>
>
>

議論が上手くなる方法!3つの基本が大切

議論が上手くなる


 議論が上手くなる方法!3つの基本を抑えよう-議論に強くなる入門①

議論を専門家が解説

みなさんこんにちは!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師、経営者として活動しています。

議論の機会は突然訪れます。就職活動のグループディスカッション、会社での議論、学校の授業・・・。。しかし、議論の練習を日頃から行っている人はほとんどいない思います。

そこで当コラムは「一夜漬け!議論入門スキル」をテーマに専門家が解説をしています。急な議論で困っている・・・という方向けに議論の応急処置を用意しました。流し読みで8分程度、しっかり読むと15分ぐらいかかるかもしれません・・・ちょっと大変ですが、差し迫った議論を乗り切るために頑張りましょう。

 

議論が上手くいかない時の問題点

みなさんは「議論」と聞くと何を思い浮かべますか?社内の会議やチームのミーティングなど、数多くの場面で議論が行われますが、複数人で1つのテーマに沿って話し合うことを意味します。

「討議」「議論」なんて聞くと、
・意見を述べなくてならない
・その意見が批判されることもある
などのマイナスなイメージをお持ちの方も多いと思います。そのため、意見ができない人や気が弱い人は、議論に苦手意識を持たれていることと思います。しかし、議論をする事は本来マイナスのものなのでしょうか。

議論はトラブルの元?

例えば、みなさんは自分の主張を否定された時、どう感じますか?。相手に対して敵意を持ってしまう方は反省しましょう…。怒りで解決できる問題は、世の中にほとんどありません。怒っても決して実のある議論にはならないと考えるようにしましょう。

「人の言に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困にするようなものである」

これは松下幸之助の言葉です。もしもあなたが批判され、マイナスな気分で落ち込んでしまったら、「批判は心を豊かにしてくれる。批判に耳を傾けよう」と切り替えてみてください。批判の数だけ意見に磨きがかかり、自己主張の質が上がっていくのです。

議論=WinWin
  =反対意見に耳を傾けるもの

この2点をまずは意識して見ましょう。そもそも議論とは、より良い結論を導き出すために、相手と力を合わせて意見や情報を出し合う、前向きなものです。

もちろん否定されるだけではなく、肯定されることもあります。マイナスな印象を持っている方は議論=WIN WINを目的としたゲームだと考えてみてください。議論することで、お互いの異なる意見を交えて、より良いアイデアを生み出すこともできるのです。Aという情報とBという情報を掛け合わせて、Cという新しい情報に発展させることに議論を行う意義があるのです。

耳にタコかと思いますが、明日の議論では、
議論=WINWIN!!
反対意見に耳を傾ける!!
と、しっかり頭に入れておいてくださいね。

 

まずは抑えておきたい2つポイント

いざ議論をするシュチュエーションになったとき、次に以下の2つのポイントが重要になってきます。議論は大きく分けて、2つのポイントのバランスによってやり方が変わってきます。

ⅰ問題解決型‐ディスカッション
私達は会社の会議である一つの目的を達成するために議論をします。例えば、売り上げが上がらない・・・という命題があり、この問題点をどうすればクリアできるか?を話し合います。こういった状況で議論する時は問題解決型ディスカッションにあたります。ちなみに、問題解決型のコミュニケーションの場合、論理的思考やアイデアを生み出す発想力、伝える力が必要になります。

ⅱ人間関係構築型‐ディスカッション
もう1つは、人間関係を構築するための議論です。テーマはあるものの、実はそれは表面的な目的で、一番はチームの親睦を深めるために行われます。和やかなムードで進んでいくのが特徴です。

*問題解決型?人間関係型?

さて、実際を行われる議論は、どちらかと割り切れるものではなく、実際は2つの議論が織り混ざったものになります。また社風や、議論のタイミングによって異なります。せっかくなのでここで1つ問題にチャレンジしてみて、あなた好みの議論の傾向を探っていきましょう。

あなたの同僚が会議中
「先月の販売開始した商品ですが、売り上げが伸びず、期待していただけに正直がっかりです・・・」

と話したとします。あなたは、なんと答えるでしょうか?考えてみましょう。

いかがでしょうか?考えてみましたか?。

この時
・売り上げが落ちた原因は?
・ターゲットは絞ったの?
・成約率はどのくらい?
このように問題の原因や解決策を考える方は問題解決型のコミュニケーションを好む方です。逆に、

