ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

人間関係の中心になれる?秘密のスキル

人間関係ネットワークの仕組みを知ろう


集団とコミュニケーション①~集団でうまくやっていく人とは?~

人間関係の中心になれる?!秘密のスキル♪

大事な集団の中でのコミュニケーション

 あなたは集団の中にすぐに溶け込んで行けますか?飲み会や、パーティー、会議、電車の中など集団の中に身を置くという場面は私たちの生活で多くあります。そんな中、「集団活動はちょっと苦手だなぁ~」と思う人もいるかと思います。

 私たちは集団に所属することで、人間らしい文化的な生活を送ることができています。集団での活動なくして仕事や日常生活を送ることは難しいでしょう。そんな集団の中でのコミュニケーションについて、このコラムでは考えていきたい思います。

 このコラムはこんな人におススメです!

・集団活動が苦手だ
・一対一以上の会話が苦手
・集団の輪に入れない

 

集団でコミュニケーション能力が高い人とは?

 集団の中においてやはりコミュニケーション能力というものは欠かせません。なぜなら1対1の会話よりも、1対複数の会話の方が関係も複雑になってくるからです。

 では集団の中で「コミュニケーション能力が高い人」とはどのような人物なのでしょうか?一般的に、コミュニケーション能力が高いと聞くと、滑舌良く論理的に話す人物を思い浮かべるものです。特に集団内においては、ハキハキと喋りリーダーシップが取れる人が、コミュニケーション能力が高いと判断されることが多いでしょう。

 しかし、すべての集団場面で滑舌が良く理論的な人のコミュニケーション能力が高いと言えるのでしょうか?

 例えば、会社の会議の席であれば、滑舌良く、論理的であれば有利ですのでコミュニケーション能力が高いと言えるでしょう。

 しかし、「おとなしい方が集う飲み会」ではどうでしょうか?あまりに滑舌よく、ハキハキと明るく話していると、おとなしい方が萎縮してしまうかもしれません。集団の中で発揮したリーダーシップも、そこではかえって”うざい”と思われてしまうでしょう。
 そうなったら、もしかして次の飲み会に呼んでもらえないかもしれません。会議の席では有利だったコミュニケーションスキルが、環境によっては不利になったりもするのです。

 

その場に応じたコミュニケーションが必要!

 結局、集団でのコミュニケーション能力とは、「いかに環境の要請に適合したコミュニケーションができるか」と言う事になってくるのです。

例えば、
■家庭や恋愛…家族との感情交流
■会社組織内…論理性や分析的思考
■組織の管理職…組織を動かすためのリーダーシップ力
が求められます。

 心に留めたいことは、ある環境では適合していた能力が違う場所に行った時にはまったく持って不利になったり、役に立たなかったりすることがあるということです。またその逆で、ある環境では不利であったコミュニケーション能力が別の環境では有利になっていることすらあるのです。その場を間違えてしまうと、知らず知らずのうちに”空気の読めない人”になってしまっている可能性もあります。コミュニケーションにはそれぐらい柔軟性が必要なんだと言うことを押さえておくことが大事です!

 

  • 集団内ではその場に応じたコミュニケーションを♪

次のコラムへ


 



会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