>
>
>
行動力を上げるトレーニング法

行動力を上げるトレーニング法!3つのポイントで迷わない自分に⑤

行動力がない原因と鍛え方を確認

コラム④では、行動力を高める方法をご紹介しました。「主体性を育てる」ことが行動力を高めるポイントでしたね。今回が「行動力」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことを復習していきます!

行動力を上げる3つのポイント

コラム①では、行動力が低くなってしまう3つの原因を上げて説明しました。

・決断・行動を先延ばししてしまう
・絶対後悔しない決断を求めてしまう
・周りの意見や評価に流される

決断を先延ばしにしたり、行動せずにリスク対策ばかり考えていると、大幅なタイムロスになってしまうことはもちろん、望ましいチャンスや機会を見逃してしまうこともあります…。また、行動した後もすぐに迷いだして後悔してしまうなど、行動できない人は悩みも多く、ストレスフルであることをお伝えしました。

このような行動できない性格に心当たりがある方も、ない方もまずは簡単なセルフチェックテストで確認してみましょう。自分の行動力レベル&タイプを診断できますので、まだの方はぜひトライしてみてくださいね!

コラム②③④では、行動力を上げるための具体的な方法をご紹介しました。

1:行動に期限を付ける
行動力を上げるために

・選択肢を少なくする
・期限を設ける

これら2つのポイントをコツとしてご紹介しました。コラム②の練習問題なども参考にしながら、徐々に「即決力」を高めて、「早く行動できた!」という成功体験を増やしていきましょう。

2:ベターな選択で行動する
行動力をあげる2つ目の方法「妥協すること」です。「必ず後悔しない選択は存在しない」ので、現実的な判断をするためのテクニックをを紹介しましたね。

・ベストよりベターな選択をする

このような考え方を取り入れて、高すぎる理想を現実的なものにしていきましょう。コラム③の練習問題も参考にしながら、まずは、日々のちょっとした行動から試してみましょう!

3:自分の芯をもって行動する
行動力を上げるを3つ目の方法「自分の信念に従って行動する」です。周囲の目を気にして行動できない人が、主体性を持って自分の選択や行動に責任を持つための意識づけをコラム④で3つお伝えしました。

・自分の意見を持つ
・最終的にはは自分で決める!
・自分の芯を貫く

主体性を持って行動することができれば、他の人の意見や評価に流されることもなくなり、「自分の意思で行動する」こと自身や責任感が身についていきます。

自分から行動を起こそう!

行動力コラムでは、なかなか一歩を踏み出せずにいる方、行動したあとに後悔で悩んでいる方に、その解消法やトレーニング法を解説してきました。

ご紹介した対処法を実践していく中で、行動力が上がりがだんだんと行動できない性格が改善されていくはずです。そうしてすぐに行動できるようになると、新たなチャンスを掴めるようになったり、望ましい結果に向かって行けたりと、今までとは違った変化を感じるかもしれません。この行動力コラムが、充実感のある暮らしや人生の満億度を高める手がかりとなれば幸いです。

専門家の講義を受けたいへ

最後に、これまで「行動力」コラムにお付き合いしていただきありがとうございました!まずはご紹介した方法や練習問題を参考に是非、習慣にしてみてくださいね。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^

★決断力を高める3つの方法を日常で実践してみよう!



3つのポイントで迷わない自分に