・そうだったんだ。今は大変だねぇ。
・ショックはかなり大きよね?
・私も売り上げが出ないことがあったなぁ。

というように、相手の心に寄り添う回答がイメージできた方は、人間関係を構築することを好むタイプと言えます。

両方思いついた方はバランス型と言えそうです。会議の目的にもよりますが、状況によって使い分けができるので、理想的なタイプであると言えるでしょう。

問題解決7:人間関係3が目安

期限が迫っている場合は、問題解決型の質問でよいでしょう。しかし、もしかなり暗い表情していたとしたらどうでしょうか。いくら会議とは言え、心理面のフォローは必要でしょう。

このように議論をする時には、「問題解決」と「人間関係構築」の2つの意味があり、そのバランスによって適切な発言が変わってくると考えておきましょう。

問題解決型のみでは、表面的なやり取りになってしまいますし、人間関係型だけでは、問題は解決できません。アプローチに迷う場合は、問題解決7割、人間関係3割の感覚でOKです。のグループディスカッションなどは、7対3ぐらいでOKです。

また会社員であれば、基本的には7対3、緊急度や重要性に応じて、変えていくと考えるようにしましょう。まずはこの部分を抑えておきましょう。

議論スキル診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「議論スキル診断」をしてみましょう。

議論スキル診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
原因と結果が明確である
2.
論理的に話すことができる
3.
質の良い根拠を探索する
4.
事実や証拠を基づいて意見を述べる
5.
相手の理解度によって表現を変える
6.
感情的にならない
7.
相手の主張にしっかり耳を傾ける
8.
自分と相手の意見の長所を活かす
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

議論スキル診断・注意事項

・当議論スキル診断は社会心理学の専門家の
 川島達史の監修の元作成した

・当議論スキル診断は、予備調査の段階となります

・参考までにご使用ください

以下に議論スキル診断作成についての手順や趣旨が明示されています。診断について疑問を持たれた方、興味がある方、専門家の方はご一読ください。

 

議論スキル診断
現代社会では、主にPCやスマートフォンからの検索が入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題の解決方法をWEB検索から模索する傾向が強いです。当該入り口において誤った方向に進むと、メンタルスの改善に迷いが生じてしまう恐れがあるため、短時間の中で、ある程度簡易的に自己診断できるコンテンツや尺度が必要と考えています。

そこで弊社では、コミュニケーションの問題につながりやすい根本的な原因やスキルに焦点を当て、より簡単に自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、一般の方に興味をもって頂くことを趣旨として作成します。
?

 

議論スキル診断作成の条件
診断を作成するにあたっては以下を意識して作成する。

・移動時間やカフェなどでも簡単に読める文章を心掛ける

・アカデミックな表現は控える

・診断には限度があることを示す

・長所と短所の両方を明示する
?

診断作成手順
① 診断抽出について
議論スキルに近接する2つの論文、2つの一般書籍、弁護士,社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。ディスカッションは勝ち負けにこだわるディベートと異なり、比較的相手への配慮や気遣いが必要になる。そのため当尺度では論理的なディスカッションだけでなく、相手への配慮や気遣いも重視して尺度を作成する。

?
参考文献
看護学生の批判的思考態度に関する研究
─ 看護学生および看護教育機関における特徴 ─
三 國 裕 子  一 戸 とも子
日本看護研究学会雑誌 Vol. 35?No. 1? 2012
コ ーネル 批 判 的思 考 テ ス ト
Cornell Critical.lhinkingTest ; ENN [S ot aZ l985
アサーション入門 自分も相手も大切にする自己表現法  講談社現代新書 2012 平木 典子
ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills) 2009 堀 公俊、 加藤 彰
日本経済新聞出版社
?

② ブレーンストーミングの後に
KJ法によりグルーピングを行い
4グループにまとめ、ラベリングを行った
*その結果弊社で作成したディスカッション診断とほぼ同様の質問項目で構成された(www.direct-commu.com/chie/business/discussion1/)

・文法スキル
接続詞
(順接,逆接)上手く活用することができる

主語,述語,目的語を使って明確に話すことができる

話の全体像を考えながら、具体的に話の細部を伝える

 

・根拠の質

結論に対して誰もが納得できる根拠を示すことができる

結論を出す場合には,確たる証拠の有無にこだわる
批判を意識しながら情報収集を行う

・伝える力

相手の理解度によって適切な方法(表現や具体例)で説明できる

多くに人が納得できるように説明をすることができる

YES BUTで対応する
?

