>
>
>
ネット依存症の対策と症状を解説,診断基準でチェック

ネット依存症の対策と症状を解説,診断基準でチェック

皆さんこんにちは。公認心理師の川島達史です。
今回のテーマは
「ネット依存」
です

はじめに

今はSNSで世界中の方と、いつでもどこでもつながることができます。情報源もグーグル、ウィキペディア、論文サイトと多様です。夢のような世界とも言えます。

一方で夢にも危険性があります。

・ゲームを1日5時間以上している
・目の前に人がいるのにスマフォが気になる
・SNSを絶えず見ている

このような状態が続くとネット依存症の可能性が出てきます。

厚生労働省研究班(代表・尾崎米厚鳥取大教授)の調査によると、ネット依存が疑われる中高生は全国で推定93万人に上ることが分かりました。

そこで当コラムでは、ネット依存の正しい理解と対策をしっかりお伝えしていきます。是非最後までご一読ください。

ネット依存の原因と問題

ネット依存症とは何か?

ネット依存の始まり

インターネット依存症の始まりは1990年代です。精神科医のキンバリーヤング(1998)が「インターネット依存」という言葉を最初に使い、全世界に広がっていきました。

日本では1995年以降にネットの普及が急速に進み、大人から子どもまで誰もがオンラインに触れることができるようになります。

その中で、心身の健康に支障をきたすほどネットに没頭してしまう若者も増えてきました。

このような背景から、医学の世界でもネット使用、特にインターネットゲームにまつわる症例が増加し、懸念されるようになりました。

様々な統計

ネット依存については関連する様々な統計があります。以下折りたたんで掲載したので興味があるものをクリックしてみてください。

下記はスマートホン保有者のインターネット利用目的に関する総務省調査の一部です(総務省,2019)まずは図を概観してみてください。

総務省の調査研究

・SNSへの依存が高い
まず初めに目につくのがSNSの利用と依存率の関係です。現在ではライン,フェイスブック,ツイッター,TIKTOKと様々なSNSが存在します。

そのどれもが、なるべくユーザーに長時間の利用をさせる仕様になっています。その結果、SNSへの依存が増えていると言えそうです。

・ゲーム依存
近年WHOでも病気認定されたように、ゲーム依存は社会問題になっています。36時間連続でプレイをして突然死するケースもあるなど注意が必要です。

下記は勉強以外に5時間以上インターネットを利用している中学生・高校生の割合です(厚生労働省,2012年)。

まずは中学生から見ていきましょう。女子生徒の利用率が高く、学校がある平日でもネット依存している傾向がうかがえます。

中学生のインターネット依存傾向続いて高校生です。休日は2割以上の人が、ネットを5時間以上使っていることが分かります。また、高校生も女子の依存傾向が高いことが分かりますね。

高校生のインターネット依存傾向

大嶋ら(2017)は、工業大学の大学生を対象にインターネット依存に関する調査を行いました。調査は、キンバリーヤングの依存度テスト日本語版を使用しています。

調査の結果、以下のグラフの通り、学生の60%以上がインターネット依存の症状があることが分かりました。

インターネット依存度テストの結果

加えて調査では、同じ学生らにスマートフォンの使用について質問しています。1日おおよそ3-5時間くらい使用し、歩きスマホもたまにしてしまうと答えた人が多くいました。

総務省・安心ネットづくり協議会(平成23年)は、携帯電話向けサービスの利用者を対象に、インターネットの依存傾向について調査を行いました。

ネット依存 症状

厳し目の基準で依存
3.8%
緩やかな基準で依存
11.0%
性別でみると男性よりも女性の依存傾向が強い結果となりました。

インターネットは手軽に他人コミュニケーション取るには便利なツールですが、使いすぎると心身ともに疲弊してしまうことが分かっています。

 

ネット依存症,簡易診断

ここではネット依存症についての診断基準を2つ紹介いたします。もしかしたらネット依存かも…という方は参考にしてみてください。以下簡易診断,医学的な診断の2つを参考として用意しました。

アメリカの精神医学会(APA)の診断基準としては以下の診断基準案の9つの項目のうち、1年の間で5つ以上あてはまると依存状態とみなされます。

ネット依存の診断基準案

 

