ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

心理コラム:人は見た目が9割?外見で判断される

外見で,人はが,9割,判断


外見とコミュニケーションコラム①~人は見た目に左右される~

優秀だと勘違い!?「要するに」を使う人の心理とは?

 みなさんは外見に気を配っていますか?外見の良し悪しでその人の印象が変わってくるほど、外見は人の心理にも影響をしてきます。そんな外見や印象について、心理学的な視点からみていきましょう。このコラムはこんな人にオススメです。

・自分の見た目が気になる
・笑顔を作るのが苦手だ…
・異性に好かれる外見とは

今回は見た目と印象についてのお話です。

 

「見た目が9割」は本当?

 人間は見た目だけじゃない!中身で判断しろ!…と思いたいのは山々ですが、結局第一印象は見た目から判断するしかありません。『人は見た目が9割』というタイトルの本があるほど、人は驚くほど見た目に左右されます。

 見た目に自信のある方はともかく、見た目に自信がない人は『人は見た目が9割』なんて言われたら、落ち込んでしまいますよね?

 とは言え、実はそこまで悲観的になる必要はないのです。何故なら、性格を直すよりも、見た目を変えることの方が、明らかに簡単なのです。では、人に好印象を与える要因を詳しくみていきましょう。

 

話す内容より、表情が大事!

 『人は見た目が9割』というのは、実はアメリカの心理学者であるマーラビアンによる『対人態度の決定因の研究』からきています。これは、人が好印象と決める要因の法則を示しているのです。その法則とは、表情が六割、話し方が三割、話す内容が一割、というものです。

 つまり、相手に好印象を与える為には、表情と話し方が重要になってきます。簡単に言ってしまえば、話の内容がイマイチだったとしても、にこやかに優しく話し掛ければ、相手に好印象を与えることが出来るのです。

 反対に、たとえ話の内容が素晴らしく、内面が人格者であったとしても、それを表情や話し方で表さない限り、相手に好印象を与えるのは難しいのです。

 このように、表情や話し方を少し意識するだけで、どんな人でも印象を良くすることができるのです。皆さんも是非挑戦してみましょう!

  • 見た目も人間関係に大きく影響する!
  • 表情に気をつけて好印象を与えよう♪

次のコラムへ


 



会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