・批判や否定への対処

相手の主張を一度受け入れる
相手と協力関係を作る

批判や否定を取り入れて意見を考える
?
③ WEB対応簡易型議論スキル診断とするため
  4グループ質問項目について、それぞれ2つを採用した
  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
   採用するが今回は川島の判断で選択した
?
原因と結果が明確である

論理的に話すことができる

質の良い根拠を探索する

事実や証拠を基づいて意見を述べる

相手の理解度によって表現を変える

感情的にならない
相手の主張にしっかり耳を傾ける

自分と相手の意見の長所を活かす

?
④ 診断結果について
因子ごとの評価は行わず総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した。優劣はないため、結果については長所と注意点の2つの面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果はあくまでもヒントを提示するもので、自己決定できるように記述を行う。
?
⑤ 今後の予定

  →回答数が充分集まった段階で
   
因子分析と他の診断との関連を精査し、

   精度を高めていく予定である
  →読み物としてのつまらなくならないように
   
ラベリングはキャッチーに作成した

 

診断結果
・議論スキル
かなり高い 32~40
*長所

議論スキルはかなり高いと言えます。直感で判断せず、客観的に物事を考え、推論をしたり、説得力のある根拠を示すことができます。また相手への意見も大切にし、お互いを尊重にしながら意味のある議論を行うことができます。リーダーシップもあるので、議論をスムーズに進めるには欠かせない存在であると言えます。
?
*注意点

議論スキルが高い方は、主導権を握りやすいので、周りのメンバーの主体性が低下する恐れがあります。議論の内容や状況にもよりますが、公平にメンバーが発言できるように心がけましょう。
?
?

診断結果
・議論スキル
高い 27~31

*長所

議論スキルは高いと言えます。直感で判断するだけでなく、客観的に物事を考えることができます。推論をすることで、説得力のある根拠を示す方が多いでしょう。また比較的、相手への意見も大切にし、お互いを尊重にしながら意味のある議論を行うことができます。また適度に感情論も交えながら話すこともできるので、過度にロジカルになりすぎず安心感があると言えそうです。
?
*注意点

議論スキルが高い方ですがまだ伸びシロがある状態です。日々ミーティングを活発にする会社の場合は、もう少しスキルを磨いても良いかもしれません。以下のコラムを参考にしてみてください。

 

・議論スキル
やや低い 22~26

*長所

議論スキルがやや低い状態です。論理的に話すよりも主観や直感を使って物事を考えるため、接客業や芸術性やクリエイティブな仕事で活躍する方が多いでしょう。また自分の世界感をもっているのでカリスマ性を発揮する人もいるかもしれません。

*注意点

芸術職や接客業など比較的議論をする機会が少ない仕事についている場合は、問題ないでしょう。ただし、管理職や企画開発などを進める立場の方は注意が必要です。入門として下記コラムを読んでみましょう。

 

・議論スキル
低い 8~21
*長所

議論スキルが低い状態です。主観や直感を使って物事を考えるため、接客業や芸術性やクリエイティブな仕事で活躍する方が多いでしょう。また自分の世界感をもっているのでカリスマ性を発揮する人もいるかもしれません。

*注意点

芸術職や接客業など比較的議論をする機会が少ない仕事についている場合は、問題ないでしょう。ただし、管理職や企画開発などを進める立場の方は注意が必要です。入門として下記コラムを読んでみましょう。
?

議論スキル(MAX 40)

議論スキル(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど、議論スキルがあることを示しています。以下の基準を参考にしてください。

 ・32~40 議論スキルかなり高い
 ・27~31 議論スキル高い
 ・22~26 議論スキルやや低い
 ・8~21   議論スキル低い

議論スキル(MAX 40)

議論スキル(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群に当てはまった方は注意しましょう。

 ・22~26 議論スキルやや低い
 ・8~21   議論スキル低い

  • 総合

    データなし
  • 男性

    データなし
  • 女性

    データなし

2018年8月21日から調査を開始しています。現在集計中です。

*長所
議論スキルはかなり高いと言えます。直感で判断せず、客観的に物事を考え、推論をしたり、説得力のある根拠を示すことができます。また相手への意見も大切にし、お互いを尊重にしながら意味のある議論を行うことができます。リーダーシップもあるので、議論をスムーズに進めるには欠かせない存在であると言えます。

*注意点
議論スキルが高い方は、主導権を握りやすいので、周りのメンバーの主体性が低下する恐れがあります。議論の内容や状況にもよりますが、公平にメンバーが発言できるように心がけましょう。

*長所
議論スキルは高いと言えます。直感で判断するだけでなく、客観的に物事を考えることができます。推論をすることで、説得力のある根拠を示す方が多いでしょう。また比較的、相手への意見も大切にし、お互いを尊重にしながら意味のある議論を行うことができます。また適度に感情論も交えながら話すこともできるので、過度にロジカルになりすぎず安心感があると言えそうです。