ネット依存のの部分

ネット依存になると、精神的にも身体的にも悪影響があります。以下折りたたんで掲載したので興味があるものをクリックしてみてください。

佐藤ら(2015)は、中学生から大学生を対象に、インターネット依存度と精神疾患のテストを行いました。その結果、全ての世代で、うつ症状とインターネット依存に関連のあることがわかりました。

ネット依存とうつ病の関連インターネット依存は運動不足、不安定な睡眠、会話の減少などをもたらします。その結果、うつ病と合併しやすいといえます。

ネット依存とうつ病

大里ら(2014)は、大学生を対象に、授業出席率を調査しました。その結果、ネット依存がある人は出席率が低いことがわかりました。

以下の図は、授業出席率が75%未満の人を示しています。ネット依存が無い人が9.9%に対して、ネット依存がある人は16.1%ととても高くなっています。

ネット依存症と症状

河合ら(2011)は、SNSと犠牲にしたものについて調査を行いました。その結果、「勉強」「趣味」「仕事」など、本来やるべきことへの時間が少なくなっていることが分かりました。

SNS依存と利用実態についての調査

SNSやゲームを行っている状態はそれだけ別のことをする時間を犠牲にしているとも言えます。本来やるべきことを犠牲にしない程度に時間を制限することも大事と言えます。

依存症専門外来・久里浜医療センターの中山(2015)は、ネット依存とBMI(体格指数)について調査を行いました。

以下の図は、BMI(正常値22)が25以上の人を示しています。

ネット依存の症状と肥満の関係

インターネットに依存が無い人が3%に対して、インターネット依存場ある人は28.4%と、とても高くなっています。この結果から、インターネット依存の症状は、肥満につながると言えそうです。

ネット依存症と肥満

先程紹介した河合ら(2011)の研究は、体への影響も調査が行われています。以下の図を見てみましょう。

ネット依存による身体的問題

このように、「視力の低下」や「睡眠不足」など、身体面への影響が高いことが分かります。インターネット依存傾向が高まると、主に眠れなくなるなど心身へ悪影響を与えてしまうのです。

ネット依存と視力低下

 

ネット依存のの側面

とは言え、ネット依存は100%悪とは言い切れません。実はSNSを使うこともメリットは存在するのです。以下、折りたたんで記載しましたので、興味のある項目を展開してみてください。

河合ら(2011)の研究では、「SNSのメリット」についても調査が行われています。以下のグラフをご覧ください。

コミュ力が上がる

このように、SNSを使うことで現実のコミュ力も上がることが分かります。インターネットにはまってる人は、内向的でおとなしいイメージを持たれがちですが、実際には社交性が高まっているのです。

文章はもちろん写真や動画を送ることもできるため、現実の情報交換よりもわかりやすく手軽に素早くやり取りすることができます。

河合ら(2011)の研究では、「SNSのメリット、デメリット」について調査が行われています。

日本最大級のSNSである「SNS X」のユーザー約1500万人に対してアンケート調査を行いました。そのうち、71,926ユーザーからの回答があり、友人が増えるがことが分かったのです。 

以下のグラフをご覧ください。

SNS依存 友人が多い

このように、人との交流が増え、友人の数が増えていることが分かります。現実に対面しなくても他人とつながることができるのはインターネットの特徴でしょう。

その他、SNSは現実の日常生活では作ることができない人間関係の広がりを作ってくれるため、SNSを含めインターネットは日々の生活になくてはならないコミュ二ケーションツールだといえます。

 

ネット依存症の対策・治療

ここからはネット依存に対する予防策と改善策について提案させて頂きます。具体的には
 ①バランスを大事にする
 ②ルールを決める
 ③第三者を介入させる
 ④現実でハマれるものを探す

