>
>
>

ディスカッションに使える基本ルールを学ぼう

ディスカッション


ディスカッションに役立つ「7つの基本ルール」を学ぼう入門④

ディスカッションのルールを理解しよう

コラム③では、ディスカッションが苦手な原因の1つである、「事前準備が不足している」の解決方法をご紹介しました。平常心で臨むためには、徹底した事前準備が大切でしたね。根拠の整理は必ず行い、余裕があれば情報収集や反論へのシュミレーションも忘れないでください。

ディスカッションの進め方今回は、ディスカッションが苦手な原因の3つ目「ル―ルを理解していない」について考えていきます。

ディスカッションとは、テーマに沿って議論を進めることが大前提です。そのための基本的なルールとコツを理解することで、うまく主張ができるようになります。ぜひ、参考にして取り入れてみてくださいね。

ディスカッションの7つの基本ルール

ディスカッション7つのコツ

それでは、実際のディスカッションの場面で役立つ、7つのルールをご紹介します。

①雑談ちょいハサミはOK
ディスカッションしている時、ふいに雑談になることがありますよね。長時間の雑談はNGですが、煮詰まっている時には、少しアイスブレイクすることで新しいアイデアが生まれることもあります。雑談ちょいハサミはOKと考えましょう。

②怒らない!
反論が出た場合、どちらの意見も一理あると自覚して、感情的な発言や行動はしないようにしましょう。また、反論する際は、他人の意見を否定するのではなく、相手が気付いていないことを補足してあげるという気持ちで、相手の意見にも敬意を払いましょう。怒ったらその時点で反則負け!と心に誓いましょう。

③謙虚に主張する
ディスカッションは、自信がない人ほど、まくし立てるように非紳士的に主張するものです。「良い意見でしょう!」と上から目線で話すのではなく、控えめな姿勢で話す方がかえって好印象で、参加者の共感も得やすくなります。

④反対派の発言にも相槌を打つ
発表者の主張を聞く際は、例えそれが自分とは違う意見でも、相槌を打つなどして、相手が話しやすくなる状況を作りましょう。あなたへの印象も良くなり、あなたの主張に対しても協力的になってくれるかもしれません。

⑤突然の質問はオウム返しで緊急避難
理解できない質問を受けたら、一旦質問を繰り返して時間を稼ぎましょう。「〇〇さんの質問は〇〇ということでしょうか?」というかたちでひと呼吸置くと、落ち着いて対応することができますよ。

⑥わからないことは無理に答えない
ディスカッションの場面で、質問されたことに上手く回答できない時は、一旦持ち帰って反論の準備をしましょう。自分が整理できていない中で即答すると、不利になることもあります。また、その場で適当に答えるのではなく、相手にきちんと回答するという誠意も大切です。「わからないことはわからない」と素直な気持ちで対応しましょう。

⑦WIN WINを目指す
ディスカッションでは、多くの場合、目の前にいる人はあなたの味方です。敵対するのではなく、一緒に考えて良い環境を作っていきましょう。お互いWIN WINの関係にもなれるはずですよ。

ディスカッションは意見交換の場

ディスカッションに役立つ7つのルールはいかがでしたか。ディスカッションは意見交換の場であって、決して恐れるものではありません。例え自分と考えが違っても、相手の意見も尊重する気持ちを忘れないようにしましょう。それぞれがテーマに沿って意見を出し合い、それがお互いの心に正しく届けば、ディスカッションは成功したと言えるのではないでしょうか。

次回は、ディスカッションコラムのまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。一緒に確認していきましょう!

★正しく議論するために、ディスカッションの基本ルールを身に付けよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

社会人講座



7つのルールを身に付けよう