*注意点
議論スキルが高い方ですがまだ伸びシロがある状態です。日々ミーティングを活発にする会社の場合は、もう少しスキルを磨いても良いかもしれません。以下のコラムを参考にしてみてください。

*長所
議論スキルがやや低い状態です。論理的に話すよりも主観や直感を使って物事を考えるため、接客業や芸術性やクリエイティブな仕事で活躍する方が多いでしょう。また自分の世界感をもっているのでカリスマ性を発揮する人もいるかもしれません。

*注意点
芸術職や接客業など比較的議論をする機会が少ない仕事についている場合は、問題ないでしょう。ただし、管理職や企画開発などを進める立場の方は注意が必要です。入門として下記コラムを読んでみましょう。

*長所
議論スキルが低い状態です。主観や直感を使って物事を考えるため、接客業や芸術性やクリエイティブな仕事で活躍する方が多いでしょう。また自分の世界感をもっているのでカリスマ性を発揮する人もいるかもしれません。

*注意点
芸術職や接客業など比較的議論をする機会が少ない仕事についている場合は、問題ないでしょう。ただし、管理職や企画開発などを進める立場の方は注意が必要です。入門として下記コラムを読んでみましょう。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください。 弊社ではビジネスコミュニケーションの基礎を学習することを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

ディスカッションスキルや論理的思考の実践練習をしたい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。以下のコラムを読んで、実際に練習してみたいと感じたら、こちらのビジネスコミュニケーション実践講座のページを参照ください。

お知らせ失礼しました。それでは引き続きコラムに進みましょう!

議論の3つの基本を身に付けよう!

それではここで、一夜漬けで議論する力をつける方法について考えていきましょう。議論する力をつける3つの基本は、大きく分けて3つあります。

①7つの必須ツールを活用しよう

上手い議論には法則がある
議論になれていない方は、頭ごなしに否定してしまう、相手の話を遮断するなどの行為をしてしまいます。ディスカッションでは決定的なマイナスポイントになってしまいます。

7つのツールで意味のある議論を
議論は、「人間関係を大切にしながら、意見を出し合う場」です。「意見を出し合う場」だけを考えてしまうと、人間関係にひびが入りかねません。そこで当コラムでは、議論の基本を外さないための実践的な7つのツールをご紹介します。議論することが初めてだ・・・という方はコラム②を参考にしてくださいね。

②論理力を鍛える

論理性に欠けることがある
議論で意見を述べていく中で「結局何を言いたいのだろう?」とわからなくなることはありませんか。何を言いたいのかわからない…という場合には、論理力が足りないケースがほとんどです。では、論理とは、一体どんな意味があるのでしょうか?

論理力をトレーニングで身に付ける
論理とは、簡単に説明すると、結論+根拠の2点セットです。この2つを抑えておくだけでも、かなり議論が改善されます。何が言いたいのかわからない…という方は、コラム③の解説と練習問題に取り組んでみてください。

③議論の前に何ができるか

準備不足による緊張感
議論する力は、事前準備を行うことで高まります。準備なしでは議論する時にどんな発言をすれば良いか、迷ってしまい、不安も強くなってします。そのため、なかなか発言ができないという状況に陥りがちです。また、緊張も大きくなるため、平常心で参加できなくなる場合もあります。

議論は「準備」が肝心!
議論するメンバーの前で自分の意見を述べるのは、誰でも勇気がいるものです。その中で、しっかりと自己主張をするためには適度な緊張を保ちながら平常心を心がけることが必要です。そのためには、議論の前に徹底して事前準備をすることが重要になります。

当コラムでは、具体的に何を準備すればよいか優先順位ベスト3をご紹介します。議論の場で、失敗するのが怖い…という方は、コラム④をチェックしてみてくださいね。

3つの基本を押さえて議論をマスター

議論が苦手な原因として「論理力が欠けている」「準備不足」「議論の進め方がわからかない」の3つが大きく関わっていることがわかりました。

次回以降は、議論への苦手意識の原因の対処法を解説していきます。議論に自信をもって参加できれば、あなたの意見を多くの人に理解してもらうことができます。それは、自分の希望する仕事の取り組み方、ストレスのない生き方にもつながります。

何より、自己主張し、それを受け入れてもらえるということは、とても嬉しいことだと思いませんか。自分の意見を上手く伝えることの重要性を理解していただき、一歩一歩議論に強くなっていきましょう。

次回は議論への苦手意識の解決策「7つの実践的ツール」をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★議論は「人間関係構築」と「問題解決」の場!2つのバランスを抑えよう!
社会人講座



3つの基本で議論を克服