の4つを提案させて頂きます。是非参考にしてください。

対策① バランスを大事にする

まずは、自分の状況を分析してみて「ネットに依存している自分」に気づくことから始めましょう。

ネットを利用することで「失うもの」「得られるもの」の2つを紙に書き出し、どのくらいの利用頻度なら自分にとって「バランスが良いか」を考えていきます。

依存症を緩和する方法

たとえば、
失うもの
・家族との時間
・友人と遊ぶ時間
・勉強の時間
・健康

得るもの
・新しい出会い
・知りたい情報
・ゲームや動画

バランス
・平日…ネットは1日2~3時間
・休日…家族や友人と過ごす時間を優先

急激にネットを使う時間を減らすのは難しいかもしれませんが、一番納得できるバランスで決めましょう。

対策② ルールを決める

ネット依存症の症状に気づくことができたら、次は利用制限のルールを決めて改善を目指しましょう。

大事なのは、自分にとって無理をしない「具体的なルール」にすることです。ルールを決めることで、自分にとってバランスの良いネット利用ができます。ネット依存症を克服するルールたとえば、
時間の制限
・22時以降は使わない
・1日3時間以内にする
・土日、祝日は使わない

場所の制限
・家にいる時だけ
・塾にはもっていかない
・会社ではロッカーに入れる

また、ラインやSNSなどの通知に「即座に返信(即レス)しない」という利用制限もネット依存症の対策にオススメです。

相手に「即レスしない人」というイメージをもってもらうのも、健康的にネットを使うためには必要です。

即レス癖のある方は、
2~3時間程度で返信する
など、無理をしない程度の制限で対策をしてみてください。

対策③ 第三者を介入させる

ネットの利用ルールが決まったら、第三者に介入してもらいルールを守り続けていきましょう。

ネット依存症の人が、ルールを一人で厳守し実践することは難しいものです。他人に管理をしてもらうことで、対策していきましょう。

たとえば、
学生の場合なら
夜10時以降は使わないと宣言し、両親にスマフォを預ける

成人の場合なら
ブログ・SNSで利用ルールを宣言し、フォロワーに経過報告をする

対策④ ハマれるものを探す

現実世界でのコミュニケーションを増やす事は、オンライン上での人間関係への依存傾向を減らすことにつながります。

可能であれば、カフェや飲み屋、サークル活動、地域のボランティア活動など、継続して関われるコミュニティを複数探してみてください。

特に、健康的なコミュニティに所属するのはオススメですね。たとえば、

・ホットヨガ
・フットサルサークル
・バンド活動
・ジム  など

現実世界でのコミュニケーションを増やすことで、ネットに偏らない場所づくりをしていきましょう。

ネット依存の予防策

ネット依存は早めの解決を

まとめ

ネット依存について、ネット依存症の診断基準やネット利用のメリット・デメリットを、心理学の研究や統計を交えながら解説しました、

依存性の改善には時間がかかるかもしれません。しかし、徐々にでもしっかり対処していけば必ず回復できます。

自分に合ったルールを決めてしっかりと対処してネット依存を緩和していきましょう。

講座のお知らせ

もし現実の人間関係をもっと充実させて場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・現実での会話の練習
・対人不安の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・無条件の肯定のコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています。

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・総務省(2019)平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000082.html
・片山友子 水野(松本)由子 (2016) 大学生のインターネット依存傾向と健康度および生活習慣との関係性 総合健診 2016年43巻6号,9-15
・河井ら(2011)SNS依存とSNS利用実態 日本社会情報学会全国大会研究発表論文集 26(0), 265-270, 2011
・総務省 平成26年版 情報通信白書 第1部 特集 ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト, 第3節 安心・安全なインターネット利用環境の構築
・小寺敦之(2013),「『インターネット依存』研究の展開とその問題点」,東洋英和女学院大学『人文・社会科学論集』31.
・Canan F,Yildirim O,Yildirim T, et al:The relationship between internet addiction and body mass index in Turkish adolescents.CyberPsychol Behav Soc Netw,17,40-45,2014.

・大里貴子・松本さゆり・五味愼太郎,他「大学生におけるインターネット依存と学年ならびに日常生活状況の関連性に関する調査」,Campus Health,51,195-197,2014.
・佐藤 寛・松原正平・石川信一・高橋 史・佐藤正二(2014),「発達的観点に基づくインターネット依存の疫学調査」,研究助成論文集(50),68-76,明治安田こころの健康財団.
・中山秀紀(2015),「特集:現代の若者のメンタルヘルス 若者のインターネット依存」,日本心身医学会,55:1343-1352.
・三原聡子・前園真毅・橋本琢磨,他「わが国成人におけるインターネット嗜癖者数の5年間の変化.日本アルコール・薬物医学会抄録集,p210,2014.