ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

自分の話ばかりする人・女にならないコツ

自分の話ばかりする人,女


傾聴コラム②~自分の話ばかりをする人はNG~

優秀だと勘違い!?「要するに」を使う人の心理とは?

前回、話を聴くのが上手い人について紹介しました。 復習すると話を聞くのが上手い人は 話す時間と聞く時間のバランスの良さ、話を聞く態度ができている、相槌やうなずきに気持ちがこもっているという特徴があります。

 今回は話す時間と聞く時間のバランスの良さについて詳しく解説をしていきます。

 

自分の話ばかりする人はNG

 話題の焦点がずれて独りよがりな会話になりがちです。 例えば飲み会はどこでやろうかと友達同士で話していたとしましょう。そのうち一人が全く関係のない仕事の話を持ちだしてきたらどんな印象にを持たれるでしょうか。

 せっかく飲み会について話していたのに遮断されて、 結局話がまとまらない。 それどころか話題の中心は仕事の話にすり替わっている。まだその話題が途中であるのに、違う話題を持ち出す人 というのは結局人の話を聴いていないということになります。

 

話し上手な方は実は傾聴力がある

 どんなに話が上手かったり、話術がすぐれていたとしても、 話題になっている話の内容を理解できていなくて 的外れな話をするようでは話し上手とは言えません。 話し上手になるためには、聞き上手である必要があるのです。

 例えば、テレビ番組に出ている名物司会者なども 実は話を聴くのが上手です。 テレビでは、おもしろい言い回しや、周りを共感させるような 話しぶりなどが注目されがちです。

 しかし、よく見てみると、ゲストや他の出演者の話を よく聞いて理解し、さまざまな質問を重ねています。 まず話題となる人の話をしっかりと聞いた上で、 そこから話を膨らませていきます。 人の話を聴くというベース がしっかりできているから、質問も出るし、話も広がっていくのでしょう。

 

尋問してしまう方もNG

また自分の話ばかりをする人の真逆もNGです。すなわち、相手の話を聞いてばかりのかたです。相手の話を聞いてばかりだと、だんだんと不信感を持たれてしまいます。人間には自己開示の相補性という原則があり、お互いが同じぐらい自己開示すると仲が良くなりやすいことがわかっています。

特に相手に質問を連発してしまう「尋問グセ」がある方は要注意です。1分間に1回以上質問をしてしまっていたら黄色信号だと考えてください。

 

話す・聞くは50%-50%の意識で

日常のコミュニケーションでは原則として、話すと聞くを50%-50%ぐらいの時間で会話するように意識しましょう。自分の話ばかりをしすぎてもいけませんし、相手の話を聞きすぎても不気味に思われてしまいます。話し過ぎもNG、聞きすぎもNGぐらいな方が結果的にいい傾聴につながります。自分の話を適度に抑えつつ、しっかりと相手の話を聞く。過剰に聞き手にまわるのもNG!まずはそこから抑えておきましょう。

 

  • 自分の話ばかりする人にならないようにしよう!
  • 話すと聞くのバランスは50%ー50%

次のコラムへ


 



会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