>
>
>

ディスカッションの進め方。まずは十分な事前準備を

ディスカッション,進め方


ディスカッションの進め方は事前準備から③

ディスカッションは事前準備から

コラム②では、ディスカッションが苦手な原因の1つである「論理的な主張ができない」の対処法を考えました。論理的主張は「結論・根拠」という2つの要素で整理し、納得してもらえるわかりやすい表現を心がけることが大切でしたね。焦らず自分のペースで、論理的思考を身に付けていってください。

今回は、原因の2つ目「事前準備が不足している」について考えていきます。しっかりと対策していきましょう!

事前準備の優先事項ベスト3

ディスカッションで自分の意見をしっかり伝えるためには、事前準備がとても大切です。しっかりと準備することで自信が生まれ、平常心で臨むことができるため、本番で堂々と発言することができます。

では、具体的にはどのように進めると良いのでしょうか。最低限やっておくべき事前準備、ベスト3をご紹介します。

優先順位①
「モレなくダブりなく」根拠を整理
もし、ディスカッションまで時間がなかったとしても、最低限これだけはしておきましょう。それは根拠を整理するという作業です。根拠を整理していない状態では、はっきり言ってディスカッションになりません。相手に理解してもらえるように、根拠をすっきりと整理しておきましょう。

根拠を整理する上で大事なことは、MECE(ミーシー)を意識することです。「Mutually Exclusive、Collecticely Exhaustive」の頭文字をとったもので、日本語で「モレなくダブりなく」という意味です。MECEは「正しく全体を捉えて整理する」ことに役立つため、複雑な情報を整理するときに便利です。具体的なMECEの例を、練習問題で確認してみましょう。

練習問題
「モレなくダブりなく」を意識して、スタバが成長した点を3つ挙げてください。

 

 

解答例
・雰囲気が良い
・ホスピタリティ
・創造的なメニュー

この解答には、それぞれダブりがありません。また大枠としては、モレもない状態になっています。もちろん、もっと細かい成長理由があるとは思いますが、大枠としてモレていなければOKと考えましょう。

NGな解答例
・雰囲気が良い
・照明が暖かい
・デザインが良い

この解答は、それぞれがダブっていますね。雰囲気≒照明≒デザイン…どれも近い概念になってしまっています。そのため、根拠としてはバランスが悪いと言えるでしょう。

いかがでしたか。ポイントは「どんな視点で分けるか」です。あまり複雑にしてしまうと、情報にモレや重なりが発生してしまい、正しい結論に至りません。ディスカッションに参加する前に、MECEで「モレなくダブりなく」を意識しながら、自分の主張を正しく整理してみてください。

優先順位②
根拠を支える「証拠を集める」
根拠が整理できたら、次にやることは「証拠集め」です。根拠は、実はそれだけでは弱いものです。戦場で裸になっているようなものです。納得してもらうためには、「証拠」という装備をしっかりと整えなくてはなりません。

証拠として強いのは、論文などの自然科学的な基礎情報です。国の統計などを使うこともあります。その次に、Web、新聞、書籍などが有効です。議題によってはアンケート結果なども活用できます。

「情報だけあっても役に立たない」と思っている方も、実際ディスカッションに参加してみると、情報が多いに越したことはないと気付くはずです。情報の引き出しがなければ、主張も反論もできません。多くの情報を持ってディスカッションに臨むことで、自分の考えをスムーズに口にすることができるようになります。

優先順位③
反論への準備

ディスカッションは意見交換の場ですから、当然、自分の主張に対して反論が出ることもあります。そのため、自分の主張を整理するだけでなく、周囲からどんな反論が出るか、ディスカッションの場面を想定して準備しておくことが大切です。

「周囲がこう主張してきたらこうやって切り返そう」「反論されたらこの考えを言ってみよう」など、事前に進め方のシュミレーションしておくと安心ですね。安心感は緊張の緩和につながりますよ。

 

ディスカッションに事前準備は不可欠

ディスカッションの事前準備の優先順位はいかがでしたか。本番で失敗しないポイントは、とっさの判断で発言してしまわないことです。本心ではない、場当たり的な発言で後悔しないために、そして何より自分の主張をしっかりと伝えられるように、ディスカッションの事前準備を徹底してくださいね。次のチェックリストで、事前に確認することもおススメです。

事前準備チェックリスト
□モレなく根拠を集めていますか
□ダブりなく根拠を集めていますか
□証拠に対する反論を想定していますか
□反論への準備ができていますか

自分が自信を持ってディスカッションの場に臨めるまで、しっかりと準備してください。

次回は、ディスカッションが苦手な原因の3つ目「ルールを理解していない」の対処法をご紹介します。

★根拠はモレなくダブりなく、情報を集め、反論も想定し、事前準備をしよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

社会人講座



事前準備をしっかりしよう