>
>
>
行動力・判断力を高める

 行動力・判断力を高める「即決力」のトレーニング法②

行動力を3つの方法で高めよう

コラム①では、「行動力が低い」原因と対処法をご紹介しました。具体的な解決策は「①決断力UP!納期法」「②ベターな決断で行動する」「③主体性を育む」という3つでしたね。今回は、行動力を高める方法の1つ「決断力UP納期法」について考えていきたいと思います。

後悔は行動しなかった時の方が強い

行動できない人の特徴は、ありとあらゆるリスクを想定し、成功する確証が得られないと行動に移すことができません。しかし、物事の捉え方によってはデメリットは無限に見つかるので、果てしないですしリスクについて考えたところで確実に後悔しない決断ができるとは限りません。

ならば、発生するかどうかもわからないリスクに気を取られるよりも、一歩でもいいので足を出してみて、行動する前に気づかなかった点があれば、そこから修正していく方が格段に効率的です。

Gilovich & edvec(1995)の研究や上市・ 橋見(2004)の場面想定実験でも、「やった」ことに対する後悔よりも「やらなかった」ことへの後悔の方が強い、という実証データもあります。

行動力・判断力をつけるには少し矛盾するようですが「とりあえず行動をしてみる!」というのが最短ルートのようです。私たちは選択の繰り返しの生活を送っています。その一つ一つの小さな決断を、時間をかけずに行うことで「即決力」を付けていきましょう。

期限があると行動力が高まる

なかなか行動できない人は以下の4つのステップを意識してみてください。
①選択肢を少なくする
選択肢が多いほど迷いも多くなってしまうため、始めに選択の絞込みを行います。あまり現実的でないものやデメリットが多い選択肢は早めに削ってしまいましょう。

②行動するときは判断に期限を!
「2分以内に決める」や「明日の朝までに決める」など、決断に期限を設けるようにしましょう。長い時間迷ってしまうことが判断力・行動力低下の原因です。効率よく物事を判断できるようにデッドラインを作って、自分に程良いプレッシャーを与えるのです。

③迷いながらも行動!
期限のある判断でとりあえず決断できたとしても、心のどこかでまだ迷っている部分があると思います。しかし、それはごく自然な状態です。迷いながらでもかまいませんので、行動してから判断する習慣を付けるのです。それでは、実際にここで何か決断てみましょう!ここで例題にチャレンジしましょう!

④後悔は必要ない
行動を起こしても、確実にうまくいくとは限りません。しかし、即決をしたことで、これまでと比較すると多くの時間が余ったと感じることができるでしょう。その時間でどうにでも修正することができるはずです。

練習問題①

あなたは昼食にどのメニューを頼もうか決断するのに時間がかかっています。直前の時間まで迷ってしまうので仕事に戻るのに遅れてしまうため、今すぐにでも決断したいと考えています。今日は会社近くのレストランにきました。さて4つのステップで早く決断・行動してみましょう。頭の中でリアルに想像してみてくださいね。

①選択肢を少なくする
②行動するときは判断に期限を!
③迷いながらも行動!
④後悔は必要ない

 

 

↓解答例

①選択肢を少なくする
そこまでお腹は減っていないので、ラーメンは少し重そう…そばかパンにしよう
②行動するときは判断に期限を!
そばかパン…あと2分以内には決断しよう!
③迷いながらも行動!
迷うところだが、今日はパンで!!
④後悔は必要ない
そばでもよかったかも、まぁまた今度食べればいいか。

練習問題②

あなたの職場にはタイプの異性がいるのですが、自信がなく迷っていて、 自分の気持ちを伝えらずにいます。相手の方とは毎日顔を合わせる関係です。ふと、その好みの異性が1週間後に合コンに行くという噂が聞こえてきました。

①選択肢を少なくする
②行動するときは判断に期限を!
③迷いながらも行動!
④後悔は必要ない

 

 

↓解答例

①選択肢を少なくする
合コンの後でもいいかな…いや絶対合コン前じゃないとダメだ
仕事帰りにカフェで告白をしよう!
②行動するときは判断に期限を!
どんなに遅くても3日後までに告白する
③迷いながらも行動!
でも、もしフラれたら…いや、誘うだけ誘ってみよう!
「○○さん、実はお話したことがあります。この後、
 少しだけカフェでお話しませんか?」
④後悔は必要ない
告白成功
→早めに行動してよかった!これからの大切に付き合っていこう
告白失敗
→まず行動したことは一つ成長になった。やっぱり少しヘコむけど、
また新しい恋がスタートできる。

即決・即行動を重ねよう!

いかがだったでしょうか?時間をかけずに決断・行動はできましたか?「即決力」が高まってくると、すぐに行動できたという成功体験が重なって、自分の決断の信頼できるようになっていきます。さらに、中西・井上・志和(2015)の研究によると、「後悔は、意思決定時の自信の強さに依存し、自信が強いほどネガティブな結果が得られた場合の後悔が少ない」のだそうです。

仮に、期待通りの結果にならなかったとしても、自信を持って決断し、行動することで、後悔も念も少なくなるということです。即決・即行動して得られたことは、必ず次の決断や行動のスピードにプラスの影響を与えます。

自分の選択を信じて「行動する習慣」は、これからの迷いも断ち切ってくれるはずです。また、それが重なるとと、どんなことが失敗があっても自分なら、あとからどうにでも修正できるという芯の強さになるのです。日常生活の小さなな選択から、「即決力」をトレーニングしていきましょう。

次回は、行動力を高める方法の2つ目「ベターな決断で行動する」についてご紹介します。

★行動力が行動することでしか生まれない!小さく始めて軌道修正していこう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。