャルスキル自己評定尺度の構成図相川の研究から推測すると、会話が続く人はメンタルヘルスや人間関係が良好である傾向が高く、逆に会話が続かないとマイナスの傾向があると言えます。その他にも、会話力が向上すると、幸福感が高まる、援助を受けやすくなる、認知症の予防になる、恋愛で有利になるという様々なメリットがあります。会話が続かない問題と原因

会話力はつくの?川島の研究

会話が続かないという悩みは改善できるのでしょうか?これは確信をもって「できる」!と言っていいと思います。私自身、大学院時代に100名ほどに研究を行い、実際に効果分析をしました。

例えば下記の図は発話が苦手な方の効果分析となります。
のグラフは一般的な方で
 トレーニンが受けていません

のグラフは発話が苦手な方で
 トレーニングを実施しました。

最初は一般的な方の方がスキルが高いですが、トレーニング後はほぼ同じレベルに達しています。

発話スキル得点平均値の推移

実は、脱落率が70%ほどあったのですが、しっかりと継続的にトレーニングをされた方は、結果を残していました。筋トレと同じように、3日坊主にならないで、しっかりと練習を重ねれば会話力をつけることができると言えます。

楽しく会話を続ける方法

コラム2以降は、会話が続かない時の対処法をご紹介していきます。具体的な方法をもとに、「会話が続かないことへの苦手意識」を少しずつ解消していきましょう!1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)次回は「傾聴力をつける」を紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ 会話が続かない人は、原因と改善方法を活用して 相手との信頼関係を築こう!
人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

成人用ソーシャルスキル自己評定尺度の構成
Author(s) 相川, 充; 藤田, 正美
Citation 東京学芸大学紀要. 第1部門, 教育科学, 56: 87-93
Issue Date 2005-03-00

斉藤雅茂 , 近藤勝則 , 尾島俊之 ほか ( 2015 ) 「健康指標との関連からみた高齢者の社会的孤立基準の検討 10年間のAGESコホートより」, 日本公衛誌3(62),p95-105.